ホリプロタレントスカウトキャラバン 井森美幸に関するニュース

【エンタがビタミン♪】井森美幸のあの“ダンス映像”をホリプロが封印。放送NGにした意外な真相とは。

TechinsightJapan / 2015年05月01日21時45分

彼女は1984年に第9回ホリプロタレントスカウトキャラバンで12万人の中からグランプリを獲得。翌年にアイドル歌手としてデビューした時のキャッチフレーズは「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」だった。 歌手としてよりもバラドルとして人気が出ると「井森美幸、未だに誰のものでもありません」とそれをネタにすることもある。そしてもう1つ、彼女の人気を押し上げ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】井森美幸 デビュー曲を歌う小島瑠璃子に感激「カバー権あげる!」

TechinsightJapan / 2016年04月20日20時30分

井森美幸は1984年に『第9回ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリをとると、翌年4月にはレコード会社の一押しアイドル歌手として『瞳の誓い』でデビューした。ライオンのCMソングに起用され彼女自身も出演する力の入れようで、当時のキャッチフレーズ「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」は今でもネタにされる。 それから長い年月が経ちながら今も活 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】井森美幸の必死に訴える姿が「王女みたいでいい!」

TechinsightJapan / 2015年11月26日12時29分

「伝説のレオタード」とは、1984年に『第9回ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを獲得した井森美幸が、予選オーディションでレオタードを着て踊ったVTRが後にバラエティ番組で大ウケしたことでそう呼ばれる。 ホリプロによるとそのVTR映像は当面封印するというので、まさに「伝説のレオタード」となった。その映像が見られなくとも、1枚の画像だけでここま [全文を読む]

井森美幸、女子高生姿披露で『君の名は。』ファンが激怒! “永遠の35歳”には賛同の声が殺到

おたぽる / 2016年11月06日12時00分

「井森は、1984年に開催された『第9回ホリプロタレントスカウトキャラバン』で約12万人の中からグランプリを受賞。最近では、アイドルとしてデビューした当時の“井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません”というキャッチフレーズをもじって、“いまだに誰のものでもありません”と、現在も独身であることを自虐するネタを披露し、笑いを取ることもしばしばですが、女性情 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】菊地亜美 井森美幸と2ショット「バラエティタレントの大先輩です!!」

TechinsightJapan / 2016年03月03日15時41分

1984年に『第9回ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを獲った井森美幸は、翌年にアイドル歌手としてデビューするがヒット曲に恵まれず人気が伸び悩む。1987年頃、同じような道をたどった山瀬まみがバラエティでタレント性を発揮して“バラドル”(バラエティアイドル)と呼ばれるようになり、井森は松本明子や森口博子と共に山瀬に続く“バラドル”として活躍 [全文を読む]

ホリプロオーディション出身の新人タレント・井上咲楽に業界が注目!「バラエティセンスの高い美少女」という期待の逸材

AOLニュース / 2015年11月15日12時00分

"樂"の字が芸名では簡単な"楽"になったわけだが、9月に行われた「第40回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でソフトバンク賞に選ばれた栃木在住の高校1年生だ。「ホリプロタレントスカウトキャラバン」はホリプロが主催する伝統ある新人発掘オーディションで、第1回グランプリの榊原郁恵に始まり、堀ちえみ、井森美幸、深田恭子、綾瀬はるか、石原さとみら多くのスターを輩 [全文を読む]

夢への道も時代で変わる!?女優のオーディション事情を変遷と共に追ってみた!

日本タレント名鑑 / 2015年05月27日15時55分

そして、現在最大手ともいえる事務所オーディションといえば1976年から開催されている「ホリプロタレントスカウトキャラバン」と1987年からの「全日本国民的美少女コンテスト」(オスカープロモーション)ではないでしょうか? 原石を探すホリプロタレントスカウトキャラバン スカウトキャラバン開始時はさほど大手ではなかったホリプロですが、第一回グランプリの榊原郁恵 [全文を読む]

井森美幸が明かした「芸能界を生き残るコツ」がネット上で話題に 「説得力が違う」

AOLニュース / 2015年03月21日10時00分

1984年、応募総数12万人の中から、第9回ホリプロタレントスカウトキャラバンにてグランプリを獲得し、アイドル歌手としてデビューするも、低迷期を経験し、その後、バラドルとして再生。以後、現在に至るまで、衰えを感じさせることなくコンスタントに活躍し続けている彼女だけに、その言葉にはなんとも言えぬ説得力が醸し出され ていると言えるだろう。 文・久保田太陽 ■ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】有吉弘行が投稿した井森美幸の1枚に反響。「奇跡の人」「嫁にください」

TechinsightJapan / 2015年01月12日17時15分

井森美幸は1984年に『第9回ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを獲得したことがきっかけとなり、アイドル歌手への道を進んだ。しかし、ヒット曲に恵まれず、バラエティ番組で活躍するアイドル“バラドル”の先駆けとなる。現在、46歳だが歌手デビューした頃のキャッチフレーズ「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」を持ち出して「未だに誰のものでも [全文を読む]

小島瑠璃子、目標としている女性は「井森美幸さん! 今一番やってみたい仕事は……」

Entame Plex / 2014年12月01日19時11分

2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリを受賞。持ち前の明るいキャラに加え、天性とも言えるバラエティ番組での立ち回りの上手さから、着実に活躍の場を拡げてきた彼女。11月29日、東京・お台場ヴィーナスフォートにて開催された“ヨガ×音楽×ダンス”を融合させたイベント『Lenovo presents YOGA RA [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】森星がまさかの告白。「“あまちゃん”オーディション受けた」に、さんまもびっくり!

TechinsightJapan / 2014年11月19日21時55分

スカウトといえば、井森美幸はホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを獲得している。さんまから「森はオーディションとか受けたことないやろ!?」と振られて、彼女は「実は…“あまちゃん”のオーディションを、一か八か1回だけ受けたことがある」と明かしたのだ。 「あまちゃん!?」とさすがにさんまも驚いたが、森星は「ちょっと合っていないのは分かっていたけど、 [全文を読む]

「大事な部分を◯◯で...」 下ネタもOKな浜口順子、13年目のブレイクなるか!?

メンズサイゾー / 2014年09月29日17時45分

ホリプロタレントスカウトキャラバン』のグランプリ獲得者としてはあるまじき下ネタも口にし、スタジオを盛り上げた。 この日、「彼氏よりも友達よりも仕事よりも文鳥を溺愛しすぎてしまうこと」を反省すべく登場した浜口は、食事中から就寝にいたるまでいつでもどこでも一日の大半を、飼っている文鳥の"ムールちゃん"と過ごすという奇特な日常を告白。文鳥の好物である枝豆を口移 [全文を読む]

フォーカス