飯島直子 杉本彩に関するニュース

景気上昇と流行が連動 2年後にハイレグ人気が再燃か

NEWSポストセブン / 2017年06月01日11時00分

バブルが華やかなりし1990年前後、男性誌のグラビアページを開けば、杉本彩、岡本夏生、かとうれいこ、飯島直子らが鋭いハイレグ水着を身に纏い、美を競っていた。なぜバブル時代に、ハイレグが受け入れられたのだろうか。女性用水着販売大手、株式会社Ai(旧・三愛)の取締役・丸田隆司氏は「やはり経済状況との関係は見逃せません」と語る。 「当時は女性の社会進出が騒がれた [全文を読む]

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(8)80年代1位~15位 高岡早紀が完脱ぎ映画で男性客をKO

アサ芸プラス / 2017年05月03日17時58分

13位・飯島直子 いったい、どれだけ掛け持ちするのかというくらいキャンギャル女王として君臨。90年代には「癒やしの女王」として再ブレイク。14位・杉本彩 歌手としての持ち歌に「ゴージャス」があるが、まさしく高貴すぎるボディを誇った。そして「愛と性の伝道師」に成長していった。15位・柏原芳恵 松田聖子や河合奈保子と並ぶアイドル界の「黄金の80年組」だが、10 [全文を読む]

成宮寛貴も見習うべき?石田純一が“脅威の打たれ強さ”でまたもや復活!

アサジョ / 2016年12月13日18時15分

東尾は杉本彩、飯島直子、南野陽子、国生さゆりを抑えてのトップ。石田は草刈正雄、中村雅俊、船越英一郎、志村けんを抑えて、「デートで素敵なエスコートをしてくれそうな、おじ様タレントNO1」に輝いたため、夫婦共演となった。夫妻の7回目の結婚記念日ということもあり、お祝いのケーキをお互いに食べさせ合うラブラブモードをアピールしたのだった。スポーツ紙デスクが言う。「 [全文を読む]

皮膚の専門家 ドクターシーラボ presents 第3回『ベストハリ肌ニスト』受賞者は東尾理子さんに決定!

PR TIMES / 2016年12月12日12時36分

第二位は「杉本彩さん(14.7%)」、第三位は「飯島直子さん(12.3%)」、第四位は「南野陽子さん(10.0%)」、第五位は「国生さゆりさん(5.2%)」という結果となりました。調査概要:WEBアンケート2016年11月29日~30日(女性20歳~59歳、N=211)[画像3: http://prtimes.jp/i/2961/86/resize/d29 [全文を読む]

橋本マナミ 壇蜜や井川遥らから学んだ「癒やし」の極意

NEWSポストセブン / 2016年06月30日16時00分

2000年前後に、飯島直子や優香に続いて、“癒やし系”と呼ばれた女優だ。 「写真集やDVDを買って参考にしてきました。表情が優しくて、包み込んでくれそうな感じがするんですよね。イヤらしすぎないセクシーさがあって、無防備な雰囲気が魅力をそそるのだと思います」 井川と同時期には“和製モンロー”といわれた井上和香が豊満な胸とぽってりとした唇で人気を博した。その後 [全文を読む]

フォーカス