飯島直子 離婚に関するニュース

母親が後押し 飯島直子、元ホストと破局して会社経営者と再婚

NEWSポストセブン / 2013年01月08日07時00分

飯島直子(44才)が昨年のクリスマスに再婚を発表した。お相手は会社経営者のA氏(45才)だ。 飯島といえば、新宿・歌舞伎町のカリスマホスト、Oさん(31才)と長く交際しており、結婚説が出たこともあった。しかし、ホストから社長への逆転「堅実愛」。後押ししたのは飯島の母(76才)だった。 Oさんとの熱愛を女性セブンがキャッチしたのは2005年。すでに同棲してお [全文を読む]

芸能界「結婚しない美女」の“ムラムラ身の下”事情!(3)宮沢りえとV6・森田剛の恋の行方は?

アサ芸プラス / 2017年04月27日05時57分

主宰する『小泉会』には飯島直子(49)、米倉涼子(41)、内田有紀(41)、榮倉奈々(29)など豪華メンバーが集い、朝まで飲んでいるみたい」(女性誌記者) 一昨年の誕生日には、個人事務所を旗揚げしたが、「当初、同い年で俳優の豊原功補(51)がキョンキョンのマンションに出入りしていたため、新恋人ではないかと騒がれました。しかし、2人は単なるビジネス上のパート [全文を読む]

TUBE前田、暴力団関係者と交際!元妻・飯島直子、前田の「怪しい夜遊び」を知人に相談

Business Journal / 2016年07月09日17時00分

「さらに、前田は1997年にタレント・飯島直子と結婚し、01年に離婚していますが、彼女との婚姻中も夜な夜な暴力団関係者との飲み会に出掛けていたようです。飯島は親しい関係者に、夫の怪しい“夜遊び”をしきりに相談していました」(同) 昔の話とはいえ、かなりアウトローな生活スタイルを続けていたという前田。芸能界に薬物逮捕者が出るたびに名前が挙がる理由がうかがえ [全文を読む]

若い人は意外と知らない!?実は元夫婦だった芸能人ビッグカップル!【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年11月21日09時56分

こんな元カップルも!女優として活躍されている飯島直子さんと人気バンドTUBEの前田亘輝さんも1997年に結婚、2001年に離婚しています。 また、アイドル歌手だった三浦理恵子さんと、ロックバンドのボーカル、ダイアモンド☆ユカイさんも1997年から2001年まで夫婦でした。三浦さんは女優として、ユカイさんはバラエティで現在も大活躍の二人ですが、夫婦だったイ [全文を読む]

飯島直子 飾らない性格の裏には小泉今日子との仲が関係?

アサ芸プラス / 2015年10月24日17時57分

元祖「癒やし系」飯島直子(47)が、久しぶりに艶やかな姿を公開した。五十路手前でも衰えないナマ脚の間には「高性能」な秘密兵器があった。 飯島が久しぶりの短いスカート姿を見せつけたのは、9月27日放送のゴルフ番組「愉快なGOLFRIENDS」(BS11)。盟友の中山秀征とともにラウンドを回った飯島。2人は日頃から「直ちゃん、秀ちゃん」と呼び合う仲だけに息もピ [全文を読む]

2013年100大予測(1)中森明菜、飯島直子「ブレイク熟女優」

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

今年はフィクションの中でもその魔性を発揮してくれるのでは」(前出・碓井氏) 昨年12月25日に一般男性との再婚を発表したばかりの飯島直子(44)は、再々ブレイクの可能性が十分。 「いつか陽のあたる場所で」(NHK)で主演の元女囚役を演じているが、今後、癒やし系から妖艶な女性へとイメージ変化を遂げるだろう。 「昨年、小泉今日子が中心となった“小泉会”に飯島も [全文を読む]

浅田次郎作品、いよいよWOWOWでドラマ化!「連続ドラマW きんぴか」60秒予告編をWEBで公開!!

PR TIMES / 2015年12月27日10時10分

昭和任侠を絵に描いたような昔かたぎで不器用なヤクザに中井貴一、政治家が犯した収賄の罪をかぶった元政治家秘書にユースケ・サンタマリア、安保法案に反旗を翻し単身クーデターを起こした元自衛官にピエール瀧、3人の悪党を束ねる老刑事に綿引勝彦、そして、ヤクザと恋に落ちる伝説の看護師に飯島直子という豪華なキャストが揃いました。 金よりも、出世よりも“筋”を通して生き [全文を読む]

YG所属俳優 大和孔太、連続ドラマレギュラー出演決定!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月05日10時00分

昭和任侠を絵に描いたような昔かたぎで不器用なヤクザに中井貴一、政権に反旗を翻した元自衛官にピエール瀧、政治家の罪をかぶった元政治家秘書にユースケ・サンタマリア、3人の悪党を束ねる元刑事に綿引勝彦、そして、ヤクザと恋に落ちる伝説の看護師に飯島直子という豪華なキャストがそろう。大和は、阪口健太(中井貴一)のかつての親分であった若頭・田之倉五郎松(岩松了)を、心 [全文を読む]

