予定 宮部みゆきに関するニュース

WOWOWオリジナルドラマ 2015年1月20日よりHuluにて配信開始!

PR TIMES / 2015年01月14日14時26分

単発ドラマ・連続ドラマ合わせて約60作品の提供を予定しており、2015年1月20日(火)から順次配信されます。 今回のコンテンツ提供により、「ドラマW 宮部みゆき『パーフェクト・ブルー』」、「連続ドラマW 造花の蜜」など、多くのオリジナルドラマを「Hulu」でお楽しみいただけるようになります。 WOWOWは、これからもコーポレートメッセージ「見るほどに、新 [全文を読む]

400万部を超える大ベストセラー小説 宮部みゆき氏 『模倣犯』 が遂に世界へ解き放たれる

PR TIMES / 2014年12月19日15時15分

Amazon Kindle、Apple iBooksをメインに、今後配信プラットホームを増やしていく予定です。また、本プロジェクトでは、実写版ハリウッド映画が製作に向けて動いていると報じられているSF漫画の金字塔『コブラ』(寺沢武一著)を筆頭に、様々なジャンルのマンガ10タイトルを順次配信することを決定いたしました。当社では、今回配信する作品を海外戦略の試 [全文を読む]

リソル生命の森「お茶の間ゼミ」 3月の日程

PR TIMES / 2017年02月28日15時35分

2017年3月開催予定の各種講座&スクールは下記のとおりです。 <リソル生命の森 「お茶の間ゼミ、スクール&サークル」 3月の各種講座予定> ■「楽しもう朗読」発表会 ・開催日時:3月5日(日)13:30開演~15:30終演 ・開催場所:リソル生命の森 フォレストアカデミー(定員30名) ・入場料:無料 ・朗読作品:「ヤクーバとライオン」(ティエリー・デデ [全文を読む]

2月3日公開の映画『虐殺器官』と人気ラーメン店のコラボレーションが実現! 『宅麺.com×虐殺器官×人気ラーメン店』コラボラーメンの販売が決定!

DreamNews / 2017年01月30日18時00分

●『虐殺器官×宅麺.com』特設サイト:http://www.takumen.com/st/lp/genocidal_organ/●「宅麺.com×虐殺器官×人気ラーメン店」コラボラーメン 概要 ■らあめん元 【商品名】ぎゃくさつ【価格】店頭販売価格:950円(税込) 宅麺販売価格1000円(税抜)【販売期間】1月31日(火)~2月12日(日)までを予定 [全文を読む]

宮部みゆきの「楽園」を、仲間由紀恵主演でドラマ化!

Smartザテレビジョン / 2016年09月22日06時00分

WOWOWプライムにて'17年1月からの放送が予定されている。 「楽園」で描かれるのは、'02年に第52回芸術選奨文部科学大臣賞文学部門などを受賞した宮部の代表作「模倣犯」の、9年後の物語。仲間は「模倣犯事件」のトラウマを抱えながらも、新たな難事件に立ち向かっていく女性ライター・前畑滋子を演じる。 WOWOWドラマ初出演となる仲間は今回のオファーを受けて「 [全文を読む]

あの『遠野物語』を本格絵本化!京極夏彦が手がける「子供向けらしからぬ」新“怖い絵本”

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月05日15時00分

全4巻刊行予定で、第1弾として『やまびと』『まよいが』の2作が4月28日に発売されている。 そもそも『遠野物語』とは、岩手県遠野地方に伝わる説話・信仰・行事を、柳田國男が書き留めた作品である。 そこには河童や天狗や雪女、ざしきわらし、神隠しなどにまつわる不思議なエピソードが数多く収められており、怪談・奇談の宝庫として読み継がれてきた。 死んだ老女が幽霊と [全文を読む]

第23回日本ホラー小説大賞 選考結果発表!

