柳原可奈子 お笑いに関するニュース

人気美女「お局VS若手」仁義なき蹴落としあい(4)ドラマ&バラエティ編 友近→柳原可奈子

アサ芸プラス / 2012年03月16日11時00分

人気美女「お局VS若手」仁義なき蹴落としあい(4)ドラマ&バラエティ編 友近→柳原可奈子 共演者の多い、ドラマやバラエティの現場では、円滑な人間関係の形成が重要だ。ところが、お局の存在がその大きな障壁となっているようである。 * 昨年シリーズが完結した国民的人気ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)の現場で後輩イビリをしてきたと、たびたび報じられてきたの [全文を読む]

ブルゾンちえみ、ドラマ初出演も桐谷美玲と水川あさみに挟まれ浮きまくり!

アサジョ / 2017年03月14日18時15分

この役にハマる候補としては柳原可奈子や渡辺直美、『おかずクラブ』のオカリナなどが噂されていました。そこにきてブルゾンは国立大学の教育学部出身で、自信に満ちあふれたキャリアウーマンがネタですから、『こんなところにピッタリの人材がいた!』と驚きましたね。見た目も原作のキャラに似ていますし、よくぞオファーしたと制作陣の英断に感心しています」 そんな好意的なファン [全文を読む]

~「ぽっちゃり」のアンケート調査~ぽっちゃりブームのその後を徹底調査! ~男子からのぽっちゃり評価やぽっちゃりの基準を紹介~

DreamNews / 2014年07月23日17時00分

「ぽっちゃり」好感度No.1は柳原可奈子! 体型にかかわらず、男子から支持されるのは健康であることと、ファッションセンスが重要であることが裏付けられたのが、有名人ランキングです。 「ぽっちゃり」イメージを最大限に活かしている有名人を調べてみたところ、「ぽっちゃり」界のカリスマともいわれ、ファッション誌モデルとしても大活躍の芸人、柳原可奈子が1位。2位は渡辺 [全文を読む]

女芸人になりたい女子が増加!? 女芸人ブームの波がマンガにも!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月08日12時40分

総合司会がオアシズ、森三中、椿鬼奴、友近、ハリセンボン、柳原可奈子、渡辺直美の女芸人11人ということで、「新しい試み」として放送前から注目を集めていた。もはや、バラエティー番組には欠かせない存在になった女芸人だが、そのブームはなんとマンガにまで波及しているようだ。 関連情報を含む記事はこちら まず、売れない女芸人コンビ「ダブルリボン」が登場するのは、7月1 [全文を読む]

<フジ「ENGEIグランドスラム」>ナイナイはMCとしての仕事が「あの程度」ならネタをやるべきだ

メディアゴン / 2015年07月14日07時10分

14.柳原可奈子バブルを引きずっている女子をバカにする一人コント。登場人物は、柳原と、その対面の話し相手と、もう一人フミコさんという人がいたのだが、フミコさんの存在や位置が非常に分かりにくいセットだったので、もう一台机か椅子かを置いておくべきだったと思う。柳原の顔は、他のブスが売り物の女芸人と比べると小ぎれいなので、「勘違い発言」がマジで鼻についてしまうこ [全文を読む]

「1人○○」にハマる川口春奈! 「お1人さま大好き芸能人」は人気が低迷する?

tocana / 2015年02月19日09時00分

岡本真夜・倉木麻衣といったミュージシャンから、多部未華子・吉木りさ・北乃きい・柳原可奈子・松坂桃李といったタレントまで、実に様々なジャンルの芸能人たちが1人で行動することが多いと明かしている。 最近は、芸能界に限らず私たち一般社会の日常においても「おひとりさま文化」がじわじわと浸透しているが、そもそも日本は「和(調和や平和)」文化であり、集団での調和が重視 [全文を読む]

業界関係者に聞いた、“モテないキャラ”女芸人の大胆すぎる夜の顔

サイゾーウーマン / 2014年10月27日13時00分

「いわゆる女芸人の“デブ枠”といえば、柳原可奈子、渡辺直美、バービーですが、実は3人ともあまり体を張りたがらない。しかし、江上は体当たりの仕事もOKで、しかもギャラが安く、制作サイドからラブコールが殺到している」(テレビ局関係者)注目株だという。 「江上の素顔は、かなりの恋愛体質。今年5月には、バンドマンだった彼氏にフラれたことを番組で公表しましたが、本人 [全文を読む]

【フジテレビ】携帯片手にレッドカーペットへ参加しよう! 『爆生レッドカーペット 新ネタ&激レアコラボケータイ生リクSP』 2月18日(土) 午後9時~11時10分放送

PR TIMES / 2012年02月16日16時10分

ショートネタには、レッドカーペットでおなじみ芸人のくまだまさし、なだぎ武、柳原可奈子や、『THE MANZAI 2011』チャンピオンのパンクブーブー、『THE MANZAI 2011』の決勝トーナメントまで進出した、チキチキジョニー、テンダラー、千鳥、ナイツ、Hi-Hiなど今最も旬な芸人たちなども参加し、超若手芸人から実力派芸人まで20組を超える芸人た [全文を読む]

フォーカス