映画 大杉漣に関するニュース

「ものづくりはブーメラン」松江哲明&山下敦弘が“山田孝之というジャンル”を通して見えたこと

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月15日17時00分

2017年1月~3月にテレビ東京ほかで放送された深夜番組『山田孝之のカンヌ映画祭』。カンヌ映画祭で賞をとろうとする山田孝之が、映画監督・山下敦弘や、その他多くの人物と共に映画を作ろうとする過程をおいかけたドキュメンタリードラマである。2015年に放送された『山田孝之の東京都北区赤羽』と同じ、松江哲明監督と山下敦弘監督が再び、山田孝之とタッグを組んだこの作品 [全文を読む]

『シン・ゴジラ』は見る価値あり?映画野郎がネタバレなしの緊急トーク

まぐまぐニュース! / 2016年08月17日15時00分

MAG2 NEWSでおなじみの軍事ジャーナリスト・加藤健二郎さんも軍事考証で協力している、巷で話題の特撮映画「シン・ゴジラ」、みなさんはもう見に行かれましたか?「面白かった!もう一回見に行く!」「エヴァを思い出させてくれた。素晴らしい」という絶賛の声が溢れる一方、「ビジュアルがダサい。歴代最低」「石原さとみの英語がルー大柴みたい」などの酷評も。一体どっちな [全文を読む]

【ノーカット動画】超豪華キャストが勢ぞろい『アウトレイジ 最終章』日本一怖い舞台挨拶が開催!

ガジェット通信 / 2017年09月27日12時00分

【ノーカット】超豪華オールキャストが勢ぞろい 映画『アウトレイジ最終章』ジャパンプレミア https://youtu.be/1qBbpqolStk 前作の抗争で勢力を拡大した花菱会・若頭役の西田敏行さんは、「今日おいでの皆様は抽選で当てられた、ただで映画をご覧になられる、大変運のいい方です。ですから今日ご覧になられたら、ぜひぜひ素晴らしい面白い映画だよっ [全文を読む]

群馬所縁の企業の協賛により実現 映画『からっぽ』による地域活性化の取り組み

@Press / 2012年06月06日13時00分

映画製作会社の合同会社ガフ(本社:東京都板橋区)は、劇場用長編映画『からっぽ』( http://karappo.me/ )を制作し、6月16日(土)より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開することとなりましたのでお知らせ致します。■映画制作の新しい形 映画『からっぽ』は、群馬県桐生市出身の監督が、同市を舞台にオール群馬ロケにて撮影、さらに群馬県出身の [全文を読む]

大杉漣、ミムラ、しょこたんが映画愛を熱く語る! 映画好き著名人がおススメする意外な映画とは?

PR TIMES / 2015年08月26日12時00分

新しい動画配信サービス「クランクイン!ビデオ」で配信中の映画から著名人がおススメをピックアップ新作を含む“洋画・邦画・劇場版アニメ・ドラマ”を中心に約7,000本が配信され、いつでもどこでも映画をオンラインで楽しめる動画配信サービス「クランクイン!ビデオ」。これまで見逃していた話題作や意外な堀出しものにも是非チャレンジしてみたいところだが、「クランクイン! [全文を読む]

オール北九州ロケ!!映画『グッバイエレジー』の写真展が東京で開催!北九州東京事務所で4月14日(金)まで

PR TIMES / 2017年02月28日14時57分

オール北九州ロケ!!大杉漣、石野真子、藤吉久美子、吉田栄作ら出演、北九州市出身の三村順一監督の映画『グッバイエレジー』の写真パネル展が、平成28年10月に有楽町の東京交通会館へ移転した北九州東京事務所・ひまわりテラスにて、4月14日(金)まで展示されます。 [画像1: https://prtimes.jp/i/23820/7/resize/d23820-7 [全文を読む]

