ストレス 精神科に関するニュース

体臭を放置するとキケン?ストレスがもたらす弊害とは

Fuminners / 2017年06月22日20時22分

今の自分がどれぐらいストレスを抱えているか気づかないまま無理をして、心身に不調のサインが出ているのを見逃していませんか? ストレスを抱え続けていると、やがて大きな病気につながる可能性があります。忙しいときほど、いまの自分の状態を振り返り、ストレスを軽減しましょう。今回はストレスの原因や解消法をまとめました。目次ストレスとはストレスがもたらす悪影響日常生活に [全文を読む]

ストレスとうつのお話。心が壊れるその前に

おたくま経済新聞 / 2017年08月21日21時00分

このうち、 *不安障害:ストレスなどが関与し、不眠やパニック発作、神経症性障害や身体に出る障害(消化器症状・蕁麻疹等) *気分障害:主にうつ病 と分類されています。 ■心の問題となる因子 *ストレス(心身に作用する外的要因の事を全て指します) *発達障害と括られるいわゆる自閉症スペクトラム ■ストレスの内訳 *金銭面:貧困とストレスの直接的な相関関係あり [全文を読む]

ノルマに追われて胃が痛い…ストレスから来る胃痛の原因と対策

オトコクラス / 2016年11月20日11時00分

仕事のストレスで胃が痛む…。胃カメラでの検査でも異常はない。そんな時、心療内科で診てもらえるのでしょうか。ストレスによる胃痛について専門家の意見を聞きました。 30代男性からの相談:「ストレスで胃が痛い時、心療内科で診てもらえるのでしょうか?」 『 私は新規開拓の営業をして3年目になります。 毎月、月末になるとノルマに追われ、達成出来なくなるとストレスで胃 [全文を読む]

「消えたい」と思ったら?|心が疲れてしまったときの対策

Fuminners / 2017年03月17日17時00分

人間関係や仕事のストレスなどを感じて、「消えたい」と思ったり、口に出したりする時は、心が疲れている状態です。「消えたい」と思ったら一度立ち止まって、心の疲れを取り除きましょう。 心の疲れの原因や、解消に効果があると言われている方法をまとめました。【目次】「消えたい」と思う理由「消えたい」と思う病気消えたい気持ちを落ち着かせ身体を休める睡眠消えたい気持ちを改 [全文を読む]

イライラする原因は? 簡単にできるイライラ解消法

Fuminners / 2017年02月22日17時00分

ネガティブな感情はできれば持ちたくないものですが、それでも多くの人がストレスの蓄積によってイライラを感じているようです。そこで、ストレスをおさえてイライラを解消する方法をまとめました。【目次】「イライラする」ってどういう状態?イライラしやすい性格の改善方法イライラする元凶は寝不足にあり?イライラがおさまらない時の対処法生理前のイライラ対処法イライラは病気の [全文を読む]

【医師解説】うつ病と不眠症の原因・対策・改善 <日本睡眠学会認定医 佐藤幹先生>

nemgym(ネムジム) / 2017年04月15日17時33分

【2017年4月23日更新】 <ドクターズインタビュー>ストレス社会の現代では、不眠など睡眠に関する症状が他の精神的な症状の一部として現れていることも少なくありません。精神科領域の病気や睡眠障害を幅広く専門的に診断・治療している新橋スリープ・メンタルクリニック院長の佐藤幹先生に、ストレスとうつ病、不眠症の関係、特に職場のメンタルヘルスと不眠の問題についてお [全文を読む]

睡眠は音楽で変わる!|「よく眠れる」音楽の特徴

Fuminners / 2017年04月19日17時00分

ストレスホルモン」の分泌を下げる「ストレスホルモン」とは、ストレスの影響を緩和するホルモンの総称です。ストレスホルモンは、主に不快感や怒りの情動をコントロールする「扁桃体」の興奮状態が自律神経に伝わり、交感神経が優位になると、「副腎皮質(※)」から分泌されます。ストレスホルモンは精神状態にも影響を与え、不安感や焦燥感が悪化する原因となります。 音楽を聴い [全文を読む]

