文庫本 宮部みゆきに関するニュース

ドラマ『模倣犯』が“神”だったと大反響!! 「かなり原作に忠実でよかった」とファンも納得

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月28日17時30分

『模倣犯』は宮部の代表作のひとつで、これまでに単行本と文庫本あわせて累計420万部を突破ている大ベストセラー。2002年にはSMAP・中居正広主演で映画化されていた。 今回のドラマ化にあたって、宮部が「原作はなにしろ長尺で登場人物も多いので、多々ご苦労をおかけすると思います」と語っている通り、原作はかなりの長編。映画化の際は上映時間123分に詰め込まれて [全文を読む]

年末年始は仲間由紀恵まつり!

Smartザテレビジョン / 2016年12月09日16時00分

今回、“全幅帯”仕様の文庫本販売が実現。表紙に仲間のポスター写真が使われていて、これは宮部作品としては初の試みだ。 なお、WOWOWシネマでは同ドラマの放送を記念し、仲間と宮部それぞれの関連作品を特集する。宮部の原作映画からは、「楽園」の前身となる中居正広主演の映画「模倣犯」、そして“校内裁判”という異色の題材をテーマにした映画「ソロモンの偽証 前篇・事件 [全文を読む]

『模倣犯』中谷美紀主演でドラマ化決定に「これ見るしかないやつ!」とファン大興奮!!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月10日15時00分

同作は1995年から1999年に『週刊ポスト』で連載され、単行本・文庫本の累計発行部数は420万部を超える大ベストセラー小説。「第52回芸術選奨文部科学大臣賞」や「第55回毎日出版文化賞特別賞」、「第5回司馬遼太郎賞」など錚々たる賞を6つも受賞、2002年にはSMAPの中居正広主演、森田芳光監督で映画化もされている。 物語は、墨田区の大川公園で女性の右腕 [全文を読む]

浅田次郎作品 韓国で初の連続ドラマ化!『椿山課長の七日間』

PR TIMES / 2016年01月26日11時43分

『椿山課長の七日間』(浅田次郎 著) 韓国版ドラマ化について[画像: http://prtimes.jp/i/3670/583/resize/d3670-583-585106-0.jpg ]■ 小説『椿山課長の七日間』著 者:浅田次郎出 版 社:朝日文庫(朝日新聞出版)刊発刊日 :2001年7月~2002年4月(朝日新聞連載)2002年9月に単行本、200 [全文を読む]

インターネットは都市部と地方の格差を縮めたか

ガジェット通信 / 2013年07月09日14時00分

しかし、日経トレンディの2011年の記事では"都市部を離れ、郊外や地方にあるロードサイドの書店に足を運んでみると、必ずといっていい程ケータイ小説のコーナーが設置されており、単行本や文庫本が豊富に並べられているという光景を目にする*3"としている。これは事実だ。首都圏ならば、小さな駅前や住宅街の中小規模の書店はおろか、ジュンク堂や有隣堂などのターミナル駅前に [全文を読む]

フォーカス