大阪 精神科に関するニュース

反君が代教師「君が代を弾くと指が震え胸がつまり冷汗出る」

NEWSポストセブン / 2012年01月06日07時00分

橋下徹・大阪に市長が推進する教育改革に対し、教員組合側は激しく反発している。昨年12月上旬には、大阪職員組合(大教組)など8団体が主催した1400人を集めた反対集会が開かれた。 集会に参加した教師たちは、普段は子供たちに教育を施す「先生」である。そして、子供たちには暴力的な行為を否定することを教えている。だが、そうした“聖職者”が我慢の限界を超えると、時と [全文を読む]

決定版!「頼れる病院、危ない病院」

プレジデントオンライン / 2017年05月20日11時15分

---------- 和田秀樹 1960年、大阪生まれ。85年東京大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院精神神経科、老人科、神経内科にて研修。米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、精神科医。現在、川崎幸病院精神科顧問、国際医療福祉大学大学院教授、一橋大学経済学部非常勤講師、和田秀樹こころと体のクリニック院長。『医学部の大罪』(ディスカヴァー [全文を読む]

【川奈まり子の実話系怪談コラム】熊取七人七日目七曲がり(下)【第四十夜】

しらべぇ / 2016年05月25日19時00分

大阪府の泉南町から熊取町、そして岸和田市、松原市あたりまで、つまり大阪湾の東岸に面した大阪南部のこの地域には溜め池が非常に多いのだ。熊取町は中でも“溜め池密度“が高い一帯にすっぽりと入る。そして、私が黄泉平坂になぞらえた熊取町立斎場から「皆殺しの館跡地」に至る雨山の北東ラインの周辺(山の領域)には溜め池は少なく、阪和自動車道を超えて海沿いまで至る町の中心部 [全文を読む]

ディーン・フジオカ 寺尾聰との共演が「1つのターニングポイントに」

Smartザテレビジョン / 2016年05月25日11時30分

‘15年、大阪を舞台に描かれた連続テレビ小説「あさが来た」(NHK総合ほか)の五代友厚役でブレークしたディーン・フジオカは、この半年間をこう振り返った。 そんなディーンが、朝ドラと同じ大阪を舞台に描かれるSPドラマ「喧騒の街、静かな海」に主演する。今作は30年ぶりの親子の再会を描く人間ドラマで、ディーンが演じたのは五代とは一味も二味も異なる、謎を秘めたカメ [全文を読む]

ホロコースト犠牲者を想起する国際デーを記念して啓発イベントを開催します

DreamNews / 2015年12月28日09時00分

国連によって定められた、ホロコーストの犠牲者を想起する国際デー(国際ホロコースト記念日)を記念して、1月31日(日)に、新宿にて、特定非営利活動法人イマジンは市民の人権擁護の会と提携して、ホロコーストの実像に迫る映像の紹介や展示パネルの紹介を行います ドイツの精神医学会がその歴史に向き合い、2010年に犠牲者を追悼する集会を開き、その過去を公式に謝罪したこ [全文を読む]

ディーン・フジオカ、国内初主演ドラマ決定も……「なぜ連ドラじゃないの?」とファン悲鳴!

サイゾーウーマン / 2016年04月02日16時00分

大阪の夜の街角で、行き場のない少女たちの受け皿になろうと声かけのボランティアを続け、“地回り先生”と呼ばれる精神科医(寺尾聰)に、「あなたの活動を取材させてほしい」と素性を隠して近付く。実はこのカメラマンは、精神科医の実の息子だった。30数年前に家族がバラバラになり、残された精神科医の妻は、誰にも看取られず亡くなった。父子の再会は、父にとっては亡き妻、息子 [全文を読む]

カレー好きの精神科医・名越先生おすすめ! 取り寄せ可能な宮崎の絶品カレー

ぐるなび / 2015年01月27日16時10分

同店はもともと大阪にあったが、6年前に宮崎に移転した。今でも大阪から通う客がいるほどの人気店だ。店はランチのみの営業で約30食限定だが、全国から取り寄せることもできる。 客をとりこにしてやまないのが、17種類のスパイスを独自にブレンドしたルー。隠し味にしょうゆを使用しており、ピリ辛スパイスと和の風味が絶妙にマッチした一品だ。名越さんは「普通の日本のお米にも [全文を読む]

