医者 精神科に関するニュース

聖マリアンナ医科大学の精神科医が「精神保健指定医」資格を不正取得

メディアゴン / 2015年04月16日07時40分

筆者「薬を使うんだよね」 医者「その方法しか今のところ有りません」診察室の片隅に箱庭療法の箱庭がおいてあるがホコリをかぶっている。 筆者「暴力衝動を抑える薬と言うけれど、それを使うと暴力衝動だけが選択的に抑えられるのではなくて、精神活動全体が低下するんじゃないの?」 医者「その通りです。保護入院するかどうかはじっくり考えて判断して下さい」少し。沈黙。 筆 [全文を読む]

ドラマ「Dr.倫太郎」の原案小説「セラピューティック・ラブ」は堺雅人を想定して書かれた小説?

メディアゴン / 2015年04月24日09時41分

特に、関東ではやる医者が少ない。オリジナルで脚本家に書いてもらうにしても、リアリティを持って書くには、その知識があるものがいない。勉強して書くには時間がない。そこで、精神分析をやっている人に小説を書いてもらおうかと言うことになった。それが、原案小説の著者、清心海氏だったのではないか。筆者がそう思う理由はもう一つある。この小説は書き下ろしと表記されており、初 [全文を読む]

<原案作者は誰?>堺雅人「Dr.倫太郎」の精神分析は誰が監修しているのか?

メディアゴン / 2015年04月25日08時14分

ところで、番組のスタッフクレジットには、精神治療指導として、3人の精神科のお医者さんの名前が表示されます。皆さん、その世界では有名な方です。筑波大学の高橋祥友教授は自殺の研究の権威です。杏林大学の古賀良彦教授は、神経科の医師です。薬の杏林だけあって、アロマなどの代替医療もやっています。横浜市立大学の平安良雄教授は、大学付属の総合医療センター病院長、専門は神 [全文を読む]

<堺雅人は日野倫太郎をどう演じるのか>「Dr.倫太郎」が描くのは日本に30人しかいない絶滅危惧種となった精神分析家

メディアゴン / 2015年04月17日09時37分

修業年限を医者と同じ修士までの6年間にして対等な立場にしようとした。だが、これには反対も多く、学会は3つに「分裂した。今でも臨床心理士は国家資格ではない。日本では精神分析に保険はきかない。これは、医療と認めていないと言うことである。現在、日本には精神分析を生業、つまり精神分析を患者に施して生活費すべてを稼いでいる人は30人ほどだと言われている。むしろ本を書 [全文を読む]

うつ症状持つ女性が23区で1つずつ受診した経験を綴った本

NEWSポストセブン / 2013年11月12日16時00分

著者が良い医者とする条件は、「患者に寄り添って痛みを受容してくれること」「薬は最低限しか出さないこと」など。 逆に、フンフンと聞くだけで反応が鈍そうな医者のことは「最悪」と低評価だが、私から言わせてもらうと言葉は少ないが観察力が鋭い医者というのも中にはいる。逆に始末が悪いのは、わかったフリをしながら診断のピントがはずれているような医者。また、薬にしても必要 [全文を読む]

決定版!「頼れる病院、危ない病院」

プレジデントオンライン / 2017年05月20日11時15分

自分の老後はどうなるのか、医者や基準値、薬を信じてもいいのか。 ■人間の尊厳を奪う患者不在の医療 ――医療過誤や、製薬会社との癒着による不正が相次ぐ。医療現場での経験から、現代の医療に警鐘を鳴らし続けてきた2人の医師、近藤誠氏と和田秀樹氏に話を聞いた。 【和田】2014年4月、日本人間ドック学会が150万人の健診受診者のデータをまとめた新たな「基準範囲」の [全文を読む]

仕事のストレスで自律神経失調症が再発…どうすれば治る?

