クラブ 歌舞伎町に関するニュース

「小森純の彼氏を寝取った女」の裁判を傍聴。手を出したシャブと詐欺

まぐまぐニュース! / 2015年11月18日10時00分

××調書 「被告人とは9年前、ホストをしていたとき知り合った…ホスト時代の客に、オレオレの出し子の仕事をしている人がいた…日当1万5,000円から2万円もらえると言っていた…出し子を紹介できそうな人として被告人のことが頭に浮かんだ…そこで…後日被告人が電話をかけてきて、そういえばブラックな仕事なんだけどさ、元彼のとこに新しい部署ができて人がほしいって…お [全文を読む]

風俗文化研究の第一人者・松沢呉一が解説する「風営法は“善良な市民”の不安をつぶすための法律だ」

週プレNEWS / 2012年10月24日18時00分

ここ数年、目に見えて厳しくなっている警察によるクラブ摘発。そもそもクラブを取り締まるための“風営法”はいつできたのか? 風俗文化研究の第一人者である松沢呉一氏が、風営法と日本文化の“根深い”関係について解説する。 *** 風営法の歴史は古く、大正期に起こったダンスブームに対する規制に端を発します。具体的には、華族の息子がダンスホールで出会った町娘と駆け落ち [全文を読む]

歌舞伎町・区役所通りで高級クラブ37年のママが回顧(1)「ママ、いい度胸してるな」

アサ芸プラス / 2017年06月07日05時55分

クラブ、キャバクラ、パブ、etc。今回ご登場願ったのは、岩手から上京、歌舞伎町にクラブをオープンして37年の名物ママだ。歌舞伎町を見続けた波乱万丈の半生を激白する! 東は明治通り、西は西武新宿駅、そして北は職安通りから南は靖国通りまでに囲まれた一帯を「歌舞伎町」という。 街には歌舞伎町一番街、中央通り(セントラルロード)、さくら通り、東通り、西武新宿通りな [全文を読む]

名物キャバレー会長が「50年の営業日誌」を初公開!(1)ホステスの奪い合いで乱闘

アサ芸プラス / 2017年05月24日05時55分

回想シーンの若かりし当時の吉田氏は、東宝会館の向かいにある新宿ジョイパックビル7Fにあったクラブ「ムーラン・ドール」に勤めていた。フルバンドが入り300人ほどの女性が接客するキャバレーだ。 一方、吉田氏らに“襲われた”のは、1973年に東宝会館にオープンしたクラブ「ハイツ」である。 吉田氏には、店長として店を任されてから50年にわたって書き続けてきた膨大な [全文を読む]

シェリル・ノームも!“Re:animation -Rave In 新宿歌舞伎町- Vol.3”開催!

リッスンジャパン / 2012年03月27日09時00分

5月3日(木・祝)、新宿歌舞伎町シネシティ広場(旧コマ劇場前)およびライブハウス「新宿ロフト」の二会場にて、アニメーション文化とクラブミュージック文化を融合させた音楽イベント“Re:animation -Rave In 新宿歌舞伎町- Vol.3(以下、Re:animation3)”が開催されます!アニメ作品をキッカケに集まったメンバーが企画する“Re:a [全文を読む]

名物キャバレー会長が「50年の営業日誌」を初公開!(2)水商売の人間は軽視された

アサ芸プラス / 2017年05月24日12時55分

03年5月13日の日誌に目を通しながら、現在、会長を務めるラウンジクラブ「ロータリー」で起きた“事件”について話す。「店に来たら誰もいない。定時になっても誰も出勤してこないんだ。私もあとで移るという話を吹き込まれていたが、一夜にして全員が『ハイツ』に抜かれた。もぬけの殻になったホステスのロッカーを見た時は、さすがの私も血の気が引いたよ」(吉田氏) この件 [全文を読む]

客引き条例から1ヵ月...新宿歌舞伎町の違法キャッチ、儲けのからくりに迫る

東京ブレイキングニュース / 2013年10月09日12時00分

客が求めているものによって勧める内容は異なるが、浅い時間帯はキャバクラ、遅い時間になると、オッパブやデートクラブ、ホテヘルなどの風俗がメインになる。 時には、1人の客が複数の店をハシゴしてくれることもあり、客引きとしては、こういったケースが非常に美味しいという。T君が実際に紹介した一連の流れを追いながらキャッチの仕事を見ていこう。 T君は年の瀬の21時頃 [全文を読む]

