精神科 精神保健指定医に関するニュース

聖マリアンナ医科大学の精神科医が「精神保健指定医」資格を不正取得

メディアゴン / 2015年04月16日07時40分

ところがそのごく稀な例外である精神科医がとんでもないことを起こしていた疑惑が持ち上がった。当該の精神科の医師が所属する聖マリアンナ医科大学では、HP上に次のようなお知らせを載せた。 神経精神科 診療体制の縮小について お知らせ (当病院の)神経精神科では、常勤医師の減少に伴い、外来診療および入院病床の確保・維持がきわめて困難な状況となりました。つきましては [全文を読む]

きょうこころのクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年05月17日14時30分

■遠隔診療導入の背景当院は、精神科・心療内科の一般外来はもちろん、小児の発達障害や不登校および心身症などを診療する児童精神科、心理カウンセリングといった幅広い支援体制で、子供から大人まで多様な心の悩みに対応するクリニックです。精神疾患においては、多忙から継続的な通院が途絶えてしまったり、心理的ハードルから初回の診療をためらったりという理由から、症状が悪化し [全文を読む]

新六本木クリニック、精神科外来に遠隔診療を導入メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用し、Webを通じて予約からオンラインでの診察、薬の配送までを提供

DreamNews / 2016年02月08日17時30分

新六本木クリニック(東京都港区、院長:来田 誠 以下当院)は、遠隔診療を導入した精神科外来の受付を本日より開始いたします。遠隔診療のシステムとして、株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀧口 浩平、代表取締役医師:豊田 剛一郎)が運営するオンライン通院システム「CLINICS」を導入しました。新六本木クリニック(東京都港区、院長:来田 誠 以 [全文を読む]

国内初!厚生労働省ガイドライン準拠 医師による監修システム開発・導入によりローコストオペレーションでストレスチェック実施の実現 ストレスチェック実施フロー全てを「FiNC for Business」で

DreamNews / 2016年12月21日11時00分

株式会社FiNCは、精神科医の吉野聡医師による法人向けウェルネス経営サービス「FiNC for Business」ストレスチェック監修システムの開発・導入によって、事業所独自に実施者を用意し、面接対象者の選定をしていただく必要がなくなります。この取組みは国内初となり、これにより「FiNC for Business」は、ローコストオペレーションでストレスチェ [全文を読む]

モバイルヘルステクノロジーベンチャーのFiNCストレスチェック義務化に対応した法人向け新ウェルネス経営サービスを提供開始1,000人以上の産業医ネットワークを構築

DreamNews / 2015年11月20日10時00分

この度、FiNCの構築した産業医ネットワークを通じ、精神科や心療内科などメンタル分野を専門とした全国83の医療機関を紹介することが可能となりました。医師による面接指導後の専門機関受診のフォローアップや緊急時のバックアップ体制が整うことで、全国に拠点がある企業においてもストレスチェックの実施からチェック後の対策までを安心して取り組んでいただくことができます。 [全文を読む]

休みでも仕事のことばかり考える…ストレス社会の「あるある」で学ぶ、余裕がないときの心の整え方

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月15日11時00分

精神科医でもある禅僧が「マインドフルネス」で健やかな心の作り方を伝授する、『「あるある」で学ぶ 余裕がないときの心の整え方』が2016年10月14日(金)に発売された。 マインドフルネスとは、欧米を中心に注目を浴びている、禅をルーツとした心理療法のこと。シリコンバレーの企業などが導入したことで広くメディアに取り上げられ、2015年から世界中で流行している。 [全文を読む]

精神病の5割が誤診?誤った薬服用で治りにくく 画期的診断補助機器、なぜ広まらない?

