メンタルヘルス 精神科に関するニュース

夜勤の睡眠不足は、夜勤をやめる以外に解消法がない過酷な現実

まぐまぐニュース! / 2017年07月17日09時00分

7月13日に創刊されたまぐまぐの新メルマガ「精神科医・西多昌規が明かすメンタルヘルスの深層」の著者で精神科医の西多昌規さんは、先日NHKで放送された「夜勤の健康被害」を特集した番組にふれ、夜勤のもたらす健康被害について持論を展開しています。西多さんの「夜勤のもたらす健康被害に解決策はない」という言葉が問題の深刻さを物語っています。 夜勤に関する睡眠問題への [全文を読む]

妊娠中の精神安定剤の利用と、相談窓口について

イクシル / 2016年04月22日18時00分

また、メンタルヘルスに問題を抱えている妊婦が相談できる窓口や病院はあるのでしょうか。(20代・女性)』 まずは専門の医師に相談を 妊娠中でも内服できる薬もありますが、薬によっては赤ちゃんに影響を与えることもあるそうです。まずは専門医への相談をご検討ください。 『現在、精神科に通院されているのでしょうか。もし内科で治療中でしたら、心療内科や精神科で専門の医師 [全文を読む]

ストレスチェック制度、実施企業はわずか2割 2015年12月の義務化に向け、「一般社団法人日本精神科産業医協会」設立

@Press / 2015年03月30日11時30分

職場におけるメンタルヘルスの重要性の高まりや、労働安全衛生法改正による2015年12月からの「ストレスチェック制度」義務化を受け、国内の代表的な精神科医が結集し、このたび『一般社団法人日本精神科産業医協会』を設立いたしました。当協会の活動は公益社団法人日本医師会にも賛同いただいており、同会副会長である今村 聡先生(産業保健担当)の理事就任も決定。2015年 [全文を読む]

約16 万人のストレス状況を分析、若年層ほど高ストレス者の割合は高い ~ メンタルヘルス対策プログラム「アドバンテッジEAP」の2011 年利用実績を発表 ~

PR TIMES / 2012年03月28日12時06分

株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:鳥越慎ニ)が、東京海上日動メディカルサービス株式会社と共同で提供しているメンタルヘルス対策プログラム「アドバンテッジEAP」の2011年の利用実績データを集計し、分析結果をまとめました。 【アドバンテッジEAP利用実績 分析結果のポイント】 1)相談(カウンセリング)利用は、 [全文を読む]

新六本木クリニック、精神科外来に遠隔診療を導入メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用し、Webを通じて予約からオンラインでの診察、薬の配送までを提供

DreamNews / 2016年02月08日17時30分

専門は産業精神保健で、現在診療と並行し上場企業等7社の産業医を受託し、職場のメンタルヘルス改善に取り組んでいる。 (資格)精神保健指定医、日本精神神経学会認定精神科専門医、産業医 (所属学会)日本精神神経学会、日本産業精神保健学会、日本遠隔医療学会■株式会社メドレーについて メドレーは、エンジニアと医師・医療従事者を含む開発チームを有し、「医療ヘルスケア分 [全文を読む]

モバイルヘルステクノロジーベンチャーのFiNCストレスチェック義務化に対応した法人向け新ウェルネス経営サービスを提供開始1,000人以上の産業医ネットワークを構築

DreamNews / 2015年11月20日10時00分

FiNCのストレスチェックサービスは、厚生労働省で定められたストレスチェック制度のガイドラインに則った完全法令準拠のサービス設計に加え、ウェルネス経営の早期実現を可能とするためのメンタルヘルス対策に注力したサービスです。この度、FiNCの構築した産業医ネットワークを通じ、精神科や心療内科などメンタル分野を専門とした全国83の医療機関を紹介することが可能とな [全文を読む]

