視聴率 永島優美に関するニュース

大江アナ結婚もWBS視聴率変わらず 女子アナと視聴率の因果

NEWSポストセブン / 2014年10月18日07時00分

ファンからは落胆の声が上がったが、メインキャスターを務める『ワールドビジネスサテライト』(以下、WBS)の視聴率にはどんな影響があるのだろうか。テレビ東京関係者が話す。「不思議なのか、当然なのか、結婚前後でWBSの数字は変わらないですね。たとえば、結婚発表前日の9月15日は3.3%で、発表当日の16日は3.9%、翌17日は3.8%とほとんど同じです。その後 [全文を読む]

“視聴率惨敗”フジテレビのリーサルウェポン・宮司愛美はフジを救えるのか? スキャンダルを心配する声も…

おたぽる / 2015年09月19日12時00分

かつて視聴率三冠王の名を欲しいままにしていたフジテレビが、壊滅的な危機に陥っている。7月~9月期放送の連続ドラマが軒並み視聴率1ケタ台を叩きだし、“打倒ミヤネ屋”を目標に安藤優子キャスターを昼の時間帯に抜擢した『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)は最低視聴率1.1%をマーク。亀山千広社長の肝入りで始まった『水曜歌謡祭』(同)も低視聴率が続き、10月 [全文を読む]

低迷する月9『ラヴソング』にフジ女子アナ出演でさらなる批判

デイリーニュースオンライン / 2016年05月01日13時05分

自らの手で視聴率低下を狙っているのだろうか。4月29日、福山雅治が主演する月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)に、同局の永島優美アナウンサー(24)が出演することが明らかになった。役者をキャスティングしないフジの自爆演出にウンザリした声が出ている。 ■アナウンサーの出演予告に視聴者ウンザリ “カトパン”こと加藤綾子アナウンサー(31)が退社した後、朝の [全文を読む]

フジ永島優美アナ 『○○パン』廃止で意気消沈を心配する声

NEWSポストセブン / 2015年06月15日07時00分

2000年の千野志麻(37)の『チノパン』以降、高島彩(36)の『アヤパン』(2001年)、加藤綾子アナ(30)の『カトパン』(2008年)など、局を代表するスターを生み出し、視聴率5%という深夜ではありえない数字をたたき出すこともあった番組ですが、今年3月に終了した9代目・永島優美アナ(23)の『ユミパン』は視聴率1%台の低空飛行。時代が違うというのもあ [全文を読む]

パンアナ史上最も影の薄い三上真奈アナ 薄味を武器に頑張れ!

NEWSポストセブン / 2015年06月13日07時00分

* * *「パンが多すぎ」「パンアナに選ばれなくて良かった」「視聴率1%台」…。ネットニュースで目にした『ユミパン』(フジテレビ系)の現状が気になった。 15年前、千野志麻アナの『チノパン』からスタートした、フジテレビ新人女性アナウンサーが担当する「〇〇パン」シリーズ。現在担当する永島優美アナの『ユミパン』は、彼女がゲストの振りに応えられず愛想笑いしかし [全文を読む]

視聴率1%台…フジ永島優美アナの危機 フジのゴリ押し&露出しまくりでも人気不発

Business Journal / 2015年05月09日17時00分

『ユミパン』は深夜帯とはいえ視聴率が1〜2%台。4月2日深夜放送の卒業SPも1%台でした。時代が違うとはいえ、同じ深夜帯で千野志麻の『チノパン』、高島彩の『アヤパン』は4〜5%を稼ぐことも珍しくなかった。生野陽子の『ショーパン』や加藤綾子の『カトパン』の視聴率は、初回より最終回のほうが良かったし、徐々に話題になり視聴率も上昇していった。しかし、『ユミパン』 [全文を読む]

