仕事 歌舞伎町に関するニュース

「小森純の彼氏を寝取った女」の裁判を傍聴。手を出したシャブと詐欺

まぐまぐニュース! / 2015年11月18日10時00分

××調書 「被告人とは9年前、ホストをしていたとき知り合った…ホスト時代の客に、オレオレの出し子の仕事をしている人がいた…日当1万5,000円から2万円もらえると言っていた…出し子を紹介できそうな人として被告人のことが頭に浮かんだ…そこで…後日被告人が電話をかけてきて、そういえばブラックな仕事なんだけどさ、元彼のとこに新しい部署ができて人がほしいって…お [全文を読む]

【眠りの金言・名言集】堀江貴文さん・棚橋弘至さんなど7選

Fuminners / 2017年01月04日18時00分

目次眠りを制する者は仕事を制する! ビジネスと眠りにまつわる金言睡眠は百薬の長! 良質な睡眠で健康を維持している人の金言眠りを制する者は仕事を制する! ビジネスと眠りにまつわる金言忙しいビジネスマンは、どうしても睡眠時間が短くなりがち。しかし、ビジネスの世界で成功を収めている人たちは、しっかり睡眠を取っている人が多いのです。“Time is Life” ( [全文を読む]

常にトレンドを発信! カリスマ美容師・木村直人さんの多彩な活躍を支える眠りとは?

Fuminners / 2016年03月10日11時00分

仕事じゃなく、遊ぶために睡眠時間を削っていた感じです」(木村さん)しかし遊びに夢中でも業務がおろそかになることはなく、「遊びも仕事も全力だった」と振り返ります。「寝ずに練習しても遅刻はしませんでしたね。メジャーサロンで、売上げトップだった先輩の下につけたこともあって、『自分も早く髪を切れるようになりたい』と必死になれた。日々の充実感がありました。そんな風に [全文を読む]

【愛沢えみりさん】歌舞伎町No.1キャバ嬢から社長へ。成功を支える睡眠リズムとは?

Fuminners / 2015年05月21日11時00分

現在は、なんと月商1億5千万円にものぼる、自身がプロデュースするアパレルブランドの社長として多忙な毎日を送りつつ、キャバ嬢の仕事もかけもちで続けているそう。…そんな彼女はどうやって眠る時間を確保しているのでしょうか? 普段の生活や睡眠スタイルをうかがいつつ、成功の秘密に迫りました。太陽の光を浴びなかった、駆け出しキャバ嬢時代現在でこそ、成功をおさめたキャバ [全文を読む]

「渡仏15年」辻仁成が東京に戻らない理由

プレジデントオンライン / 2017年05月31日09時15分

シングルファーザーになって仕事のやり方はどう変わったのか。「仕事・子育て・パリの暮らし」について聞いた。 作家、ミュージシャン、映画監督といくつもの顔を持つ辻仁成さん。近年は、パリで一人息子を育てながら精力的な創作活動を続けている。そんな辻さんの9作目となる映画監督作『TOKYOデシベル』が公開中だ。原作は、『音の地図』という小説で、1996年には三島由紀 [全文を読む]

日本一の雨漏り職人が断言!「“嫌われ仕事”こそ新しい商売のチャンスだ」

週プレNEWS / 2013年02月21日06時00分

だけど自分の好きな仕事になかなか就けない。あるいは、自分がどんな仕事を好きなのか、自分でもわからない。(実はとても多いはずの)そんな人たちに、唐鎌謙二さんのメッセージは、「発想の大転換」をもたらしてくれるはずだ。 彼は日本一の「雨漏り職人」として、業界で知られる存在だ。が、そもそもの話だけど、「雨漏り」って今でもそんなにたくさん起きている話なの? 「公的な [全文を読む]

名物キャバレー会長が「50年の営業日誌」を初公開!(2)水商売の人間は軽視された

アサ芸プラス / 2017年05月24日12時55分

仕事はいくらでもあり、金は稼げるぞ』と言われて、その気になっちゃったんだな」 新聞の募集広告で目に飛び込んできたのが、新しくオープンするお座敷キャバレー「おしゃれ茶屋」。応募すると採用され、吉田氏のキャバレー人生が始まった。「月給は6000円か7000円だったと思う(大卒初任給が1万2000~1万3000円の時代)」 58年、吉田氏20歳。「歌舞伎町」と [全文を読む]