新しいうつ病の治療法、磁気刺激治療(TMS)を専門におこなうクリニック『新宿メンタルクリニック』が大阪・名古屋に11月21・29日開院

PR TIMES / 2014年11月20日10時33分

【新宿メンタルクリニック梅田院】 ◆開院日: 11月21日(金) ◆所在地: 大阪市北区梅田2-6-20 パシフィックマークス西梅田B1F ◆ご予約・お問合せ: 0120-809-270 ◆院長: 東澤 忠輝 【新宿メンタルクリニック名古屋院】 ◆開院日: 11月29日(土) ◆所在地: 名古屋市中村区名駅5-7-30 ORE名駅東ビル2F ◆ご予約・お [全文を読む]

性的暴行・五輪・デリヘル・生活保護・二度の離婚…今井メロが波乱万丈の半生を激白!!

メンズサイゾー / 2012年09月15日12時00分

大阪での風俗嬢報道や、第二子出産後の生活困窮ぶりなど、バッシングとも受け取れる「近況調査記事」は断続的に取り上げられている。それだけ世間に強烈な印象を残したアスリートだったということでもあるが、本人的にはあらぬウワサを書かれて遺憾に思うこともあっただろう。「自分の言葉で説明したい」と、初の自伝『泣いて、病んで、でも笑って』(双葉社)を21日に上梓する。そこ [全文を読む]

精神障害者による犯罪は少ない 報道で誤ったイメージが流布

NEWSポストセブン / 2012年06月20日16時01分

6月10日に大阪・東心斎橋で通り魔事件を起こし、2人を殺害して逮捕された礒飛京三容疑者(36)。臨床心理士の矢幡洋氏によれば反社会性の人格障害(パーソナリティ障害)の傾向が見受けられるという。 一方で、通り魔のような事件が起きて、犯人の精神疾患が取り沙汰されると、まったく関係のない患者たちが差別や偏見にさらされてしまうという問題がある。元警視庁科学捜査研究 [全文を読む]

【ジョン・J・レイティ博士来日のお知らせ】 大阪の発達障がいの子供たちと運動療法の開発者のふれあいが実現 2017年6月15日(木)、午後3時15分 @大阪・箕面市坊島

DreamNews / 2017年06月08日09時00分

株式会社クーバル(大阪市淀川区西中島、代表取締役会長 井上善博、代表取締役社長 仲本博昭)では『脳を鍛えるには運動しかない』の著者でハーバード大学医学大学院臨床精神医学准教授、一般社団法人日本運動療育協会(SPARK 協会)特別顧問のジョン・J・レイティ博士の来日に合わせ、大阪府指定児童発達支援・放課後等デイサービス事業所「spark箕面店」の訪問を6月1 [全文を読む]

沖縄での「土人」発言にピコ太郎「PPAP」大ブレイク……ガジェット通信記事で振り返る激動の2016年!その8

ガジェット通信 / 2016年12月31日17時30分

前回記事:蓮舫代表の二重国籍問題に長谷川豊さん大炎上……ガジェット通信記事で振り返る激動の2016年!その7 http://getnews.jp/archives/1581842 10月下旬……沖縄での米軍のヘリパッド建設に抗議活動を行なう市民に対し、大阪から派遣された機動隊が「土人が」等発言する動画がネット上にアップされ賛否両論となります。松井一郎大阪 [全文を読む]

ネットに溢れている悪意の正体は…。『ソーシャルメディアの何が気持ち悪いのか』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月14日06時30分

たとえば、2010年に大阪で起きた母親が実子を置き去りにして死なせた事件や、婚活相手を次々と殺めていった木嶋佳苗の事件について、著者は共通点を挙げる。事件当時、二人とも暗い現実とは裏腹に、ネット上では楽しげで華やかな写真ばかりを投稿し続けていたのだ。当然、二人の身勝手さを批判する世論があふれかえったが、著者は違う解釈をしている。二人ともネットの力を借りて「 [全文を読む]

