医療 精神科に関するニュース

聖マリアンナ医科大学の精神科医が「精神保健指定医」資格を不正取得

メディアゴン / 2015年04月16日07時40分

(中略)暫時神経精神科の受診を希望される患者さんにつきましては、できるだけ他の精神科医療機関への受診をお願い申し上げます。 平成27年4月 病 院 長 神経精神科部長神経精神科、常勤医師の減少は次のような理由であると考えられる。報道によれば、川崎市にある聖マリアンナ医科大学病院で、少なくとも9人の医師が、重い精神障害がある患者の強制的な入院が必要かどうかな [全文を読む]

きょうこころのクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年05月17日14時30分

この通達を受け、医療界ではインターネットを活用した新たな医療の可能性に関心が高まっています。■姜 昌勲院長のメッセージこれまで多くの患者さんと向き合ってきましたが、心の不調を感じながら通院に踏み出せなかったり、多忙から通院を止めてしまったりということが原因で症状が長引いている方は少なくありません。早期の治療開始は早期の治療回復につながります。しかしせっかく [全文を読む]

決定版!「頼れる病院、危ない病院」

プレジデントオンライン / 2017年05月20日11時15分

2013年、医療事故が過去最多の3049件に達した(日本医療機能評価機構 発表)。14年には、厚生労働省による診療報酬点数の改定、日本人間ドック学会による判定基準改訂の中間報告などが相次いだ。自分の老後はどうなるのか、医者や基準値、薬を信じてもいいのか。 ■人間の尊厳を奪う患者不在の医療 ――医療過誤や、製薬会社との癒着による不正が相次ぐ。医療現場での経験 [全文を読む]

新六本木クリニック、精神科外来に遠隔診療を導入メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用し、Webを通じて予約からオンラインでの診察、薬の配送までを提供

DreamNews / 2016年02月08日17時30分

■新六本木クリニックについて 医療機関名: 新六本木クリニック 所在地: 東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル6階E号 院長: 来田 誠 開設年月日: 2016年1月1日 診療科: 精神科、心療内科、内科 診察時間: 月水金 10:00-14:00、16:00-20:00 火木 10:00-14:00 (土日祝休診) ※今後、随時延長予定 病床: [全文を読む]

認知症の診断・治療も対応「こころの医療センター」診療開始【山形】

認知症ねっと / 2015年03月13日09時47分

変化していく精神科医療 -入院から外来へ-60年近く地域の精神科医療を支えてきた山形県立鶴岡病院は、県内唯一の公立精神科単科の基幹病院だが、このたび「こころの医療センター」として新築工事が完成、3月9日より診療を開始した。精神科医療の役割変化に対応していくため、県が総事業費72億円をかけ整備。運営方針には“入院治療主体から外来中心に大きく転換し、悩む人に寄 [全文を読む]

認知症など精神疾患を抱える患者らの支えに 精神科業界ポータルサイト『サイキュレ』

認知症ねっと / 2015年03月10日17時00分

精神科医療に従事する人に向けたサイトとなり、業界ニュースの共有、グループでの意見交換、各種Q&Aなど、活発な情報交換がおこなえる場を提供していく。現在、利用は全て無料。「入院医療中心から地域生活中心へ」2004年9月に、精神保健福祉対策本部がまとめた「精神保健医療福祉の改革ビジョン」において、「入院医療中心から地域生活中心へ」という施策の基本的な方針がしめ [全文を読む]

メドピア、9/2(土)に「MedPeer Healthtech Academy chapter4」を開催~「遠隔医療」の”今”をつかみ”未来”をつくる<第2弾>~

PR TIMES / 2017年08月07日11時43分

昨年8月の開催から1年、現場で見えてきた課題と期待を医師たちと共に語り合うメドピア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:石見 陽)は、国内ヘルステック業界におけるイノベーションの促進を目的としたビジネスコミュニティ「MedPeer Healthtech Academy chapter4」(https://medpeer.co.jp/healtht [全文を読む]

夜勤の睡眠不足は、夜勤をやめる以外に解消法がない過酷な現実

まぐまぐニュース! / 2017年07月17日09時00分

一般書やブログ、SNSには書きづらい精神科医療とメンタルヘルスの裏の実情を紹介します。医学研究や医学部教育の問題点にも切り込みます。?著者プロフィール: 精神科医、早稲田大学准教授。東京医科歯科大学卒業。自治医科大学講師、ハーバード大学、スタンフォード大学の客員研究員などを経て、早稲田大学スポーツ科学学術院准教授。精神科専門医、睡眠医療認定医など。専門は睡 [全文を読む]

<堺雅人は日野倫太郎をどう演じるのか>「Dr.倫太郎」が描くのは日本に30人しかいない絶滅危惧種となった精神分析家

メディアゴン / 2015年04月17日09時37分

日本では精神分析に保険はきかない。これは、医療と認めていないと言うことである。現在、日本には精神分析を生業、つまり精神分析を患者に施して生活費すべてを稼いでいる人は30人ほどだと言われている。むしろ本を書きコメンテーターをやっているという人も目立つ。「倫太郎」もまた、テレビでコメンテーターをやる有名人という設定である。精神分析はアメリカの富裕層をクライエン [全文を読む]

オリノス、精神科業界ポータルサイト『サイキュレ』を2月17日にリリース

@Press / 2015年02月17日10時00分

サイキュレ: http://psycure.jp/ ■『サイキュレ』について 2004年9月に精神保健福祉対策本部が取りまとめた「精神保健医療福祉の改革ビジョン」において「入院医療中心から地域生活中心へ」という精神保健医療福祉施策の基本的な方策が示されました。 また、同ビジョンにおいて受入条件が整えば退院可能な精神障害者については、精神病床の機能分化・地 [全文を読む]

