保育園 大田区に関するニュース

待機児童多い地域でも子供の声を理由に保育園建設できぬことも

NEWSポストセブン / 2014年11月11日07時00分

保育園を必要としながら入れない、働きたいと思いながら働けない、そのような女性が2万人以上もいる日本社会の現実。「子供の声」を理由に保育園新設の理解が進まないケースも出てきた。そんな現状を、保育の問題に詳しいジャーナリストの猪熊弘子氏がリポートする。 * * * 整備された静かな住宅街が広がる世田谷区。すでに開園しているところでも、「子供の声がうるさい」とい [全文を読む]

太陽光発電設備「そらべあ発電所」を佐賀県、宮城県の保育園に寄贈

PR TIMES / 2012年10月18日11時49分

―――――――――――――――――――――――――――――――――――■同朋天神保育園 佐賀県西松浦郡有田町南原丁1140■やまとまちあから保育園 宮城県仙台市若林区大和町5-6-33※各園へ寄贈するソーラーパネル等の詳細は2ページ目をご参照ください。―――――――――――――――――――――――――――――――――――ソニー損保は「そらべあスマイルプロジ [全文を読む]

最新版「子育てしやすい街」3位江東区、2位大田区を超える意外な1位は?

WooRis / 2016年04月14日17時00分

保育園への入りやすさは、子育て世代にとって大きな関心。さっそく、同調査をもとに元市議で宅地建物取引士有資格者の筆者が、トップ3の行政区をご紹介していきます。■3位:江東区保育園数、待機児童数、小児科の数などの8項目から独自に得点を算出した同ランキングで、住みやすさ3位になったのは「江東区」です。待機児童数の今後の見通しに関して評価が高く、これからお子さんを [全文を読む]

太陽光発電設備「そらべあ発電所」を和歌山県和歌山市の保育園に寄贈

PR TIMES / 2015年04月15日18時52分

ソニー損保は、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人そらべあ基金の「そらべあスマイルプロジェクト」を通じて、和歌山県では初となる「そらべあ発電所」を、和歌山市の「みちる保育園」に寄贈します。ソニー損害保険株式会社( http://www.sonysonpo.co.jp/ 、東京都大田区、代表取締役社長:丹羽 淳雄、以下「ソニー損保」)は、再 [全文を読む]

2017年6月1日(木) 認可保育園『はぐはぐドンキadventure保育園』開設!

PR TIMES / 2017年03月01日15時58分

~MEGAドン・キホーテ内に「認可保育園」誕生~ プリメックスキッズ株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役:小西由美枝)はドン・キホーテグループの株式会社ダイシン百貨店(本社:東京都大田区、代表取締役社長:竹内三善)が運営する「MEGAドン・キホーテ大森山王店(東京都大田区)」内に認可保育園「はぐはぐドンキadventure保育園」を2017年6月1日( [全文を読む]

『HOME'S』、東京23区「子育てのしやすい街ランキング」発表!1位は「練馬区」に

@Press / 2016年04月13日11時00分

東京23区で1位は待機児童数が多めの練馬区!?」URL:http://www.homes.co.jp/cont/data/data_00049/■「子育てのしやすい街ランキング」のまとめ保育園数、待機児童数、小児科の数などの8項目から独自に得点を算出した結果、東京23区の「子育てのしやすい街ランキング」は、「練馬区」が1位の結果となりました。待機児童数は2 [全文を読む]

太陽光発電設備「そらべあ発電所」を広島県呉市の保育園に寄贈

PR TIMES / 2014年04月11日14時51分

ソニー損保は、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人そらべあ基金を通じて、広島県の保育園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈しました。ソニー損保の「そらべあ発電所」の寄贈数は、同園への寄贈で合計13基となります。 ソニー損害保険株式会社(東京都大田区、代表取締役社長:丹羽 淳雄、以下「ソニー損保」)は、再生可能エネルギーの普及活動や環境 [全文を読む]

太陽光発電設備「そらべあ発電所」を山口県の幼稚園に寄贈

PR TIMES / 2017年06月08日15時58分

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/1545/table/162_1.jpg ] ソニー損保は、全国の幼稚園や保育園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を設置するため、2009年3月から、自動車保険の「保険料は走る分だけ」とする商品特性を活かした「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」(*2)を運営し、そらべあ基金に寄付を行 [全文を読む]

保育所「落選」3.9万人の「不承諾通知1万円分で買い取ります」キャンペーン3月11日まで積極展開中。買い取り総額や経過レポートおよび、全不承諾通知をインスタグラムで公開中。

PR TIMES / 2017年03月08日09時30分

株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長: 経沢香保子)は、2017年2月17日に開始した、今年4月に保育園落ちた人の「不承諾通知を1万円分で買い取ります」キャンペーンの途中経過を集計。また、買い取った全ての不承諾通知や寄せられた絶望のコメントをインスタグラムにて発表いたしました。買取金額は100万円を突破したものの、今年4月に保育園に「落選 [全文を読む]

国際協力60周年 第二回親子でチャレンジ国際理解!ちびっこおえかきコンテスト

PR TIMES / 2014年10月03日15時19分

参加費無料!参加保育園・幼稚園を募集 特定非営利活動法人グッドネーバーズ・ジャパンは10月より保育園・幼稚園の子どもを対象に『第二回親子でチャレンジ国際理解!ちびっこおえかきコンテスト』を実施いたします。 このコンテストは、途上国に住むひとりの子どもの生活を題材にしたDVDを観て、その子に向けて絵を描くことを通して親子の国際理解を深める企画です。受賞作品は [全文を読む]

