精神医学 精神科に関するニュース

アメリカ精神医学会「大統領の精神分析的な発言をみだらにしないで」アメリカ精神分析学会「...それなんだけど」

GIZMODO / 2017年08月06日18時00分

...発言するほうが倫理的なんじゃ……? アメリカ精神医学会が準拠しているルールに「ゴールドウォーター・ルール」というものがあります。 アメリカ精神医学会の倫理規約セクション7.3は、公的な人物について正式な検査を行わないで(精神医学的な)発言を公にすることを戒めています。精神医学が、科学的で信頼のおける職業であるという社会の認知を守ることが学会の目的意識 [全文を読む]

ドラマ「Dr.倫太郎」の原案小説「セラピューティック・ラブ」は堺雅人を想定して書かれた小説?

メディアゴン / 2015年04月24日09時41分

この著者は医師であるから京都府立医科大学か京都大学で精神医学を学んだと思われるが、精神分析に進むにはそれだけではなにも学べず、米国か英国に留学することになる。小説の倫太郎もアメリカに留学しており、カウンセリング技法の精神分析に自信を持っている。精神分析は脳科学などと違ってクライエント(患者、顧客)の心に寄り添う効果的な治療法であるという主張である。ところが [全文を読む]

きょうこころのクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年05月17日14時30分

奈良県立医科大学精神医学講座 助手、同大付属病院精神科病棟医長を経て、2005年2月より、きょうこころのクリニック開設。 (資格) 医学博士、日本精神神経学会認定 精神科専門医、精神保健指定医 臨床心理士、日本医師会認定 産業医 (所属学会) 日本精神神経学会、日本児童青年精神医学会、日本小児精神神経学会、日本臨床心理士会 ■株式会社メドレーについて メド [全文を読む]

「性格に難アリ」な人が気にすべきパーソナリティ障害の兆候

オールアバウト / 2017年10月08日12時35分

性格に難があるということは、精神医学的には「パーソナリティ障害」の可能性も考えたいところです。そこで、パーソナリティ障害の可能性が考えられうる性格や、パーソナリティ障害にはなぜ精神科的治療が望ましいのかなどを詳しく解説します。性格とは、その人の日常に現われている特徴的なパターン物事の認知、感情の表出、対人関係上の機能、そして衝動性のコントロールといったこと [全文を読む]

【シゴトを知ろう】精神保健福祉士(精神医学ソーシャルワーカー) ~番外編~

進路のミカタ / 2017年06月23日12時02分

精神保健福祉士(精神医学ソーシャルワーカー)は、精神障害のある方がより良い生活を送れるようサポートする仕事です。その働き方や仕事の範囲はさまざまで、大きく分けると医療の領域で働く人と福祉の領域で働く人に分かれるそうです。在宅療養支援診療所に勤める精神保健福祉士の金子充さんに、日本が参考にしたい諸外国の取り組みなどについてお話しを伺いました。■業界を発展させ [全文を読む]

【シゴトを知ろう】精神保健福祉士(精神医学ソーシャルワーカー) 編

進路のミカタ / 2017年06月23日12時02分

精神保健福祉士は、精神障害のある方やその家族が適切な医療・福祉サービスを受けたり、社会参加ができるようにサポートしていくことを仕事としています。もともとは精神科ソーシャルワーカーと呼ばれていた歴史のある職業ですが、1997年に「精神保健福祉士」という国家資格になりました。その業務範囲は職場などによってもさまざまですが、今回は在宅療養支援診療所に勤める精神保 [全文を読む]

ホロコースト犠牲者を想起する国際デーを記念して啓発イベントを開催します

DreamNews / 2015年12月28日09時00分

国連によって定められた、ホロコーストの犠牲者を想起する国際デー(国際ホロコースト記念日)を記念して、1月31日(日)に、新宿にて、特定非営利活動法人イマジンは市民の人権擁護の会と提携して、ホロコーストの実像に迫る映像の紹介や展示パネルの紹介を行います ドイツの精神医学会がその歴史に向き合い、2010年に犠牲者を追悼する集会を開き、その過去を公式に謝罪したこ [全文を読む]

キンドル電子書籍『頑張らなければ、病気は治る(あさ出版電子書籍)』著者樺沢紫苑が2月24日にリリース医者、病院、薬、治療法を変えずに、考え方を切り替えるだけで病気が治る

DreamNews / 2015年03月19日18時00分

札幌医大神経精神医学講座に入局。 大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務する。 2004年から米国シカゴのイリノイ大学に3年間留学。うつ病、自殺についての研究に従事。 帰国後、東京にて樺沢心理学研究所を設立。 精神医学の知識、情報の普及によるメンタル疾患の予防を目的に、フェイスブック14万人、メールマガジン15万人、ツイッター12万人、 [全文を読む]

病院:2割で自殺発生、半数ががん患者

毎日新聞 / 2017年09月05日08時00分

調査や提言作成にかかわった河西千秋・札幌医科大主任教授(精神医学)は「一般病院でも相当数の自殺が起こっている。特にがん患者はさまざまな診療科で診ており、自殺予防対策はすべての診療科にかかわる問題だ」と話している。【下桐実雅子】 [全文を読む]

ハイテク企業が"運動と瞑想"に夢中な理由

プレジデントオンライン / 2017年06月28日08時45分

---------- ジョン・レイティ博士 (John J. Ratey, MD) ハーバード大学医学大学院臨床精神医学准教授。神経精神医学の世界的な専門家。ADHDを初めて分かりやすく説明した『へんてこな贈り物』(インターメディカル)をエドワード・ハロウェル医師と共著で発表したほか、著書・論文多数。ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない! 』(NHK [全文を読む]

「マンガでわかる心療内科」精神科医ゆうきゆう提唱の不眠解消法とは?

