後任 永島優美に関するニュース

永島優美アナは“ポスト・カトパン”に相応しくない!?

NEWSポストセブン / 2016年02月13日07時00分

フジテレビ退社と同時に『めざましテレビ』を卒業するカトパンこと加藤綾子アナの後任がさまざま取りざたされている。 三宅正治アナ・軽部真一アナの“おじさん同期コンビ”が居れば、正直、女子アナは誰が来たとしても番組は揺らぐことはないだろう。 が、八木亜希子、小島奈津子、木佐彩子、高島彩、生野陽子、そして加藤綾子…と歴代のメイン女子アナはみな女性視聴者の支持率が高 [全文を読む]

「フジ・永島優美アナ」VS「TBS・吉田明世アナ」 看板番組抜擢アナのエロ決定力比較!

アサ芸プラス / 2014年10月17日09時58分

さっそく2人のエロ決定力を測定する! 9月26日の「めざましテレビ」(フジ系)で番組卒業&結婚発表を行った生野陽子アナの後任は、なんと新人の永島優美アナ(22)だった。サッカー好きならご存じのとおり元日本代表・永島昭浩氏の長女で、目鼻だちクッキリの美人だ。4月の入社式には親同伴で登場して七光りと騒がれたが、早くもそれを覆す逸材と評判なのである。 「今夏のイ [全文を読む]

『めざましテレビ』メインMCで永島優美アナを襲う“カトパンの呪縛”…視聴率の低下は否めない?

週プレNEWS / 2016年03月13日06時00分

大方の予想どおり、4月末で退社するカトパンことフジテレビ・加藤綾子アナに代わり、『めざましテレビ』の後任キャスターに入社3年目の永島優美アナが大抜擢(ばってき)されることになった。 同局の中堅局員がタメ息をつく。 「確かに前例はあるんです。高島彩も入社3年目に入る2003年4月から『めざまし…』のメインに抜擢されていますから。でも正直、当時の高島と比較する [全文を読む]

抜擢美女アナ20人の“縄張り争い”を一斉実況!(1)フジテレビ・加藤綾子退社後の局内女子アナバトル行方は?

アサ芸プラス / 2016年03月12日09時57分

4月1日の放送を最後に、7年半メインキャスターを担当した「めざましテレビ」を降板することが決まっているが、その後任に決まったのが、入社2年目の永島優美アナ(24)なのだ。 局の顔である朝の一大看板のかけ替えの舞台裏について、同局の情報番組プロデューサーが打ち明ける。「一部では、昼の『直撃LIVEグッディ!』から三田由梨佳アナ(28)を異動させる、などという [全文を読む]

フジテレビ『めざましテレビ』MCに抜擢の永島優美アナ、カトパンに代わる“次期エース”の条件とは

日刊サイゾー / 2016年03月03日21時00分

フジテレビのエースであるカトパンこと加藤綾子アナが、フリー転身のため、『めざましテレビ』(月~金曜午前5時25分~)を4月1日で卒業するが、その後任MCに入社2年目(4月で3年目)のユミパンこと永島優美アナが抜擢を受けることとなった。永島アナは同4日よりMCとなり、三宅正治アナは続投する。 1994年にスタートした同番組の女性MCは、歴代、八木亜希子アナ、 [全文を読む]

酷使され…カトパン、ついに凋落フジテレビを見限り?心配は後任の永島優美?

Business Journal / 2015年07月16日23時00分

気になるのは、『めざまし』の加藤の後任が永島優美アナと報じられていることです。入社2年目の永島アナは、昨年の冠番組『ユミパン』が視聴率1%台を記録するなど、人気の低さが指摘されています。フジは加藤と生野陽子アナに続く若手アナの育成が急務だといわれていましたが、実際は芳しくなく、その問題点が一気に露呈されることになります。絶対的人気を誇っていた加藤アナの代わ [全文を読む]

永島優美アナ テレ朝の内定獲得も悩んだ末にフジテレビ入社

NEWSポストセブン / 2014年10月06日16時00分

昼の『バイキング』でも、絶対的エース・加藤綾子アナ(29)の後任として、火曜・木曜を担当する。 父親は元Jリーガーで、現在フジテレビ『スーパーニュースWEEKEND』のキャスターを務める永島昭浩氏。内定当時は「コネ入社」とも揶揄されたが、実力は確かなようだ。フジの社員がいう。 「実は彼女、フジだけじゃなくテレ朝の内定も勝ち取っていたんです。悩んだ末にウチを [全文を読む]

ミタパンのブレイク失敗でフジの「女子アナ王国」が崩壊寸前!

週プレNEWS / 2016年07月10日06時00分

「『めざましテレビ』の後任キャスターは入社3年目(2014年入社)の永島優美が務めていますが、やはり力量不足が否めない。 正直、次期看板アナ候補が見当たらないのが現状で、バラエティ班のプロデューサーは『数字(視聴率)を持っているMCがいない』なんてボヤいていますよ。 加藤が退社するのはわかっていたのだから、それまでに若手を育成するべきだった」 確かに誤算 [全文を読む]

「ポスト・カトパン」を狙い、2人のフジテレビ女子アナがパンチラ合戦!

