離婚 林家三平に関するニュース

泰葉が語る「笑点メンバーの意外な一面」とは

日刊大衆 / 2017年03月19日16時05分

88年に春風亭小朝と結婚し、07年に離婚。それから雌伏の時を経て表舞台に帰ってきた泰葉が、父の思い出、日本の芸能界、さらに弟が出演するあの国民的番組まで語りまくる!「あの節は、ほんとにお騒がせいたしました。今日はお手柔らかに……」――インタビュー場所に現れた泰葉の髪の色は、鮮やかな金色だった。07年11月、19年連れ添った春風亭小朝と離婚した泰葉から飛び [全文を読む]

泰葉 「このままじゃ死ぬ…」壮絶“うつ闘病”を独占告白

WEB女性自身 / 2016年10月30日17時00分

会見では、 07年に春風亭小朝(61)と離婚した後、双極性障害によるうつ状態と闘っていたことも明かした。体験した壮絶な うつ闘病 泰葉が本誌に語ってくれた。 「結婚以来20年近くおかみさん業に徹していたため、その反動でロケットが噴射したようにものすごく気分がハイになってしまったんです。仕事が楽しくて楽しくて仕方がない。そのいっぽうで、人と衝突したり、スタッ [全文を読む]

泰葉 離婚から10年、元夫・小朝のDVを告発した背景とは

NEWSポストセブン / 2017年06月09日16時00分

泰葉が「金屏風会見」と呼んだのは、元夫・小朝(62才)との離婚会見のこと。昭和の爆笑王・初代林家三平の娘と天才落語家という風変わりな夫婦は、離婚報告にもかかわらず金屏風の前に立った。小朝の「離婚届がラブレター」発言、そしてふたりが握手を交わしたことなど、この会見は今なお語り種だ。 当時、泰葉は「円満離婚」と言っていたものの、ブログで小朝のことを“金髪豚野 [全文を読む]

泰葉「デブが嫌いだった」離婚の理由を告白

日刊大衆 / 2017年01月20日23時00分

その後、話題は2007年に離婚した春風亭小朝(61)との結婚生活に。漫画家の手塚治虫氏も出席した豪華な結婚式を行い、結婚後も一等地に一軒家を借りてなに不自由ない暮らしをしていたと振り返った。 離婚の理由について泰葉は「やっぱり歌いたくなっちゃった」と言い、昔から厳しく芸事を教えられ、人前でパフォーマンスすることに自信があったので「それを全部抑えて、(夫に [全文を読む]

海老名香代子さん「夫が亡くなっていなかったら今の私はない」

NEWSポストセブン / 2014年10月06日07時00分

“バツイチ”という言葉は離婚経験者の肩身の狭さをぬぐいさった感があるが、果たして“ボツイチ”は未亡人の何を変えるのだろう。 1945年の東京大空襲で戦災孤児となった海老名香代子さん(80才)。父親の知人だった3代目三遊亭金馬師匠に引き取られ、その縁で、先代の故・林家三平師匠と結婚した。 34年前、46才の時に夫の林家三平師匠をがんで亡くした。 「18才で嫁 [全文を読む]

「もっと怖くなって戻ってきた」お騒がせタレントの泰葉がバラエティ復帰!

メンズサイゾー / 2014年04月01日14時00分

2007年、結婚20年目にして落語家の春風亭小朝と離婚した泰葉。その際、自身のブログで小朝のことを「金髪○野郎」となじったことから炎上し、ブログは閉鎖する事態になった。泰葉はその後、12年にブログを再開しているが、「犬目線で書いてしまい、読者を混乱させてしまった」ことを反省しているという。 確かに、泰葉のブログでは「yasuhaの愛犬トゥルーです。これか [全文を読む]

泰葉「今は付き合っている人いないけど、すっごくモテる」

NEWSポストセブン / 2017年07月06日07時00分

離婚から10年が経って告白したのは、今年4月に知人から『(小朝がしたことは)虐待だよ』と教えられたから。異常だってことに気が付いてなかった。だけど、弁護士の先生と打ち合わせしているときも、虐待のことがフラッシュバックしてダメになっちゃうの。仕事ができなくなるのは困るから(提訴を)諦めた」(泰葉・以下「」内同) 小朝が虐待を始めるキッカケを作ったのは母・ [全文を読む]

泰葉、提訴取下げ!和田アキ子と元夫・小朝は新譜の宣伝に利用された!?

アサジョ / 2017年06月20日18時14分

しかし2人の離婚は10年も前になり、有力な物証がないため諦めたのではないかとも見られています」(スポーツ紙デスク) 一方、和田アキ子に対しては、16日の本人のブログにこう記されている。「『音楽業界に和田はいらない。ご意見番やらせておけ。泰葉は和田をかまっている時間はない。自分の音楽をやりなさい』と、音楽業界の諸先輩から反対されて撤回したと書いています。和田 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】泰葉、アメブロ撤退を表明 今後は「虐待落語」で実体験発表へ

TechinsightJapan / 2017年04月29日15時51分

2007年に離婚した元夫・春風亭小朝から長年にわたって虐待を受けていたことブログで告白した歌手・タレントの泰葉が29日、「アメブロから撤退することにしました」と発表した。4月24日から突如始まった“虐待の告発”について、今後は「虐待落語」として世に出す計画とのことだ。 27日の『泰葉オフィシャルブログ「Yasuha Style」』で、日本伝統芸能の世界で生 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】泰葉、ブログ・ランキング2位に涙 「感謝の気持ちとして、私の音楽を聴いて」

TechinsightJapan / 2017年04月27日11時52分

2007年に離婚した元夫・春風亭小朝から長年にわたって虐待を受けていたことブログで告白した歌手・タレントの泰葉。スポーツ紙やネットニュースなどでこれが報じられると、彼女のブログのアクセス数が激増。総合ランキングでも急上昇し、なんと小林麻央に次いで第2位となった。この結果を見た時、泰葉は涙したという。 最近は「虐待の凄まじさ」「殺人未遂」など恐ろしげなタイト [全文を読む]

泰葉 うつ乗り越え明かした「海老名家の絆」と「これから」

WEB女性自身 / 2016年10月30日17時00分

会見では、 07年に春風亭小朝(61)と離婚した後、双極性障害によるうつ状態と闘っていたことも明かした。体験した壮絶な うつ闘病 を支えた 海老名家の絆 泰葉が本誌に語ってくれた。 「治療は抗うつ剤の服用とカウンセリングが中心でした。多いときは朝と晩、3錠ずつ服用していました。お薬を飲むと、気分は楽になるんですけど、足がしびれたり、急に顔や手をずっと洗いた [全文を読む]

ギャグ連発の三遊亭歌之介 鹿児島訛りの語り口で爆笑獲得

NEWSポストセブン / 2012年01月20日07時00分

とりわけ、自身が子供の頃に両親が離婚して母に引き取られた体験を踏まえて演じる『子別れ』は実に感動的で、歌之介の別の一面を見ることが出来る。 最近では、中学から高校まで大阪に住んだ経歴を活かした流暢な関西弁による上方落語も武器に加え始めているという。どこまで貪欲なのだろう。鹿児島のローカル・ヒーローが全国制覇する日も遠くない!? ※週刊ポスト2012年1月2 [全文を読む]

フォーカス