著書 手塚治虫に関するニュース

リリー・フランキー、いとうのいぢ、上条衿、西又葵、美樹本晴彦、吉崎観音による夢の共演!! 「大乱闘!!手塚オールスターズ」

PR TIMES / 2012年12月27日16時05分

著書に、「誰も知らない名言集」、「美女と野球」、日本映画についてのコラムをまとめた「日本のみなさんさようなら」、「エコラム」などがある。また、初の長編小説「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」は、2006年本屋大賞を受賞、220万部を超えるベストセラーとなったほか、オリジナル絵本「おでんくん」はアニメ化され、オリジナルグッズなども性別世代を超えて幅 [全文を読む]

世界のベストセラーを作った「日本マンガ史」解体“深”書!(2)「左ページ下」に構成のカギが!

アサ芸プラス / 2016年08月30日05時54分

先頃、日本漫画解説の著書「まんが★漫画★MANGA」(三一書房)を出版した。 [全文を読む]

戦後マンガのバイブル『新寳島』に記された手塚治虫と、もうひとりの神の名

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月23日12時10分

さらに手塚の著書によれば、七馬はその後、中央に出ようとせず、バラックの自宅でスタンドの灯りで暖をとり、不遇のまま孤独死したことになっている。しかし、実際の七馬が不遇のまま亡くなった事実はない。紙芝居作家として人気を博し、東京ムービーの『オバケのQ太郎』に関わる等、当時花形だった仕事をこなし続けている。さらに『新寳島』出版後には手塚との不仲や決別も言われた [全文を読む]

世界のベストセラーを作った「日本マンガ史」解体“深”書!(8)葛飾北斎の逆輸入が日本漫画に

アサ芸プラス / 2016年09月08日05時54分

先頃、日本漫画解説の著書「まんが★漫画★MANGA」(三一書房)を出版した。 [全文を読む]

世界のベストセラーを作った「日本マンガ史」解体“深”書!(6)手塚治虫はバリケードを越えて逃げた!?

アサ芸プラス / 2016年09月06日05時54分

先頃、日本漫画解説の著書「まんが★漫画★MANGA」(三一書房)を出版した。 [全文を読む]

人気医者ブロガーが語る医療マンガとリアルな現場事情〜ブラック・ジャックは存在するか? 現役医師ブロガー対談【後編】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月17日11時00分

しかも、それぞれの著書『産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと』、『腐女医の医者道』でおすすめ医療漫画を紹介しています。 そんな漫画好きのおふたりに、医師から見た医療マンガの魅力や、フィクションで描かれる医療現場の実態がどこまでリアルなのか、気になる質問をぶつけました。 また、不妊や男女の産み分け、外科医の専門分野についてなど、知っておいて損はない情報も [全文を読む]

「あんなものはマンガじゃない」 手塚治虫が石ノ森章太郎に謝罪した事件の顛末とは!?

おたぽる / 2014年12月11日18時00分

番組では著書『ボクはダ・ヴィンチになりたかった』(清流出版)、『絆 不肖の息子から不肖の息子たちへ』(鳥影社)の言葉を引用し、その生き方や考え方を紹介した。 レオナルド・ダ・ヴィンチになりたかった石ノ森は、多芸なダ・ヴィンチにあやかって、学生時代は音楽部、美術部、新聞部、文学部、柔道部の5つを掛け持ち。また、1カ月不眠不休で560枚の原稿を描いたという逸話 [全文を読む]

朝ドラ復活の立役者は「イノッチ」だった

プレジデントオンライン / 2017年07月29日11時15分

おもな著書に『ケイゾク、SPEC、カイドク』(ヴィレッジブックス)、『SPEC全記録集』(KADOKAWA)、『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』(キネマ旬報社)などがある。 ---------- (フリーライター 木俣 冬) [全文を読む]

元祖料理マンガ「包丁人味平」は“カレー対決”から始まった

プレジデントオンライン / 2017年04月15日11時15分

著書『新しい卵ドリル』『大人の肉ドリル』などのほか、経営者や政治家、アーティストなどの書籍企画や構成も多数。「マンガ大賞」選考員。 ---------- (松浦達也=文) [全文を読む]

「何らかの目的をもって生まれてくる人間などいない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば70】

サライ.jp / 2017年03月11日06時00分

著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。 [全文を読む]