日刊サイゾー / 2016年06月05日09時00分

「ひとりは『めざましテレビ』で加藤の後任を務めている永島優美アナです。彼女の父は元サッカー日本代表で、スポーツキャスターの永島昭浩。当初はコネ入社呼ばわりされていましたが、アナウンス技術も悪くなく、思いきりの良さもある。もうひとりは、2年目の宮司愛海アナ。よゐこ・有野晋哉を呼び捨てにしたり、カンニング竹山相手に逆ギレするなど、バラエティ素養はたっぷり。さ [全文を読む]

美バスト女子アナの“極秘”「パィナマ文書」を公開!(1)フリー転身の元フジ・加藤綾子は重責がなくなり…

アサ芸プラス / 2016年04月29日09時57分

このままいけばオメデタも近そうですね」(前出・報道部ディレクター) ポスト・カトパンの大本命に躍り出たのが「めざましテレビ」で後任を務める永島優美アナ(24)だ。番組スタッフが生情報を耳打ちする。「しっかり者の癒やし系美でがっちりした体形に見えるものの、そばで見ると触り心地のよさそうなモチ肌に目を奪われます。バストサイズもCカップ以上とポテンシャルは高い」 [全文を読む]

コネ入社の成功例!?「めざましテレビ」新MC・永島優美アナはカトパン級の器!

アサ芸プラス / 2016年04月15日09時58分

それだけに後任の新MC・ユミパンこと永島優美アナに注目が集まっていたが、なかなかの高評価を得ているようだ。 入社3年目の永島アナは入社半年で情報コーナーを担当するサブキャスターとして同番組に出演。MCになっても何一つ気負うことなく仕事をこなしている。 また6日の放送では、12年から同番組のMCを務めている大先輩の三宅正治アナが些細なミスをすると、「三宅さ [全文を読む]

大幅に出演者が入れ替わったフジの朝番組 永島優美『めざましテレビ』は上々の発進となったが……

日刊サイゾー / 2016年04月08日21時30分

高見アナの後任として、『めざましテレビ』の天気担当だった小野彩香キャスターが移動。これまで、天気担当だった宮司愛海アナ(月~木曜)、小澤陽子アナ(金曜)はスポーツに担当替え。 牧野アナは、「ミスキャンパス同志社2010」グランプリに輝いた美貌の持ち主で、学生時代はタレント活動も行っていた。静岡朝日テレビに入社後は、地方局ながら、“かわいすぎる女子アナ”と称 [全文を読む]

元アイドリング!!!・横山ルリカ、『めざまし』新リポーター抜擢で早くも話題に

メンズサイゾー / 2016年04月06日10時00分

しかし一部メディアからは、加藤の後任に抜擢された永島優美(ながしま・ゆうみ/24)のアナウンススキルに疑問の声も上がっている。ネット上の番組ファンの中には先行きを不安視する人もおり、永島が不甲斐ない姿を見せ続ければ人気を落としそうな気配だ。 だが、そんな永島にとって心強い味方が新メンバーに加わったようだ。それは、日常の気になる出来事をとことん調べるコーナ [全文を読む]

あの女子アナ、不倫ベッド写真流出が原因?フジ番組に鳴り物入りで抜擢、ひっそり降板

Business Journal / 2016年04月05日07時00分

4月からの後任は永島優美が務めることが発表された。また、毎回人気者を輩出するお天気キャスターも2年間務めた小野彩香から現役早大生・阿部華也子に交代するなど、攻めの人事が目立っている。 その一方で「やはり」という声が上がっているのが、『めざましテレビ アクア』のフリーアナウンサー・牧野結美。3月いっぱいで1年間のメインキャスターを降板することになったのだ。し [全文を読む]

「めざまし」キャスター争いの裏で、あの破局アナが復帰を画策していた!

アサ芸プラス / 2016年03月09日09時59分

だが、朝の「顔」をめぐる後任争いでは、先に名前が挙がっていたのは、2年先輩の宮澤智アナだったという。フジテレビ局員がこう話す。「原稿を読む技術は高く、年齢的にもアナウンス部を引っ張っていく存在として期待されています。昨年は巨人の小林誠司捕手と熱愛が発覚。上層部の中には、その交際を面白く思っていない人も多く、朝の番組を任せれば会う時間が限られ、仕事に集中して [全文を読む]

加藤綾子アナ退社のスポニチ誤報は「カトパンによる報復」!? フジ局員から“偽リーク”証言も

日刊サイゾー / 2015年07月17日09時00分

スポニチの記事では、加藤アナが出演中の情報番組『めざましテレビ』を9月いっぱいで降板し、後任を永島優美アナが務めることや、局側と円満退社の準備を早くから進めてきたことが書かれていたが、亀山社長は「降板もない」とキッパリ。だが、会見後には一部のフジ局員から「カトパンの逆襲らしい」という妙なウワサが聞かれた。 「カトパンは昨年、スポニチに(メジャーリーガーの [全文を読む]

生野陽子 「報道アナとして認められなければ先厳しい」の声

NEWSポストセブン / 2014年09月22日11時00分

後任には新人で将来のエースと期待される永島優美アナ(22)が入る。生野アナは“30歳定年”を言い渡されてしまったようなものです。もうアイドル的な立ち位置に戻れるとは思えないし、これからは報道アナとして認められなければ先は厳しい」(前出・情報番組スタッフ) ※週刊ポスト2014年10月3日号 [全文を読む]

フォーカス