売春少女を保護して親元に返すと地獄を見る――セックスワークさえできない最底辺を生きる女性たち

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月17日06時30分

「そんな仕事、辞めたらいいのに」。「そんなところで働く女なんて、きっととんでもない奴に違いない」。こんな声が聞こえてきそうだ。しかし『貧困とセックス』(中村淳彦、鈴木大介/イースト・プレス)を読めば、そんな偏見も変わるに違いない。セックスワークが、どうしようもない状況と貧困に追い込まれ、さまよう女性の受け皿となっていたら、同じことが言えるだろうか。本書は、 [全文を読む]

「介護ストレスをデリヘルで解消」介護&デリヘル嬢のWワークに生きがいを感じる女性たちが伝えるリアルな現場の実態

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月29日06時30分

』(ブックマン社)は介護の仕事に就きながら、副業として夜にデリヘル嬢として働いている女性たちを追ったルポだ。そこには、低賃金のため介護の仕事だけでは生活費が賄えない現状が浮き上がってくるとともに、これまで社会が蓋をしてきた高齢者の性の問題も潜んでいた。 デリヘル嬢をしなければ生活できない 現在、要介護(要支援)認定者数が約618万人に対して、介護職員が17 [全文を読む]

【今日のインサイト】「白目」芸人ピスタチオに直撃!芸人とホストに「ヒゲ」NGの理由

Woman Insight / 2015年08月08日06時00分

それだと芸人の仕事ができないから無理かなと思ったんですけど、「週1日でもいいから」というので、最初は週1~2日でやってました。 でも当時、お笑いのライブが月1本だったので、31日のうち30日間ヒマなんですよ(笑)。結局、30日全部出勤しちゃって、ホストの毎日に(笑)。僕、負けず嫌いなんで、「やるならナンバーワンを狙う」と。僕がナンバーワンになったころは、お [全文を読む]

『新宿スワン』で話題の風俗スカウトマンの生態!「女を騙す女衒」か「女性の味方」か

リテラ / 2015年06月20日20時09分

性風俗の仕事は精神的にも肉体的にも、とても大変な仕事。そのうえ、もともとメンタル面が弱い人も多いので、とにかく離職しやすい。そこで、スカウトマンにそうならないようにアフターケアさせるために、永久歩合のスカウトバック方式を取るのである。 スカウトバック方式で風俗嬢が働いている限り自分に10~15%お金が入ってくるとなると、スカウトマンはただ仕事を斡旋して終 [全文を読む]

【検証】口コミで話題「相席居酒屋」で一番出会える店舗は?

デイリーニュースオンライン / 2014年11月09日15時00分

仕事終わりのOLか、不倫願望の強そうな人妻風の女性たちが多かった。 男にとっては好都合なシチュエーションかもしれないが、顔のレベルはイマイチ。スタッフが一番かわいいという状況だ。 さて、記者はというと、入店から30分ほどで相席になり、ベンチャー企業の営業だという体育会系ノリの25歳男性ペアがやってきた。1時間ほど趣味の話題で盛り上がった後、「カラオケに行こ [全文を読む]

「俺のキンタマ蹴ってくれ!?」フリーのグラドルを狙う、アヤシイお仕事

日刊サイゾー / 2017年01月12日19時00分

うれしいけど、なんでなんでしょうか?(笑) とはいっても、まだまだ無名な私は、初めて行く美容院やネイルサロンで「お仕事なんですかぁ~?」なんて甲高い声でお決まりの質問をされると挙動不審になります。フリーのグラビアアイドルで、フリーのライターで、バイトもしている……これって、フリーター? 最近はフリーのグラドルやアイドルが増えていますが、まだまだ周りの他業種 [全文を読む]