Business Journal / 2015年09月30日06時00分

2006年に「光トポグラフィー(光トポ)」を導入し、診断補助として使っている精神科医が、筆者の取材を受け、次のように吐露しました。 「私は、自身が光トポ導入前に行ってきた診断を再チェックしました。すると約50%誤診していました。導入後、誤診はほとんどありません」 精神科ではうつ病、双極性障害(そううつ病)などの精神疾患の誤診が多く、薬の間違った処方と、その [全文を読む]

悩めるあなたを救う"グッド&ニュー"思考

プレジデントオンライン / 2017年10月18日09時15分

発達障がいの専門家で、精神科医の西脇俊二氏は「ポジティブな言葉を使うことを心がけてほしい」といいます。西脇氏はその具体例として「グッド&ニュー」というゲームを提案しています。そのやり方をご紹介しましょう――。 ※以下は、西脇俊二『発達障がいの「子どもの気持ち」に寄り添う育て方』(日本実業出版社)より一部を再編集したものです。 ■ポジティブな思考は言葉から [全文を読む]

子どもに伝わる「しかり方」8つの具体例

プレジデントオンライン / 2017年10月17日15時15分

発達障がいの専門家で、精神科医の西脇俊二氏はそう言います。「ちゃんとしなさい」ではダメ。それでは具体的にどう伝えればいいのか。子どもとのコミュニケーションをとるうえで、親が意識するべきポイントを解説します――。 ※以下は、西脇俊二『発達障がいの「子どもの気持ち」に寄り添う育て方』(日本実業出版社)より一部を再編集したものです。 ■怒る、しかる教育は、まるで [全文を読む]

福岡県初、なかなみメンタルクリニックが精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS」を採用し Webを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や薬の配送までを提供

DreamNews / 2016年07月20日17時00分

九州大学付属病院、肥前医療センター精神科、園田病院精神科、九州大学付属病院精神神経科、八幡厚生病院、北九州市精神保健福祉センターなどを経て、2008年になかなみメンタルクリニックを開設。門司特別支援学校専門医、北九州中央高等学園専門医などを務める。(資格)精神保健指定医、精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医(所属団体)日本精神神経医学会、日本児童青年 [全文を読む]

【医師解説】不眠症対策の悩みを解消!病院の選び方から睡眠薬まで <日本睡眠学会認定医 佐藤幹先生>

nemgym(ネムジム) / 2017年04月14日03時32分

日本睡眠学会認定医として、精神科領域の病気や睡眠障害を幅広く専門的に診断・治療している新橋スリープ・メンタルクリニック院長の佐藤幹先生に、不眠症の診断や治療についてお話をうかがいました。 【佐藤 幹(さとう みき)先生】 新橋スリープ・メンタルクリニック院長 東京慈恵会医科大学付属病院本院精神神経科外来非常勤勤務 睡眠障害を中心に精神科領域全般における診療 [全文を読む]

「『Welbyマイカルテ』の食事管理機能を使うことで、診療がより具体的になる」 【ブレインケアクリニック 院長 今野裕之 氏】

Welby Media / 2016年08月16日12時33分

開業する前は精神科病院で働いていました。そこではうつ病などの精神疾患の患者さんに対して標準的な精神療法・薬物療法を中心に治療を行っていました。しかし、それだけでは十分な治療効果をあげられない方に対してほかにも効果的な治療法がないか、ずっと模索していました。そこで着目したのが、栄養素の働きを最大限に活用して最良の健康状態を目指す治療法、「栄養療法」でした。 [全文を読む]

近大高専 第4回市民公開講座 「こころの不調~その気づきとストレスマネジメント~」

News2u.net / 2017年08月30日14時00分

■お問合せ:近畿大学工業高等専門学校事務部 TEL(0595)41-0111 FAX(0595)62-1320 E-mail:kkoza@ktc.ac.jp 【講師プロフィール】 近畿大学医学部精神神経科学教室 教授 白川 治(しらかわ おさむ) 学 位:医学博士 専門分野 :気分障害の診断と治療、自殺研究、臨床精神薬理(精神科薬物療法) 研究テーマ:気 [全文を読む]

“腫れものに触る”ように、職場で接していませんか?それは大きな誤りです。『うつ病・新型うつ病の人との接し方を間違えない本』5月27日発売!

