工藤静香 鈴木保奈美に関するニュース

紗栄子、自慢の英才教育を林修先生に全否定され大ショック!

アサジョ / 2017年09月27日18時15分

そのほか木村拓哉・工藤静香夫妻、本木雅弘、鈴木保奈美、安室奈美恵、梨花、鈴木紗理奈、三船美佳、吉川ひなの、RIKACOら、子供をインターナショナルスクールに入れるタレントは多いですね」(女性誌記者) タレント・神田うのは、インターに通わせていた娘に、もっと高いレベルの英語教育を受けさせたいという理由で名門インターに転校させたというから、かなりの熱の入れよう [全文を読む]

主題歌は名曲ばかり!今年の聖夜はドラマで楽しもう!クリスマスに観たい懐かしの恋愛ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日16時55分

他にも、工藤静香さん、鈴木保奈美さん、麻生祐未さん、布施博さんなど、豪華な面々が脇を固めます。個人的には、強面(失礼?)の俳優、宇梶剛士さんのお坊ちゃまっぷりがツボでした。 ホームワーク 最後に紹介させて頂くのは、1992年の10月から年末まで放送されたドラマ「ホームワーク」です。主演の唐沢寿明さん、清水美沙さん、福山雅治さん、浦江アキコさん4人の人間関係 [全文を読む]

神田うの もっとレベルの高い英語教育をと娘を名門インターに

NEWSポストセブン / 2015年09月04日16時00分

もともと、芸能人はインター志向が強く、木村拓哉(42才)・工藤静香(45才)夫妻を筆頭に、鈴木保奈美(49 才)、安室奈美恵(37才)、三船美佳(32才)らも子供をインターに通わせていた。 外国人が多く、芸能人の子供でも特別視されないという環境も大きいが、最近はこんな理由も。教育評論家の石川幸夫氏が語る。 「グローバル化したこの時代に、日本の学校に通って [全文を読む]

紗栄子、小雪、神田うの…芸能人ママの“インターバブル”最前線

デイリーニュースオンライン / 2015年09月04日07時00分

特別扱いされないのが魅力 元来、インター志向の強い芸能人は多く、宇多田ヒカル(32)や関根麻里(30)など自身がインター出身の有名人をはじめ、木村拓也(42)・工藤静香(45)夫妻、本木雅弘(49)・内田也哉子(39)夫妻、鈴木保奈美(49)、安室奈美恵(37)、三船美佳(32)、Rikaco(49)、吉川ひなの(35)といた多くの芸能人も、子供をインタ [全文を読む]

「客がミポリンを覚えてない......」中山美穂主演映画の大コケに見る"トレンディ"の終焉

日刊サイゾー / 2012年11月01日08時00分

山口智子、鈴木保奈美、工藤静香ら、このところかつて大活躍した大物芸能人の妻である40代の歌手や女優が何かと注目を浴びる中、静香と同年代の中山美穂の2年ぶりとなる主演映画『新しい靴を買わなくちゃ』が大々的なプロモーションを経て公開された。「脚本と監督を担当したのは、かつてテレビで『あすなろ白書』や『ロングバケーション』(共にフジテレビ系)などのトレンディドラ [全文を読む]

「客がミポリンを覚えてない……」中山美穂主演映画の大コケに見る“トレンディ”の終焉

日刊サイゾー / 2012年10月30日11時00分

山口智子、鈴木保奈美、工藤静香ら、このところかつて大活躍した大物芸能人の妻である40代の歌手や女優が何かと注目を浴びる中、静香と同年代の中山美穂の2年ぶりとなる主演映画『新しい靴を買わなくちゃ』が大々的なプロモーションを経て公開された。 「脚本と監督を担当したのは、かつてテレビで『あすなろ白書』や『ロングバケーション』(共にフジテレビ系)などのトレンディド [全文を読む]

菊池桃子の離婚は『モモコクラブ』連鎖離婚の呼び水になるか?

メンズサイゾー / 2012年02月01日10時00分

工藤静香・鈴木保奈美・森口博子・酒井法子など、その後のビッグネームが多数登場したことでも知られているが、中でも西村知美と畠田理恵の2名はそれぞれ第1回、第2回の「ミス・モモコクラブ・グランプリ」に選ばれている。いわば、「ポスト菊池桃子」として公式認定されていたようなものだったのだ。 [全文を読む]

フォーカス