NHKハートフォーラム「認知症700万人 当事者が拓く新時代」開催

認知症ねっと / 2015年11月10日09時20分

先進地スコットランドからの提言NHKハートフォーラム「認知症700万人 当事者が拓く新時代 ~先進地スコットランドからの提言~」が、11月14日東京会場にて、11月23日大阪会場にてそれぞれ開催される。認知症問題の先進地といわれるスコットランドから、認知症当事者グループを立ち上げた中心的存在のジェームズ・マキロップ氏を招き、今後日本がめざすべき認知症施策に [全文を読む]

紺野美沙子が育児に悩むたびに何度も読み返して支えられた本

NEWSポストセブン / 2014年08月20日07時00分

またNHK連続テレビ小説『あすか』に出演することになり、約9か月間も東京と大阪を往復する生活を送らねばならず、子育てと仕事の両立に大変な時期でした。 佐々木先生は児童精神科医のお立場から、子供の話に大人が耳を傾けてあげることが大事で、「あれはダメ」「これはダメ」と子供の行為を否定するばかりではなく、常に前向きな声がけをすることが大切だとこの本に書かれていま [全文を読む]

お母さんが子どもを育てなくてもいい…… 『ルポ虐待』著者が語る、虐待の連鎖を止める方法

ウートピ / 2014年03月09日12時00分

大阪二児虐待死事件では、置き去り現場の凄惨な様子が報道され、大きなニュースとなった。『ルポ虐待』で事件を取材した杉山春さんは、母親の芽衣さん(作品中の仮名)が子どもを放置したまま家に帰らなかったのは、幼い頃に放置されて育った自分と娘を重ね、向き合いたくなかったからだという心理鑑定を支持している。【前編はコチラ】女の生きる価値とは? 大阪二児置き去り死事件を [全文を読む]

「不倫謝罪」を迫られる人気商売のつらさ

プレジデントオンライン / 2017年07月22日11時15分

大阪の落語界の大物・桂文枝の長年不倫など枚挙にいとまがない。 ■亭主の不倫で女を上げた三田寛子 不倫の代償は大きかった。ベッキーはレギュラー番組を失い、宮崎は議員辞職。高知は妻から三下り半、桂は涙の謝罪会見、そして乙武は、報道直後、妻からも「一緒にやっていく」というメッセージを出させたが、結局、離婚され子供も失ってしまった。 不倫発覚で男を上げることは難し [全文を読む]

ネットで超嫌われるーーなぜそうなってしまうのか【北条かや× yuzuka】

女子SPA! / 2017年07月07日15時46分

yuzuka(以下、yu):私からアプローチしたんですけど、かやさんを初めて知ったのはめっちゃ炎上した飛田新地の件でした(※実態調査のため、大阪の歓楽街・飛田新地で面接を受けたところ、興味本位とみなされ、批判が殺到した)。正直、最初の頃はかやさんのことが嫌いだったんです。「頭がいい女が好奇心半分で風俗をかじりにきているんだろうな」と。北条かや(以下、北条) [全文を読む]

老化物質AGEに注目!老けずに美しさをキープし続ける方法とは?

美容最新ニュース / 2017年06月27日14時00分

「女性の美は世の中を変える」をモットーに、鹿児島、福岡、宮崎、熊本、横浜、大阪、仙台、沖縄等、全国各地で、セミナーや講演を開催している。(画像は薬剤師の花田典子がつくる美と健康より)【参考】※長谷川朋美 オフィシャルブログhttps://ameblo.jp/lumiere-beauty/entry-12282556908.html※薬剤師の花田典子がつくる [全文を読む]

62才・山辺節子容疑者 なぜ、欲望が旺盛になるのか

NEWSポストセブン / 2017年04月27日07時00分

2月には、大阪の『みるく保育園』の副園長だった尾形久美子被告(58才)が、元夫で園長の岡田忠彦被告とともに、補助金をだまし取ったとして詐欺の容疑で逮捕された。尾形被告は韓国人ホストに大ハマりで、一晩で50万円以上散財していたなどといわれている。 60才前後になって性欲が衰えないように見える彼女たち。これは一体どういうことなのだろうか。犯罪心理や心の病の構造 [全文を読む]

フォーカス