2013年100大予測(3)黒木メイサ、上戸彩「離婚・不倫ダービー」

アサ芸プラス / 2013年01月16日10時00分

【関連記事】 2013年100大予測(10)鈴木ちなみ「ポストAKB48最有力候補は完売女王」 2013年100大予測(1)中森明菜、飯島直子「ブレイク熟女優」 2013年100大予測(9)安倍&石原連携で武装警察官が尖閣常駐 2013年100大予測(8)武豊引退決意の裏で牝馬がGⅠを制圧? 2013年100大予測(4)アベノミクス生活「資源高で親父の昼 [全文を読む]

カトパンも歌舞伎町に出没? 美女たちのホスト狂い伝説

メンズサイゾー / 2012年08月19日15時00分

有名な例は、飯島直子(44)だろう。 かつてCM女王に君臨し、癒し系女優の先駆けだった飯島直子は、1997年にTUBEの前田亘輝(47)と結婚するが、わずか4年で離婚。その後、05年に13歳下の歌舞伎町のナンバーワンホスト・ONLY優との交際が明らかになっていた。「飯島はONLY優にとことん入れあげ、他に類を見ないほどの太客になった。港区にあるタワーマンシ [全文を読む]

小泉今日子、ドラマのキャスティングを「社長にお願い」の一言で決めた!?

サイゾーウーマン / 2012年01月15日12時00分

そして中井の妹弟役として登場するのが、飯島直子、坂口憲二、内田有紀の3人だ。ドラマはこの5人を軸に展開されていくのだが......。「実はキョンキョンと飯島さんはプライベートでは大の仲良し。共に芸歴も長いふたりですが、頻繁に遊びに出掛けたりするようになったのはここ数年のようです。同業者であり飲み仲間のふたりは、仕事からプライベートまでアケスケに話す関係のよ [全文を読む]

坂口杏里批判の立花胡桃に「お前が言うな!」の大合唱! 芸能界“ホスト狂タレント”の系譜

日刊サイゾー / 2017年05月06日11時00分

「“癒やし系の女王”といわれ、高い人気を誇った飯島直子は、1997年にTUBEの前田亘輝と結婚するも2001年に離婚。その後、13歳年下のホストに入れあげて、彼と暮らすための2億5,000万円のマンションをキャッシュで購入したといわれています。そのことで仕事がおろそかになり、テレビから消えてしまいましたが、12年に会社経営者と再婚。現在は女優業を中心に活 [全文を読む]

ゲイカウンセラー「申年女は賢くていい男をゲットしやすい」

NEWSポストセブン / 2016年01月09日16時00分

男性にモテモテだった飯島直子は、長く年下のホストに入れ込んでいたが、’12年にクリスマス入籍した夫は会社経営者だった。〉 T:ただ感性の鋭い男性には、本性がすぐにバレちゃうのでアウト。「バレちゃうかも…」と思うと、そんな人からはサッと身を引くのが申年女。賢いんですよね。でもそれは自分が本当に望んでいる男性とはうまくいかないということ。 L:だから、根源的 [全文を読む]

小泉今日子「あまちゃんでの演技は日頃の酒席で培われた」

アサ芸プラス / 2013年08月09日10時00分

飯島直子(45)や米倉涼子(37)ら『小泉会』のメンバーを従えて飲み歩いていました。仕事でグチる米倉に『クヨクヨしない! 元気出しなさいよ!』と背中を叩く姿も見たことがあります」(飲食店関係者) まさに、「あまちゃん」での演技は、日頃からの酒席で培われたと言っても過言ではないのである。 芸能評論家の肥留間正明氏も絶賛する。 「脚本を書いた宮藤官九郎は、アキ [全文を読む]

「私の好きなようにさせて」小泉今日子の男前っぷりと酒豪伝説!

メンズサイゾー / 2013年07月31日14時00分

また、小泉といえば米倉涼子や飯島直子など仲のいい女性芸能人を集めて「小泉会」なるものを結成するほどの酒好きとしても知られる。豪快な飲みっぷりもたびたび目撃されており、恵比寿の行きつけのバーの壁に酔った勢いで自分のサインを書いたり、初対面の客と意気投合してそのままおごることもあるという。仕事のことをグチる米倉を「クヨクヨしない! 元気出しなさいよ!」と励ま [全文を読む]

2013年100大予測(7)大橋未歩、加藤シルビア「女子アナ世代交代!?」

アサ芸プラス / 2013年01月17日09時55分

【関連記事】 2013年100大予測(8)武豊引退決意の裏で牝馬がGⅠを制圧? 2013年100大予測(4)アベノミクス生活「資源高で親父の昼飯代が200円台に」 2013年100大予測(3)黒木メイサ、上戸彩「離婚・不倫ダービー」 2013年100大予測(10)鈴木ちなみ「ポストAKB48最有力候補は完売女王」 2013年100大予測(1)中森明菜、飯 [全文を読む]

フォーカス