実力 林家三平に関するニュース

桂歌丸が文部科学省から表彰!一方で新しい『笑点』の評価は…

しらべぇ / 2016年05月31日19時00分

ファンの間では春風亭一之輔や大物の立川志の輔ではないかと噂されていたが、フタを開けてみれば落語家としての実力に賛否両論のある三平だった。それだけにファンの反応も微妙で、中には憤りを感じている人も。笑点新メンバー林家三平 というか、こぶ平だっけ?どうでもいいや。がっかりがっかり感がハンパない— ねこねこ (@hawkscat) 2016年5月29日歌丸も「面 [全文を読む]

三平の座布団が0枚!『笑点』のデータ放送が残酷すぎる…

しらべぇ / 2017年01月23日06時00分

データ連動の三平イジメがこんな続くのさすがに笑えない#笑点— 玲護 (@LElG0) January 22, 2017笑点をデータ放送で見ていたら、三平さんの座布団取ってないのに母から「なんでイジメるの!」って横から言われる…— 実柚 (@slap_stick21) January 22, 2017思うんだけど、三平が入ってきてからデータ放送で座布団システ [全文を読む]

「大喜利」新メンバーは誰? 歌丸師匠の司会卒業で気になる「笑点」の“焦点”

アサ芸プラス / 2016年05月15日17時57分

現メンバーの春風亭昇太師匠(56)と同世代で、人気・実力ともに申し分ない。「他に考えられるのは直弟子。桂歌若さん(48)、歌蔵さん(51)と、歌丸さんのかばん持ちを務める枝太郎さん(38)も有力。『笑点』でアシスタントとして座布団運びや前説を担当し、スタッフとも昵懇の仲です」(前出・ベテラン芸能記者) 演芸評論家の高山和久氏が“同門路線”での意外な候補とし [全文を読む]

林家パー子 ペーによくいう言葉は「すごい、天才、うまい」

NEWSポストセブン / 2013年01月14日07時00分

「ホメられることは、人間にとって、実力以上の能力を発揮させることに繋がります」と言うのは精神科医の和田秀樹さん。 「ホメられて学力が伸びる子供がいるように、人間はいくつになっても評価されることで“もっと認められたい”と思い、能力以上の実力を発揮しようと努力するようになるもの。だから夫に不満が多い人こそ、夫をホメれば今の状況を変えられると思います」(和田さ [全文を読む]

第15回「2016テレビの記憶」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月28日18時39分

人気・実力では円楽師匠だが、番組的には彼をプレイヤーとして生かした方が面白いという日テレの意向だった。■6月 満足度ランキング1位だった『重版出来!』4月クールの連ドラは、松本潤が主演したTBS日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-』が平均視聴率17.2%とトップ。次いで、大野智主演の日テレ水曜10時の『世界一難しい恋』が平均12.9%と、嵐がワンツーフィニ [全文を読む]

笑点新メンバー・林家三平の「七光り」素顔を小朝とたい平が“喝”とともに激白

アサ芸プラス / 2016年06月12日17時57分

発表直後ネットでは「七光り」の声も上がったが、その素顔と実力を2人の噺家が激白した! 父は言わずと知れた「昭和の爆笑王」。兄は林家正蔵(53)、妻は国分佐智子(39)、姉の泰葉(55)の元夫は天才・春風亭小朝(61)とまさにサラブレッドの三平。新メンバー発表直後には、ツイッターなどで「七光りでは‥‥」などと、意地悪な発言が相次いだ。しかし5月29日の「笑点 [全文を読む]

<番組の流れをよくすると視聴者が増える>テレビショウ番組に大切なことは「構成の流れ」だ

メディアゴン / 2016年05月17日07時30分

ディーン・マーチンショウ、フランク・シナトラショウ、ペリー・コモショウ等、実力のあるエンターティナーは皆自分の名前を冠につけたテレビショウを持った。冠番組とはこのようにテレビショウ番組を持つことを言った。形式は劇場公開が原則だ。【参考】<多様性なきバラエティ?>80年代のMANZAIブームと現在の芸人ブームの明らかな違い最近・・・といっても、もう1989年 [全文を読む]

フォーカス