フジ女子アナ採用 「役員の好みで…」と佐藤里佳部長疑義

NEWSポストセブン / 2017年04月06日07時00分

「1位の水卜麻美アナを擁する日本テレビは、3年連続で視聴率年間三冠王に輝いています。フジが視聴率年間三冠王に君臨していた1990年代初頭は、『花の三人娘』が活躍していた。2004年に再び三冠王に返り咲いた頃は、アヤパンが『めざましテレビ』の顔として活躍し、内田恭子や中野美奈子もいた。女子アナは数字が取れる“局の顔”だけに、最近のウチの低迷は人気女子アナの不 [全文を読む]

大幅に出演者が入れ替わったフジの朝番組 永島優美『めざましテレビ』は上々の発進となったが……

日刊サイゾー / 2016年04月08日21時30分

加藤アナの卒業で視聴率下落が心配されたが、永島アナが新MCとなった初日(4日)の視聴率は8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と上々。加藤アナが卒業した日(1日)の視聴率は8.7%(第2部)で、ほぼ変わらず。ただ、“お試し”で視聴率が良かったとも考えられ、カトパン抜きの『めざましテレビ』の正念場はこれから。ライバル番組『ZIP!』(日本テレビ系 [全文を読む]

『めざましテレビ』メインMCで永島優美アナを襲う“カトパンの呪縛”…視聴率の低下は否めない?

週プレNEWS / 2016年03月13日06時00分

カトパンほどのタレント性はないですし、視聴率の低下は否めないでしょうね」 局内ではベテランアナの名前を推す声もあったという。 「西山喜久恵アナや佐々木恭子アナなど安心感のあるアナウンサーが適任なんですが、『めざまし…』は体力勝負でもある。どうしても若手に頼らざるを得ない実情があるんです」(前出・局員) とはいえ、永島アナにとっては、看板アナにのし上がるチャ [全文を読む]

酷使され…カトパン、ついに凋落フジテレビを見限り?心配は後任の永島優美?

Business Journal / 2015年07月16日23時00分

視聴率低迷に苦しみ、最近は『番組制作すら普通にできない』と酷評されているフジにとって、加藤アナの存在は数少ない希望でした。これまで幾度となくフリー転身が噂され、一時はとんねるずの個人事務所が移籍金に3億円を用意したとも一部でささやかれました。さらに、トーク番組内でアナウンス室長(当時)の牧原俊幸アナが『(引き留めは)もちろん』『辞めないよね?』と慰留す [全文を読む]

バイト先に行列ができた!?「美しすぎる新人アナ」がポスト加藤綾子に名乗り

アサ芸プラス / 2016年12月20日17時59分

なんでも視聴率トップの日本テレビを蹴って、フジを選んだそうですよ」(前出・テレビ局関係者) 視聴率で苦戦続きのフジテレビが復活するには、看板アナの登場は欠かせないだけに、次世代女子アナの成長に注目したい。 [全文を読む]

断末魔!?福山雅治「ラヴソング」と「めちゃイケ」コラボに漂う“チープな匂い”

アサ芸プラス / 2016年05月20日17時59分

5月16日に放送された福山雅治主演ドラマ「ラヴソング」第6話の視聴率が6.8%と、月9史上ワースト視聴率を叩き出してしまった。福山をもってしても数字が取れずお手上げ状態。そのせいか、話題作りのために“ヤケクソ”のようなサプライズを実行するようだ。 それがナイナイ岡村隆史の出演。23日放送の第7話で、同局で放送されているバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ! [全文を読む]

「めざましテレビ」次期MCの永島優美アナが人気アナになれない理由とは!?

アサ芸プラス / 2016年03月04日17時58分

視聴率トップが定位置だったフジテレビの朝の看板番組「めざましテレビ」が、先月の月間平均視聴率で日本テレビの「ZIP!」に抜かれる非常事態となった。「『めざましテレビ』はフジがトップの座を守り続けてきた数少ない番組。しかも、4月には加藤綾子アナが退社に伴って降板することが決まっています。企画もマンネリ化して、いよいよ最後の牙城も崩されるのかと、スタッフは戦々 [全文を読む]

