精神科 精神神経科に関するニュース

休みでも仕事のことばかり考える…ストレス社会の「あるある」で学ぶ、余裕がないときの心の整え方

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月15日11時00分

精神科医でもある禅僧が「マインドフルネス」で健やかな心の作り方を伝授する、『「あるある」で学ぶ 余裕がないときの心の整え方』が2016年10月14日(金)に発売された。 マインドフルネスとは、欧米を中心に注目を浴びている、禅をルーツとした心理療法のこと。シリコンバレーの企業などが導入したことで広くメディアに取り上げられ、2015年から世界中で流行している。 [全文を読む]

福岡県初、なかなみメンタルクリニックが精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS」を採用し Webを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や薬の配送までを提供

DreamNews / 2016年07月20日17時00分

九州大学付属病院、肥前医療センター精神科、園田病院精神科、九州大学付属病院精神神経科、八幡厚生病院、北九州市精神保健福祉センターなどを経て、2008年になかなみメンタルクリニックを開設。門司特別支援学校専門医、北九州中央高等学園専門医などを務める。(資格)精神保健指定医、精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医(所属団体)日本精神神経医学会、日本児童青年 [全文を読む]

決定版!「頼れる病院、危ない病院」

プレジデントオンライン / 2017年05月20日11時15分

これまで私は精神科医として多くの高齢者を見てきましたが、少しでも認知症の兆候があると入院させ、投薬で治療するという医療には疑問があります。地域的なつながりが強く、多少の認知症でも閉じ込めたりしないような地域では、認知症の進行が遅い。もっとおおらかで高齢者が大切にされる環境をつくらなければいけません。 【近藤】高血圧の最高血圧は長い間、160mmHgが基準 [全文を読む]

【医師解説】不眠症対策の悩みを解消!病院の選び方から睡眠薬まで <日本睡眠学会認定医 佐藤幹先生>

nemgym(ネムジム) / 2017年04月14日03時32分

日本睡眠学会認定医として、精神科領域の病気や睡眠障害を幅広く専門的に診断・治療している新橋スリープ・メンタルクリニック院長の佐藤幹先生に、不眠症の診断や治療についてお話をうかがいました。 【佐藤 幹(さとう みき)先生】 新橋スリープ・メンタルクリニック院長 東京慈恵会医科大学付属病院本院精神神経科外来非常勤勤務 睡眠障害を中心に精神科領域全般における診療 [全文を読む]

冬うつ 精神科、神経内科、精神神経科、心療内科どれを選ぶか

NEWSポストセブン / 2014年01月28日07時00分

精神科、神経内科、精神神経科、心療内科など似た名称が複数あるが、どれを選べばいいのだろう? パークサイド日比谷クリニックの立川秀樹院長によると、精神神経科と精神科は同じ科で、診察内容も同じととらえて問題ないという。 心療内科は内科の一種で、ストレス性潰瘍などの精神的ストレスが関係する病気を診る科だ。厳密にいうとうつ患者向きではないが、実際は精神科医が同科を [全文を読む]

ギャンブル依存症対策議連が発足―地域の実情に合わせた対策を

政治山 / 2017年03月27日18時00分

精神科臨床におけるギャンブル障がい対応の基本的な考え方として、身体的問題(低血圧、睡眠時無呼吸症候群、更年期障害など)の除外、心理社会的不安要素(職場、家族、借金)の軽減をおこなった上で、精神科治療に移ります。精神科治療では、ギャンブルの問題を軽減するための代替案の提示を行います。 自己肯定感を保つストレスマネジメントが重要 また、心理検査 WAIS-I [全文を読む]

二子玉川心のクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS」を採用し Webを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や薬・処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年08月31日17時00分

私は現在75歳で、精神科医として48年間たくさんの患者さまと接してきました。今までの経験を生かし、親身に相談に乗れると思っています。これまでクリニックに行くことをためらっていた方も、是非一度オンラインでの通院をお試しください。院長プロフィール 1972年、昭和大学医学部大学院修了。1977年、埼玉森林病院を開設。1980年、医療法人昭友会を設立し、二子玉 [全文を読む]

がん治療における漢方薬の役割を学ぶ「東洋医学健康セミナー」を開催!

PR TIMES / 2016年07月11日18時17分

概要開催日時:平成28年7月23日(土)13:30~16:00開催場所:千葉大学柏の葉キャンパス 環境健康フィールド科学センター「シーズホール」内 容:講演1「がん治療における漢方薬の役割」岡本英輝(千葉大学病院和漢診療科・特任講師・医師) 講演2「意外と身近な薬用植物」 池上文夫(千葉大学環境健康フィールド科学センター・特任研究員・薬剤師)参加費 :無料 [全文を読む]

ZOID(ゾイド)にリクルート出身者初の産業医、尾林氏が参画/Super Medical/Mental Officer として社員の健康問題を未然に防ぐ

DreamNews / 2014年09月08日10時30分

2011年、医師免許取得後、現存する精神科病院としては最古の歴史(1872年開設)を有する東京都立松沢病院に初期臨床研修医として入職、身体合併症/スーパー救急を含む精神科の基礎を学ぶ。在職中、東京都立墨東病院(主に内科領域)、東京都立広尾病院(主に救急領域)にて研鑽を積み、ICLS/日本医師会認定産業医を取得。2013年、東京大学医学部附属病院 精神神経科 [全文を読む]

【医師解説】うつ病と不眠症の原因・対策・改善 <日本睡眠学会認定医 佐藤幹先生>

nemgym(ネムジム) / 2017年04月15日17時33分

精神科領域の病気や睡眠障害を幅広く専門的に診断・治療している新橋スリープ・メンタルクリニック院長の佐藤幹先生に、ストレスとうつ病、不眠症の関係、特に職場のメンタルヘルスと不眠の問題についてお話をうかがいました。 【佐藤 幹(さとう みき)先生】 新橋スリープ・メンタルクリニック院長 東京慈恵会医科大学付属病院本院精神神経科外来非常勤勤務 睡眠障害を中心に精 [全文を読む]

教育格差が拡大、メンタルヘルスにも悪影響…従来型の「受験学力」を否定する2020年度入試改革は危険!