名物キャバレー会長が「50年の営業日誌」を初公開!(3)キャバレーは文化の発信地

アサ芸プラス / 2017年05月26日05時55分

歌舞伎町で40年以上キャバレー、クラブの店長、支配人を歴任してきた斉藤善一氏(70)が最盛期を回想する。「吉田さんには驚かされることばかり。オープンする店のために、3日間で80人のホステスを引き抜きで集めてきたこともあった。気風、人脈、どれを取ってもすごい人。面倒見もいいから、人が集まってついてくる。吉田さん抜きに歌舞伎町は語れないし、吉田さんあっての歌舞 [全文を読む]

韓流の街・新大久保 その誕生と発展、現在の失われた活気

NEWSポストセブン / 2016年02月15日16時00分

高級韓国クラブを取り巻くように、韓国系の料理店やスナックが軒を連ねていた」 1990年代、留学や出稼ぎで日本に渡って来たニューカマーの韓国人の多くは、息を潜めて日本で暮らしていた。日韓の経済力の差が大きかったこの時代、若い女性は韓国クラブでホステスとして働き、男性らは海賊版ビデオの販売に精を出すなど、在留資格に違反する商売に少なからずタッチしていたからだ。 [全文を読む]

【歌舞伎町】100キロ級女性が恐喝したぼったくり風俗が全国に拡大中

デイリーニュースオンライン / 2015年11月15日08時00分

クラブやキャバクラが集中する『錦三(きんさん)』と呼ばれる盛り場に、今年の春ごろから都内で活動していた半グレ集団が入り込んできている。ぼったくりバーをやって、荒稼ぎしているらしい」(地元関係者) 夜の街での異変が起きたのは、歌舞伎町のぼったくりが一掃された時期と前後しており、歌舞伎町で〝商売〟していた連中が流れ込んできた可能性も指摘されている。 地元で [全文を読む]

綾野剛の私服にガッカリ!? キャバクラ嬢語った“夜の剛“の泥酔姿とは?

tocana / 2015年06月13日09時00分

社長は一時期、小栗旬くんを連れ回していたときもあったみたいですけど、旬くんが結婚したから、今は剛くんを連れ回しています」(キャバクラ嬢・A) どうやら、社長がクラブ、「高級キャバクラで飲んでこそ、一流芸能人」だと思っているフシがあり、古き良き時代の豪快なスター像を持っているようだ。 「ただ、社長が格好いい飲み方を教えないものだから、剛くんの酒癖はよくないで [全文を読む]

“歌舞伎町”伝説のホスト王「愛田武」の現在を独占直撃!(2)介護施設に会いに行ってみると…

アサ芸プラス / 2015年05月31日09時54分

後継者候補だった長男は「愛」を去って別のホストクラブを立ち上げた。同じように会社を追われた次男は、昨年3月に自ら命を絶ってしまった。葬儀に参列した知人が話す。「葬儀場で次男の亡骸と対面した武さんはかなり取り乱していた。『おい、起きろ。こんなところで寝てんじゃねえ』と平手打ちする姿は今でも忘れられない。それほど次男を愛していた。なぜ磨里を後継者に指名したのか [全文を読む]

生活保護費不正受給逮捕の韓国クラブママ 元仲間が捜査協力

NEWSポストセブン / 2013年05月28日16時00分

警視庁が詐欺容疑で逮捕した韓国人クラブ経営の許愛栄容疑者(54・韓国籍)は、2005年から新宿区に申請を行ない生活保護費を総額1400万円受け取っていた。 しかし、実際は2008年9月以降、1億円以上の売り上げを得ていた同時期に840万円の保護費を不正受給していた。 許容疑者が来日したのはバブル真っ最中の1988年──。以来、四半世紀以上にわたり、日本の夜 [全文を読む]

