外来 精神科に関するニュース

きょうこころのクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年05月17日14時30分

きょうこころのクリニック(奈良県奈良市、院長:姜 昌勲)は、遠隔診療を導入した外来の受付を5月17日より開始します。遠隔診療のシステムとして、株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀧口 浩平、代表取締役医師:豊田 剛一郎)が運営するオンライン通院システム「CLINICS」を導入しました。きょうこころのクリニック(奈良県奈良市、院長:姜 昌勲、 [全文を読む]

新六本木クリニック、精神科外来に遠隔診療を導入メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用し、Webを通じて予約からオンラインでの診察、薬の配送までを提供

DreamNews / 2016年02月08日17時30分

新六本木クリニック(東京都港区、院長:来田 誠 以下当院)は、遠隔診療を導入した精神科外来の受付を本日より開始いたします。遠隔診療のシステムとして、株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀧口 浩平、代表取締役医師:豊田 剛一郎)が運営するオンライン通院システム「CLINICS」を導入しました。新六本木クリニック(東京都港区、院長:来田 誠 以 [全文を読む]

認知症の診断・治療も対応「こころの医療センター」診療開始【山形】

認知症ねっと / 2015年03月13日09時47分

変化していく精神科医療 -入院から外来へ-60年近く地域の精神科医療を支えてきた山形県立鶴岡病院は、県内唯一の公立精神科単科の基幹病院だが、このたび「こころの医療センター」として新築工事が完成、3月9日より診療を開始した。精神科医療の役割変化に対応していくため、県が総事業費72億円をかけ整備。運営方針には“入院治療主体から外来中心に大きく転換し、悩む人に寄 [全文を読む]

15%がうつ、がん遺族には心の治療が必要だ 苦しむ遺族が訪れる「遺族外来」の実態とは?

東洋経済オンライン / 2017年08月05日10時00分

苦しむがん遺族には心のケアが必要だと、10年前に「遺族外来」を始めたのが、埼玉医大国際医療センターの精神腫瘍科教授、大西秀樹医師だ。いったい、どのような診療が行われているのだろうか。大西医師に聞いた。■家族との死別は人生最大のストレスだ――遺族外来というのは、ストレートな名前です。どのようなきっかけで始めたのですか。苦しむ遺族に来てほしいから、わかりやすい [全文を読む]

夜勤の睡眠不足は、夜勤をやめる以外に解消法がない過酷な現実

まぐまぐニュース! / 2017年07月17日09時00分

しかしこういった夜勤の経験を経て、クリニックの外来勤務に移る人が多い。主に平日、9時から5時までの勤務なので、体力的にも余裕があり、家族といっしょの時間も過ごせる。 年齢とともに体内時計の調節機構も老化し、シフトワークへの柔軟性はなくなっていく。若い人には申し訳ないが、夜勤は若い人を主力とし、労働時間の遵守をしっかりするという わたしも若手の頃は平日も週末 [全文を読む]

もしかして不眠症?眠れない時の病院選び・治療ガイド/何科に行くの?

nemgym(ネムジム) / 2016年10月24日22時00分

目次 • 受診したほうがよい状態って? • さまざまな不眠症のタイプ • 不眠の原因 • 睡眠の専門家がいる「睡眠外来」 • 睡眠外来での治療 • 睡眠薬の種類 • まとめ 受診したほうがよい状態って? photo by John Currie 受診するかどうかの目安 眠れなくて悩んでいるとはいえ、不眠症かどうかは医師でなければ判断できません。では、受診 [全文を読む]

パチンコ依存、万引き癖、婚活疲労…ユニーク「専門外来」の画期的治療

アサ芸プラス / 2016年07月30日09時58分

最近は病院の診療科の名前に「パチンコ外来」「旅行外来」などユニークな専門外来が増えている。それだけ現代の社会が多様化し、人々の病も多様化しているということなのだろう。 先日「3年目の浮気」のヒット曲で知られる「ヒロシ&キーボー」のキーボーがコンビニでアイカラー(1600円相当)を盗んだ疑いで逮捕され、話題になった。万引きは犯罪だが、彼女は認知症の父親の介護 [全文を読む]

福岡県初、なかなみメンタルクリニックが精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS」を採用し Webを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や薬の配送までを提供

DreamNews / 2016年07月20日17時00分

なかなみメンタルクリニックは、遠隔診療を導入した外来の受付を7月20日より開始します。オンライン通院のシステムとして、株式会社メドレーが運営するオンライン通院システム「CLINICS」を導入しました。福岡県ではCLINICS初の導入事例となります。なかなみメンタルクリニック(福岡県北九州市、院長:中並 朋晶、以下「当院」)は、遠隔診療を導入した外来の受付を [全文を読む]

夜尿症外来へ行くべき?4歳ですが夜のおむつが外せません

イクシル / 2015年07月22日11時00分

ネットなどでは、5歳になってもおねしょが治らなければ夜尿症外来へとありますが、5歳まで様子を見た方がいいのでしょうか。また、おねしょを治すよい方法はありますか。(30代、女性) 』 しばらく様子を見てもよいでしょう 幼児期のおねしょは問題ないため、小学校入学までは様子を見てもよいそうです。おねしょの原因についても教えてくれました。 『一般的には6~7歳にな [全文を読む]

うつ症状持つ女性が23区で1つずつ受診した経験を綴った本

NEWSポストセブン / 2013年11月12日16時00分

【書評】『行ってもイイ精神科、ダメな精神科 東京23区精神科潜入記』ひろ新子著/バジリコ/1575円 【評者】香山リカ(精神科医) 患者を装ったジャーナリストによる精神医療の潜入ルポといえばなんといっても大熊一夫氏の『ルポ・精神病棟』が有名だが、同書が入院版だとすると本書は外来版。また、舞台女優でもある本書の著者は、実際にうつ症状を持つという点も、ちょっと [全文を読む]

