タクシー 大田区に関するニュース

バス事故で教え子を亡くした尾木ママが「あれは事故ではなく事件」「小泉政権の規制緩和のせい」

リテラ / 2016年02月08日22時00分

それは、バス業界と同じように規制緩和が行われた、タクシー業界でも同様の問題が考えられるからだ。 タクシー業界も00年に道路運送法が一部改正され、規制緩和が実施されたが、バスと同様に新規参入する会社が急増、タクシー台数は飛躍的に増え、運賃の値下げ競争が勃発した。『公共交通が危ない─規制緩和と過密労働』(安部誠治/岩波ブックレット)では、タクシー業界の「規制緩 [全文を読む]

定額タクシーサービス「らくらくタクシー」が東京・広島でワンボックスタイプの予約を開始!

@Press / 2017年03月15日10時00分

株式会社トラン(本社:東京都港区、代表取締役:大泉 生)は、当社が提供している定額料金タクシーサービス『らくらくタクシー( http://www.rakurakutaxi.jp/ )』で、ワンボックスタイプの車両の予約を2017年3月10日(金)に開始しました。多くのお客様から「運びたい荷物が多い」「複数のゴルフバッグを積みたい」などのご要望をいただいてお [全文を読む]

旅人マリーシャの世界一周紀行:第117回「無数の銃弾痕、民族の住み分け…紛争の爪痕が残る旧ユーゴの街」

週プレNEWS / 2016年09月15日15時00分

「あ~めんどくせぇ~!」 『池袋ウエストゲートパーク』のまこっちゃん(長瀬智也)ばりに叫びたい気分でしたが、渋々タクシーのおじちゃんと交渉。 セルビア人側へは昼間なら市内バスもあるけれど、もう結構な夜中だし足元見られて少々高くつくのは仕方ない。とは言っても物価は安いので、10ユーロで交渉成立しタクシーに乗ると、車窓からは近代的な高層ビルが見えた。 「意外 [全文を読む]

【タクシー運転手経験者に聞きました】酔っぱらいが吐いたらどうするの?

しらべぇ / 2015年08月08日09時00分

繁華街の夜の光景と言えば、輝くネオンと街頭キャッチ、さらに車道を埋め尽くすタクシーです。日々たくさんの人と話すタクシードライバーは、これまで数多くのドラマを見てきたことでしょう。ましてや、酒が入って気が緩んだ乗客と個室内で二人きりとなればいつも以上に話が弾むもの。そこには、タクシー車内だからこそ生まれる人間ドラマが満載です。タクシー運転手経験者に、その職業 [全文を読む]

「予定の調整する人絶えなかった」乗り合わせた男性、車内の様子を語る 東京モノレール停電

産経ニュース / 2017年09月12日18時35分

一方、羽田空港では、運休の影響を受けた豊島区の男性会社員(58)が疲れた表情で、「飛行機の時間があったので慌ててタクシーを捕まえた。振り替えは時間がかかりすぎるので、モノレールはしっかり運営してほしい」と注文をつけた。 [全文を読む]

女性暴行で元研修医に5年判決、弁護側は「自ら医師免許の抹消申請」と報告 さいたま地裁

産経ニュース / 2017年09月11日11時50分

起訴状などによると、昨年8〜9月、上西被告が契約していた東京都大田区のマンションの一室で、20代女性に酒を飲ませ、その後女性をタクシーで女性宅に送り、暴行したなどとしている。 [全文を読む]

速水もこみち弟の凶悪すぎる素顔! 御用メディアが報じない事件の真相「両膝で圧して…」

tocana / 2017年09月06日08時00分

俳優の速水もこみちの弟で、会社員の表久禎(おもて・ひさよし)容疑者が8月31日午後、タクシー運転手に一方的に暴行を加えた傷害容疑で警視庁に逮捕された。事件が起きたのは6月2日夜。大田区新蒲田1丁目の路上で運転中、前を走るタクシーが気に入らなかった表容疑者は難クセをつけ、路上に運転手を引きずり出した。男性を押し倒した表容疑者は両ヒザで頭部や肋骨を圧迫。男性は [全文を読む]

タクシー運転手「残業代ゼロ」規則、最高裁「無効とはいえない」…高裁差し戻し

弁護士ドットコムニュース / 2017年02月28日18時53分

タクシー会社・国際自動車(東京都大田区)に勤務する運転手14人が、実質的に残業代などの割増賃金が支払われない賃金規則は無効だとして、未払い賃金の支払いを求めた裁判で、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は2月28日、規則を無効とした二審判決を破棄し、審理を東京高裁に差し戻す判決を言い渡した。 判決文などによると、同社の賃金規則では、運転手に、基本給のほかにタ [全文を読む]

東京初進出から30年 喜多方ラーメンの認知向上を牽引した旗艦店『内幸町ガード下店』が11月7日リニューアルオープン

@Press / 2016年11月07日12時00分

偶然「喜多方ラーメン」の存在を知り、“喜多方”という場所を探し出し、すぐに足を運んで、タクシーの運転手に連れて行ってもらったのが「坂内食堂」でした。最初は、「坂内食堂」創業者の坂内 新吾・ヒサ夫妻から、中原は全く相手にされず、特に、ヒサさんからは完全によそ者扱いでした。それでも毎日坂内食堂で、自分に出来ることを自ら進んで行い、1週間後には『坂内』の暖簾を持 [全文を読む]

民泊・相乗り…シェアリングエコノミーの普及促進めざし協会発足

政治山 / 2015年12月18日17時40分

最近、世界的にも話題に上るのは、民泊のプラットフォームを提供している「Airbnb(エアビーアンドビー)」や、タクシーと利用者をつなげる「Uber(ウーバー)」のサービスです。 (左から)理事のクラウドワークス代表 吉田氏、理事のAsMama代表 甲田氏、代表理事のガイアックス代表 上田氏、同じく代表理事のスペースマーケット代表 重松氏、理事のエニタイムズ [全文を読む]

【壮絶すぎる人生】萩原流行&まゆ美夫妻の共著『Wうつ』読了|ほぼ週刊吉田豪

東京ブレイキングニュース / 2015年05月08日17時00分

仕事が終わると芸者さんを何人も引き連れて箱根へくり出し、そこから母に電話して『おい、坊主も連れてタクシーで箱根まで来い。金は着いたら俺が払ってやるから』。こんな日があったかと思うと、ポーカーで負けて母を住まわせていた家を失い、母と兄はどこかに間借りしたり、そしてまた家を買ってもらったりと、まるでジェットコースターのような暮らしを強いられていた。だが、僕が生 [全文を読む]

出産・育児は渋谷区が得?高齢者が一番住みやすい街は?東京23区で介護難民あふれる懸念も

Business Journal / 2013年08月14日14時00分

例えば東京都中央区の場合、妊娠したらタクシー利用券1万円分、出産祝いには区内共通買物券3万円分が支給されるなど、子育て世帯に手厚い。認可保育園の保育料は月額2万5000円(第1子、3歳未満児で、前年度の所得税が17万円の場合)だ。一方で隅田川を挟んだ江東区は、妊娠・出産祝いは「なし」。認可保育園の保育料も月額3万6500円と割高だ。 さらに、23区内でい [全文を読む]

フォーカス