医院 精神科に関するニュース

ドラマ「Dr.倫太郎」の原案小説「セラピューティック・ラブ」は堺雅人を想定して書かれた小説?

メディアゴン / 2015年04月24日09時41分

クリニック(診療所や医院)ではないところに注意が必要だ。ところで、この小説は「原案」だが、「原作」とは、どこが違うのだろう。筆者なりの理解では「原案」は「脚本のヒントはもらったけれど、ストーリーや人物設定はオリジナル」。「原作」は「ストーリー、人物設定ともに借りて有るが、オリジナルの要素を付け加えた」というものということであろうか。脚本家によっては「オリジ [全文を読む]

資産1億今井絵理子議員 女がキレる心理5

プレジデントオンライン / 2017年08月02日09時15分

■今井議員は資産約1億 橋本市議は歯科医院も開業 それだけ損得に敏感なわけで、税金にしたって、ほとんどの国民は好きで払っているわけではなく、嫌々払わされていると感じているはずだ。当然、「奪われた」という感覚になる。「奪われた」税金が不倫や密会に使われたとなれば、「不正に害された」という被害者意識が芽生え、怒りの炎が燃え上がる。 怒りとは、古代ローマの哲学 [全文を読む]

中国 全国民の17.5%、2.3億人が心の病に。深刻な「精神科医」不足

ZUU online / 2017年06月19日06時10分

山東省・青島市精神衛生センターの心理医院のR主任によると、彼に対する診療予約は半年先までいっぱいである。また同院は山東省(人口9847万人)で唯一の心理治療外来を持つ公立病院である。精神科医師は8名いるが、どの医師に対する診療予約も早くて2カ月後だ。こうした状況に鑑み、国家資格の心理カウンセラー職にスポットが当たっている。先日実施された2017年上半期全国 [全文を読む]

「うつ傾向あり」9割以上が未診断。身体症状の陰に潜む、うつ病の可能性

QLife / 2017年05月23日16時00分

睡眠障害、疲労倦怠感や体の痛みなどの身体的不調の陰に潜む“うつ病”の可能性 藤田保健衛生大学医学部 精神神経科学講座教授 内藤宏先生 同日に開催されたプレスセミナーでは、調査結果をもとに、藤田保健衛生大学の内藤宏教授と宮崎医院(愛知県西尾市)の宮崎仁院長による講演が行われました。 うつ傾向の症状には、睡眠障害・疲労倦怠感・頭痛などの身体的不調と、物事を悪 [全文を読む]

中国では夏休みが整形シーズンに、「その前に精神科医に診てもらうべき」―シンガポール華字紙

Record China / 2016年07月17日12時10分

ある美容整形外科医院では、学校が夏休みになると診察に訪れる人の大半が学生になり、しかも人数だけでなく、美容整形を施す部位も増えると医師は話す。学生が美容整形を施す内容は、以前は二重まぶたや隆鼻といったプチ整形が多かったが、現在では目からあご、顔の形、体形までさまざまな整形を同時に行う人が少なくないという。 ただ、若い女性の整形ブームに、北京市安定医院の心 [全文を読む]

「医療施設の“リノベ”と“新築”実績のある建築家達」が横浜に集結!5月28~31日で施設の図面や説明を交えたイベントを開催

@Press / 2015年05月25日10時30分

登録建築家2,657人の日本最大級の建築家ネットワークと全国の加盟建設会社196社(スタジオ)をネットワーク展開するアーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:丸山 雄平、以下 ASJ)は、5月28~31日で、医院・クリニックを中心とした医療施設の“リノベーション”と“新築”実績のある8組の建築家が集まり、これまで設計した施 [全文を読む]

「医療施設の“リノベ”と“新築”実績のある建築家達」が横浜に集結!5月28~31日で施設の図面や説明を交えたイベントを開催

@Press / 2015年05月25日10時30分

登録建築家2,657人の日本最大級の建築家ネットワークと全国の加盟建設会社196社(スタジオ)をネットワーク展開するアーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:丸山 雄平、以下 ASJ)は、5月28~31日で、医院・クリニックを中心とした医療施設の“リノベーション”と“新築”実績のある8組の建築家が集まり、これまで設計した施 [全文を読む]

「私が何か?」病院の口コミ評価をガタ落ちにする、受付係の態度

まぐまぐニュース! / 2017年07月12日18時30分

基本的なコミュニケーションの成り立ちについて 久しぶりに歯科医院に行く必要があって、近所の歯科医院をインターネットの検索で調べ、口コミの評判などを目にすると、受付の対応や、歯科技工士のコミュニケーションに関する感想が目に付く。高評価もあれば、苦情にも似た酷いコメントもある。 病院選びはコミュニケーションに関する対応を中心としたサービスが重視されている世の [全文を読む]

血便が続く、吐き気が収まらない がんが見逃された誤診実例

NEWSポストセブン / 2017年04月21日07時00分

秋津医院院長の秋津壽男氏が言う。 「“神経性”というのはどこかの器官が異常をきたしているわけではありません。胃がんもよほど進行していない限り、自覚症状はない。精神科医が胃がんの初期症状を把握していない場合、がんを見落とす可能性が高いでしょう」 神経性食欲不振症は、薬を飲めば2週間ほどで症状は収まるという。もし収まらなければ、胃カメラ検査を受けた方がいい。 [全文を読む]