【医師解説】不眠症対策の悩みを解消!病院の選び方から睡眠薬まで <日本睡眠学会認定医 佐藤幹先生>

nemgym(ネムジム) / 2017年04月14日03時32分

【佐藤 幹(さとう みき)先生】 新橋スリープ・メンタルクリニック院長 東京慈恵会医科大学付属病院本院精神神経科外来非常勤勤務 睡眠障害を中心に精神科領域全般における診療を行なう。睡眠学を専門とし、過眠症(ナルコレプシー等)、不眠症、睡眠時無呼吸症候群、時差ぼけなどの研究を行う。特に不眠症に関しては認知行動療法を取り入れた治療法を研究 精神保健指定医、日 [全文を読む]

「『Welbyマイカルテ』の食事管理機能を使うことで、診療がより具体的になる」 【ブレインケアクリニック 院長 今野裕之 氏】

Welby Media / 2016年08月16日12時33分

精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医、日本抗加齢医学会専門医、 博士(医学)、医療法人幸和会 美咲クリニック顧問 ブレインケアクリニック ~日本初脳とこころの不調を改善し 豊かなエイジングと認知症発症予防を目指す新しいカタチのクリニック~ TEL:03‒3351‒3386 URL:http://brain-care.jp/ ■診療内容 ・ブレイン [全文を読む]

「産後うつ」が行政にも医療現場にも見過ごされてきた理由

文春オンライン / 2017年09月24日07時00分

もちろん産後1カ月の健診はあるが、それまでに出血や子どもの異変などよほどのことがなければ母親が医療機関に関わることはない(母乳外来などは増えてきたが)。 退院後には、生後28日以内に自治体の助産師や保健師が訪れる「新生児訪問指導」、生後4カ月までを対象に保健師などが訪問する「こんにちは赤ちゃん事業」がある。こんにちは赤ちゃん事業は母親サポートが目的で、産後 [全文を読む]

ストレスとうつのお話。心が壊れるその前に

おたくま経済新聞 / 2017年08月21日21時00分

病棟や外来で看護師をしてきた経験から、合わない医師に最初から当たりたくないという防衛反応が出てしまっていました。 幾つか候補を絞って、初診が自分の都合と合うクリニックを探して電話で問い合わせるもどこも2~3ヶ月待ち。評判がいいクリニックほど初診にかかれるまでの待ちが長いのです。 それでも待った甲斐があり、最初にかかったクリニックの主治医とも相性が良かったお [全文を読む]

中国 全国民の17.5%、2.3億人が心の病に。深刻な「精神科医」不足

ZUU online / 2017年06月19日06時10分

また同院は山東省(人口9847万人)で唯一の心理治療外来を持つ公立病院である。精神科医師は8名いるが、どの医師に対する診療予約も早くて2カ月後だ。こうした状況に鑑み、国家資格の心理カウンセラー職にスポットが当たっている。先日実施された2017年上半期全国(省)新職業統一検定テストでは、心理カウンセラー職が最も人気のある職種に返り咲いた。心理カウンセラー資格 [全文を読む]

精神科医に聞いた…「性格と心の病気の境界線」はどう引くの?

BizLady / 2016年12月16日21時00分

私が普段の外来の中でも気をつけている3つのポイントがあります。一つ目は、“無快楽症”という症状です。これはつまり、“何をやっても楽しくない”という状態に陥っていることを指します。二つ目は、“落ち込む時間帯”です。朝の落ち込みが一番ひどく、昼から夜になるにつれてだんだんと調子がよくなってくるというのも、重要なポイントですね。そして三つ目は、“身体的な症状”。 [全文を読む]

アマラクリニック表参道、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年09月15日17時00分

アマラクリニック表参道は、遠隔診療を導入した外来の受付を9月15日より開始します。オンライン通院のシステムとして、株式会社メドレー(が運営するオンライン通院システム「CLINICS」を導入しました。アマラクリニック表参道(東京都港区、院長:松薗りえこ、以下「当院」)は、遠隔診療を導入した外来の受付を9月15日より開始します。オンライン通院のシステムとして、 [全文を読む]

日本で認知度が低い?小林麻央も訴えるセカンドオピニオンの重要性

しらべぇ / 2016年09月15日09時30分

セカンドオピニオン外来には来ないで、けっこう飛び込みで来る人が多いですから。あとは、普通に紹介してもらって来るとか。僕自身も患者側として、過去に『近くの病院で手術したいから』とか『ここの病院で親族がナースをしているから』とかいって、セカンドオピニオンを受けたことがあります。その場合はカウントとしてはセカンドオピニオンとならないのですが、そういう人はかなり多 [全文を読む]

ブレインケアクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年09月14日16時00分

ブレインケアクリニックは、遠隔診療を導入した外来の受付を9月14日より開始します。オンライン通院のシステムとして、株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀧口 浩平、代表取締役医師:豊田 剛一郎)が運営するオンライン通院システム「CLINICS」を導入しました。ブレインケアクリニック(東京都新宿区、院長:今野 裕之、以下「当院」)は、遠隔診療を [全文を読む]

二子玉川心のクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS」を採用し Webを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や薬・処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年08月31日17時00分

二子玉川心のクリニックは、遠隔診療を導入した外来の受付を8月31日より開始します。オンライン通院のシステムとして、株式会社メドレーが運営するオンライン通院システム「CLINICS」を導入しました。二子玉川心のクリニック(東京都世田谷区、院長:工藤 浩三、以下「当院」)は、遠隔診療を導入した外来の受付を8月31日より開始します。オンライン通院のシステムとして [全文を読む]

フォーカス