グッズ 黒田博樹に関するニュース

プロ野球広島カープ・黒田、日米通算200勝フィーバーのソロバン勘定

週プレNEWS / 2016年07月12日06時00分

「黒田がメジャーから復帰した15年、マツダスタジアムの観客動員数はハネ上がり、黒田グッズも飛ぶように売れました。おかげで球団は前年比19億円増の約148億円を売り上げ、利益も2億円増の7億6000万円に。いずれも球団史上最高です。黒田グッズの売り上げはチーム断然トップで、2位の新井貴浩に10倍もの差をつけています。今やグッズ売り上げだけで黒田の年俸分はペ [全文を読む]

25年ぶりのセ・リーグ優勝を飾った2016年の名場面や黒田選手の思い出、若鯉インタビューを詰め込んだ球団公認のカープ応援号!『るるぶ広島カープ』2017年3月23日(木)発売

PR TIMES / 2017年03月23日14時36分

[画像: https://prtimes.jp/i/5912/1094/resize/d5912-1094-630766-0.jpg ] <掲載内容> ●赤ヘル軍団、夢をありがとう 2016年 の優勝までの感動の名場面をふりかえる巻頭グラビア特集/ 達川光男氏スペシャルインタビュー「黒田博樹が伝えたかったもの」 ●今さら聞けない! 広島東洋カープのキホン [全文を読む]

広島・黒田復帰で経済効果は「150億円」?

アサ芸プラス / 2015年02月16日09時56分

キャンプ初日の2月1日、キャンプ地宮崎ではなく広島マツダスタジアムのグッズショップには約100人の徹夜組を含め3000人が押しかけ、黒田のレプリカユニホームが瞬く間に完売。この1日だけで昨年2月の1カ月分より多い売り上げだったというから、黒田サマサマである。球団は黒田人気を当て込んでか、330もの新グッズの発売を開始したが、 「実は今後、限定版ユニホーム [全文を読む]

【プロ野球】安部友裕の「サヨナラヒットTシャツ」が早くも登場。今季の広島グッズを予想してみた!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月07日17時05分

広島といえば「サヨナラ記念Tシャツ」もさることながら、様々な記念グッズや珍グッズを生み出すことで有名。昨シーズンのグッズの売上高は53億7千万円を記録するなど、その人気は天井知らずだ。 果たして、今シーズンはどんな記念グッズ、限定グッズが登場するのか? 今シーズンの展望と合わせて考察してみたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み [全文を読む]

プロ野球・広島カープ黒田博樹vsJリーグ・サンフレッチェ広島の年俸対決! 驚きの結果は?

日刊サイゾー / 2015年12月18日18時00分

成績ももちろんですが、若手選手への影響、グッズやチケットの売り上げなんかを考慮したんでしょうね。これは、佐々木主浩の6億5,000万円、松井秀喜の6億1,000万円に次ぐ日本球界歴代第3位で、現役ではおそらくトップになると思います。お金がないといわれる広島の思い切った提示額に、黒田本人も驚いたんじゃないですかね」(スポーツライター) 一方サッカー界では、同 [全文を読む]

カープ女子ならぬ「黒田男子」急増中!広島がフィーバー

Walkerplus / 2015年04月04日10時00分

カープといえば、最近では豊富な球団グッズにも注目が集まっている。中でも毎年ファンの間で話題となるのは限定Tシャツだ。今季は、2月16日に復帰会見を行った黒田投手を象徴するフレーズ「一球の重み」がTシャツ化され、翌17日に3日間限定で販売。瞬く間に完売した。また、今年新たに加わった約330種類ものグッズの中には、笑いを誘う珍品もちらほら。広島銘菓のもみじ饅頭 [全文を読む]

広島カープ・新たに登場した応援グッズがヤバすぎると話題 ニューエラもみじ饅頭キャップwww

AOLニュース / 2015年02月02日12時00分

そうした中、とりわけ注目を集めているのが、大リーグで活躍した黒田博樹投手が復帰した広島カープだが、そんな同球団がこのほど「新グッズ」として発表したという実に個性的な一品に、現在、多くのプロ野球ファンが注目している。 今回同球団が発表したのは、「ニューエラ950(カープうどん)」「もみじ饅頭キャップ(950)」「勝ち星梅干しバッグ」の3点。その名が示すとおり [全文を読む]

広島カープの新グッズ「三色ボールペン」がスゴすぎると話題に 「三色なのにオール赤www」

AOLニュース / 2015年01月29日12時00分

かつてのエース・黒田博樹が大リーグから、かつての主砲・新井貴浩内野手が阪神から復帰、現エースである前田健太投手の残留も決定するなど、悲願の優勝に向けて活気付く広島カープだが、そうした中、公式グッズとして発売が決定したという一風変わったアイテムに、プロ野球ファンから注目が集まっている。 現在話題となっているのは、カープが今シーズンからの新商品として発売を決定 [全文を読む]