PR TIMES / 2016年04月28日10時18分

読者賞受賞作『【夜葬】』は角川ホラー文庫として、2016年秋に株式会社KADOKAWAより刊行予定。優秀賞受賞作『黄昏色の炎と213号室の雫』も書籍化を予定している。(判型、刊行時期未定)。◇日本ホラー小説大賞 公式サイトhttp://www.kadokawa.co.jp/contest/horror/◇過去の受賞作一覧http://www.kadokaw [全文を読む]

累計22万部突破「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」第I期、ついに完結! 江戸時代の華やかな文学を人気作家が新訳した最新刊発売

PR TIMES / 2015年11月11日09時47分

[画像2: http://prtimes.jp/i/12754/22/resize/d12754-22-125752-1.jpg ] 【「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」最新刊:書誌情報】 第11巻『好色一代男/雨月物語/通言総籬/春色梅児誉美』 好色一代男(島田雅彦訳)/雨月物語(円城塔訳)/通言総籬(いとうせいこう訳)/春色梅児誉美(島本理生訳) [全文を読む]

第22回日本ホラー小説大賞 澤村電磁さん『ぼぎわん』が受賞!

PR TIMES / 2015年04月21日09時27分

受賞作は株式会社KADOKAWAより、大賞受賞作『ぼぎわん』は単行本として、読者賞受賞作『記憶屋』は角川ホラー文庫として、2015年秋に刊行予定。優秀賞作『二階の王』も書籍化を予定している(判型、刊行時期未定)。■日本ホラー小説大賞 公式サイト http://www.kadokawa.co.jp/contest/horror/【第22回 日本ホラー小説大賞 [全文を読む]

日本作家の世界進出支援 作家の世界チャレンジを後押し 宮部みゆき氏の小説「模倣犯」英訳版電子書籍を世界配信

PR TIMES / 2014年03月17日09時51分

マーケット状況にあわせプラットフォームを順次拡大していく予定です。他の作家について もプロジェクトが進行しており、小説家のほか、漫画家の世界進出も支援してまいります。また、新人を発掘して世界進出させる施策の準備を進めております。【著者プロフィール】宮部みゆき 氏1960年生まれ 東京都出身 法律事務所等に勤務の後、1987年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物 [全文を読む]

近藤晃央、ドラマ「名もなき毒」キャストを迎えスペシャルライブ開催決定!

okmusic UP's / 2013年08月08日19時00分

当日はスペシャルゲストとして、主演の小泉孝太郎とドラマ後半のヒロイン真矢みきも来場予定。また、この日会場で9月発売のシングル「あい」を予約すると、近藤の握手会に参加できるとのこと。 「あい」はイベント開催日同日に着うた(R)にて先行配信がスタート。それに先駆け、近藤9日24時からオンエアされるJ-WAVE「TOKYO REAL-EYES」の夏限定企画“真 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】月曜ミステリーシアター「名もなき毒」見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2013年07月10日14時45分

原作 宮部みゆき × 主演 小泉孝太郎!現代を生きる人間の心の闇が引き起こす事件と様々な人間ドラマが描かれる本格派ミステリー!TBSテレビの動画配信サービス「TBSオンデマンド」では、本日7月10日(水)午後9:00より、TBS系列テレビ局で放送中の月曜ミステリーシアター「名もなき毒」(TBS系月曜午後8:00~放送中)のオンデマンド配信を開始しました(第 [全文を読む]

大島優子は「共喰い」。集英社文庫『ナツイチ』キャンペーンでAKB48の読書感想文・課題図書が発表!

週プレNEWS / 2013年06月26日04時00分

■チームA 伊豆田莉奈/「言えないコトバ」益田ミリ 入山杏奈/「鉄道員」浅田次郎 岩田華怜/「終末のフール」伊坂幸太郎 大島涼花/「永遠の出口」森 絵都 川栄李奈/「蒼い時」山口百惠 菊地あやか/「年下の女友だち」林真理子 兒玉遥/「平成大家族」中島京子 小林茉里奈/「幸福論」アラン 佐々木優佳里/「ハニー ビター ハニー」加藤千恵 佐藤すみれ/「六花の [全文を読む]

角川ホラー文庫創刊20周年、日本ホラー小説大賞選考結果発表!