オトコクラス / 2016年12月09日11時00分

そこで内科を受診したり、循環器系の病院に行って検査を受けたりしたのですが、どの医者も原因が見つからないとのことでした。そんなこんなで受診を繰り返していると、内科の医者から、一度精神科を受診してみては、と勧められ精神科を受診しました。そこでは問診と筆記による問診などを受け、結果、自律神経失調症と判断されました。それ以外にも少し熱中症になりかけていたらしいので [全文を読む]

キンドル電子書籍『頑張らなければ、病気は治る(あさ出版電子書籍)』著者樺沢紫苑が2月24日にリリース医者、病院、薬、治療法を変えずに、考え方を切り替えるだけで病気が治る

DreamNews / 2015年03月19日18時00分

医者、病院、薬、治療法を変えずに、考え方を切り替えるだけで病気が治る! がん、うつ、慢性疾患、難病も治る、奇跡の治療革命! 樺沢紫苑、24年間の精神科経験の集大成の1冊! ■担当編集者のコメント 病気を「一生懸命」治そうとしていませんか? 「病気を治す」「病気と闘い、勝つ」そう思っていると、病気は治りません。 ではどうすると病気は治せるのか?「治そうとし [全文を読む]

ストレスとうつのお話。心が壊れるその前に

おたくま経済新聞 / 2017年08月21日21時00分

例を挙げると「今ストレスを感じている仕事が終われば食事に行ける」「歯医者で治療を終えれば美味しいものが食べられる」という短期展望と「異動願いを出して部署の異動ができれば相性の悪い上司と会わなくなれる」「姑のいびりが酷いけど後半年すれば別居できる」という長期的展望では脳の報酬系が違っているという事です。 しかし、この報酬系は先が予測できないと作用できず、スト [全文を読む]

メンタルを追い込まない秘訣は? エッセイ『自分を好きになろう』岡映里&瀧波ユカリインタビュー

ガジェット通信 / 2017年06月22日17時00分

それで初めてかかったお医者さんが私の話を聞いて、「今すぐ会社に私の目の前で電話してください」って言われて、「すぐ休職しますって言ってください」って。「帰ったらあなたはやらないから今やれ」って言われて、それで休めたんですよね。その先生がそう言わなかったら多分休めなかったし、大変なことになってたと思いますね。 ーーいい先生ですね。 岡:女の先生なんですけど、す [全文を読む]

【シゴトを知ろう】精神科医 ~番外編~

進路のミカタ / 2017年05月18日12時02分

また、全ての科でいえることですが、最近では患者さん本人やご家族がインターネットで調べてきて、自分や家族の病気に関してだけは医者より詳しいことがよくあります。医師には医学の全般的な知識の基礎があるので、総合的に判断できるという強みがありますが、私も親御さんの知識の多さに驚くこともありますね。時間が許す限り、子どもを専門にしている精神科医や臨床心理士たちと情報 [全文を読む]

2歳の娘に「死ね」。豹変した妻をどうにかしたい夫、石田衣良の回答は

まぐまぐニュース! / 2016年02月18日12時00分

だからといって何もしないっていう医者ではだめなので、別の精神科に行くのがひとつ。 あとは、奥さんと同じようにトラウマを抱えながら子育てをしている人の集まりがあるので、そこに一緒に行ってください。「自分はこういうことがあって、どうしても子どものことが愛せないんだけど……」と同じように悩んでいる人がたくさんいるはずです。それが珍しいことでもないし、「自分は価値 [全文を読む]

子どもの「精神障害」はかなり誤解されている 児童精神科医・滝川一廣さんが語る「歴史」

東洋経済オンライン / 2017年07月03日08時00分

でも、たとえば子どもが「発達障害」だと診断されたとき、多くの親は身体のお医者様の診断と、児童精神科のお医者様の診断は違うものだとは考えないのではないでしょうか。診断とは何かということです。医師が風邪と診断するのは、自然科学です。疾患が起きている体の場所、起きる仕組み、病気の原因が共通しているとき、同じ種類の病気だと診断できる。しかし精神障害は、外から見たそ [全文を読む]