Fuminners / 2017年04月10日17時00分

そんな葛藤の中、マンガという表現方法なら、精神医学という未知の世界であってもわかりやすく伝えることができるし、何より気軽にその世界のドアを開いてもらえるはずだと考えました」(ゆうき先生) ゆうき先生は、精神医学にまつわる書籍を参考に、起床後や勤務中に空き時間を見つけてマンガ原作の執筆をしています。マンガでは「依存症」や「窃触障害」など、あらゆる病気を取り扱 [全文を読む]

福岡県初、なかなみメンタルクリニックが精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS」を採用し Webを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や薬の配送までを提供

DreamNews / 2016年07月20日17時00分

(資格)精神保健指定医、精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医(所属団体)日本精神神経医学会、日本児童青年期精神医学会、日本自閉症スペクトラム学会、日本トラウマティックストレス学会、日本EMDR学会、日本社会精神医学会※参考:厚生労働省による遠隔診療通達について2015年8月10日、遠隔地にいる医師と患者を情報通信機器でつないで行う診療、いわゆる「遠隔 [全文を読む]

リアリティがケタ違い!“その道の専門家“が描いた話題のマンガ3選

おたぽる / 2015年01月02日20時00分

豊富な事例を挙げながら療がテーマについて精神医学の見地から解説し、あすなが執拗にボケ&セクハラを仕掛けるのがお約束だ。専門家が手がけるだけあって内容は非常に詳しく「EDの患者には"普段の興奮材料のほとんどが二次元のイラストである"人が目立つ」「アメリカの診断基準では"13歳以下の少女にキスしてもらう"こともペドフィリアに該当しない」など、オタク的に少なから [全文を読む]

統合失調症の母と認知症の父の教え 『ひよっこ』医療監修者の“哲学”

文春オンライン / 2017年10月21日11時00分

認知症になった親父から教えてもらったこと ――最近になって、発達障害、認知症といった脳科学、精神医学に関連するものに関心が集まっていますが、糸川さんはこの流れをどのように感じていますか? 糸川 発現するメカニズムが解明されてきていることも大きいでしょうが、認知症について言えば、高齢者がこれだけ増えた時代ですから、多くの人が関心を持つのは自然だと思います。 [全文を読む]

悩めるあなたを救う"グッド&ニュー"思考

プレジデントオンライン / 2017年10月18日09時15分

専門分野は、精神医学、発達障がい全般のほか、がん、代替医療。著書に『アスペルガー症候群の「そうだったんだ!」が分かる本』『アスペルガー症候群 家族の上手な暮らし方入門』(宝島社)などがある。 ---------- (精神科医/ハタイクリニック院長/精神保健指定医/金沢大学薬学部非常勤講師 西脇 俊二) [全文を読む]

子どもに伝わる「しかり方」8つの具体例

プレジデントオンライン / 2017年10月17日15時15分

専門分野は、精神医学、発達障がい全般のほか、がん、代替医療。著書に『アスペルガー症候群の「そうだったんだ!」が分かる本』『アスペルガー症候群 家族の上手な暮らし方入門』(宝島社)などがある。 ---------- (精神科医/ハタイクリニック院長/精神保健指定医/金沢大学薬学部非常勤講師 西脇 俊二) [全文を読む]

蜂の巣や蓮が怖い!? 「ブツブツ恐怖症」とは

オールアバウト / 2017年09月26日20時45分

精神医学の大家であるフロイトが、馬に強い恐怖を感じる少年の精神分析をした際に、その年代特有のエディプス・コンプレックスと関連して説明された、というものです。その内容はごく簡単に言うと「少年が本来恐れる対象は実は父親だったが、現実的には父親を恐れることができないので、代わりに(自覚なく)馬を恐れるようになった」といったもので、その少年の恐怖症に関しては精神医 [全文を読む]

近大高専 第4回市民公開講座 「こころの不調~その気づきとストレスマネジメント~」

News2u.net / 2017年08月30日14時00分

資 格:日本精神神経学会専門医・指導医(精神科専門医)、 日本臨床精神神経薬理学会専門医・指導医、 日本老年精神医学会専門医・指導医、精神保健指定医 所属学会 :日本うつ病学会(理事)、日本自殺予防学会(理事) 日本臨床精神神経薬理学会(理事)、日本精神科診断学会(理事) 日本生物学的精神医学会(理事)、日本うつ病センター(理事) 日本総合病院精神医学[全文を読む]

子どもの「精神障害」はかなり誤解されている 児童精神科医・滝川一廣さんが語る「歴史」

東洋経済オンライン / 2017年07月03日08時00分

児童精神科医の滝川一廣さんが3月に出した『子どものための精神医学』が話題だ。帯に“素手で読める児童精神医学の「基本書」”とあるが、編集を担当した医学書院の白石正明さんによると、親のほか、養護教員や学童保育指導員などが手に取っている。40年を超える臨床経験と、この間、大きく研究が進んだ児童精神医学を踏まえて、平易な言葉で、子どもの発達とはなにかを「根本から説 [全文を読む]

GW明けの“出社拒否“が危ない! 注意したい うつ病とは違う「五月病」

ヘルスプレス / 2015年04月23日20時34分

しかし、正式な医学用語ではなく、精神医学的には適応障害と診断されるケースが多い」 「時間が経てば症状も改善されるものだが、症状が重い適応障害はうつ病との識別が難しいこともある。症状が重く、長引く場合は専門医の受診を勧める」 知っておきたい専門科の診療内容 多くの病気でいえることだが、早期に適切な治療を受けることが回復への早道だ。では、受診するタイミングはい [全文を読む]

フォーカス