医師 精神科に関するニュース

モバイルヘルステクノロジーベンチャーのFiNCストレスチェック義務化に対応した法人向け新ウェルネス経営サービスを提供開始1,000人以上の産業医ネットワークを構築

DreamNews / 2015年11月20日10時00分

それに伴い、医師による面接指導など同制度に対応したサービスを幅広く提供できるよう全国37都道府県に1,000人以上の産業医/医師のネットワークを構築いたしました。 株式会社FiNC(本社:東京都中央区、代表:溝口勇児、以下「FiNC」)は、ストレスチェック制度に対応した法人向け新ウェルネス経営サービスを11月20日より提供を開始いたします。それに伴い、医師 [全文を読む]

聖マリアンナ医科大学の精神科医が「精神保健指定医」資格を不正取得

メディアゴン / 2015年04月16日07時40分

当該の精神科の医師が所属する聖マリアンナ医科大学では、HP上に次のようなお知らせを載せた。 神経精神科 診療体制の縮小について お知らせ (当病院の)神経精神科では、常勤医師の減少に伴い、外来診療および入院病床の確保・維持がきわめて困難な状況となりました。つきましては、4月より診療体制を縮小させていただきますのでご了承願います。(中略)暫時神経精神科の受診 [全文を読む]

『医者は現場でどう考えるか』ジェローム・グループマン(石風社) ブックレビューvol.12/竹林 篤実

INSIGHT NOW! / 2016年08月18日12時10分

実際の例では、当初医師から急性骨髄性白血病と診断され、数ヶ月間治療を受けたものの容態の悪化した女性の遺伝子情報を、ワトソンに入力して分析した。その結果、10分ほどでワトソンは異なる病気であることを見抜いて、新たな治療薬を提案した。これに基づいた治療を受けた患者は、病状が劇的に回復し、無事退院したという。医師の役割は何か本書は、ワトソンではなく、生身の医師[全文を読む]

心療内科の主治医が親身に話を聞いてくれない? 医師の答えは…

オトコクラス / 2016年10月17日15時00分

心の病気にかかり、医師の診察を受けている中で、主治医に対する疑念が芽生えることは珍しいことではありません。今回の相談者さんは、主治医が親身になって話を聞いてくれていないと感じています。実際のところはどうなのでしょうか。40代男性からの相談:「主治医が親身になってくれていない気がします」『仕事に対する「適応障害」と診断され、主治医のもとに通院・服薬して治療を [全文を読む]

きょうこころのクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年05月17日14時30分

遠隔診療のシステムとして、株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀧口 浩平、代表取締役医師:豊田 剛一郎)が運営するオンライン通院システム「CLINICS」を導入しました。きょうこころのクリニック(奈良県奈良市、院長:姜 昌勲、以下当院)は、遠隔診療を導入した外来の受付を5月17日より開始します。遠隔診療のシステムとして、株式会社メドレー(本 [全文を読む]

精神科医師団が経営&運営するストレスチェックのトータルサービス「ストレスチェッカー+」をリリース

PR TIMES / 2016年03月23日11時45分

質問票によるチェックから精神科医医師面談の設定までを完全サポートメディカリューション株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:春日 武彦、以下「メディカリューション」)は、精神科医師団によるストレスチェックのトータルサービス「ストレスチェッカー+」をリリースしました。ストレス改善は精神科の専門分野です。2015年12月より義務化されたストレスチェック制度に [全文を読む]

新六本木クリニック、精神科外来に遠隔診療を導入メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用し、Webを通じて予約からオンラインでの診察、薬の配送までを提供

DreamNews / 2016年02月08日17時30分

遠隔診療のシステムとして、株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀧口 浩平、代表取締役医師:豊田 剛一郎)が運営するオンライン通院システム「CLINICS」を導入しました。新六本木クリニック(東京都港区、院長:来田 誠 以下当院)は、遠隔診療を導入した精神科外来の受付を本日より開始いたします。遠隔診療のシステムとして、株式会社メドレー(本社: [全文を読む]

航空機で「お医者様はいませんか?」に応じて治療・・・急病人が死亡したら責任は?