テレビ電話での遠隔地診で小児救急を8割減らせるか?[医療トリビアpart.5]

Forbes JAPAN / 2016年10月21日08時30分

長寿を誇る日本だが、一方で3分診療、介護難民、破綻寸前の医療財政など課題は山積み。誰もが長い人生を健康で送るために、進行中のプロジェクトを紹介する。Part.5は、遠隔医療相談の話。例えば夜中に子供が高熱を出したとする。発熱はよくあることだが、今日はいつもよりも熱が高い。ぐったりしているのも不安だ。いますぐ救急病院に駆け込むべきか、朝まで様子を見るかー。そ [全文を読む]

ブレインケアクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年09月14日16時00分

■遠隔診療導入の背景どんな医療でも継続することが重要ですが、遠方に住んでいたり多忙であったりと、様々な事情で通院できない方も多くいらっしゃいます。こうした課題意識を持つなか、2015年8月10日の厚生労働省の遠隔診療通達を受け(※)、患者さんの通院負担を減らし、気軽に通院してもらう環境を作るために、PCやスマートフォンを活用した遠隔診療の導入を決めました。 [全文を読む]

九段下駅前ココクリニックが生活習慣病外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS」を採用し Webを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年07月20日17時00分

独立行政法人国立病院機構東京医療センターにて初期臨床研修、心血管イベントの予防をライフワークにしようと決心し、同院循環器科後期研修を経て、日本医科大学老人病研究所(現、先端医療研究所)で動脈硬化、内分泌・代謝の基礎研究に従事し、同大学院加齢科学系生体機能制御学分野修了。市中病院での臨床を経て九段下駅前ココクリニックに参画。 (資格)日本内科学会認定内科医、 [全文を読む]

【矢野経済研究所マーケットレポート】「2017年版医療情報システム(EMR・EHR)市場の将来展望」を発刊いたしました

DreamNews / 2017年09月21日09時30分

株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区)では、下記の要領にて「2017年版医療情報システム(EMR・EHR)市場の将来展望」を発刊いたしました。医療情報システム(EMR・EHR)市場は、電子カルテを中核に2,600億円を超える市場を形成しており、今後も地域医療連携・地域包括ケアにおいて医療情報の電子化が重要視されるだけでなく、病院内においてもチーム医療 [全文を読む]

【シゴトを知ろう】精神保健福祉士(精神医学ソーシャルワーカー) ~番外編~

進路のミカタ / 2017年06月23日12時02分

その働き方や仕事の範囲はさまざまで、大きく分けると医療の領域で働く人と福祉の領域で働く人に分かれるそうです。在宅療養支援診療所に勤める精神保健福祉士の金子充さんに、日本が参考にしたい諸外国の取り組みなどについてお話しを伺いました。■業界を発展させるには柔軟な考えを持つことも大事――ソーシャルワーカーはいくつかの領域に分かれるようですが、どのような違いがある [全文を読む]

児童虐待の背景に「育児資源の不足」がある 家族の機能をもっと社会で担う必要がある

東洋経済オンライン / 2017年06月19日08時00分

また、医療ケアをしていくときに、まずは「来てくださってありがとうございます」というところから始めます。紫原:ありがとうございます、ですか?小澤:はい。児童精神科まで来るプロセスって誰にとっても大変なことですからね。医療に来てくれたお母さん、お子さんの力があったからこそ、ここから一緒にできることがあるんですよね。それに、私は確かに心の専門家ですが、その子ども [全文を読む]

gii.co.jp 「医療用ベッドの世界市場の予測 ~2022年:目的 (急性期治療・長期治療・精神科・産科)・用途・タイプ・エンドユーザー別」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2017年05月18日15時00分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「医療用ベッドの世界市場の予測 ~2022年:目的 (急性期治療・長期治療・精神科・産科)・用途・タイプ・エンドユーザー別」 (MarketsandMarkets発行) の販売を5月18日より開始いたしました。2017年05月18日 株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「医療用ベッ [全文を読む]

認知機能を遠隔で診断できる可能性~慶大の研究

認知症ねっと / 2016年12月14日12時00分

高精細で遅延の少ないビデオ会議システムを使い臨床試験 慶應義塾大学(以下、慶大)は11月30日、慶大医学部の研究グループが、認知症等の精神科領域における遠隔医療について、診断と治療の両方で有用性があることを、臨床研究としては国内で初めて実証しました。 このうち、「高齢者に対するビデオ会議システムを用いた改訂長谷川式簡易知能評価スケールの信頼性試験」では、認 [全文を読む]

アマラクリニック表参道、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年09月15日17時00分

この通達を受け、医療界ではインターネットを活用した新たな医療の可能性に関心が高まっています。■院長メッセージ 私は精神科医として、20年以上、3万人を超える患者さんと接してきました。また薬を使わない「あるがままメソッド」を広めるための講演会を全国で開催しております。全国でさまざまな疾患を持つ患者さんやご家族と接するなかで、「遠方の方たちに通院の負担がなく、 [全文を読む]

二子玉川心のクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS」を採用し Webを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や薬・処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年08月31日17時00分

1980年、医療法人昭友会を設立し、二子玉川クリニックを開設。1996年、二子メンタルクリニックを開設。2009年、医療法人昭友会 理事長を退任。二子玉川クリニック(2014年に二子玉川心のクリニックに改名)・二子メンタルクリニックを切り離し、医療法人昭星会を設立し、外来診療に専念する。(所属団体・資格など)精神保健指定医、精神衛生鑑定医、日本精神神経学会 [全文を読む]

フォーカス