林家正蔵 林家三平に関するニュース

日本の伝統芸能が気軽に楽しめる、 林家正蔵さん、林家木久蔵さん共演 第ニ回 落語「二人会」 2014年2月5日(水)開催!

PR TIMES / 2014年01月23日16時57分

=========================日本の伝統芸能が気軽に楽しめる、林家正蔵さん、林家木久蔵さん共演第ニ回 落語「二人会」 2014年2月5日(水)開催!========================= 養老乃瀧株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:野村 幹雄)が運営するYRイベントホール(養老乃瀧池袋ビル4F)にて、林家正蔵さんと [全文を読む]

日本の伝統芸能が気軽に楽しめる、林家正蔵さん、林家木久蔵さん初共演 落語「二人会」 2013年10月16日(水)開催!

PR TIMES / 2013年10月15日17時45分

========================================日本の伝統芸能が気軽に楽しめる、林家正蔵さん、林家木久蔵さん初共演落語「二人会」 2013年10月16日(水)開催!http://www.yoronotaki.co.jp/events/2013/09/post_214.html========================= [全文を読む]

泰葉が語る「笑点メンバーの意外な一面」とは

日刊大衆 / 2017年03月19日16時05分

長女・海老名美どり、次女・泰葉、長男・九代目林家正蔵、次男・二代目林家三平。錚々たる芸能一家の中でも、父の才能を最も色濃く受け継いだ、と評されるのが泰葉だ。 88年に春風亭小朝と結婚し、07年に離婚。それから雌伏の時を経て表舞台に帰ってきた泰葉が、父の思い出、日本の芸能界、さらに弟が出演するあの国民的番組まで語りまくる!「あの節は、ほんとにお騒がせいたしま [全文を読む]

林家正蔵『家族はつらいよ』出演に「おふくろが『海老名家のほうがつらい』と」

WEB女性自身 / 2016年03月13日06時00分

今年の暮れには、自らもその年齢になる落語家の九代目林家正蔵(53)。 昭和の爆笑王 として人気を博した故・三平師匠といえば、指をすぼめた手を額に当てて「どーもすいません」とトホホな表情で言うしぐさが懐かしい。父親のそのポーズを正蔵は山田洋次監督作品『家族はつらいよ』(3月12日全国ロードショー)で披露している。先代の三平師匠の芸を知る世代なら和むに違いない [全文を読む]

海老名香葉子が語る乳がん体験談 実子、嫁とのやりとり

NEWSポストセブン / 2016年11月26日16時00分

長男・林家正蔵(53才)は現在、市川海老蔵(38才)とともにドラマ『石川五右衛門』(テレビ東京)に家康役として出演している他、山田洋次監督(85才)が脚本・演出を手がける音楽劇『マリウス』にも出演が決まるなど、活躍の場を広げている。 そして香葉子さん自身も、一門の切り盛りをしながら、家族についてや自身の戦争体験について語る講演会で全国を飛び回る日々。そん [全文を読む]

『笑点』噂の真相 三平採用はコネ?昇太が独身の理由は?

NEWSポストセブン / 2016年06月07日07時00分

兄は林家正蔵、母の海老名香葉子は林家一門の“おかみさん”として夫亡き後も存在感を放っている。 新司会者の春風亭昇太(56)が三平の加入理由を「奥さん(国分佐智子)が美人だから」と茶化したが、すべてを手に入れた男には周囲のやっかみが付きものだ。今回の取材の合間にも「三平のメンバー入りなんて、どうせ海老名家の猛プッシュのおかげでしょ」(ある落語関係者)との声が [全文を読む]

国分佐智子 姑・香葉子さんの「孫見たい」に追い詰められる

NEWSポストセブン / 2013年08月22日16時00分

それまでは、長男・林家正蔵(50才)の妻をかわいがっていたのだが、客受けがいいからと、国分を重宝するようになっていたのが、少々変わってきたというのだ。前出の海老名家と親しい知人がこう話す。 「今、香葉子さんは事あるごとに“孫の顔が見たい”と口にするんです。その一言一言がさっちゃんを追い詰めているようなんです…」 別の海老名家の知人からも、こんな話が。 「家 [全文を読む]

二代目・林家三平「“どうもスイマセン”はブランドマーク」

アサ芸プラス / 2013年05月16日10時00分

七代目・林家正蔵(初代・三平の父親)が使っていたセリフだという説があることも知っています。我が家に残っている音源にも、確かに七代目・正蔵が高座に上がり、枕を始める前に「どうもすみませんです」と言っているのが残っているんです。確かに、それが頭にあったのかもしれません。 でも、きっと笑いの神様が降りてきたんでしょうね。受けるギャグをひねり出そうとウンウンとう [全文を読む]

「桂三木助の自殺は小朝のいじめによるもの」タレント・泰葉の“暴言ブログ”真意は「小朝への愛ゆえ」?

