ニュース 渡部篤郎に関するニュース

渡部篤郎×中谷美紀は”交わらないこと”が多かった!?憧れカップルの別離の裏側を占う【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年11月30日10時17分

■戸田さんと加瀬さん、それぞれの2016年の運気がポイント [全文を読む]

野沢尚が遺した渾身の企画をWOWOWが奇跡の映像化!連続ドラマW「女と男の熱帯」1月放送!

PR TIMES / 2012年12月05日17時35分

そんな中、国内では初潮が来ない高校生が急増している問題の裏に、ゴミ焼却炉からのダイオキシン漏れが原因ではないかというニュースが持ち上がっていた。 <スタッフ・キャスト> 原案:野沢尚(ドラマ「眠れる森」「恋人よ」「この愛に生きて」) 脚本:相沢友子(映画『大停電の夜に』『重力ピエロ』ドラマ「恋ノチカラ」) 演出:生野慈朗(ドラマ「愛していると言ってくれ」 [全文を読む]

トーハン 店頭活性化プロジェクト 雑誌『ダ・ヴィンチ』×「WOWOW」連動フェア&キャンペーン スタート ~第1弾「連続ドラマW 沈まぬ太陽」放送記念「山崎豊子」フェアを開催~

DreamNews / 2016年04月25日16時00分

なおフェアの告知は、1,100万PV(/月)の発信力を持つWebニュース媒体「ダ・ヴィンチ ニュース」、ドラマWの公式ツイッター等で行われる予定で、Webやドラマとの連動で店頭の注目度を高めると同時に、ドラマのファンにもアピールします。本とドラマの世界観を繋ぐ情報を提供し、作品の魅力を原作・ドラマ双方のファンにアピールすることで、相乗効果を図り集客力を高め [全文を読む]

イケメン俳優とのリアルな恋の顛末!現役ホステスが語る芸能人との出会い方【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年03月23日10時15分

吉田鋼太郎さん、渡部篤郎さん…最近、芸能人とホステスの恋がよく報道されていますよね?夜の銀座は黒塗りの車がたくさん行き交っていますから、芸能人が夜な夜な飲み歩いているのは事実です。それにしても、なぜ芸能人はホステスに恋をしてしまうのでしょうか?ホステスとして働く筆者がその理由を分析。そして、その口説き方や芸能人とのお付き合いにまつわるリアルな体験談をお届け [全文を読む]

「年の差」何歳まで付き合える?15歳年上までOKの20代男子も!【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年02月02日11時00分

現在公開中のドラマ『お義父さんと呼ばせて』(フジテレビ系)はご存知ですか?娘が連れてきた婚約者は父と同い年。しかも父親役は渡部篤郎さんで、彼氏役は遠藤憲一さん! 結婚できるのかできないのか…渋いオジサマ2人の仁義なき戦いを描いたこのドラマ、面白いと評判になっています。◆年の離れた人と付き合うのってアリ?ドラマの中のカップルはなんと28歳差! 51歳の彼氏と [全文を読む]

女優の夫は「プロ彼氏」?芸能人と結婚する男性の本質とは【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年03月26日11時45分

女優の観月ありささんが結婚しましたね。超絶美少女からお茶目で天真爛漫なナースに、そしていつの間にか強くたくましい大人の女性へと変貌していた彼女が、ついに人妻に!とてもおめでたいことですが、ネットには「大丈夫なのか、このオトコで」「旦那さん、なんか聞いたことのある名前だと思ったら…(^_^;)」などの声も。そう、ご主人で会社社長の青山光司さんは、女優の上原さ [全文を読む]

BS普及でオリジナルドラマ挑戦のBS日テレ 渡部篤郎の起用理由

NEWSポストセブン / 2012年03月29日16時00分

ちなみに原作者の道尾先生もどこかで出演しますので、探してみてくださいね!」 【関連ニュース】船越英一郎 崖っぷちシーンの撮影でもスタントマン使わない『渡る世間は鬼ばかり』終了の理由を橋田壽賀子が語るベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし吉瀬美智子「最初で最後の秘蔵ショットinバリ島」独占公開華麗な容姿の人気モデル・相沢紗世 瞳と美脚を撮り [全文を読む]

同棲相手・中谷美紀の誕生日に渡部篤郎が美女と朝までデート

NEWSポストセブン / 2012年01月26日07時00分

「この発言を聞いた人のなかには、“長すぎる春”でふたりの仲も危なくなっているのかなと思った人もいるようです」 ※女性セブン2012年2月9日号 【関連ニュース】“第2の岩崎恭子” 美少女スイマー・渡部香生子の純真笑顔RIKACOと元夫・渡部篤郎が近所でカフェ経営 中谷美紀が助言渡部陽一氏の戦場復帰に妻が「タレントを続けて」と猛反対中谷美紀の白くて柔らかそ [全文を読む]