風営法は“善良な市民”の不安をつぶすための法律だ

週プレNEWS / 2012年10月23日13時00分

ここ数年、目に見えて厳しくなっている警察によるクラブ摘発。そもそもクラブを取り締まるための“風営法”はいつできたのか? 風俗文化研究の第一人者である松沢呉一氏が、風営法と日本文化の“根深い”関係について語る。 *** 風営法の歴史は古く、大正期に起こったダンスブームに対する規制に端を発します。具体的には、上流階級の息子がダンスホールで出会った街の娘と駆け落 [全文を読む]

全38巻ある原作コミックは、どこまで映画化されるのか? 綾野剛主演作『新宿スワンII』に張られた伏線

おたぽる / 2017年01月20日23時00分

シュールな演出で知られる園子温監督だが、『新宿スワン』では職人的演出に徹し、『自殺サークル』(02年)や『愛のむきだし』(09年)のように、沢尻エリカや真野恵里菜たちがおかしな地下クラブや新興宗教に入信することなく、物語は無事(?)に終わりを告げた。『新宿スワンII』では、園子温色はますます薄まっているが、映画として面白くないのかというとそうではない。今 [全文を読む]

中澤佑二からのSOS! 練習場が水没、仮眠室はまるで歌舞伎町のサウナ……落ちぶれた名門にファン悲鳴

日刊サイゾー / 2016年01月24日19時00分

マリノスタウンは、岡田武史元監督(元日本代表監督)の提案で、スペインのバルセロナFCのクラブハウスを参考にしており、日本一といわれるサッカー練習場を中心としたスポーツ施設だった。地元住民からも好評で、新たなファン獲得にも一役買っていたのだが、それだけの施設だけに維持費も年間6億円を超え、スポンサーに頼らない経営体制を目指すマリノスは、昨年の5月に移転を発表 [全文を読む]

ホストに「崖っぷち転身」したあのビッグダディに独占密着

アサ芸プラス / 2015年09月15日05時57分

8月30日、ダディがホストデビューしたのは新宿・歌舞伎町の「クラブアクト」。ホストの世界で「夜王」と称された愛田武氏の長男で、同店のオーナーを務める愛田孝氏が語る。「私の父は、けっして二枚目ではありませんが、持ち前の愛嬌と負けん気で伝説のホストになった。ヒゲに眼鏡という父の面影があるダディさんには、業界全体を明るく盛り上げてもらいたい」 そんな思いもあっ [全文を読む]

“歌舞伎町”伝説のホスト王「愛田武」の現在を独占直撃!(1)お家騒動で一文無しに…

アサ芸プラス / 2015年05月31日09時53分

ホストクラブ「愛」の創業者・愛田武氏(74)が、全財産を失い、老人ホームで孤独な晩年を送っている。伝説の「ホスト王」に何が起きたのか。 武氏と長年親交のある男性が、その窮状を訴える。「武さんは数年前から認知症を患い、現在は老人ホームで暮らしている。月額の入居費用は9万円ほどの公共型老人介護施設で、年金でどうにかやりくりしている。貯金も資産もなく、一文無しの [全文を読む]

交番行ってもダメで…歌舞伎町51万円「ぼったくり」キャバクラの手口

WEB女性自身 / 2015年03月04日06時00分

都のぼったくり防止条例違反などの疑いで逮捕されたのは、新宿区歌舞伎町のキャバクラ「クラブ セノーテ」の責任者、松田優也容疑者(25)ら5人。男性客はトイレ掃除や客引きをさせられ、勤務先の居酒屋チェーンの寮から「セノーテ」の従業員寮に自分の荷物を運ばされた。「逃げたら殺す」と脅された男性は、富士の樹海を目指し、静岡県御殿場市の山中で行き倒れていたところを発 [全文を読む]

歌舞伎町「女子学生昏倒事件」 明治大学「テニスサークル」公認取り消し・廃部へ

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月18日18時59分

新宿・歌舞伎町の路上で6月下旬に女子学生などが集団で昏倒し、救急搬送された事件について、明治大学は7月18日、調査結果を発表し、学生たちが所属していたサークル「クライステニスクラブ」の公認を取り消し、廃部にすると発表した。その理由として、過度な飲酒や未成年の飲酒が確認されたことをあげている。同サークルは6月20日夜、他大学の学生と合同で懇親会を開催。懇親会 [全文を読む]

フォーカス