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月16日12時12分

お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんかーー航空機内で急病人が発生した場合、医師などの医療関係者に協力を求める「ドクターコール」。この求めに応じるかどうか、医師にたずねたアンケート調査の結果がネットで話題になっている。この調査結果は、もともと、旭中央病院神経精神科の大塚祐司医師が2004年にアンケート形式で実施した医師の意識調査の結果を、別の医師がウェブ [全文を読む]

テレビ電話での遠隔地診で小児救急を8割減らせるか?[医療トリビアpart.5]

Forbes JAPAN / 2016年10月21日08時30分

そんな時に、テレビ電話を通して医師からアドバイスを受けられたら、どれだけ安心できることか。Mediplat(メディプラット)が運営する遠隔医療相談「first call(ファーストコール)」は、そんな消費者のニーズをとらえたサービス。今年2月にサービスを始めた。林光洋社長は、「小児科の救急受診の8割は、急を要しないとも言われています。でも、子供の病気は判断 [全文を読む]

病院に通わず睡眠治療が可能!? 「遠隔診療」はどこまで来ている?

Fuminners / 2016年09月15日11時00分

最近、病院に行かなくても医師の診療が受けられるという「遠隔診療」が注目され始めています。病院に何度も通うのはハードルが高くて…という方には便利な方法かも。いったいどんな風に診察を受けるができるのでしょう? 睡眠の悩みなどでも受診できるのでしょうか? オンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を運営する株式会社メドレーの医師である島佑介さんにお話 [全文を読む]

ベールに包まれた女医さんの実態 白書からホンネが見えた! 結婚相手はやはり…

産経ニュース / 2017年09月20日14時01分

キャリアウーマンの最たる「女性医師」。医師向け人材マッチングサービス大手の「エムステージ」(東京都品川区)が運営する女医向け情報サイト「ジョイネット」は、女医へのアンケートに基づいた「女医白書」を作成した。白書によると、女医の結婚相手は半分以上が医師だという。女医の3分の1しか幸せになれないという法則がまことしやかにささやかれる特殊な業界。女医の本音に迫っ [全文を読む]

過剰な検査、すぐ抗生物質…怪しいかかりつけ医の見分け方5

WEB女性自身 / 2016年05月27日06時00分

まずは地元のお医者さんに通うにしても、なかにはトンデモない医者もいる! 「身近で優秀な医師を見つけるのは至難の業なのです」と、語るのは東京有明医療大学教授の川嶋朗先生だ。そこで川嶋先生が、 怪しい かかりつけ医の見分け方を教えてくれた。 【1】気軽に紹介状を書いてくれるのがだが 本来、紹介状は次に託された医療機関の医師が治療しやすいように必要事項をまとめた [全文を読む]

妊娠中の精神安定剤の利用と、相談窓口について

イクシル / 2016年04月22日18時00分

(20代・女性)』 まずは専門の医師に相談を 妊娠中でも内服できる薬もありますが、薬によっては赤ちゃんに影響を与えることもあるそうです。まずは専門医への相談をご検討ください。 『現在、精神科に通院されているのでしょうか。もし内科で治療中でしたら、心療内科や精神科で専門の医師と相談した方がいいでしょう。精神安定剤は、妊婦さんに使えるものもあります。しかし、勝 [全文を読む]

<原案作者は誰?>堺雅人「Dr.倫太郎」の精神分析は誰が監修しているのか?