日刊サイゾー / 2017年05月02日23時30分

落語家・林家正蔵と林家三平の姉であるタレントの泰葉が、元夫の落語家・春風亭小朝についてブログで、落語家・桂三木助の死について「自殺は小朝のいじめによるもの」と明かしたことが物議を醸している。「故四代目桂三木助の自殺は小朝のいじめによるものでした これは落語界の中では周知の事実です」(4月24日のブログより) 三木助は2001年に43歳で自宅で首を吊って自殺 [全文を読む]

泰葉 うつ乗り越え明かした「海老名家の絆」と「これから」

WEB女性自身 / 2016年10月30日17時00分

きっとあれが、うつ病を克服した瞬間だったと思います」 [全文を読む]

大喜利利権めぐり『笑点』内紛激化……円楽一門による“三平つぶし”が始まった!

日刊サイゾー / 2016年08月02日09時00分

番組制作会社のプロデューサーによると「兄の林家正蔵と同じく、三平は落語はヘタですが、父親の初代三平の血を引いていて、空気を読むのがうまい。バラエティ向きなんです。『笑点』のレギュラーになって、知名度も上がった。オファーが殺到するのは当然ですよ」という。 裏では、三平の妻で元女優の国分佐智子のコネで芸能界の重鎮を動かし、日テレの上層部に圧力をかけたという情報 [全文を読む]

笑点新メンバー・林家三平の「七光り」素顔を小朝とたい平が“喝”とともに激白

アサ芸プラス / 2016年06月12日17時57分

兄は林家正蔵(53)、妻は国分佐智子(39)、姉の泰葉(55)の元夫は天才・春風亭小朝(61)とまさにサラブレッドの三平。新メンバー発表直後には、ツイッターなどで「七光りでは‥‥」などと、意地悪な発言が相次いだ。しかし5月29日の「笑点」で、大喜利の新メンバーとして初出演した際、初司会の春風亭昇太(56)にも、「姉が独身チビ野郎と言っていました!」 などと [全文を読む]

<番組の流れをよくすると視聴者が増える>テレビショウ番組に大切なことは「構成の流れ」だ

メディアゴン / 2016年05月17日07時30分

【開口一番】林家三平「源平盛衰記」 【サラ口】柳家小三治「狸賽」 【仲入り前】三遊亭圓生「百川」 休憩 【食いつき】立川談志 「ん回し」 【膝がわり】林家正蔵 「死ぬなら今」 【トリ】柳家小さん「大工調べ」 【大トリ】古今亭志ん朝「黄金餅」さて、なぜ本稿で長々と落語の説明をしているのか、といえば、この構成を「現在の落語家」でやろうと思ったからである。しか [全文を読む]

「大喜利」新メンバーは誰? 歌丸師匠の司会卒業で気になる「笑点」の“焦点”

アサ芸プラス / 2016年05月15日17時57分

「昨年6月に歌丸さんが腸閉塞で入院し番組を休養して以降、オファーを出された噺家がいると寄席の世界ではもっぱらの噂でした」 その噺家とは林家正蔵師匠(53)、柳家花緑師匠(44)、立川談春師匠(49)の3人である。笑点メンバーになり知名度を上げることは、一門そのものの勢いにつながるほど。しかし、歌丸師匠入院時、円楽師匠を直撃取材したところ、「これだけは書いて [全文を読む]

「いいとも最終回」タモリへの表彰状だけじゃない、ビートたけしのスゴいスピーチ

AOLニュース / 2014年04月05日10時00分

兄の林家正蔵が襲名披露後の祝儀の一部を申告していなかった件にもふれるなど、たけしだから笑いにできるネタばかりとなっていた。 [全文を読む]

「もっと怖くなって戻ってきた」お騒がせタレントの泰葉がバラエティ復帰!

メンズサイゾー / 2014年04月01日14時00分

最近、元旦那とは顔を合わせる機会こそないものの、弟の林家正蔵や林家三平を介して「『音楽活動がんばって』など、応援の言葉はいただくようになりました」と、いい関係を築いているようだ。 「離婚会見では、通常おめでたい席に立てる金屏風を用意し、1億5000万円といわれた慰謝料についても『安い』と漏らすなど、まさにやりたい放題でした。2008年の大晦日には『ハッスル [全文を読む]

国分佐智子 三平のイメージアップにもなると姑・香葉子が寵愛

NEWSポストセブン / 2013年07月01日07時00分

むしろさっちゃんの話題を出すと、“まだまだ勉強中だから…”と素っ気なかったんです」(海老名家と親しい知人) “有希子”とは海老名家の長男・林家正蔵(50才)の妻のこと。有希子さん(50才)は短大を出てすぐの20才のときに海老名家に嫁ぎ、30年間も一緒に暮らし、今では姑をも叱りつけるほど。香葉子さんに「本当の娘より娘。100点満点の嫁です」「海老名家の柱」と [全文を読む]

フォーカス