現在 浅丘ルリ子に関するニュース

浅丘ルリ子73歳「お付き合いしている人が3~4人」

WEB女性自身 / 2013年12月02日07時00分

以来、映画、ドラマに数多く出演し、現在は舞台を中心に活躍している。「私はこれまで158本の映画に出演してきましたけど、(小林)旭さんとは42本もご一緒しているんです。共演が多かった(石原)裕次郎さんでも37本ですから。旭さんとの出会いは私が主演の映画『絶唱』(’58年公開)でしたけど、それから“日活ゴールデンコンビ”としてくる日もくる日も共演が続いて、36 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】JOY、堺正章&浅丘ルリ子と肩組み3ショット “顔の大きさ”で大御所を圧倒

TechinsightJapan / 2016年10月11日11時15分

現在『新チューボーですよ!』で共演中の吉村崇(平成ノブシコブシ)も、「(堺は)意外と気さくで面白い人」といった印象を持っており「(仕事上では)結構グイッといっても大丈夫ですよ」とそこまで気難しい人ではないことを明かしている。また堺は、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)を自宅に招いてもてなすほど彼をとても可愛がっているようだ。堺にとって30代のお笑い芸人らは、 [全文を読む]

日本テレビを見て育った中高年が現在の日テレ番組を面白く思えない理由?

メディアゴン / 2016年03月14日07時30分

「笑点(1966〜現在)」。居並ぶ大喜利の落語家は、誰ひとり面白いと思わなかったが、あの司会をしている立川談志という人はすごい。この人に大喜利の方に回って欲しいと思ったものだ。「笑待席(1973〜1983)」には、その立川談志と前田武彦がタキシードで出てきて、一本のマイクの前で時事ネタを30分喋るだけの番組。打ち合わせもないのに見事に漫才になっている。「自 [全文を読む]

浅丘ルリ子「私の履歴書」 小林旭に続く恋愛遍歴暴露するか

NEWSポストセブン / 2015年07月20日07時00分

その後も38歳年下のイケメン俳優・金児憲史との熱愛など、恋愛に関する話題は絶えません」(須藤氏) 2013年11月の雑誌インタビューでも浅丘は「現在、おつき合いしている方が3~4人」と明かしていた。 「過去の『私の履歴書』では、2010年に有馬稲子が市川崑監督との不倫と堕胎を赤裸々に語り、2012年には佐久間良子が鶴田浩二との不倫関係を『灼熱の恋』だったと [全文を読む]

小林旭と交際、裕次郎とは兄妹…浅丘ルリ子の衝撃告白が話題

NEWSポストセブン / 2015年07月18日16時00分

そして現在連載中なのが浅丘ルリ子(75才)だ。 満州で生まれ、タイ・バンコクで迎えた終戦やその後の収容所生活などの幼少期、そして、映画『緑はるかに』のオーディションでヒロインに抜擢され、芸能界でスターの階段を駆け上がっていく様が描かれている。そんななか、「職場恋愛」と題した7月7日の連載第7回で、浅丘はかつて交際していた小林旭(76才)のことを語り話題にな [全文を読む]

「視聴率100%男」萩本欽一が番組づくりの根底にすえたものとは【昭和のテレビ王たちの証言2】

サライ.jp / 2017年05月12日17時00分

まだまだ、使い方はありますよ」(本書より) * * * 2015年に駒澤大学に入学、現在は現役大学生として学んでいる欽ちゃん。76歳のいまも衰えることのない探求心が、テレビの一時代を築き、バラエティーの礎をつくったのです。 そんな欽ちゃんの視線の先にはいつも、テレビをつくっている人、出てくれる人、見てくれる人がいました。誰かを楽しませたい、笑ってほしいとい [全文を読む]

看護師が常駐…『やすらぎの郷』現場での“意外な心配ごと”

WEB女性自身 / 2017年04月21日12時00分

現在、撮影も3分の2が終了。 あったか現場 でなんとか無事の撮影終了を――。 [全文を読む]

老人向け「攻めすぎ」昼ドラ『やすらぎの郷』が秀逸…過激なテレビ批判、現代の老人を問う

Business Journal / 2017年04月19日20時00分

春の新作ドラマが少しずつ始まりつつあるが、現在もっとも注目すべきは『やすらぎの郷』だろう。 本作はテレビ朝日系で毎週(月~金)5日、12時30分から20分間放送されている帯ドラマだ。脚本を手がけるのは『北の国から』(フジテレビ系)の脚本を書いた巨匠・倉本聰。 主人公は、かつて数多くのテレビドラマを手がけた脚本家・菊村栄(石坂浩二)。妻に先立たれた菊村は、テ [全文を読む]

<若者のテレビ離れの証明?>倉本聰のシルバードラマ『やすらぎの郷』高視聴率におびえるテレビ局

メディアゴン / 2017年04月17日07時30分

こういった視聴ターゲットによる番組の選別が、面白さによる選別とは全く関係ないことに現在のテレビの病根がひそんでいるのだと筆者は思う。『やすらぎの郷』は、夜のゴールデンタイムには若者向けのドラマが数多く放送され、大人の観るドラマが少ないという現状に対し、大人のためのシルバータイムドラマがあるべきだという倉本が企画。その提案を受けて決まったものだ。【参考】<『 [全文を読む]

五月みどり、共演の浅丘&加賀にちゃんとしなさいと怒られる

NEWSポストセブン / 2017年04月11日07時00分

1989年には二科展で初入選を果たし、歌手、女優、画家と現在もマルチに活躍中。 撮影/田中智久 ※女性セブン2017年4月20日号 [全文を読む]