香山リカ氏「報道だけの診断」に泰葉が激怒 ネット民「泰葉が正論」

しらべぇ / 2017年05月18日06時00分

■「医者のモラルに反する」香山リカ氏を痛烈批判17日に更新された泰葉のブログ記事タイトルは『売名便乗ヤブ医者女』。元夫からの虐待苦を訴える彼女の言動を見た精神科医・香山リカ氏が、『女性自身』の取材に対して、泰葉の病状について言及。「双極性障害」を患っている泰葉の現状について「軽いII型の双極性障害」と診断したうえで「人の意見を聞く状態にない」とし、「彼女の [全文を読む]

医者嫌いの家族を心療内科に通わせるにはどうすればいいのか?

オトコクラス / 2017年03月18日11時00分

しかし、本人に症状の自覚がなく、さらに医者嫌いだと心療内科を受診させるのは至難の業です。このようなケースでは、どのような方法が有効なのでしょうか?40代男性からの相談:「うつ病の原因になった家族を心療内科に通わせるには?」『5年前にうつ病と診断され、現在も治療中です。うつになった根本的な原因は家庭環境にあるのですが、どうしても医者に通いたがらない家族をどう [全文を読む]

日本で認知度が低い?小林麻央も訴えるセカンドオピニオンの重要性

しらべぇ / 2016年09月15日09時30分

やはり、お医者様を疑うわけではありませんが‥‥— らぶべりぃ (@no_megumi) 2016年9月5日今日病院で乳がんの誤診の話を聞いた。33歳のお若い女性だったけど、他の病院でずっと「問題なし、乳腺炎でしょう」と言われていたらしいのだけど、痛みがあり、あまりにも心配になってセカンドオピニオンしてみたら実は乳がんだったとか...— JET鰐のお嬢 (@ [全文を読む]

『医者は現場でどう考えるか』ジェローム・グループマン(石風社) ブックレビューvol.12/竹林 篤実

INSIGHT NOW! / 2016年08月18日12時10分

論文情報が少なかった時代には、一人の医者が人力で同じようなことをしていた。実際に今でも何人かの医者がチームを組んで対応することもよくある。けれども2000万件以上もある論文を(しかも毎年20万件以上のペースで増え続けてもいる)、何人がかりであろうと人がすべて読んで理解し、チームとして統一見解を出すことなどはもはや不可能である。実際の例では、当初医師から急性 [全文を読む]

睡眠薬の豆知識 反跳性不眠の意味を理解しよう!

nemgym(ネムジム) / 2015年05月25日19時30分

ですから、ある時あなたがかかっているお医者さんから「睡眠薬を減らしましょう!」と言われるのはもっともなことなのです。そんなとき、あなたならどう反応しますか? 以前、反跳性不眠らしい経験をしたことがあれば、不安な気持ちにかられるのも無理もないのですが、お医者さんの指導のもと、反跳性不眠を起こさないよう上手に減薬することは可能です。少しでも睡眠薬の量を減らし [全文を読む]

<結局、何を見せたいの?>「Dr.倫太郎」は色々な精神疾患を見せたいドラマ?

メディアゴン / 2015年05月22日06時50分

それから倫太郎の先輩の医者・遠藤憲一の見せ場はどうつくるのだろう、それも心配だ。 [全文を読む]

<ドラマ「Dr.倫太郎」への期待>主人公・堺雅人と蒼井優に課された「禁欲原則」

メディアゴン / 2015年05月07日07時00分

「逆転移」はセラピスト(倫太郎)側に生じるクライエント(夢乃)に対する感情である。[「臨床心理学」有斐閣]誤解を恐れずに言えば、患者が医者のことが好きになってしまったり、医者が、相談にのっているうちに、患者のことを好きになってしまう状態である。まあ、精神分析学を持ち出さなくても、これは日常でもよくあることだろう。太宰治先生は「可哀想だってことは好きだってこ [全文を読む]

フォーカス