症状 精神科に関するニュース

ねぼけて「やらかす」人必見! 実は危険な病気の兆候かも

Fuminners / 2017年02月28日17時06分

目次ねぼけとは?ねぼけの症状と対処法ねぼけは実は病気の前兆かも? 関連する疾患とは「レム睡眠行動障害」と金縛りの関係ねぼけを予防する日常的なケアねぼけとは?ねぼけとは、睡眠中に起こる異常行動「睡眠時随伴症(パラソムニア)」の覚醒障害の1つ。脳が眠っているにも関わらず、身体だけが覚醒して行動する状態のことをいいます。 ねぼけには大きく分けて2つのタイプがあり [全文を読む]

ストレスとうつのお話。心が壊れるその前に

おたくま経済新聞 / 2017年08月21日21時00分

はじめに 体が病気になると割りと分かりやすく症状が出ます。その為仕事などでも休みを取りやすい傾向にあると思います。しかし心が病気になっても表向きに分かりづらく周囲の目を気にしたりと偏見を恐れて隠してしまうことも多く見られがちです。なかなか心の病気について開けっぴろげに話せる雰囲気も作りづらく、精神的な病気をオープンな話題にしにくいのも問題の一つにあると思い [全文を読む]

「更年期」症状には意外な危険が…この症状は何科に行くべき!?

WEB女性自身 / 2017年06月01日16時00分

「この時期に現れるさまざまな心身の不調を 更年期症状 、その不調が日常生活に支障をきたすほどになることを 更年期障害 といいます。卵巣の寿命により女性ホルモンが減少し自律神経のバランスも乱れることから、ほてりや動悸をはじめ不快な症状が起こります」 不調には、性格や社会的な環境面も大きく影響する。 「 まじめ で 完璧主義 神経質 な人ほど、更年期の症状[全文を読む]

【医師解説】その不眠、レストレスレッグス(むずむず脚)症候群が原因では?

nemgym(ネムジム) / 2017年08月29日14時44分

レストレスレッグス症候群の診断 レストレスレッグス症候群の診断でもっとも重要なのは、その症状によって脚を動かさずにいられないかどうかということです。症状そのものはむず痒さやほてり感などさまざまに表現されますが、脚を動かしたくなる、あるいは動かすと少し楽になる、夜間増悪し、朝にはその症状は軽快するという方はレストレスレッグス症候群の可能性があります。 レス [全文を読む]

心療内科ってどういう時に行くものなの?

オトコクラス / 2017年03月12日11時00分

心の病にはなっていないけど、こうした症状がある場合は心療内科を受診すべきなのでしょうか? 30代男性からの相談:「私は心療内科に行くべきなのでしょうか?」 『 心療内科と精神科の違いはなんなのかネットで調べた時に心療内科は、心の病気がきっかけになり、体に症状が現れた場合に治療をするところとありました。 朝がつらくて仕事に行けない人、動悸、息切れする人、めま [全文を読む]

イライラする原因は? 簡単にできるイライラ解消法

Fuminners / 2017年02月22日17時00分

特に生理前に起こる心身の不調は月経前症候群(PMS)と呼ばれ、この時期はプロゲステロンの分泌が盛んになり、イライラや倦怠感、不安、抑うつ症状などが出やすくなります。生理前のイライラ対処法自分が月経前症候群(PMS)であることを自覚するまずは自分が月経前症候群(PMS)であることを認識しましょう。イライラしたときは「これは女性ホルモンのせい」「生理が始まれ [全文を読む]

職場のストレスで体調不良に…心療内科の受診のタイミングは?