「太宰治みたいでかっこよくない!?」 精神科に入院した漫画家が見た病院の実態とは

ウートピ / 2015年09月10日12時00分

(参考ページ)こころの健康を指すメンタルヘルスが社会問題として取り上げられるようになり久しいが、依然として患者は増加傾向にある。メンタルを病む患者が増えているとはいえ、精神科、それも入院とまでなると、さすがになじみがないという人も多いことだろう。今回は、自身の精神科病院入院生活を描いたコミックエッセイ『こころを病んで精神科病院に入院していました。』(KAD [全文を読む]

スタートまで1ヶ月半 知っていますか? ストレスチェック義務化

クオリティ埼玉 / 2015年10月17日11時31分

制度導入の背景にはメンタルヘルス不調の増加がある。このことは従業員の健康もさることながら、会社にも訴訟リスクをはじめとする各種リスクを増加させるわけだ。いよいよ制度開始まであと1か月半と間近になり、現場の課題に対して様々なサービスやセミナーが開催されいてる。株式会社シーアンドイーでは、厚生労働省の「ストレスチェック項目に関する専門検討会」の委員であられる [全文を読む]

ストレスとうつのお話。心が壊れるその前に

おたくま経済新聞 / 2017年08月21日21時00分

<参考サイト> 厚生労働省 知ることから始めよう みんなのメンタルヘルス総合サイト 他学術文献多数 (看護師ライター・梓川みいな) [全文を読む]

決定版!「頼れる病院、危ない病院」

プレジデントオンライン / 2017年05月20日11時15分

若いうちはメタボを気にするよりも、メンタルヘルスを健康に保つほうが重要に思えます。 ---------- 和田秀樹 1960年、大阪生まれ。85年東京大学医学部卒業。東京大学医学部付属病院精神神経科、老人科、神経内科にて研修。米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、精神科医。現在、川崎幸病院精神科顧問、国際医療福祉大学大学院教授、一橋大学経済学 [全文を読む]

【医師解説】うつ病と不眠症の原因・対策・改善 <日本睡眠学会認定医 佐藤幹先生>

nemgym(ネムジム) / 2017年04月15日17時33分

精神科領域の病気や睡眠障害を幅広く専門的に診断・治療している新橋スリープ・メンタルクリニック院長の佐藤幹先生に、ストレスとうつ病、不眠症の関係、特に職場のメンタルヘルスと不眠の問題についてお話をうかがいました。 【佐藤 幹(さとう みき)先生】 新橋スリープ・メンタルクリニック院長 東京慈恵会医科大学付属病院本院精神神経科外来非常勤勤務 睡眠障害を中心に精 [全文を読む]

メンタルヘルスのセルフケアをスマホで手軽に ー神奈川大学人間科学部杉山研究室と株式会社NOMALが共同研究ー

PR TIMES / 2016年12月02日10時24分

2017年中の実用化を目指すオンライン健康相談サービス「Reme(リミー)」を運営する株式会社NOMAL(東京都新宿区)は、12月2日、神奈川大学人間科学部杉山研究室(神奈川県横浜市)と、メンタルヘルスのセルフケアに関する共同研究に取り組むことをお知らせします。[画像: http://prtimes.jp/i/17515/13/resize/d17515- [全文を読む]

ホロコースト犠牲者を想起する国際デーを記念して啓発イベントを開催します

DreamNews / 2015年12月28日09時00分

そこで、改めて障害者に対する人権、そして精神科治療の実態や、専門家につなげる前にできることについて市民に啓発し、メンタルヘルスの在り方を考えることを目的にイベントを開催します。イベントでは、まず、アメリカの人道主義者L. ロンハバード氏が指摘している「ドイツやロシアにおける死の収容所の実験」といった精神医療の歴史的背景について紹介し、また1階のパネル情報 [全文を読む]