横山だいすけ、“うたのおにいさん”の本領発揮!ペンギンの前で“ペンギンの歌”披露

映画.com / 2017年08月24日13時24分

[映画.com ニュース]渡部篤郎と橋本環奈が共演したドラマ「警視庁いきもの係」のイベントが8月24日、東京・池袋サンシャイン水族館で行われ、出演の横山だいすけと石川恋がサプライズ登場した。「おかあさんといっしょ」のうたのおにいさんを歴代最長の9年間務め、3月に同番組を卒業した横山。ステージに“だいすけお兄さん”が現れると、客席の親子連れは大歓声と拍手で歓 [全文を読む]

「ごめん、愛してる」と「警視庁いきもの係」の視聴率が拮抗した理由

アサジョ / 2017年07月16日10時14分

このところ北朝鮮のミサイル発射報道が続き、朝鮮中央テレビの映像が何度もニュースで流されていますから、ハングルが聞こえただけで、拒否反応を示した視聴者もいたのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)「警視庁~」が、ドラマ低迷のフジという泥沼からの突破口となるか、今後も注目したい。 [全文を読む]

渡部篤郎と橋本環奈、“うたのお兄さん”と「おかあさんといっしょ」の曲を歌う!

ザテレビジョン / 2017年07月08日07時05分

最後に渡部は「嫌な事件やニュースがある中、少しでも心が温かくなるような作品をお届けしたいと思っています。“小さな命も大事にする”という人として大切な部分も描かれています。小さなお子さんからお年寄りの方まで、楽しんでいただけたら幸いです!」とアピールした。 [全文を読む]

性同一性障害の役に挑む中谷美紀に、「あの疑惑」が再燃か…!?

アサ芸プラス / 2017年05月24日17時59分

事務所も当時2人の熱愛を認めていたようですよ」(女性誌記者) しかし、それから半年以上が立つが、2人が結婚すると言うニュースを、耳にしたことがない。「実は中谷には、渡部と知り合うきっかけとなったドラマ『ケイゾク』(TBS系)の頃から、女性も恋愛の対象じゃないかという疑惑がありました。中谷に胸を強く揉まれたという女性の証言が週刊誌で報じられもしましたね。プロ [全文を読む]

渡部篤郎の2年連続自動車事故に「運転も女性の車線変更も下手すぎる」の声

アサ芸プラス / 2016年10月26日09時59分

それも今回も渡部の安全確認が不十分だったことが原因です」(週刊誌記者) 普通のドライバーならありえない2年連続の接触事故だけに、ニュースを目にした人たちからも「運転が下手すぎないか?」「大事故になる前に免停にするべき」「運転は性格が出る」「女の車線変更も無責任だった(笑)」と、過去の不貞問題にもなぞられるなど、あきれ声が発せられている。 しかし、クルマの事 [全文を読む]

最近のホステス志望の若い子 「No.1目指さない」と銀座ママ

NEWSポストセブン / 2016年03月27日16時00分

「2008年に当時15~22才の女性を対象とした『なりたい職業』アンケートで『キャバクラ嬢』が9位に入って大きなニュースになりましたが、そこからホステスになった子がいるのも事実です。 男性の収入が上がらない時代に女性も自立しないと、という風潮が高まっている中で、成功を望む女性は強く見えて、憧れの対象になったのでしょうね。男性に依存したくて『専業主婦になり [全文を読む]

「キャバ好き」渡部篤郎、中谷美紀を捨てて“再婚”報道に非難! 俳優同士の変わった「結婚観」とは

日刊サイゾー / 2016年02月23日17時00分

『もっと早く結論出せや!』という意見もごもっともですが」(同) 中谷には気の毒なニュースだが、やはり芸能界とそれ以外では、結婚に対する考え方も大きく違うらしい。 [全文を読む]

お父さん、ゴメン。 “働く母”たちの日頃の感謝は「母の日」に軍配! 「Grazia」6月号 5月7日発売!

PR TIMES / 2012年05月07日13時35分

【アンケート調査概要】 期間:2012年4月5日(水)〜4月23日(月) 調査方法:自由回答(複数回答可) 有効回答数:562 対象者:講談社 JOSEISHI.NET Grazia会員 (子育てをしながら働いている女性限定) ■Grazia6月号(5/7発売) 特集内容 子どもが済んだら、私の身支度 「働く母」の時間がなくてもキマる服 ・Cover S [全文を読む]

デーモン閣下 阿川佐和子にヘヴィメタについて親切に解説した

NEWSポストセブン / 2012年03月22日07時00分

みんなが知っているふりをしているけれど、実はあんまり知られていないことをこうやってぶつけてみると、意外とご本人が喜んで解説してくれることもあると知りました」(阿川さん) ※女性セブン2012年3月29日・4月5日号 【関連ニュース】阿川佐和子(57)が花嫁修業に挑戦した経験を1冊の本に阿川佐和子さん「震災を経験した子供は私たちより強くなる」阿川佐和子さん [全文を読む]

フォーカス