横浜ベイスターズ 横浜スタジアムに関するニュース

横浜DeNA球団、“経営”改革の舞台裏〜観客数増&経営改善の秘訣…池田社長に聞く

Business Journal / 2013年08月02日06時00分

2011年11月、スマホ向けゲームなどを手掛けるIT企業・株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)が、それまで4年連続最下位だった横浜ベイスターズの株式を取得し、プロ野球球団の運営に乗り出し、世間を騒がせた。当時は「新興ベンチャーが伝統あるプロ野球界に参入し、何をもくろんでいるのか?」という批判的な見方も多かったが、2年目に突入した新生・横浜DeNAベ [全文を読む]

横浜スタジアムには「日産リーフ」の「リリーフ・カー」があった!

clicccar / 2017年04月30日07時10分

まだ「横浜ベイスターズ」で、「横浜ベイスターズ」が日本一に輝いた時代の頃の話ですが、当時はかなり横浜スタジアムに通いました。しかしその後、「ベイスターズ」ファンを卒業し、3年前からは「広島カープ」ファンに転向。それから初めての横浜スタジアムです。いえ、正確には数年前に福山雅治さんのライブ鑑賞や、取材では来たことがありましたが、カープの「応援」では初めてです [全文を読む]

CMで話題の美少女・藤田彩華ちゃんが始球式でノーバンならず「うーん、50点!」

Entame Plex / 2015年05月04日16時22分

始球式前には、関係者ロビーでテレビの取材を受ける彩華ちゃんの前に、横浜ベイスターズ・中畑清監督が偶然通りかかるサプライズも。中畑監督は始球式の話を聞くと、「がんばって」と激励し、彩華ちゃんとしっかり握手を交わした。 始球式直前、彩華ちゃんは選手控えベンチ側で投球練習をして準備も万端。横浜ベイスターズのマスコットキャラクター「DB.スターマン」と「DB.キラ [全文を読む]

【西武】松坂大輔の運命を変えた? 1998年の日本シリーズ

文春オンライン / 2017年06月11日11時00分

西武対横浜 1998年日本シリーズ 黄金期からの世代交代も進み、西武ライオンズとして6年ぶりの日本一奪還に臨んだ1998年の日本シリーズの相手は38年ぶりにリーグ優勝を果たした横浜ベイスターズ。優勝に対する「飢餓度」では横浜に劣っていたのは事実でしょう。 それまで中日、巨人、阪神、広島、ヤクルトと日本シリーズで対戦していましたので、セ・リーグ6球団目で一巡 [全文を読む]

【DeNA】オリックス3連戦に球団OBクルーン氏来場!オリOBと一打席対決も

ベースボールキング / 2017年05月30日10時27分

DeNAは29日、交流戦期間中の6月16日から18日対オリックス3連戦を対象に行うスペシャルイベント「交流戦 SERIES」の一環として、横浜ベイスターズで活躍したマーク・クルーン氏が来場すると発表した。 「交流戦 SERIES」では、これまでカルロス・ポンセ氏、屋鋪要氏、グレン・ブラッグス氏など、数多くの伝説的OBが来場。今回、来場するクルーン氏は200 [全文を読む]

今井翼が目撃した「持ってる男・相葉雅紀」

日刊大衆 / 2017年01月25日19時00分

当時、横浜ベイスターズに在籍していたローズ選手がバッターボックスに立ち、ファールボールを打った。その球はスタジアムの客席に飛び、なんと相葉の肩を直撃したそうだ。 「あんだけ広いのに、俺の肩にドンッ(と当たった)」と語った相葉。なぜよけられなかったかといえば、相葉はそのときにお菓子の袋が開かなくて、ずっと下を見ていたからだとか。「めっちゃ痛かった」もののうれ [全文を読む]

著者が泣きながら集めた「大洋~横浜4522敗」の証言

週プレNEWS / 2013年07月23日15時00分

その間、球団名は大洋ホエールズ→横浜大洋ホエールズ→横浜ベイスターズ→横浜DeNAベイスターズと変遷し、親会社もマルハからTBS、DeNAへと移り変わった。 それぞれの時代のプレーヤー、首脳陣、球団幹部など“当事者”たちの証言で浮き彫りになる、創設から2012年までに積み重ねた「4522敗」の歴史。伝統とは何か? なぜ優勝できた? なぜ弱くなってしまった? [全文を読む]

柴田英嗣 はじめての始球式! TBSラジオ「LINDA!~今夜はあなたをねらい撃ち~」

PR TIMES / 2012年08月21日16時43分

当日は、プレイボール直前の午後5時45頃、横浜ベイスターズの復刻ユニフォームを羽織った柴田がマウンドに登場予定です。 中学時代は野球部に所属していた柴田は、今から「超いいタマ放りますよ!」と息巻いていますが、3万人の大観衆に囲まれてのピッチングは今回が初めての体験。無事にお役目を果たすことができるのか?始球式の様子は、当日深夜0時からの『LINDA!~今夜 [全文を読む]

フォーカス