週プレNEWS / 2017年03月30日10時00分

一見、良いことのように思えるが、多くの受験関連書を出版してきた精神科医の和田秀樹氏は、新刊『受験学力』(集英社新書)の中で、この改革は多くの危険を孕(はら)んでいると警鐘を鳴らす。どういうことか? *** ─2014年12月、中央教育審議会から「新しい時代にふさわしい高大接続の実施に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について」という [全文を読む]

米在住の精神科医が語る「エリートが実践する最高の休息法」

Forbes JAPAN / 2017年03月20日12時00分

17万部のベストセラー「世界のエリートがやっている最高の休息法」の著者で、アメリカ在住の精神科医の久賀谷亮氏に聞いた。私は本の中で「マインドフルネスは脳の休息法の総称」としていますが、世界中でマインドフルネスがブームとなっているのは、休みたくても休めない状態が続いているからでしょう。携帯文化も影響していると思います。実際、脳を休めようと、意識的にぼんやりし [全文を読む]

◆2015年10月27日(火)付けで、34,000DL突破!!◆iPhone,iPad電子書籍アプリ『心の習慣ひとつでお金が集まる人になる』大好評配信中!!

DreamNews / 2015年10月27日12時00分

東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在は精神科医。国際医療福祉大学教授。ヒデキ・ワダ・インスティテュート代表。一橋大学講師。川崎幸病院精神科顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)―――――――――――――――――――――― 発行所:株式会社新講社※この電子書籍アプリは「心 [全文を読む]

◆2015年2月9日(月)付けで、3.3万DL突破!!◆iPhone,iPad電子書籍アプリ『心の習慣ひとつでお金が集まる人になる』大好評配信中!!

DreamNews / 2015年02月09日12時00分

東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在は精神科医。国際医療福祉大学教授。ヒデキ・ワダ・インスティテュート代表。一橋大学講師。川崎幸病院精神科顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)―――――――――――――――――――――― 発行所:株式会社新講社※この電子書籍アプリは「心 [全文を読む]

◆2014年10月2日(木)付けで、3.2万DL突破!!◆iPhone,iPad電子書籍アプリ『心の習慣ひとつでお金が集まる人になる』大好評配信中!!

DreamNews / 2014年10月02日09時00分

東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、現在は精神科医。国際医療福祉大学教授。ヒデキ・ワダ・インスティテュート代表。一橋大学講師。川崎幸病院精神科顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)―――――――――――――――――――――― 発行所:株式会社新講社※この電子書籍アプリは「心 [全文を読む]

大江健三郎氏 長編執筆から4年…「神経症療法」病院通いの今

WEB女性自身 / 2017年08月10日06時00分

森田療法とは、19年に精神科医・森田正馬氏(享年64)が確立した神経症に対する精神療法。対人恐怖や広場恐怖などの恐怖症、強迫神経症、不安神経症、心気症などが主な治療対象。近年では慢性化するうつ病や、がん患者のメンタルケアなどでも用いられるという。 本誌が目撃したこの日、約1時間後に施設から出てきた大江氏たちは会計窓口へ。同伴女性が対応している間、大江氏は [全文を読む]

体臭を放置するとキケン?ストレスがもたらす弊害とは

Fuminners / 2017年06月22日20時22分

精神科・心療内科:井上智介先生)前述したストレス要因となる「ストレッサー」が身の回りにないにもかかわらず、日中の眠気に悩んでいる場合は、睡眠の病気の可能性があります。不安な場合は、早めに専門医を受診しましょう。 ●寝ても寝ても眠いのはストレスのせい?日中の眠気撃退法ストレスと体臭ストレスを抱え続けていると、思わぬところにも弊害が出てしまいます。それは「体 [全文を読む]

ギャンブル依存症対策に向け、超党派の地方議員連盟設立

政治山 / 2017年02月24日11時50分

次回は、3月14日(火)18:30より横浜に精神科医の佐藤拓氏をお招きして研修会を実施します。ご興味ありましたら、お知らせください。 <佐藤拓氏プロフィール> 成瀬メンタルクリニック院長。1972年生まれ。川崎医科大学卒。2001年に北里大学精神神経科に入局。同大学院修了後、2006年に厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部精神・障害保健課、2007年に横浜 [全文を読む]

何もしないのに疲れるのは脳が過剰な活動をしているから!? 世界のエリートがやっている「最高の休息法」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月17日06時30分

イェール大で学び、米国で18年診療してきた精神科医による科学的に正しい「脳の休め方」を明かした『世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる』が、2016年7月29日(金)に発売された。 脳の消費エネルギーの60~80%は、デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)に使われている。DMNとは、脳が意識的な活動をしていないアイ [全文を読む]

フォーカス