飯島直子 鈴木京香に関するニュース

飯島直子 夢叶えるために毎日欠かさず“お題目”

WEB女性自身 / 2016年03月06日06時00分

目をつぶってグラッグラになりながら(笑)」 そう語るのは、隔週連載『中山秀征の語り合いたい人』第57回のゲスト・女優の飯島直子さん(48)。 94年、コカコーラ「ジョージア」のCMで 癒し系女優 としてブレークした飯島さん。ファッションやメークをまねる女性を ナオラー と呼ぶなど、社会現象にもなった。『DAISUKI!』(日本テレビ系)共演で20代半ばから [全文を読む]

2013年100大予測(1)中森明菜、飯島直子「ブレイク熟女優」

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

今年はフィクションの中でもその魔性を発揮してくれるのでは」(前出・碓井氏) 昨年12月25日に一般男性との再婚を発表したばかりの飯島直子(44)は、再々ブレイクの可能性が十分。 「いつか陽のあたる場所で」(NHK)で主演の元女囚役を演じているが、今後、癒やし系から妖艶な女性へとイメージ変化を遂げるだろう。 「昨年、小泉今日子が中心となった“小泉会”に飯島も [全文を読む]

1位はやっぱりあの作品…主婦が選ぶNHK「ドラマ10」名作

WEB女性自身 / 2016年11月23日12時00分

そこがリアル!原田さんがクリーニング店や清掃のパートとして働いているのも、自分自身を投影しやすくていいんです」 5位に選ばれたのは、上戸彩と飯島直子がダブルヒロインの『いつか陽のあたる場所で』( 13年放送)。物語は、初めて愛した男のために罪を犯してしまった芭子(上戸)。7年の刑を終え出所した彼女を出迎えたのは、刑務所で親友になった綾香(飯島)だった。2人 [全文を読む]

芸能界「結婚しない美女」の“ムラムラ身の下”事情!(3)宮沢りえとV6・森田剛の恋の行方は?

アサ芸プラス / 2017年04月27日05時57分

主宰する『小泉会』には飯島直子(49)、米倉涼子(41)、内田有紀(41)、榮倉奈々(29)など豪華メンバーが集い、朝まで飲んでいるみたい」(女性誌記者) 一昨年の誕生日には、個人事務所を旗揚げしたが、「当初、同い年で俳優の豊原功補(51)がキョンキョンのマンションに出入りしていたため、新恋人ではないかと騒がれました。しかし、2人は単なるビジネス上のパート [全文を読む]

TBS、フジに朗報!? NHK『ドラマ10』の曜日移動で“火10ドラマ戦争”に変化

おたぽる / 2016年01月29日12時00分

NHK『ドラマ10』は、過去に、『セカンド・バージン』(2010年/鈴木京香主演)、『いつか陽のあたる場所で』(13年/上戸彩&飯島直子主演)などのヒットといってもいい作品もあったが、近年は視聴率も低迷。昨年4~8月には、全20話の大作で、仲間由紀恵を主演に迎えた『美女と男子』をオンエアしたが、視聴率は5%前後をウロウロする始末で、結果が出せなかった。 [全文を読む]

奥貫薫、有森也実、原田知世ら熟女の魅力をオーバー50男語る

NEWSポストセブン / 2014年05月07日07時00分

アネゴ的な魅力が衰えない飯島直子(46)。大胆な濡れ場を披露しつつ清楚さを失わない有森也実(46)。 「スレンダー型に見えて、意外と安産型のお尻と、ぽってりした唇がたまらない。若い頃からファンですが、最近また色っぽくなった」(55・大手メーカー管理職) 長身とクールさで凛とした雰囲気のとよた真帆(46)や、「Vシネ界のシャロン・ストーン」との異名をとったセ [全文を読む]

フォーカス