年末年始に読みたい 2015年発売の人事・経営者向け書籍(ほぼ)まとめ/HRレビュー 編集部

INSIGHT NOW! / 2015年12月16日14時19分

その実務と活用、メンタルヘルス対策を社労士・臨床心理士である著者が紹介。ストレスチェック制度への対応、メンタルヘルス対策への生かし方が図解で分かりやすく解説された、人事・医療関係者向けの一冊。会社で起こりがちなメンタルヘルストラブルへの対処法なども掲載されています。ストレスチェックを実施するなら、「診断書」を読み解く力をつけろ著:夏目 誠出版社:社会保険出 [全文を読む]

社員がうつ病に…「メンタルケア」も会社の義務か

シェアしたくなる法律相談所 / 2014年04月02日08時15分

しかし、最高裁は、社員から精神的健康(メンタルヘルス)の申告がなくても会社側に安全配慮義務があるため、社員に過失はないと判断し、会社側の主張を却下したのです。 ■最高裁判決の理由 最高裁は、まず、社員(=上告人)の業務の負担は相当過重なものであったことを認めました。 その上で、 (1)精神的健康(メンタルヘルス)に関する情報は、通院歴、病名及び薬剤の処方 [全文を読む]

8月23日(水)第15回「Child Issue Seminar」を Yahoo!JAPAN「LODGE」にて開催! 基調講演:医療の現場から考える子どもたちたちの孤立~そして大人にできること。

DreamNews / 2017年07月26日10時00分

今回の基調講演にはメンタルヘルス医療の最前線で子どもたちと接している松本俊彦氏をお招きし、「孤立」が子どもたちにどのような影響を与えるのか?そして、私たち大人にできることは何なのか?について考えます。8月23日(水)Yahoo!JAPAN「LODGE」にて開催決定! ~~子どもを取り巻く問題について学ぶことが支援につながる~~第15回『Child Iss [全文を読む]

教育格差が拡大、メンタルヘルスにも悪影響…従来型の「受験学力」を否定する2020年度入試改革は危険!

週プレNEWS / 2017年03月30日10時00分

こういった状況は生徒のメンタルヘルスにも悪影響を及ぼします。アイデンティティの確立には、思春期に大人の世界に反抗することも大切だとされています。常に教師に気に入られないといけない環境に置くことは、人格形成の面で悪影響が出る可能性を無視できません。 高校では1994年からペーパーテスト学力だけではなく「関心・意欲・態度」「思考・判断・表現」「技能」等の観点 [全文を読む]

【医師アンケート調査】「ストレスチェック制度はメンタルヘルスの一次予防に効果があるか?」について、医師の6割以上が「効果はない」と回答

PR TIMES / 2016年08月16日10時47分

目的は、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防ぐ「一次予防」と位置づけられている(「一次予防」は健康増進や疾病予防、「二次予防」は疾病の早期発見・早期治療のことを指す)。改正労働安全衛生法に基づいて2015年12月に施工され、2016年11月30日までにすべての労働者に対して1回目の検査を実施する必要がある。[画像1: http://prtimes.jp/i [全文を読む]

その肩こり…実はうつ病かも!心の症状だけじゃない「仮面うつ」とは

BizLady / 2016年07月18日21時00分

> 厚生労働省が展開するサイト、『働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト こころの耳』の中に、このようにあります。 これこそが、仮面うつ。<「身体症状にマスク(仮面)された」という意味>なのだそうです。 でも、「頭痛や肩こりなんて日常茶飯事なんですけど!?」と思う人も多いのではないでしょうか。なにやら判断の難しそうな、仮面うつ。いったいどうやって見分けるの [全文を読む]

全国で精神科医による面接が可能!企業向け「MJストレスチェックサービス」の提供を開始

PR TIMES / 2015年12月15日17時09分

本制度の目的である「一次予防を主な目的とする(労働者のメンタルヘルス不調 の未然防止)」に主眼を置き、従業員へのメンタルヘルスケア及び啓蒙教育コンテンツを提供してまいりましたが、この度ストレス、高ストレス者のメンタルヘルス不調を的確に発見し、早期に対応するための「MJストレスチェックサービス」を、マンパワーグループと共同で提供することになりました。 ~主な [全文を読む]

フォーカス