PR TIMES / 2015年05月22日15時43分

[画像: http://prtimes.jp/i/7785/151/resize/d7785-151-461653-0.jpg ] 『うつ病・新型うつ病の人との接し方を間違えない本』 A5判160頁 定価1300円(税別) ISBN 978-4-07-410956-2 5月27日発売 発売 主婦の友社発行 主婦の友インフォス情報社 【内容】 ■第1章/偏 [全文を読む]

【医師解説】うつ病と不眠症の原因・対策・改善 <日本睡眠学会認定医 佐藤幹先生>

nemgym(ネムジム) / 2017年04月15日17時33分

精神科領域の病気や睡眠障害を幅広く専門的に診断・治療している新橋スリープ・メンタルクリニック院長の佐藤幹先生に、ストレスとうつ病、不眠症の関係、特に職場のメンタルヘルスと不眠の問題についてお話をうかがいました。 【佐藤 幹(さとう みき)先生】 新橋スリープ・メンタルクリニック院長 東京慈恵会医科大学付属病院本院精神神経科外来非常勤勤務 睡眠障害を中心に精 [全文を読む]

アマラクリニック表参道、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年09月15日17時00分

■院長メッセージ 私は精神科医として、20年以上、3万人を超える患者さんと接してきました。また薬を使わない「あるがままメソッド」を広めるための講演会を全国で開催しております。全国でさまざまな疾患を持つ患者さんやご家族と接するなかで、「遠方の方たちに通院の負担がなく、相談させていただけたら」「遠方から来ていただいた患者さんに、次回以降も診療しやすかったら」と [全文を読む]

ブレインケアクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年09月14日16時00分

(資格・所属団体)博士(医学)、精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、日本抗加齢医学専門医、医療法人幸和会 美咲クリニック顧問■オンライン通院で提供予定の診療メニュー ・こころの健康外来(精神科・心療内科) ・もの忘れ外来 ・オンラインカウンセリング■オンライン通院の流れ 初診では、まずは対面で診察、診断、治療の導入を行います。そのうえで、オンラインで [全文を読む]

二子玉川心のクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS」を採用し Webを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や薬・処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年08月31日17時00分

私は現在75歳で、精神科医として48年間たくさんの患者さまと接してきました。今までの経験を生かし、親身に相談に乗れると思っています。これまでクリニックに行くことをためらっていた方も、是非一度オンラインでの通院をお試しください。院長プロフィール 1972年、昭和大学医学部大学院修了。1977年、埼玉森林病院を開設。1980年、医療法人昭友会を設立し、二子玉 [全文を読む]

東大出身の精神科産業医がトータルサポート!ストレスチェック実施から職場改善までおこなうストレスチェック対策サービス開始

@Press / 2015年10月26日10時30分

このような声に応え、当社では精神科産業医の全面的監修によりストレスチェックシステムを開発、またそれに続く面接指導もスムーズに行えるようWeb面談システムを導入、そしてストレスチェックの集団的分析データをもとに職場改善対策にも対応できるよう組織変革コンサルティング会社とも提携し、ストレスチェック関連の総合支援サービスを実現いたしました。この取り組みによって多 [全文を読む]

“原発に最も近い病院”の医師が焼死…次女が語る孤独な闘い

WEB女性自身 / 2017年01月22日17時00分

高野病院の病床数は現在、118床(内科療養病棟65床・精神科病棟53床)。102人の入院患者を抱えるほか、外来には地域住民や、除染や廃炉作業員なども訪れる。近隣のいわき市からも、救急搬送を受け入れている。 「院長は『自分がやらなければ被災地の医療はなくなってしまう。それで困るのは地域の患者であり家族』と常々話していました。『今日は応援の先生が来てくださる日 [全文を読む]

フォーカス