「無口でがんこ」な人が認知症になりやすいのは本当か

プレジデントオンライン / 2017年03月16日15時15分

■なぜ「名誉」「地位」にこだわる人は長生きできないのか 現代社会はストレスであふれている。そしてストレスは、心身の両面でさまざまな病気を生む。たとえばストレスは交感神経系を刺激するため、心臓に負担をかける。免疫機能を低下させるため感染症も起こりやすくなる。不眠や不安、うつ病の原因ともなる。まさに「ストレスは万病のもと」なのだ。 ストレスの原因はさまざまだが [全文を読む]

"キレる大人"嫉妬・スマホ・睡眠の脳科学

プレジデントオンライン / 2017年08月01日09時15分

HPAとは脳の視床下部と下垂体、内臓の副腎に含まれる副腎皮質の3つの英語の頭文字からとったもので、人は強いストレスを受けると、脳から副腎皮質に伝達され、コルチゾルというストレスホルモンが過剰に分泌され、それが脳に影響してダメージを与える。そして、突発的な暴言や暴力といった行動が表出してしまう。 キレる背景にはストレス過多もあって、興味深いのが社会のIT化と [全文を読む]

精神科医師団が経営&運営するストレスチェックのトータルサービス「ストレスチェッカー+」をリリース

PR TIMES / 2016年03月23日11時45分

質問票によるチェックから精神科医医師面談の設定までを完全サポートメディカリューション株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:春日 武彦、以下「メディカリューション」)は、精神科医師団によるストレスチェックのトータルサービス「ストレスチェッカー+」をリリースしました。ストレス改善は精神科の専門分野です。2015年12月より義務化されたストレスチェック制度に [全文を読む]

ねぼけて「やらかす」人必見! 実は危険な病気の兆候かも

Fuminners / 2017年02月28日17時06分

大人の場合は、他の病気やストレスによる可能性があります。夢中遊行症(夢遊病)の対処法本人は無意識の状態で動き回るので、周りの人たちによる対処が必要です。本人を強引に目覚めさせようとすると興奮状態になる可能性があるため、症状がおさまるのを待ち、静かにゆっくり寝室まで連れていくようにしましょう。行動範囲は日常生活の中に限られるため、寝室の周辺には物などを置かず [全文を読む]

うつ病かも、と思ったらどのタイミングで受診すべき?

オトコクラス / 2016年08月17日11時00分

管理職のストレスで夜も眠れず、インターネットでうつ病の自己診断をしたところ、うつの可能性が高いとう結果が出たという男性。受診すべきか様子を見るべきか迷っているようです。いつ受診するのがベストなのでしょうか。 20代男性からの相談:「どのタイミングで受診するとよいですか?」 『20代の会社員です。製造業の会社に就職して5年になります。入社当初は現場職でしたが [全文を読む]

夜勤の睡眠不足は、夜勤をやめる以外に解消法がない過酷な現実

まぐまぐニュース! / 2017年07月17日09時00分

わたしの患者でも、外国と取引している証券トラーダーがいたが、不眠の原因はストレスと「夜勤」であった。 夜勤がつらく健康に悪そうなことは感覚的にはわかるが、健康被害が合併することは一般の人には意外に知られていない。交代勤務開始10年ほどで、高血圧と心臓病が起こりやすくなる。うつ病など精神障害とも関連も大きいとされる。 さらに最近では、発がん性も注目されている [全文を読む]

もしかして「うつ病」?寝ても寝ても眠い理由とは

Fuminners / 2017年06月21日17時00分

うつ病の最も代表的な原因が、精神的なストレスによるものです。具体的には、主に下記の出来事がきっかけで発症する人が多いとされています。<主な原因>仕事や人間関係でのストレス、家族や親しい人との離別、仕事や財産の喪失、幼少期のつらい記憶、進学、就職、結婚、引っ越し、昇進など環境の変化(雨晴クリニック副院長:坪田聡先生)ほかにも、慢性的疲労や、がん、感染症による [全文を読む]

職場のストレスで体調不良に…心療内科の受診のタイミングは?