メディアゴン / 2015年04月25日08時14分

「患者の心に寄り添わない、冷酷な医師」もたまには居ますが、もちろん主流がそうだと言うのではなく、脳波や脳の写真を元に薬で立ち向かう医師の方が圧倒的に多いのです。ドラマですから、話半分にして、精神分析家は病気をなおす人ではない。宗教家のようなものだという理解のほうが現実では正しいかもしれません。連続ドラマの形として、今回は11回(昔は13回でしたが、今は大抵 [全文を読む]

ヒフミルが医療者の臨床互助ツール「ヒポクラ」としてリニューアル ~ヒポクラテスの時代から師匠から弟子に伝承されてきた医学知識を、ICTを通して集合知に~

PR TIMES / 2016年12月22日14時39分

この度、株式会社エクスメディオ(高知県高知市:代表 物部真一郎、以下エクスメディオ)は、医師間(DtoD)臨床支援アプリ「ヒフミル」を医師同士のコミュニケーションを促進し、世界中どこにいても参加・相談できる臨床互助ツールとして進化させ、「ヒポクラ」に名称変更することとなりました。 「ヒフミル」では、2016年10月15日の「クスリバ」リリース以降、内科、 [全文を読む]

気分がすっきりしない時には漢方の専門家を頼ろう

オトコクラス / 2016年11月04日15時00分

どの薬を使うかによって効き方も変わってきますので、医師と相談しましょう。『精神科の薬を頼りにしている人にとって、薬が効かないことはとても辛いことだと思います。精神科は、他の病院とは違い問診だけで薬を処方するので医師の腕にかかっているところがあります。症状によって処方される薬が変わってくるかもしれません。(看護師)』『精神科の薬はたくさんの種類があります。薬 [全文を読む]

精神科医が語る「こんなブラック精神科医には気をつけろ!」

しらべぇ / 2016年01月18日11時00分

回復しているなら当事者にとって名医だろうが、医師と合わない場合は余計に病状が悪化しかねない。正解は分からなくても、どう見てもアウトな精神科医を同業の精神科医に解説してもらった。(1)患者を攻撃する精神科医医者に助けを求めているのに、なぜか高圧的な態度や言動で患者を威圧する。本人にとっては正しい治療法なのだろうが、心が折れている人間をさらに痛めつけて何の益が [全文を読む]

治療10年目迎えた雅子さま 治療チームの再構成必要との指摘

NEWSポストセブン / 2013年01月03日07時00分

<皇太子妃殿下のご治療に関しまして、東宮職医師団としましては、十分な休養をおとり頂くとともに、私的なご活動からご活動の幅を広げていっていただくようにお伝えしているところです(中略)公的なご活動につきましては、今までと同じように、ご活動の内容により、ご負担、ご体調などを勘案しながら、東宮職医師団としてその都度対応を検討させていただいてきており、妃殿下ご自身も [全文を読む]

「俺たちのころは」研修医ブラック化、年配と意識差…過労死遺族ら、働き方改革に要望

弁護士ドットコムニュース / 2017年09月04日19時28分

医師の過労死が後を絶たないとして、全国医師ユニオンなど3団体は9月4日、「医師の働き方改革に関する声明」を発表した。(1)労働時間管理の適正化、(2)研修医の処遇の改善、(3)長時間労働の速やかな改善、(4)産業医面談など健康管理の厳格化ーーを求めている。 声明を発表したのは、全国医師ユニオンのほか、過労死弁護団全国連絡会議、東京過労死を考える家族の会。3 [全文を読む]

職場のストレスで体調不良に…心療内科の受診のタイミングは?

オトコクラス / 2016年11月27日11時00分

(医師) 』 『 今後、もし、また体調が崩れた場合の精神科もしくは心療内科受診のタイミングとしては、ストレスを自覚しておられた中で、頭痛やめまいなどの体の不調もしくは憂鬱な気分や意欲がわかないといった精神的な不調もしくは不眠など、いずれかの体の不調が起こってきた段階で受診されるのが良いかと思います。(医師) 』 『 内科は、一般的には、ストレスによる体調不 [全文を読む]

フォーカス