成分や効果が大きく異なる!睡眠薬の処方薬と市販薬の違い

Fuminners / 2017年04月06日17時00分

睡眠薬の処方薬と市販薬の違い睡眠薬は、病院や医院で処方される「処方薬」と、医師の処方箋がなくても薬局などで購入できる「市販薬」の2つのタイプに分けられます。病院や医院での処方と薬局での購入という手に入れ方だけでなく、成分や薬の働きにも違いがあります。処方薬医師の診察によって、症状の特徴や頻度に応じて処方される睡眠薬のことを「処方薬」と呼びます。睡眠薬には「 [全文を読む]

精神科医が見つけた“自殺希少地域”の共通点とは――『その島のひとたちは、ひとの話をきかない』

日刊サイゾー / 2016年11月01日22時00分

最初はスマホで歯科医院を探していたが、ゴールデンウィークだったので、どこも閉まっていて、電話をしても、当然断られる。困り果てて、旅館の主人に相談した。すると、「この町の歯医者は今日は休みやけど、さっきいるの見たから起こしてきちゃろう」とか、「ここから82キロ先にある歯医者が今日はやってるのがわかったから、送るわ」と、いろいろなツテを使って情報をかき集め、そ [全文を読む]

精神科医が語る「こんなブラック精神科医には気をつけろ!」

しらべぇ / 2016年01月18日11時00分

そのせいか、精神科や心療内科の医院も増えている。患者の増加とともに骨折などとの外傷と異なり、内面の病気ゆえ、受けている治療が正しいのか当人にさえわかりづらい精神科。回復しているなら当事者にとって名医だろうが、医師と合わない場合は余計に病状が悪化しかねない。正解は分からなくても、どう見てもアウトな精神科医を同業の精神科医に解説してもらった。(1)患者を攻撃す [全文を読む]

セールで「絶対買ってはいけない」アイテムから風邪の予防対策まで【1月人気記事ランキング】

ウートピ / 2017年02月01日14時30分

大阪府内科医会副会長で、泉岡医院(大阪市都島区)の泉岡利於(いずおか・としお)院長にインフルエンザの感染源と感染経路について聞きました。まだまだインフルエンザが流行っているので、ぜひ記事をチェックしてみてください。3位 子どもができたら、何が犠牲になる?「産む」のデメリットは3つに分けられる第3位は、ウートピ編集長が出産後の「仕事におけるデメリット」につい [全文を読む]

≪ドラマNOW≫「ソロモンの偽証」最終話

Wow!Korea / 2017年01月29日00時34分

その後、精神科医院に入院した時にソウと出会い、一番の親友だったと述べた。 [全文を読む]

ゆうきゆう院長も「使えるかもしれません!」…“プラシーボ口説き術”とは?

週プレNEWS / 2016年01月16日06時00分

言い方も目つきもヤバいが、そもそもこいつ、日常的にスポイト持ち歩いてるのか、キモッ! …という感想はさておき、まずは“プラシーボ”とはなんなのか? 『マンガで分かる心理内科』のアニメが大人気を博した心療内科医院「ゆうメンタルクリニック」のゆうきゆう院長に話を伺ったところ、こう解説してくれた。 「正式には“プラシーボ効果”と言われるものです。病は気から、イ [全文を読む]

「うつは食べ物が原因だった」の著者で栄養療法の権威“医師 溝口 徹”の新刊『まず「白米」をやめなさい!』発売決定!

@Press / 2015年03月13日16時00分

執筆ブログ:『統合失調症、低血糖症、うつ病』 http://orthomolecule.jugem.jp/ 『がん治療』 http://healcancer.jugem.jp/ 【新宿溝口クリニック 概要】 医院名 : 医療法人回生會 新宿溝口クリニック 所在地 :〒160-0022 東京都新宿区新宿2-3-11 御苑前311ビル 5F 院長 : 溝口 [全文を読む]

飲めば頭が良くなる薬!? “スマートドラッグ”って何?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年02月18日07時00分

しかし調べれば調べるほど、日本でスマートドラッグを積極的に処方する医院は少ない。精神科や心療内科において、医師がきちんと診察した上で病気と認定された人に処方されているのが一般的みたいだ。となるとこのスマドラ、一体いかなる背景で生まれたのか? [全文を読む]

「うつは食べ物が原因だった」の著者、医師 溝口 徹の新刊「アレルギーは砂糖をやめればよくなる」2月2日発売決定!

@Press / 2013年02月01日11時00分

出版社:青春出版社 価格 :1,330円(税別) 【新宿溝口クリニック 概要】 医院名 : 医療法人回生會 新宿溝口クリニック 所在地 :〒160-0022 東京都新宿区新宿2-3-11 御苑前311ビル 5F 新宿溝口クリニック内 院長 : 溝口 徹 設立 : 2003年11月 診療内容: 心療内科、精神科、内科(栄養療法) URL : http:// [全文を読む]

フォーカス