宮司愛海 永島優美に関するニュース

M字でおっぴろげ、アバターメイク…フジ宮司愛海アナの振り切れ感がヤバイ

アサ芸プラス / 2016年09月01日09時58分

可愛いのに下ネタもOK、フジテレビ入社2目の宮司愛海アナの人気が急上昇中だ。 8月25日に放送されたバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」では、「とんねるずの夏休み」と題して、沖縄出身の満島真之介がとんねるずの沖縄旅行をプロデュースするというロケ企画を放送。その旅ロケに宮司アナも同行したが、アシスタントどころか独壇場の活躍を見せたのだ。「ビー [全文を読む]

フジテレビ“ポスト・カトパン”は宮司愛海だけじゃない! 同期入社“ミス慶応”が有力候補に急浮上

日刊サイゾー / 2015年10月27日13時00分

その中で、早くも“ポスト・カトパン”として注目を集めているのが、「ミスサークルコンテスト2010」「早稲田コレクション2011」でグランプリを受賞している宮司愛海アナ。容姿は加藤アナ同様、美貌とかわいさを兼ね備えたアイドルタイプだ。10月16日にスタートした新番組『さまぁ~ずの神ギ問』(金曜深夜1時25分~)で、新人ながらMCに抜擢され、無難に大役をこな [全文を読む]

フジ新人・久慈&海老原ツインタワー抜擢に不満抱くアナの名

NEWSポストセブン / 2017年05月31日07時00分

今年は新人2人をセンターに据え、脇を固めるのは入社3年目の宮司愛海アナ(25)と2年目の永尾亜子アナ(23)です。局内からは『中央と脇が逆だろ!』というツッコミもあったほど。それほどツインタワーは“特別扱い”されている」(フジテレビ関係者) このサプライズ人事の背景には、フジテレビ女子アナの“人材難”があった。 「昨年のカトパン退社以降、エースとして期待 [全文を読む]

Hey!Say!JUMP伊野尾の「3月11日生まれの子供たち」を報じる涙声が大反響

アサジョ / 2017年03月11日18時14分

関連記事:フジ宮司愛海アナも狙われた!?ジャニーズにとって女子アナは“都合がいい女”? http://www.asagei.com/excerpt/74504 [全文を読む]

フジテレビ関係者「ウチにはスキャンダルも数字もない」と嘆息

NEWSポストセブン / 2017年01月12日07時00分

そのため、人気急上昇中のサブキャスター・宮司愛海アナ(25)の“メイン昇格案”が浮上しています」(同前) ※週刊ポスト2017年1月13・20日号 [全文を読む]

退社&異動した女子アナは8人! カトパンクラスじゃないと厳しいフリー転身という道

週プレNEWS / 2017年01月01日10時00分

「フジは世代交代が進み、入社2年目の宮司愛海アナや小澤陽子アナが台頭。今はスターアナが生まれるまでの過渡期といえるでしょう」 昨年、カトパン以外に退社&異動したキー局の女子アナは計7人。その内訳はというと、フジの細貝沙羅アナ(人事部に異動)に日本テレビ・山下美穂子アナ(スポーツ局に異動)と上田まりえアナ(退社)。 そしてTBSは久保田智子アナ(年内での退 [全文を読む]

三田友梨佳アナ 永島優美アナに急接近しミタパン派閥結成か

NEWSポストセブン / 2016年11月23日07時00分

旧カトパン(加藤綾子)派出身でいまや局のエースとなった椿原慶子アナ(31)との関係も良好で、山崎夕貴アナ(29)や宮司愛海アナ(25)も取り込んで、ショーパン派は一気に最大派閥となった。 一方で、ひとり取り残された形となったのがミタパン(三田友梨佳・29)だ。 「ミタパンはどちらの派閥にも属していなかった永島優美アナ(24)に急接近しています。局内では『ミ [全文を読む]

嵐が後輩・伊野尾慧におかんむり!

Smartザテレビジョン / 2016年11月16日16時47分

11月17日(木)放送の「VS嵐」(フジテレビ系)に、“朝の顔”三宅正治アナ、永島優美アナ、生田竜聖アナ、宮司愛海アナ、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、岡副麻希ら「めざましテレビチーム」が参戦! ずらりと並んだアナウンサー陣の中に混ざった事務所の後輩・伊野尾に、櫻井翔は「おまえ、出てねーだろ!」と思わずツッコミを入れる。 伊野尾は「出てますよ! [全文を読む]

フジテレビの三田友梨佳アナがプロ野球選手と”交際宣言”できないウラ事情

デイリーニュースオンライン / 2016年10月24日17時06分

三田の後輩にあたる、永島優美(24)や宮司愛海(25)も頭角を現していますが、まだキャリアが浅い。フジからすると、現在安定的なエースである三田を手放したくはないはずです」(芸能関係者) また野球に詳しい三田は、球界での印象も良く取材がしやすいという意見も。野球に無知な若手アナウンサーが行くよりも、三田が向かう方が双方にとってメリットがあるということだろう。 [全文を読む]

「ポスト・カトパン」を狙い、2人のフジテレビ女子アナがパンチラ合戦!