「日本死ね!」はもう聞きたくない!日本初の保活ウェブサービス「EQG」サービス開始のお知らせ

PR TIMES / 2017年09月05日13時56分

報道関係者各位フォーポイント株式会社「日本死ね」はもう聞きたくない!日本初の保活ウェブサービス「EQG」を発表フォーポイント株式会社は、子どもを認可保育園等に入れるために保護者が行う活動、”保活”支援サービス「EQG」のウェブサービスを9月4日から開始したことをお知らせ致します。9月4日までに事前登録をしていただいた方はもちろんの事、その場で登録していただ [全文を読む]

太陽光発電設備「そらべあ発電所」を茨城県の保育園に寄贈

PR TIMES / 2013年10月02日12時52分

ソニー損保は、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人そらべあ基金を通じて、茨城県の保育園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈しました。ソニー損保の「そらべあ発電所」の寄贈数は、同園への寄贈で合計12基となります。ソニー損害保険株式会社(東京都大田区、代表取締役社長:丹羽 淳雄、以下「ソニー損保」)は、再生可能エネルギーの普及活動や環境教 [全文を読む]

全国で待機児童数が最も多い自治体は? - 東京都の27市区で100人以上

マイナビニュース / 2017年09月05日11時32分

「明石市」からは子育て世帯の転入増、「うるま市」からは保育園等の開設に適した土地・物件等の確保が困難なことによる受け皿整備の遅れなどが、要因として挙がった。 [全文を読む]

太陽光発電設備「そらべあ発電所」の設置を希望する幼稚園・保育園を募集します。

PR TIMES / 2017年01月18日17時25分

ソニー損保は、そらべあ基金の「そらべあスマイルプロジェクト」(*2)を通じて、これまでに全国の幼稚園・保育園に合計18基の太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈してまいりました。このたび、20基目の「そらべあ発電所」の寄贈を進めることになり、そらべあ基金が寄贈先の募集を開始しましたので、お知らせします。「そらべあ発電所」設置を希望される幼稚園・保育園の関係 [全文を読む]

絶望!小児科が半径2キロにひとつもない都内の街はココだ

しらべぇ / 2016年05月02日18時00分

Tomwang112/iStock/Thinkstock「保育園落ちた日本死ね」が大きな話題になったことは記憶に新しいが、乳幼児を育てる親にとって気掛かりなのは保育園だけではない。子供は、ちょくちょく体調を壊す。 小児科医が近所にあるか無いかは、保育園以上に切実な問題なのである。本記事では、東京都内を対象に乳幼児の数と保育園の充実度をランキングで、さらに半 [全文を読む]

太陽光発電設備「そらべあ発電所」の設置を希望する幼稚園・保育園を募集しています。

PR TIMES / 2017年07月05日16時15分

そらべあ基金は全国の幼稚園や保育園への太陽光発電設備「そらべあ発電所」設置に取組んでおり(そらべあスマイルプロジェクト(*2))、ソニー損保は同基金を通じて、これまでに合計20基の「そらべあ発電所」を全国の幼稚園・保育園に寄贈しました。このたび、当社21基目の「そらべあ発電所」の寄贈を進めることになり、2017年7月5日(水)から、そらべあスマイルプロジェ [全文を読む]

バイリンガル教師がお迎え&英語指導をする『お迎えシスター』提供エリアを世田谷区、目黒区、中央区、大田区、新宿区、中野区、横浜市に拡大

PR TIMES / 2017年04月10日10時19分

[画像1: https://prtimes.jp/i/23200/5/resize/d23200-5-648148-0.jpg ] 『お迎えシスター』は、応募条件「海外経験3年以上」、面接試験通過率「20%」という狭き門を突破したバイリンガル教師が、子どもを保育園や学童にお迎えに行き、自宅で英会話レッスンをする「お迎え」×「英会話」を組み合わせた子ども向け [全文を読む]

小池都政の保育士給与補助4.4万円アップ! 29年10月からの保育士確保シーズンに川崎市の保育園は保育士採用に苦慮

DreamNews / 2017年04月07日14時00分

東京都に隣接する、川崎市の「高津」駅から徒歩7分、「溝の口」駅から徒歩9分の場所にできた小規模保育園(※)「アプリコット保育園246」(以下、本物件)。この物件ではシエアハウス「スミタス溝の口」を併設、国内では類例を見ない保育園併設型のシエアハウスを、2017年4月1日から運営開始いたしました。■国内では類例を見ない保育園併設型のシエアハウス「アプリコット [全文を読む]

保育園を併設したシエアハウス!家族みたいな一人暮らしが、あったかクール

DreamNews / 2017年03月29日16時00分

さらに保育園併設によって醸し出される性別年齢を越えた家族的な雰囲気を作りだすシエアハウスを開発しました。そんな理想空間の生活は「あったか!」とい目から鱗の驚きと、「暖かクール」を掛けて表現しています。テナント誘致ではなく一つの企業が、真剣に家族を思い建築したシエアハウスは日本で初めてになります。 ▼スミタス溝ノ口 https://www.hituji.jp [全文を読む]

太陽光発電設備「そらべあ発電所」を大阪府の保育園に寄贈

PR TIMES / 2017年03月10日16時17分

今回の寄贈を記念し、四條畷市長も出席される寄贈記念式典を2017年3月22日(水)に同保育園で開催する予定です。 ソニー損害保険株式会社(東京都大田区、代表取締役社長:丹羽 淳雄、以下「ソニー損保」)は、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人そらべあ基金(東京都港区、代表:冨田秀実氏、以下「そらべあ基金」)の「そらべあスマイルプロジェクト [全文を読む]

フォーカス