やっぱり可愛い大杉漣!おじさんたちのテラスハウスが濃くてハァハァする/『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』第一話レビュー

messy / 2017年01月16日23時00分

「バイプレイヤー」とは、多くの映画やドラマに出演し、主演俳優に引けを取らない人気のある名脇役のことを表します。このドラマは、遠藤憲一(55)、大杉漣(65)、田口トモロヲ(59)、寺島進(53)、松重豊(53)、光石研(55)<※50音順>と、まさに日本の映画・ドラマ界に欠かせないバイプレイヤー6名が本人役で登場。現在公開中の蒼井優主演映画『アズミ・ハルコ [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(10月5日付)見ごたえある邦画が続々公開

ガジェット通信 / 2017年10月06日13時30分

『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて 10月5日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。 ■【10月5日】「今週末みたい映画ランキング」 対象 [全文を読む]

西田敏行、抱えられながら撮影!『アウトレイジ』壮絶なクランクイン

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月25日21時00分

俳優の西田敏行が25日、イイノホールで行われた映画『アウトレイジ 最終章』ジャパンプレミアに出席し、脳出血で休養を余儀なくされていた塩見三省と共に「初日はみんなに抱えられながら撮影したんです」と壮絶なクランクインだったことを明かした。本イベントにはメガホンを取った北野武監督のほか、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、白竜、名高達男、光石研、池内博之、金田 [全文を読む]

二階堂ふみ「現役慶大生の実力派」その小悪魔的な魅力

日刊大衆 / 2016年11月07日11時00分

女優として映画以外の分野でも活躍中の彼女が持つ魅力とは?「『何者』や『SCOOP!』を含め、今年だけで5本もの映画に出演しており、若手No.1の演技派女優として映画関係者からも絶大な支持を集めていますね」 このように映画関係者が大絶賛するのは、女優・二階堂ふみ(22)のことだ。『何者』では有村架純らと共演し、就職活動中の女子大生を、『SCOOP!』では写真 [全文を読む]

真木よう子、二階堂ふみに「自分にはないものを持っている」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年04月03日19時30分

金沢三文豪のひとりである室生犀星が、晩年に発表した小説『蜜のあはれ』が、 映画『蜜のあわれ』として2016年4月1日(金)より全国公開しました。 映画『蜜のあわれ』は、作者である室生犀星自身ともとれる老作家の妄想から生まれた金魚の少女が、自分のことを “あたい” と呼び、老作家のことを “おじさま” と呼んで甘えてみせる可愛らしい恋の物語。 金魚から人間の [全文を読む]

真木よう子、「必死でウグイスのフォローしてました(笑)」【二階堂ふみ&真木よう子インタビュー前編】

Woman Insight / 2016年04月02日21時00分

金沢三文豪のひとりである室生犀星が、晩年に発表した小説『蜜のあはれ』が、 映画『蜜のあわれ』として2016年4月1日(金)より全国公開しました。 映画『蜜のあわれ』は、作者である室生犀星自身ともとれる老作家の妄想から生まれた金魚の少女が、自分のことを “あたい” と呼び、老作家のことを “おじさま” と呼んで甘えてみせる可愛らしい恋の物語。 金魚から人間の [全文を読む]

爆弾ジョニーが映画「サムライフ」主題歌書き下ろし

dwango.jp news / 2015年01月16日12時00分

2/28(土)より公開映画『サムライフ』に爆弾ジョニーの新曲が起用されることがわかった。映画は長岡秀貴氏の同名原作「サムライフ」をもとに長野県・上田市を舞台に27歳の元・高校教師が自分の夢、全財産725円からの「理想の学校づくり」に挑む青春ノンフィクション。一人の若者の夢が仲間に拡がり、その夢を実現させるまでを描き、現在の日本が抱える教育問題に一石を投じる [全文を読む]

