救急 精神科に関するニュース

夜勤の睡眠不足は、夜勤をやめる以外に解消法がない過酷な現実

まぐまぐニュース! / 2017年07月17日09時00分

看護師ならば、若いうちは病棟や救急で過酷な夜勤を経験する。しかしこういった夜勤の経験を経て、クリニックの外来勤務に移る人が多い。主に平日、9時から5時までの勤務なので、体力的にも余裕があり、家族といっしょの時間も過ごせる。 年齢とともに体内時計の調節機構も老化し、シフトワークへの柔軟性はなくなっていく。若い人には申し訳ないが、夜勤は若い人を主力とし、労働 [全文を読む]

認知症の診断・治療も対応「こころの医療センター」診療開始【山形】

認知症ねっと / 2015年03月13日09時47分

まだまだ変化していくニーズ?今回、「スーパー救急病棟」が新設されたが、これは高規格の施設基準を持つ精神科救急入院病棟である。緊急を要する精神障害に早期・適切に対応し、その後の入院を長期化させない機能を持つという。他に、複雑化する子どものストレスに対応する「こども・思春期外来」が新設。時代の変化に対応し得る施設機能と医療体制を備えた、地域生活を支える基幹病院 [全文を読む]

精神科病院で身体拘束された外国人が死亡…遺族ら「不必要な拘束やめるべき」と訴え

弁護士ドットコムニュース / 2017年07月19日17時18分

身体拘束が増えている背景について、長谷川氏は「精神科救急病棟が増えている中で、入院すると『とりあえず身体拘束からはじめる』という思想がある。身体拘束をルーチンでおこなっている病院が多くなってきているのではないか」と指摘した。 長谷川氏は「不必要な身体拘束は即刻やめるべきだ。治療にいいわけがない。本当にやむを得ない場合にかぎって、実施すべきであって、かぎりな [全文を読む]

実効性のある自殺ホットラインを

NewsCafe / 2013年06月12日15時00分

そんなことをしても、自宅に救急車を向かわせるだけなんですから」 「死ぬために解熱鎮痛剤をのむ飲む人なんていますか? パリスは注目してほしかった。そして死ぬ前に救急救命士が到着することを願っていたからこそ、ホットラインに電話をかけたんですよ」 この話がどこまで信用できるかは別として、自殺ホットラインと救急の窓口が一元化されていることに驚きます。日本では、自殺 [全文を読む]

ZOID(ゾイド)にリクルート出身者初の産業医、尾林氏が参画/Super Medical/Mental Officer として社員の健康問題を未然に防ぐ

DreamNews / 2014年09月08日10時30分

2011年、医師免許取得後、現存する精神科病院としては最古の歴史(1872年開設)を有する東京都立松沢病院に初期臨床研修医として入職、身体合併症/スーパー救急を含む精神科の基礎を学ぶ。在職中、東京都立墨東病院(主に内科領域)、東京都立広尾病院(主に救急領域)にて研鑽を積み、ICLS/日本医師会認定産業医を取得。2013年、東京大学医学部附属病院 精神神経科 [全文を読む]

“婚活疲れを解消”グループ婚活サービス『Wiz(ウィズ)』で悩み相談サービスを開始

@Press / 2013年10月24日11時30分

近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。 著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『毎日トクしている人の秘密』(PHP、20 [全文を読む]

名越先生も語る日本人独自の耳感覚を調査 「日本耳」は出世・昇給が早いと判明

PR TIMES / 2013年11月14日11時39分

大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて精神科緊急救急病棟の設立、責任者を経て、99年同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・コメンテーター、雑誌連載、映画評論、漫画分析など、様々なメディアで活動している。 [全文を読む]

「BIGBANG」T.O.P、容態安定した兆候で近日ICUを出られるか

Wow!Korea / 2017年06月08日18時54分

精神安定剤を大量に服用し、救急集中治療室で治療を受けて3日目となる韓国ボーイズグループ「BIGBANG」メンバーのT.O.P(29)の容態が好転している。近日に救急集中治療室を出られるとみられる。T.O.Pが入院中のソウル・梨大木洞病院側の関係者は8日、「T.O.Pが意識を回復し、容態は安定的な兆候を見せている。集中治療室から出られると判断している」と明ら [全文を読む]

臨床現場で必要な知識・技術に特化した 臨床看護師向け「看護クイズ」開始

PR TIMES / 2017年04月18日17時33分

▼URL https://www.kango-roo.com/kq/ [画像1: https://prtimes.jp/i/10301/23/resize/d10301-23-537129-0.jpg ] [画像2: https://prtimes.jp/i/10301/23/resize/d10301-23-159812-1.jpg ] ■看護クイズの [全文を読む]

暴力、交通事故、自傷、自殺…救急搬送に見る危険ドラッグ使用者を襲う恐怖の実態

Business Journal / 2014年09月04日21時00分

この報告は、日本中毒学会と日本救急医学会の合同委員会が、2006年1月から12年12月まで全国の救急施設に危険ドラッグを使用後に救急搬送された患者518例について調査したものだ。 これによると10年1例、11年48例だったものが、12年には469例と急増している。その8割以上が男性で、年代別には20~30代で約8割、その多くが植物片に添加された合成薬物を [全文を読む]

テレビ電話での遠隔地診で小児救急を8割減らせるか?[医療トリビアpart.5]

Forbes JAPAN / 2016年10月21日08時30分

いますぐ救急病院に駆け込むべきか、朝まで様子を見るかー。そんな時に、テレビ電話を通して医師からアドバイスを受けられたら、どれだけ安心できることか。Mediplat(メディプラット)が運営する遠隔医療相談「first call(ファーストコール)」は、そんな消費者のニーズをとらえたサービス。今年2月にサービスを始めた。林光洋社長は、「小児科の救急受診の8割は [全文を読む]

「ナイン」の名声を引き継ぐか、tvN「ガプドン」を制作

Wow!Korea / 2014年03月10日09時58分

ドラマ「救急男女」の後続番組として来月より放送を開始する予定だ。 [全文を読む]

フォーカス