視聴率1%台でフジの「○○パン」がついに打ち止め? 局内からも「パンが多すぎる」と批判の声

週プレNEWS / 2015年06月07日06時00分

当然、局も猛プッシュしていたんですが…視聴率は1%台と低迷してしまいました」 期待通りの結果にならなかった理由はなんだったのか。フジ局員が解説する。 「自分の話をするのが恥ずかしいのか、小さくまとまりすぎた印象。ゲストがせっかくキワドイ質問を投げかけて番組を盛り上げようとしているのに、彼女は愛想笑いばかりで面白いリアクションがない。かつてのアヤパンやカトパ [全文を読む]

フジテレビは“コネ”テレビ? “大魔神”佐々木主浩の長男ほか“疑惑の社員”が続々

サイゾーウーマン / 2017年04月10日11時45分

ただ、フジは現在企業イメージが地に落ちており、視聴率も低迷しているだけに、今後こうしたコネ疑惑が多発する採用を続けていくようでは、さすがに問題かもしれませんね」(同) 佐々木の長男も、入社したならば世間の声に負けず、社会人としてしっかり頑張ってほしいものだ。 [全文を読む]

今年は“大魔神”佐々木主浩の長男が「コネ入社」!?フジテレビの思惑とは?

アサ芸プラス / 2017年04月10日09時58分

その後、佐々木は不貞の末に人気アイドル女優だった榎本加奈子と再婚しています」(芸能ライター) 視聴率低迷が続くフジテレビだが、その原因のひとつに「コネ入社」を挙げる局員も多い。近年は竜崎勝の長女・高島彩、高橋英樹の長女・高橋真麻、田淵幸一とジャネット八田の長男・田淵裕章、永島昭浩の長女・永島優美、生田斗真の弟・生田竜聖、藤井フミヤの長男・藤井弘輝、陣内孝則 [全文を読む]

フジテレビ関係者「ウチにはスキャンダルも数字もない」と嘆息

NEWSポストセブン / 2017年01月12日07時00分

特にカトパン退社以降、看板番組である『めざましテレビ』の視聴率低迷が叫ばれている。 「現在、メインキャスターを務める永島優美アナ(25)が“戦犯”とされている。そのため、人気急上昇中のサブキャスター・宮司愛海アナ(25)の“メイン昇格案”が浮上しています」(同前) ※週刊ポスト2017年1月13・20日号 [全文を読む]

フジテレビ 女子アナ王国復権へ来春「ツインタワー」が入社

NEWSポストセブン / 2016年09月29日07時00分

視聴率低迷にあえぐ同局だが、悩ましいのは数字だけではない。今年4月には、絶対エースだった加藤綾子アナ(31)が退社。ポストカトパンと期待された永島優美アナ(24)は伸び悩み、いまだベテランの生野陽子アナ(32)に頼らざるを得ない深刻な人材不足に頭を抱えているのだ。 だが、ここにきてフジテレビが「王国」復権に動き出したという。その秘密兵器とされているのが20 [全文を読む]

ミタパンのブレイク失敗でフジの「女子アナ王国」が崩壊寸前!

週プレNEWS / 2016年07月10日06時00分

正直、次期看板アナ候補が見当たらないのが現状で、バラエティ班のプロデューサーは『数字(視聴率)を持っているMCがいない』なんてボヤいていますよ。 加藤が退社するのはわかっていたのだから、それまでに若手を育成するべきだった」 確かに誤算はあった。カトパンに次ぐ人気を誇っていた三田友梨佳アナが昨年3月末に『直撃LIVE グッディ!』に起用され、ベタつきになっ [全文を読む]

庶民感覚ウケたフジ山崎夕貴アナと強い味方持つ永島優美アナ

NEWSポストセブン / 2016年06月11日07時00分

局としてお世話になっているので、むげにはできません」(同前) 担当番組が低視聴率ですっかり目立たなくなったが、意外にも「身内好感度」を上げているのが安藤優子キャスター(57)だ。制作会社スタッフがいう。 「最近、『グッディ!』の会議に頻繁に参加してずっと年下のスタッフに『こうしたほうがいいかな?』とアドバイスを求めています。実績ある方の威張らない素振りに現 [全文を読む]

フォーカス