区長 大田区に関するニュース

日本初の民泊条例、地域振興と資産活用のためのルール作りを

政治山 / 2015年10月16日14時00分

ただ、但書において、区長の裁量により緩和が可能です。大田区のワンルームマンションで1室25平方メートルを下回る物件は多くありますので、大田区の実態をふまえて、客室面積を緩和してほしいところです。それにより民泊マーケットがより活気づくことを期待します。 以下、国家戦略特別区域法などとあわせて従来の旅館業規制も以下引用しておきます。 国家戦略特別区域法13条 [全文を読む]

江東区vs大田区の「領土問題」めぐり、「東京24区にすれば」とのアイデアも

Jタウンネット / 2017年10月18日17時00分

江東区の山崎孝明区長はこの日、都の調停案について「高く評価を致します」と会見で話して受け入れる考えを示した。「多い少ないということではなくてですね、中立的な、また合理的な判断」だとしている。これに対し、大田区の松原忠義区長は会見で、区の領域が少なくなったことなどに不満を示し、「72万区民を代表する大田区長として、これを受け入れることはできません」と強く反発 [全文を読む]

江東区HPに「中央防波堤埋立地は江東区固有の領土」との声

NEWSポストセブン / 2012年11月05日07時00分

山崎孝明・江東区長、松原忠義・大田区長も関係自治体のトップとして参列し、開通を祝うテープカットに臨んだ。 前田国交相を中心に、国会議員や区長らがずらりと並ぶ。ところが、江東区長が中央付近のポジションを得たのに対し、大田区長は一番端に立たされてしまった。埋立地の領有を諦めたはずの品川区長よりも冷遇された扱いだった。さらに、スピーチする機会を得たのも江東区長[全文を読む]

JTB×大田区「大田区産業観光モニターツアー」第2弾・第3弾実施

PR TIMES / 2014年02月05日18時12分

第2弾は”今注目”の最新の物流基地やリサイクル工場を見学!普段は入れない国際航空貨物ターミナル見学も! 株式会社ジェイティービー(東京都品川区、代表取締役社長:田川博己)は、大田区(東京都大田区、区長:松原忠義)と協力し、2013年12月より「大田区産業観光モニターツアー」を実施しています。全3回のモニターツアーのうち、第2弾のツアーを2月7(金)よりJT [全文を読む]

東京湾の人工島、大田区が調停拒否議案を提出

読売新聞 / 2017年10月17日00時16分

江東区に86・2%、大田区に13・8%を帰属させる内容で、大田区の松原忠義区長は同日、報道陣に「受け入れられない」と表明。都知事による裁定か、訴訟に移行する公算が大きくなった。 中防は23区のゴミの最終処分場として、都が1973年に埋め立てを始め、現在までに約509ヘクタールが埋め立てられた。江東区は「ゴミ運搬車が区内を通り、渋滞や悪臭に悩まされてきた」 [全文を読む]

大田区vs江東区「領土紛争」 五輪を巡ってもヒートアップ

NEWSポストセブン / 2016年08月14日16時00分

2012年6月13日の江東区議会で、山崎孝明・江東区長はそう豪語した。“あの地”とは東京湾に浮かぶ「中央防波堤埋立地」(以下、中防)のこと。1973年から始まったゴミの埋め立てで生まれた島だ。 今、この島の帰属をめぐり、大田区と江東区の間で“領土紛争”が起きている。東京のような過密都市では、自由に開発ができる手つかずの土地は貴重であり、面積が増えれば地方 [全文を読む]

中央防波堤埋立地:都が帰属案提示、受諾勧告 大田区反発

毎日新聞 / 2017年10月17日00時08分

調停成立には両区議会の同意が必要だが、大田区の松原忠義区長は受諾しない意向を示し、帰属問題は訴訟に発展する可能性も出てきた。 中防には、2020年東京五輪・パラリンピックで、ボートとカヌー・スプリントの会場「海の森水上競技場」と、馬術の一部競技の仮設会場になる「海の森クロスカントリーコース」が整備される。調停案では、クロスカントリーコースと海の森水上競技場 [全文を読む]