オトコクラス / 2016年11月27日11時00分

職場でのストレスを感じて身体に不調が出てしまった…。こんな時、どのタイミングで心療内科を受診すればいいのでしょうか。専門家にお聞きしました。 20代男性からの相談:「精神科にはどのようなタイミングで行けばいいかわかりません。」 『 以前の職場で上司との関係が上手くいかず、かなりストレスを抱え込んでました。 中途入社の為、同期もおらず、社内で相談できる先輩の [全文を読む]

お手軽な手続きで健康な人が強制入院!? 韓国で精神病患者が急増しているワケ

日刊サイゾー / 2014年04月03日19時00分

極度の競争社会によるストレスが原因かと思いきや、どうやら精神病患者自体が急激に増えているというわけではないらしい。なんと、健康でありながら本人の同意もなく“強制入院”させられる人が増加しているというのだ。その数は、ここ4年間で10倍に膨れ上がったと分析されている。 そもそも韓国の強制入院のプロセスは、あまりに“お手軽”だ。その法的根拠となっている精神保健法 [全文を読む]

近大高専 第4回市民公開講座 「こころの不調~その気づきとストレスマネジメント~」

News2u.net / 2017年08月30日14時00分

【講座の内容】 「こころの不調~その気づきとストレスマネジメント~」 講師:近畿大学医学部 精神神経科学教室 教授 医学博士 白川 治(しらかわ おさむ) うつ病をはじめとする精神疾患による休職者の増加は近年、社会問題化しています。本講演では、ストレスによるこころとからだの不調に始まり、適応障害とうつ病の違い、うつ病とはどんな疾患か、抗うつ薬の効用とスト [全文を読む]

ギャンブル依存症対策議連が発足―地域の実情に合わせた対策を

政治山 / 2017年03月27日18時00分

ギャンブルをする目的は一般的にストレス発散とされます。ストレス刺激を明確にして対応を考える、ストレス反応にギャンブル以外の多様な選択肢をもたせる。といったことが対策になります。自助グループやギャマノンなどの当事者による安心できる環境づくりも効果的です。 精神科臨床におけるギャンブル障がい対応の基本的な考え方として、身体的問題(低血圧、睡眠時無呼吸症候群、 [全文を読む]

飲酒が増える季節の気になる健康状態!?ドクターに聞いた!休肝日のノンアルコールワイン活用法

PR TIMES / 2015年12月01日11時19分

「毎日晩酌するのが習慣になっているし、それほどたくさん飲むわけではないから休肝日なんて必要ないんじゃない?」「飲まずに我慢するストレスの方が、体に悪いよ。」そんな声も聞こえてきますが、医学的に見てどうなのでしょうか。そこで『MELLOW(メロウ)』では、東京都文京区のこまごめ緑陰診療所で患者さんと向き合っている、精神科医の福田博文先生にお話を伺い、休肝日の [全文を読む]

モバイルヘルステクノロジーベンチャーのFiNCストレスチェック義務化に対応した法人向け新ウェルネス経営サービスを提供開始1,000人以上の産業医ネットワークを構築

DreamNews / 2015年11月20日10時00分

株式会社FiNC(本社:東京都中央区、代表:溝口勇児、以下「FiNC」)は、ストレスチェック制度に対応した法人向け新ウェルネス経営サービスを11月20日より提供を開始いたします。それに伴い、医師による面接指導など同制度に対応したサービスを幅広く提供できるよう全国37都道府県に1,000人以上の産業医/医師のネットワークを構築いたしました。 株式会社FiNC [全文を読む]

フォーカス