世界のベストセラーを作った「日本マンガ史」解体“深”書!(7)貸本屋と紙芝居時代の「原型」

アサ芸プラス / 2016年09月07日05時54分

先頃、日本漫画解説の著書「まんが★漫画★MANGA」(三一書房)を出版した。 [全文を読む]

世界のベストセラーを作った「日本マンガ史」解体“深”書!(5)雑談を好む漫画家が多かった

アサ芸プラス / 2016年09月05日05時54分

先頃、日本漫画解説の著書「まんが★漫画★MANGA」(三一書房)を出版した。 [全文を読む]

世界のベストセラーを作った「日本マンガ史」解体“深”書!(4)画期的だった描写方法

アサ芸プラス / 2016年09月01日05時54分

先頃、日本漫画解説の著書「まんが★漫画★MANGA」(三一書房)を出版した。 [全文を読む]

世界のベストセラーを作った「日本マンガ史」解体“深”書!(3)日本にしかない「地球防衛軍」

アサ芸プラス / 2016年08月31日05時54分

先頃、日本漫画解説の著書「まんが★漫画★MANGA」(三一書房)を出版した。 [全文を読む]

世界のベストセラーを作った「日本マンガ史」解体“深”書!(1)世界売り上げ占有率は92%

アサ芸プラス / 2016年08月29日05時54分

先頃、日本漫画解説の著書「まんが★漫画★MANGA」(三一書房)を出版した。 [全文を読む]

40代50代男性がもう一度読みたい「お色気マンガ」

WEB女性自身 / 2015年12月11日06時00分

この結果を受け、『エロマンガ・スタディーズ』などの著書がある漫画評論家の永山薫さんは、こう語る。 「少年誌で求められているお色気とは、リアルなSEX描写ではなく、Hなファンタジーなんです。永井(豪)作品にはお笑いの要素に加え、パンチラや着替え、入浴シーンといった『寸止め』のエロスがある。このテクニックはエロコメ漫画の基本として現代に受け継がれています。当 [全文を読む]

安彦良和が語ったガンダムの本当のテーマにファン納得。アムロを再評価する声も

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月10日17時30分

安彦の代名詞とも言える「機動戦士ガンダム」誕生のヒントは、SF作品を中心とした企画制作スタジオ「スタジオぬえ」にあった、アメリカのSF作家であるロバート・A・ハインラインの著書『宇宙の戦士』のイラストだったという。同スタジオの代表だったSF作家・高千穂遙が「それを読め」と勧めたことを機に、富野由悠季プランと相まって「機動戦士ガンダム」の企画が進んでいったと [全文を読む]

120%マジでお送りする、うつ病の実体と脱出方法を徹底レポートする漫画「うつヌケ」!! 最新回はAV業界の革命者・代々木忠監督が登場!!

PR TIMES / 2015年09月11日13時00分

私、ずっと前から代々木監督のAVやら著書に深く心酔しておりました!「愛と心のあるセックス」というテーマを常に探求する代々木監督がなぜうつ病に罹り、どう脱出したのか、まさに興味津々でした。しかし、そこには思いもよらない要因があったのです。今回はいつもの「うつヌケ」とは別の 切り口で「心の闇」を描写しました!是非とも読んでください!(田中圭一より) 大丈夫。 [全文を読む]

「ベレー帽をなくしてマンガが描けない」 手塚治虫の“子どもっぽさ“が名作を生んだ!?

おたぽる / 2015年03月06日23時00分

番組は手塚の著書『ぼくのマンガ人生』(岩波書店)や原作・宮崎克、マンガ・吉本浩二の『ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~』(秋田書店)を元に、手塚の有名エピソードをあらためて紹介していきました。 まずは、手塚のすごすぎる"伝説"を見ていきましょう。『ブラック・ジャック』の感想を求められたアシスタントに「ちょっと、イマイチかな」と言われた際は、 [全文を読む]

ドラえもんの黒歴史(後)藤子不二雄の解散はドラえもんのせいだった!

リテラ / 2014年08月21日12時00分

だが、安藤氏の著書『封印作品の闇』(だいわ文庫)によると、これはあくまで表向きで、じつは解散にいたったのには別の理由があったのだという。それはずばり、2人の"収入格差"問題だ。 もともと藤本氏と安孫子氏がコンビを組んでいたときには、藤子不二雄として得た収入を折半していた。たしかにコンビ時の長者番付を見ると、その納税額はほぼ同じ。が、コンビを解消した2年後以 [全文を読む]

フォーカス