精神科 訪問看護に関するニュース

【新刊】『Q&Aと事例でわかる訪問看護シリーズ(全5巻)』刊行のご案内

DreamNews / 2016年01月28日11時00分

■ラインアップ「訪問看護のフィジカルアセスメントと急変対応」「小児・重症児者の訪問看護」「精神科訪問看護」「認知症訪問看護」「緩和ケアと看取りの訪問看護(6月発売予定)」 中央法規出版(本社:東京都台東区、代表取締役社長:荘村明彦)は、『Q&Aと事例でわかる訪問看護シリーズ(全5巻)』を昨年より刊行いたしました。現場で求められる知識・技術を、Q&Aと実践事 [全文を読む]

地域密着で在宅医療サービスを展開するソフィアメディ株式会社が、ソフィア訪問看護ステーション成城を移転・大規模化、お客様と地域のさらなるご要望に応えるべく、機能強化型訪問看護ステーションへの転換を目指す

PR TIMES / 2017年06月23日19時13分

1.訪問看護&訪問リハビリのバランス型(看護師と理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を配置)2.ハイパー型(特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を有する認定看護師が中心/365日24時間稼働)3.精神科特化型(医療保険ベースの精神疾患に対応)4.機能強化型(中重度者への対応が可能な体制をクリア)さらに、1つの指定訪問看護ステーションに多数のサテライト [全文を読む]

【シゴトを知ろう】精神保健福祉士(精神医学ソーシャルワーカー) 編

進路のミカタ / 2017年06月23日12時02分

もともとは精神科ソーシャルワーカーと呼ばれていた歴史のある職業ですが、1997年に「精神保健福祉士」という国家資格になりました。その業務範囲は職場などによってもさまざまですが、今回は在宅療養支援診療所に勤める精神保健福祉士の金子充さんにお話を伺いました。■在宅診療所で働くソーシャルワーカーも増えているQ1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください精神 [全文を読む]

認知症の診断・治療も対応「こころの医療センター」診療開始【山形】

認知症ねっと / 2015年03月13日09時47分

変化していく精神科医療 -入院から外来へ-60年近く地域の精神科医療を支えてきた山形県立鶴岡病院は、県内唯一の公立精神科単科の基幹病院だが、このたび「こころの医療センター」として新築工事が完成、3月9日より診療を開始した。精神科医療の役割変化に対応していくため、県が総事業費72億円をかけ整備。運営方針には“入院治療主体から外来中心に大きく転換し、悩む人に寄 [全文を読む]

地域密着で在宅医療サービスを展開するソフィアメディ株式会社が、代官山、恵比寿、中目黒エリアの訪問看護・リハビリへのご要望を受け、訪問看護ステーションを代官山に開設。ステーション数は26か所に拡大。

PR TIMES / 2017年01月25日16時13分

1.訪問看護&訪問リハビリのバランス型(看護師と理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を配置)2.ハイパー型(特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を有する認定看護師が中心/365日24時間稼働)3.精神科特化型(医療保険ベースの精神疾患に対応)4.機能強化型(中重度者への対応が可能な体制をクリア)さらに、1つの指定訪問看護ステーションに多数のサテライト [全文を読む]

株式会社NAaNA(ナアナ)ではこの度、「MIRAI station株式会社(ミライステーション)オフィシャルサイト」を新規制作し公開されました。

DreamNews / 2016年09月23日14時00分

MIRAI station株式会社(ミライステーション)は、精神科訪問看護を行っている優良な会社です。■「MIRAI station株式会社」代表取締役/看護師:久保田将之氏のごあいさつ紹介我が国では人口が減少しているなか、さまざまな疾患が増加しています。精神疾患も例外ではなく、2011年に精神疾患を5大疾患とすることを厚生省が発表しました。高齢化社会、T [全文を読む]

地域経済活性化支援機構が再生支援をホスピタル板東等に対し決定

認知症ねっと / 2016年06月10日10時37分

認知症ケア実施施設としての有用性を鑑みて茨城県では全国規模で都道府県別に見た場合、第46位と人口当たりの精神科医師数また精神科病床数共に乏しいのが現状だ。こうした中、清風会及びホスピタル板東は2次救急指定病院でありながら、精神科では対応が難しいとされる内科的合併症を抱える等といった専門的で高レベルな、医療を提供している。この他にも、精神訪問看護や精神グルー [全文を読む]

リハビリ型就労スペース「リハス」活動報告・説明会 石川県・6月19日(木) 開催~ 障がい者の一般就労に向けた支援について ~

@Press / 2014年06月05日09時30分

【プログラム】 (1) リハビリ型就労スペース「リハス」活動報告 ~医療職の視点による就労支援アプローチ~ 発表者:リハビリ型就労スペース「リハス」 作業療法士 藤島 健一 (2) 事例報告:精神科訪問看護から就労へと結びついた一例 ~在宅医療と就労支援の連携~ 発表者:リハビリ型訪問看護ステーション「リハス」 作業療法士 越後 亮介 (3) 利用者の方 [全文を読む]

地域密着で在宅医療サービスを展開するソフィアメディ株式会社が、港区エリアへの訪問看護・リハビリサービス提供のため、新たに白金高輪にて訪問看護ステーションを開設。ステーション数は27か所に拡大。

PR TIMES / 2017年03月17日19時26分

1.訪問看護&訪問リハビリのバランス型(看護師と理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を配置)2.ハイパー型(特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を有する認定看護師が中心/365日24時間稼働)3.精神科特化型(医療保険ベースの精神疾患に対応)4.機能強化型(中重度者への対応が可能な体制をクリア) [全文を読む]

【ジョン・J・レイティ博士来日のお知らせ】 大阪の発達障がいの子供たちと運動療法の開発者のふれあいが実現 2017年6月15日(木)、午後3時15分 @大阪・箕面市坊島

DreamNews / 2017年06月08日09時00分

精神科医として1997年以来、Best Doctor in Americaの一人に選ばれ続けている。氏の活動は、ABC, CBS, NBC, The New York Times, Newsweek, The Washington Post等が取材。参考映像 TEDxManhattanBeach 「Run, Jump, Learn! How Exercis [全文を読む]

11月施行の改正薬事法が追い風となる医療関連の注目株を紹介

NEWSポストセブン / 2014年09月16日07時00分

政府は社会保障費抑制や長期入院解消の観点から、精神科の病床数を削減する目標を立てており、在宅療養や住環境サポートを行なう同社の役割がますます高まるのは必至の情勢だ。 2013年12月期に黒字転換、2014年12月期の業績予想を上方修正するなど業績も好調に推移。参入障壁の高い独自のビジネスモデルを確立していることを考えれば、株価は中長期的に大化けも狙えるだ [全文を読む]

フォーカス