PR TIMES / 2013年04月25日09時34分

優秀賞受賞作『かにみそ』は角川書店より単行本として、読者賞受賞作『ウラミズ』は角川ホラー文庫より、2013年秋に刊行予定です。 ◇日本ホラー小説大賞 公式サイト http://www.kadokawa.co.jp/contest/horror/ ◇過去の受賞作一覧 http://www.kadokawa.co.jp/contest/horror.html [全文を読む]

トーハン「新刊ニュース」2017読書週間アンケート 特別企画「人気著者が教える○○の秋にオススメの1冊」を掲載 ~9年ぶりに100名を超える回答が寄せられた充実の特集~

DreamNews / 2017年10月16日15時00分

なお、オンライン書店「e-hon」(http://www.e-hon.ne.jp)では、本企画に連動した特集ページを10月下旬に掲載する予定で、紹介された本の購入が可能です。アンケート回答者(一部・敬称略):嵐山光三郎、池井戸潤、戌井昭人、大崎梢、門井慶喜、志川節子、大門剛明、立川談四楼、髙田 郁、辻村深月、長岡弘樹、那須正幹、なかやみわ、東川篤哉、道尾秀 [全文を読む]

韓国の「村上春樹旋風」と「東野圭吾人気」に見る時代の変化

文春オンライン / 2017年07月21日11時00分

この作品が東野先生のファン層を広げたと思います」(同前) 「現代文学」社の海外部門では25%前後が日本の作品で、今年は『蜜蜂と遠雷』(恩田陸著)や『ムーンナイト・ダイバー』(天童荒太著)などを出版する予定だという。 日本の小説は今や韓国のどの出版社でも人気で、「会社全体の売り上げの半分が日本の小説の韓国語版という出版社も出てきています」(前出、大手書店関係 [全文を読む]

注目の映画監督と異色漫画家が共鳴した、問題作『恋と罰』――「すべての片想いをしたことある人に贈ります」

週プレNEWS / 2017年05月30日11時00分

◆このインタビューの続き、後編は明日配信予定! ●松居大悟(まつい・だいご) 1985年生まれ、映画監督、劇団ゴジゲン主宰。福岡県出身。監督作に『アフロ田中』『私たちのハァハァ』など。『アズミ・ハルコは行方不明』は第29回東京国際映画祭コンペティション部門出品。ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』ではメイン監督・脚本 [全文を読む]

第24回 日本ホラー小説大賞 選考結果発表!

PR TIMES / 2017年04月22日10時51分

優秀賞受賞作『文字列の幽霊』は角川ホラー文庫として、『迷い家』は単行本として、また読者賞受賞作『竹之山の斜陽』は角川ホラー文庫として、それぞれ2017年秋に株式会社KADOKAWAより刊行予定。◇日本ホラー小説大賞 公式サイト:http://www.kadokawa.co.jp/contest/horror/【第24回 日本ホラー小説大賞】【大賞】該当作な [全文を読む]

話題の黒板アート 高校美術部が3日半かけて挑戦

NEWSポストセブン / 2017年01月28日16時00分

昨年春、黒板などの製品を扱う企業が主催する“日学・黒板アート甲子園”の第1回目(第2回目は今春開催予定)に出品した。 「最初は3人ぐらいで始めたのに、最終的には部員全員の17人で朝から日が暮れるまで3日半描いていました」(濱崎さん)。黒板に向かう姿を部員どうしで確認しあいながら何度も書き直したそう。黒板アートを描く自分たちを描くという、難しいテーマにチャレ [全文を読む]

「LABOUM」ソルビン、200キロカロリー以下の過激ダイエット&デビュー前の恋愛を赤裸々告白

Wow!Korea / 2016年12月01日13時40分

また、「LABOUM」としては、今月初めにカンバックする予定だ。 [全文を読む]

フォーカス