フィリピンでセレブになっていた元人気セクシー女優・小澤マリア。高級ラウンジ経営で「もう日本にやり残したことはありません」

週プレNEWS / 2016年05月29日21時00分

そんなことを考えていたら、24歳ぐらいから運良く海外からポンポンと仕事が入って、一気にAVの出演本数を減らすようになりました」 最初の海外での仕事はグアムでのAV撮影だった。その後、中国の劇場でダンスを披露するイベント出演や台湾の映画、タイでは大物ロック歌手のミュージックビデオに出演するなど活動範囲をアジア各国へ広げていき、最終的にフィリピンに落ち着いた。 [全文を読む]

新宿歌舞伎町 過激でアブナイ「アウトロー俳句」名作選

NEWSポストセブン / 2016年02月19日07時00分

ウチには、うつ病をこじらせてる奴や仕事のない奴、自殺志願者、全身タトゥーの奴……社会に受け入れてもらえないような連中が集まってくるんだよ。でも俳句に関してはマジメで正直だからいい句を詠む。オレは、それを“歌舞伎町の奇跡”って呼んでるんだ」 歌舞伎町のシンボル・コマ劇場が消えた3年前、新宿がつまらなくなったと感じるようになった北大路氏は、「その空虚さを俳句 [全文を読む]

「うたのお兄さん」の過酷すぎる掟と月収に驚愕 「感謝しかない」と礼賛

しらべぇ / 2017年05月11日19時00分

9年間ほんとうにおつかれさま!・「うたのお兄さん」の儲けは「NHKのお偉いさん」がもっていったのか…・過酷な中で笑顔を届けてくれてありがとう■4人に1人が「好きな仕事に就くことができた」9年も「うたのお兄さん」を務めた横山に、ネット民からも「好きなことを仕事にできて良かったね」とねぎらいの声が。しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,400人に「仕事[全文を読む]

エイプリルフール2017まとめ(公式)

ガジェット通信 / 2017年04月01日00時00分

■ヴェルサイユ求人(ディンプルスマイル) https://www.dimples.co.jp/2017aprilfool/index.html 「ドレスの形状を中から支える仕事」「赤じゅうたんの出し入れを行う仕事」など。 ■嘘画像を探せ!(OUTLET PEAK) http://www.outletpeak.com/static/cont/id_APRF [全文を読む]

語っていいとも! 第16回ゲスト・ビートきよし「昔は女性に面倒見てもらって、みんな這い上がってくるんだ」

週プレNEWS / 2016年01月31日12時00分

みんな仕事なくなったらどうしようとか思うかもしらんけど、仕事、好きじゃないんだな。だからドラマの仕事きても「出番の少ねーやつな」って。 ―ははは、その力が抜けてる感じも味になるんでしょうけど。 きよし 「1日で終わるやつな」とかって平気で言っちゃうんだよ。だって何日も何日もとられてね、ドラマなんか朝早いじゃないですか。そういうのはあんまりやりたくないんです [全文を読む]

<新刊>『いい女はドMが9割』発刊カリスマホスト 信長が「女心」の本質をまとめた一冊

@Press / 2016年01月12日13時00分

男女間の本質や「女心」を理解していただくのはもちろんのこと、恋愛だけでなく仕事や普段のコミュニケーション全般で役立つ実践的な内容となっています。【書籍概要】書籍名 : いい女はドMが9割価格 : 1,300円(税別)ページ数: 224ページ発行 : カシオペア出版販売 : サンクチュアリ出版ISBN : 978-4861137341著者 : 信長URL : [全文を読む]

「ぼったくり店への手を緩めない」被害110番開設の東京弁護士会・伊藤会長に聞く

弁護士ドットコムニュース / 2015年11月21日09時16分

しかし、被害の救済や、被害防止の法律知識をもった交渉は弁護士の仕事です。被害者の望みは、「お金を返してほしい」ということです。ぼったくり業者を特定して、お金の返還を求めることは法律上請求権がありますが、実際にはなかなか困難です。そこで実際には、被害に遭わないように、「ぼったくりの請求に対して金銭を支払う必要はない」といった法的なアドバイスをすることが重要で [全文を読む]

フォーカス