常盤貴子「やすらぎの郷」出演に『すごいご褒美を頂いた!』

Smartザテレビジョン / 2017年04月05日06時05分

現在放送中の「帯ドラマ劇場 やすらぎの郷」(毎週月~金曜昼0:30-0:50テレビ朝日系)。倉本聰オリジナル脚本で、石坂浩二が主演を務める同作は、テレビ人専用の老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada」を舞台に、入居する往年の大スターたちが直面するさまざまな問題をユーモラスに描く物語だ。 今回、「やすらぎの郷 La Strada」のコンシェルジュで、施 [全文を読む]

有名人「歴史的大不貞」はこんなに甘美だった!(2)レポーター・長谷川まさ子が語る「生々しい空気感」

アサジョ / 2017年03月25日17時00分

花田勝(現在は虎上)さんと花田美恵子さんは、花田さんのたび重なる浮気が原因で離婚間近だと言われていました。私たちが2人の家を直撃すると、花田さんは何ひとつ答えない。 その代わり、美恵子さんは犬のお散歩に行くのでもすごくオシャレをしているんです。これは何かあるんじゃないか‥‥そしたら、11歳年下の若手俳優・青木堅治との不倫が発覚してしまいました。 青木はイ [全文を読む]

浅草キッド・玉ちゃんNHK解禁で思い出されるたけし軍団の珍名タレントたち

アサ芸プラス / 2017年02月16日05時59分

最終的には、ダウンタウンの番組内で現在の“ダイオウイカ夫”に落ちつきました。ちょうど、ダイオウイカが流行っているときだったので(笑)」(前出・お笑い誌編集者) 軍団にはこれまで、国際指名手配犯や病原菌、街娼などを付けられた芸人もいた。彼は今、“シェパード太郎”の名で落ち着いている。たけしにとって、命名は娯楽か息抜きなのかもしれない。楽しんでいることだけは、 [全文を読む]

週プレ創刊50周年!で、レアなバックナンバーの高額ランキングは?

週プレNEWS / 2016年10月20日06時00分

というわけで、最後に週プレバックナンバーの高値ランキングを発表しちゃいたいと思います! (※2016年10月現在、ARATAMA新店での在庫・取扱価格となります) ★第1位 2万4000円 1970年5月12日号(No.18) 内容:今や泣く子も黙る大女優・岩下志麻のギリギリセミヌードグラビア7P。『極道の妻たち』で知られるが、週プレにご登場いただいてたん [全文を読む]

石坂浩二 ドラマ主演も決定…屈辱の番組降板に予想外の効果

WEB女性自身 / 2016年08月12日06時00分

現在放送中の『仰げば尊し』(TBS系)に出演中の石坂だが、さらに来年の主演ドラマが決まったそう。 「『やすらぎの郷』というタイトルで、脚本は大御所の倉本聰さん。共演者も、別れた元妻の浅丘ルリ子さん(75)、かつて交際していた加賀まりこさん(72)、野際陽子さん(80)、藤竜也さん(74)という豪華な顔ぶれで、話題になるのは必至です」(テレビ局関係者) 番組 [全文を読む]

アンパンマンのやなせたかしも愛したマルチアーティスト・中原淳一が訴えるもの

メディアゴン / 2015年07月02日07時00分

この番組は現在のバラエティー番組の走りと言う人もいる。サンリオが1999年4月に発行した中原淳一画集「夢の中の天使」に寄せた、漫画家・絵本作家やなせたかしの推薦文を引用する。 「戦争のあとの焼土に咲いたひまわりのように美しく、そして当時の日本の少女のほとんど全員の胸をときめかした熱狂的なアイドル画家中原淳一の名前を知る人が少なくなった。中原淳一に対する芸術 [全文を読む]

裕次郎、渡哲也…浅丘ルリ子が語る昭和大スターとの交遊録

WEB女性自身 / 2015年05月05日07時00分

現在は活動の場を舞台に移し、精力的に活躍している。 そんな浅丘さんが、昭和の大スタートたちとの華麗なる交遊録を語ってくれた。【石原裕次郎】「裕ちゃんは日活の1年後輩。日活から石原プロに6年間お世話になりましたし、仕事でもプライベートでも多くの面で支えになってくれました」【小林旭】「私が旭さんと付き合っていたのは20歳のころ。父の反対もあって結婚はできません [全文を読む]

孤独死は本当に寂しい死に方なのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月01日13時00分

後期高齢化社会と呼ばれる現在、大きな関心事となっているのが「孤独死」の問題だ。とくに最近は単身者が増加していることから、高齢者に限らず、多くの人にとって他人事ではない状況。若い世代でも「ひとりでは死にたくない」といまから恐れている人も多いという。 関連情報を含む記事はこちら しかし、高齢者や社会保障を受けられない社会的弱者が“孤立”し、結果として死に至って [全文を読む]

浅丘ルリ子が38才年下俳優と観劇デート 裕次郎の面影感じる?

NEWSポストセブン / 2013年03月01日07時00分

ドラマ『はみだし刑事』(テレビ朝日系)シリーズでデビューし、現在は朝ドラ『純と愛』(NHK)にも出演している。 「(いつも)ボーイフレンドは30代から50代まで3人ほどいる」と公言している浅丘だが、金児を選んだのはこんな理由もあるという。 「浅丘さんは14才で女優デビューして以来、ずっと石原裕次郎さん(享年52)の恋人役でした。浅丘さんは金児さんにどこか裕 [全文を読む]

フォーカス