オトコクラス / 2016年11月27日11時00分

最終的には頭痛やめまい、腹痛など一度にたくさんの症状が出るようになってしまいました。 分からないのが、どのタイミングでどんな病院に行けばいいのか。内科にかかってもハッキリとした原因は分からず、精神科にもどのタイミングでかかれば良いかが分かりませんでした。 幸い異動のタイミングのちょっと前に体調を崩したので異動してからはストレスから解放され問題なく生活できて [全文を読む]

気分がすっきりしない時には漢方の専門家を頼ろう

オトコクラス / 2016年11月04日15時00分

』不定愁訴に効く漢方はあるが、専門知識が必要相談者さんの抱えている症状は不定愁訴だと思われます。そうしたはっきりしない症状に効果的な漢方薬はありますが、数ある漢方の中から適切なものを選ぶには、しっかりとした問診が必要になってくるようです。『詳しい症状を実際にお聞きしないと、これが良いというサプリメントや漢方薬を具体的にお伝えすることはできません。ですが、な [全文を読む]

成分や効果が大きく異なる!睡眠薬の処方薬と市販薬の違い

Fuminners / 2017年04月06日17時00分

初めて睡眠薬を飲むときは、自身の不眠の症状からどのようなタイプの睡眠薬が自分に合っているのかを、主治医とよく相談して決めることが大切です。安易に市販の睡眠薬を飲むのは、避けた方が賢明です。睡眠薬の効果、飲むタイミング睡眠薬の効果は、飲むタイミングによって左右されることも覚えておきましょう。成分の血中濃度が最も高まるのは、薬を飲んだおよそ30分~1時間後。 [全文を読む]

うつ病かもと思ったら…うつ病の基本症状や対処法についての再確認

JIJICO / 2016年11月19日11時00分

そこで、ここではうつ病について、その基本症状や対処法についてもう一度まとめてみたいと思います。うつ病の基本症状についてうつ病の基本症状ですが、国際的な診断基準として広く使われている米国精神医学会のDSM-5に基づいて述べます。1 落ち込んだ気分(悲哀感・空虚感・絶望感など)が一日の大部分を占める2 物事への関心あるいは楽しみ感の著しい減少3 体重の著しい変 [全文を読む]

【医師解説】うつ病と不眠症の原因・対策・改善 <日本睡眠学会認定医 佐藤幹先生>

nemgym(ネムジム) / 2017年04月15日17時33分

【2017年4月23日更新】 <ドクターズインタビュー>ストレス社会の現代では、不眠など睡眠に関する症状が他の精神的な症状の一部として現れていることも少なくありません。精神科領域の病気や睡眠障害を幅広く専門的に診断・治療している新橋スリープ・メンタルクリニック院長の佐藤幹先生に、ストレスとうつ病、不眠症の関係、特に職場のメンタルヘルスと不眠の問題についてお [全文を読む]

聖マリアンナ医科大学の精神科医が「精神保健指定医」資格を不正取得

メディアゴン / 2015年04月16日07時40分

症状が重い患者について、都道府県知事などが本人や家族の同意なく強制的に入院させる「措置入院」は、2人以上の指定医の判定が必要で、家族などの同意で強制的に入院させる「医療保護入院」についても1人以上の指定医の判定が必要だと定められている。医療関係者によると、最近はうつ病などで休職する従業員について指定医の診断書を求める企業も増えている。聖マリアンナ医科大学病 [全文を読む]

『むずむず脚症候群』の約30%は遺伝が原因! 対策は湿布?

Fuminners / 2016年09月05日11時53分

むずむず脚症候群とは、睡眠中にまるで虫が這っているかのように脚がムズムズする症状が特徴の病気です。むずむず脚症候群という病名自体は、徐々に知名度が上がっていますが、その正体を知らない人がほとんど。そこで、睡眠総合ケアクリニック代々木の中村真樹院長に、むずむず脚症候群の原因や症状、治療法などについて伺いました。むずむず脚症候群は女性に多い!その原因は?むずむ [全文を読む]

常に自分が自分でない浮遊した感覚…離人症は治せるか?