広島東洋カープと松田オーナー家の幸福な関係

NEWSポストセブン / 2016年12月22日11時00分

グッズ開発やスタジアムのイベント強化などでカープ人気上昇に成果を上げ、将来、オーナーになることが確実視されている。 松田家は「マツダ創業家」から、「カープ創業家」に見事に“転身”したのである。 ※週刊ポスト2017年1月1・6日号 [全文を読む]

【プロ野球】「神ってる」だけじゃない! 「プロ野球流行語大賞2016」発表!! <下半期編>

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日17時05分

関連グッズもよく売れ、9月に公式イラストブックが発売されると瞬く間にベストセラーとなり、一気に「パート3」まで刊行されるという人気ぶり。これでオリックスの成績も上向けば、「おりほー!」「んほー!!」といったポンタの口癖も人気を呼ぶことになるかもしれない。 ■タフな試合 球団初となるクライマックスシリーズ出場をかけ、シーズン終盤まで熱戦が続いた今季のDeN [全文を読む]

“カープ坊主”たちがCS突破祈願!「カープ愛は煩悩? 野球観戦も修行?」

週プレNEWS / 2016年10月11日11時00分

球場好きで、グッズにもこだわりカープ坊主の輪袈裟を作る。身長・体重が同じ新井貴浩が好き。乃木坂46も好き ●曹洞宗 傳福寺副住職 鈴木弘道(すずき・こうどう) 山口県出身も兄の影響で幼少期から熱烈なカープファン。結婚して本場・広島に。母校・駒澤大学のOBである梵、新井貴浩が好き (取材・文/村瀬秀信 撮影/西田泰輔) [全文を読む]

プロ野球契約更改“怒号と爆笑”の密室舞台裏!(1)「黒田の年俸は効果を考えると高くない」

アサ芸プラス / 2016年01月10日09時56分

「広島には5億円を出せずに黒田をメジャーに放出した苦い過去がありますが、15年は黒田の凱旋効果でチケット、グッズなどの売り上げが大幅アップ。6億円を払っても黒字となります。黒田のおかげで儲かって黒田に還元するのは当たり前の話で、むしろ安いくらいでしょう」(広島のメディア関係者) 一方、巨人の杉内俊哉(35)が、4億5000万円減という過去最大の大減俸を飲む [全文を読む]

2015年のプロ野球、熱心に応援されたチームはどこだ?「応援合戦」の勝敗でペナントレースを振り返る

@Press / 2015年10月09日10時00分

近年、カープ女子やユニークな応援グッズなどで注目を浴び、今年はメジャーリーガー・黒田博樹の復帰も話題を集めました。そんな赤ヘル軍団の「貯金66」という驚異的な数字に、ファンの支持率と熱狂度の高さが伺えます。続く2位と3位は、ペナントレース同様、巨人、阪神という結果に。リーグの覇者ヤクルトはというと、「借金47」の5位という結果に終わっています。投打では勝ち [全文を読む]

カープ女子「強い選手ばかり集める球団とは違う」と魅力語る

NEWSポストセブン / 2015年04月13日16時00分

そればかりか、『るるぶ広島カープ』(JTBパブリッシング刊)など関連本が次々出版され、グッズが軒並み完売になるなど、カープブームはとどまるところを知らない。 ここまで人気が爆発したひとつめの理由はもちろん「黒田効果」だ。1997年に広島に入団して103勝を挙げた後、2007年に大リーグに移籍しドジャースとヤンキースで大活躍した黒田博樹投手(40才)が、「広 [全文を読む]

黒田復帰の広島 地元企業株上昇でクロダノミクスと呼ばれる

NEWSポストセブン / 2015年04月09日07時00分

黒田が初勝利した翌日の広島銀行の株価は15円高、広島電鉄も10円高、カープグッズを扱うイズミも65円高と経済効果が現われ、早くも「クロダノミクス」と呼ばれ始めている。 経済効果については、シンクタンク「エネルギア総合研究所」が3月下旬に発表したレポート「広島東洋カープとマツダスタジアムの経済効果」によれば、広島が日本シリーズに出場すれば256億円に上ると [全文を読む]

黒田復帰で広島中が熱狂!「今年こそカープが優勝じゃわい!」(1)どこに行っても“優勝”の2文字

アサ芸プラス / 2015年04月06日09時55分

スーパーマーケット、コンビニエンスストア、書店に入れば、普通にカープグッズがガンガン売られていた。地元のもみじ銀行では、チームの成績に応じて金利が上乗せされる「カープV預金」なる商品を発売。マンションのモデルルームの立て看板の隣には、なぜかカープのマスコットキャラクター「カープ坊や」の顔ハメパネルが鎮座し、カープファンが集まるお好み焼き店「弘法市スタジアム [全文を読む]

フォーカス