日刊サイゾー / 2016年06月05日09時00分

もうひとりは、2年目の宮司愛海アナ。よゐこ・有野晋哉を呼び捨てにしたり、カンニング竹山相手に逆ギレするなど、バラエティ素養はたっぷり。さまぁ~ずの“下ネタ口撃”にも『基本的にはウェルカムです』と答えるなど、切り返しもスマートです。いま局内では、そんな2人の“パンチラ合戦”がスゴいというウワサで持ち切りなんですよ。必ずミニスカをはいてきて、リハーサルではスタ [全文を読む]

大幅に出演者が入れ替わったフジの朝番組 永島優美『めざましテレビ』は上々の発進となったが……

日刊サイゾー / 2016年04月08日21時30分

これまで、天気担当だった宮司愛海アナ(月~木曜)、小澤陽子アナ(金曜)はスポーツに担当替え。 牧野アナは、「ミスキャンパス同志社2010」グランプリに輝いた美貌の持ち主で、学生時代はタレント活動も行っていた。静岡朝日テレビに入社後は、地方局ながら、“かわいすぎる女子アナ”と称されるほどの人気者となった。昨年2月いっぱいで同局を退社し、セントフォース入り。同 [全文を読む]

「カトパンは続けるんだろうな?」フジの電話鳴り止まず

NEWSポストセブン / 2016年03月26日07時00分

カトパンの座っていたキャスター席に座るのは4月で入社3年目になる永島優美アナ(24)と新人の宮司愛海アナ(24)だが、前任者が“偉大”すぎたせいか局内では不安の声が絶えない。 「実力未知数のツートップでは地味で知名度も低い。カトパンに頼り切って看板アナを育ててこなかったツケが出ている」(同前) そこに追い打ちをかけたのが「ショーンK」問題だ。4月からスター [全文を読む]

“視聴率惨敗”フジテレビのリーサルウェポン・宮司愛美はフジを救えるのか? スキャンダルを心配する声も…

おたぽる / 2015年09月19日12時00分

ただ、今年の新人アナウンサーである宮司愛海に対しては、久しぶりの大物ルーキーの出現だと期待する声が多く上がっているようです」(業界関係者) 宮司は、早稲田大学在籍時に「ミスサークルコンテスト2010」「早稲田コレクション2011」でそれぞれグランプリを受賞。ユニクロのイメージキャラクターを務めるなど、ルックスは加藤のような“可愛い”路線で、かつての高島彩、 [全文を読む]

“脱・加藤綾子シフト”問題なし! 大物ルーキー台頭で、カトパンのXデーいよいよ迫る?

日刊サイゾー / 2015年09月09日13時00分

「今年入社の新人アナウンサー・宮司愛海は、すでにネット上ではかなりの人気を得ているようです。早稲田大学在学中には『ミスサークルコンテスト2010』と『早稲田コレクション2011』の2冠に輝き、ユニクロのモデルも務めたルックスのよさは折り紙付き。アナウンサーとしての実力も申し分ないですし、『とんねるずのみなさんのおかげでした』に出演した際には、気に入ったタ [全文を読む]

フジ『○○パン』廃止へ 「毎年やる必要ないのでは」と社員

NEWSポストセブン / 2015年06月17日07時00分

そのほうが勲章にもなる」 今年は、ミス慶応の小澤陽子アナ(23)や早稲田大のイメージキャラだった宮司愛海アナ(23)などフジにとって救世主になり得る期待の新人がいる。彼女たちが廃止の流れに待ったをかけられるか。 ※週刊ポスト2015年6月26日号 [全文を読む]

視聴率1%台…フジ永島優美アナの危機 フジのゴリ押し&露出しまくりでも人気不発

Business Journal / 2015年05月09日17時00分

好みの別れる永島と比べ、今年入社の小澤陽子と宮司愛海のルックスは王道路線。永島は新人とは思えないほど噛まないし、生放送での機転も利く。人気は彼女たちに任せて、地道にアナウンサーとしての能力を高めて、数年後には“実力派”と呼ばれていてほしいですね」 永島は早くも路線転換が求められているのかもしれない。 (文=編集部) [全文を読む]

大幅増となったキー局新人女子アナ 例年通り「セミプロ」揃い

NEWSポストセブン / 2015年04月07日11時00分

同じくフジテレビの宮司愛海アナも大学3年の夏から1年間休学し、タイでテレビ局のスタッフとして働いたという異色の経歴を持つ。こちらもフジの新美有加アナは、学生時代に海外ドラマチャンネル「AXN」の視聴者レポーターとして米エミー賞を取材したこともある。 この1年は昨年入社のフジテレビ・永島優美アナが『めざましテレビ』のキャスターを務めるなど大活躍。今年度、女子 [全文を読む]

フォーカス