累計500万ビデオビューを記録する人気ネット小紀行番組 「大杉漣の『漣☆写でGO!+(プラス)』」リニューアルスタート! 7月5日(木)より

PR TIMES / 2012年07月05日12時21分

記念すべき最初(7月)のゲストは、映画「HANA-BI」「菊次郎の夏」(北野武監督作品)などに出演し、日本アカデミー賞部門賞(優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞など)をはじめ、様々な受賞歴をもつ名女優・岸本加世子さんです。漣さんは、ゲストが誰なのか全く知らされていなかったため、思わぬサプライズ展開も見どころです。 [全文を読む]

注目の強面バイプレイヤー三浦誠己の嘘がつけないナイーブな表情

しらべぇ / 2017年09月29日06時30分

ドラマや映画好きなら、『侠飯~おとこめし~』(テレビ東京系)の「若頭!」と思い、『ディストラクション・ベイビーズ』で「柳楽優弥を序盤にボコボコにして、後半にボコり返されていた武闘派ヤクザだ」と気づくだろう。■今の時代のリアルな暴力――ヤクザ役、とりわけ武闘派ヤクザの役が多いが、そうした役を演じる時のこだわりは?「日本映画の中には『仁義なき戦い』など、すごい [全文を読む]

北野武『アウトレイジ』は完結も「またオールスターで…」と構想明かす

マイナビニュース / 2017年09月26日10時00分

10月7日公開の映画『アウトレイジ 最終章』のジャパンプレミアが25日、都内で行われ、北野武監督、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、池内博之、金田時男、岸部一徳が出席した。 北野武監督18作目となる本作は、裏社会の男たちの抗争を描いて国内外で人気を博している『アウトレイジ』シリーズのラストを飾る作品。そんな本 [全文を読む]

二階堂ふみの、あの艶めかしくてエロティックな赤い衣装が…

Woman Insight / 2016年02月26日19時00分

金沢三文豪のひとりである室生犀星が、晩年に発表した小説『蜜のあわれ』が、 映画『蜜のあわれ』として2016年4月1日(金)より全国公開します。 本作では、室生犀星自身を想起させる老作家と、彼が愛でる少女の姿に変貌する金魚との無邪気かつエロティックな触れ合いを描きます。 今回、二階堂ふみが、丸いお尻で自分のことを“あたい”と呼び、金魚から人間の姿に変貌する少 [全文を読む]

北野武、次のバイオレンス映画は「日本の役者オールスターズで」ギャラは車代のみ

Movie Walker / 2017年10月07日15時45分

全員、車代だけで出てもらう」と茶目っ気たっぷりに、次なるバイオレンス映画の構想を明かした。 裏社会の男たちが繰り広げる血で血を洗う激しい抗争の行方を描く本作。北野監督は「いよいよ最終章になりました」と口火を切り、「次の映画で恋愛ものとかをやって、バイオレンス映画をちょっと俯瞰的に、客観的に見直したい」と告白。 「そして、先ほど西田さんとも話していたんですが [全文を読む]

玉森裕太主演の映画原作・有川浩『レインツリーの国』 角川文庫よりオリジナル帯で登場!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月02日17時30分

作品の映像化も相次いでおり、恋愛小説『レインツリーの国』は、映画初主演の玉森裕太(Kis-My-Ft2)、実写映画初出演の西内まりやで2015年11月21日(土)より映画公開されることが決定している。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら その原作小説『レインツリーの国』が、角川文庫よりオリジナル帯で2015年9月25日(金)に発売される。 もともと『 [全文を読む]

北野武監督、次回バイオレンス作は“日本の役者オールスターズ”目指す

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年10月07日13時21分

7日に公開初日を迎えた映画『アウトレイジ 最終章』の舞台あいさつが都内にて行われ、登壇した北野武監督が次回バイオレント映画をつくるなら「日本の役者オールスターズで」と出演者の展望を語る一幕があった。この日は共演の西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、金田時男も出席した。 本作は、北野監督作『アウトレイジ』シリーズの完結編。前回の関東の山王会と関西 [全文を読む]

フォーカス