オトコクラス / 2015年10月29日18時00分

うつ症状などはありませんが、この症状は治るのでしょうか。(30代・男性)』 離人症の頻度は2%。決して珍しい病気ではない 離人症はあまり聞きなれない名前ですが、その発症頻度は2%で、思った以上に多くの人が悩んでいるようです。 『離人症は現実感喪失症候群ともいわれ、自分の身体との一体感がない、現実感がなく抽象的な感覚や、自分の身体から離れて自分を見ているよう [全文を読む]

もしかして「うつ病」?寝ても寝ても眠い理由とは

Fuminners / 2017年06月21日17時00分

目次うつ病とはうつ病の原因うつ病の症状うつ病と睡眠の深い関係うつ病予防のためのメンタルケアうつ病とはこれまで楽しめていたことが、急につまらなく思えたり、理由もなく悲しくなったり、ちょっとした感情の変化のように思えることが、うつ病の兆候だといわれています。まずはうつ病について知り、症状に当てはまるものがないかどうかチェックしましょう。うつ病は、「不眠や食欲不 [全文を読む]

若年患者の“ニュータイプ”…抗うつ薬が効かない「双極性障害II型」が増殖中! その治療法は?

週プレNEWS / 2017年01月23日11時00分

しかも、高齢者のうつ病がほぼ従来型の症状であるのに対し、若い世代は「新型うつ病」あるいは「現代型うつ病」と呼ばれる“ニュータイプ”が大半だ。 若年世代の精神疾患に詳しい吉田たかよし先生によると「最近特に増えているのは、双極性障害Ⅱ型とそれに類似した症状」だという。 かつては「躁うつ病」と呼ばれた双極性障害は、躁状態とうつ状態を繰り返すのが特徴。Ⅰ型の場合は [全文を読む]

なぜか足がカユイ、イタイ…それ「むずむず脚症候群」かもしれません

まぐまぐニュース! / 2016年04月13日07時00分

正体不明の脚のかゆみや痛み、不快感などが慢性的に生じ、特に夕方から夜間にかけて症状が強く出るという人は、「むずむず脚症候群」の可能性があります。 冗談のようなネーミングですが、実は300年以上もの昔から知られている病気です。 悪化すると慢性的に全身が痛む(慢性疼痛)になったり、うつ病を発症する原因になったりする可能性もあるため、決して侮れません。 一体どう [全文を読む]

うつ病にはどのような種類があるのか? うつ病の種類ごとの特徴

オトコクラス / 2017年06月14日15時00分

仮面うつ病体がだるい、夜眠れない、食欲がない、頭痛がする、胃腸の調子が悪いなどの体の症状だけが主に出る。冬季うつ病寒い冬の時期になると、うつ症状が出る男性更年期うつ病更年期に男性ホルモンであるテストステロンが減少している時に、ストレスが加わることで、うつ症状が起こる身体因性うつ病パーキンソン病や甲状腺の病気など他の病気が原因でうつ症状が起こる非定型うつ病普 [全文を読む]

朝起きられない原因と対策 – 目覚めスッキリを実現するには?【現役医師が教える不眠症教室】

nemgym(ネムジム) / 2017年01月13日22時00分

〇低血圧の症状 疲れやすい 朝起きるのに力が入らない 一日中体がだるい 朝から食欲が湧かない などの症状があります。 2.肝機能障害 肝機能障害とは、肝臓の機能が何らかの原因で低下しており、肝臓が上手く働いていない状態です。初めは無症状で分かりにくいのが肝機能障害の特徴ですが、慢性的になるにつれて徐々に全身の倦怠感を感じ、いくら寝ても朝起きるのが辛く感じ [全文を読む]

きょうこころのクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年05月17日14時30分

精神疾患においては、多忙から継続的な通院が途絶えてしまったり、心理的ハードルから初回の診療をためらったりという理由から、症状が悪化してしまうケースが多くあります。こうした問題意識を持つなか、2015年8月10日の厚生労働省の遠隔診療通達を受け(※)、対面を前提としながらもオンライン通院を取り入れることで患者の通院負担を減らすことができると考え、導入を決定し [全文を読む]

フォーカス