公認民泊仲介サイト「STAY JAPAN」運営のとまれる、大田区・東邦大学との連携・協力協定を締結

PR TIMES / 2017年03月30日16時34分

~全国初!“社会貢献型・特区民泊”を創出~ とまれる株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三口 聡之介)、大田区(区長:松原 忠義)および学校法人東邦大学(所在地:東京都大田区、理事長:炭山 嘉伸)の三者は、大田区での国家戦略特区における民泊を活用した社会貢献事業として、東邦大学医療センター大森病院に入院する小児患者付き添いご家族への滞在環境を提供す [全文を読む]

OTAKU文化で大田区をPR―政治家はまず体験を!

政治山 / 2016年12月30日11時00分

そうした体験が、政策に活かされていく事もあるのではないでしょうか? OTAKUコスプレ祭りに松原 大田区長も来場 当日は松原忠義大田区長も来場されていました。次回は松原区長のコスプレ参加にも期待していますよ! <大田区議会議員 荻野稔> [全文を読む]

東急が池上線を「無料乗り放題」にするワケ 仰天イベントに透ける最強私鉄の危機感とは

東洋経済オンライン / 2017年09月11日07時00分

池上線の沿線自治体である大田区と品川区は「全国の動きと30年ずれており、今も大田区の人口は毎年4000~5000人ずつ増えている」(大田区の松原忠義区長)、「品川区も人口は毎年5000人ずつ増えている」(品川区の濱野健区長)と余裕を見せるが、東急側は「2020年をピークに減少に向かう」と危機感を隠さない。沿線の人口減少は運賃収入減少につながるとあって、鉄道 [全文を読む]

東京五輪競技場めぐり江東区vs大田区「領土紛争」激化

NEWSポストセブン / 2016年04月12日11時00分

それから半年ほど冷戦状態が続いていた今年3月8日、大田区の松原忠義区長が自ら江東区役所に出向いて山崎孝明・江東区長を訪問し電撃会談が実現。「東京五輪までに帰属問題を解決するために協議しよう」という“歴史的合意”を取りつけた……かに思われた。 それからわずか2週間後、今度は大田区が3月25日に行なわれた区議会本会議で、「大田区への全島帰属」を求める決議を全 [全文を読む]

"姥捨て特養"杉並区以外が距離をとる理由

プレジデントオンライン / 2017年05月19日09時15分

現行の介護保険制度では、地域福祉に変わってきているし、区民の多くは遠くへの施設入所は望んでいないようであり、通所+ショートの型がニーズ的に強いとのこと」「また、区長は、施設に入る順番が来ても、在宅が良いと辞退されるケースも少なくないとのことであった」「舟形の特養に入ることとなった場合、住所を移すことになり、区民でなくなるため、最終的に区の特養に入りたいと希 [全文を読む]

小池都知事圧勝で喉元に刺さった千代田区→「市」独立構想…東京都崩壊の序曲か

Business Journal / 2017年02月08日07時00分

2月5日に投開票された東京・千代田区長選は、小池百合子都知事が支援する現職の石川雅己候補がほかの2候補にトリプルスコアで圧勝した。千代田区は、首都・東京の心臓部にあたる自治体。そのトップを決める選挙だけに、テレビ・新聞各社は“首都決戦”と大々的に報じた。 マスコミが千代田区長選を大きくクローズアップした背景には、世間で大人気となっている小池都知事が頻繁に現 [全文を読む]

東京湾埋め立て地の帰属問題 江東区と大田区に調停案

J-CASTニュース / 2017年10月16日18時13分

江東区の山崎孝明区長は16日の会見で、今回の調停案を「多い少ないということではなく中立的な合理的な判断」だとし、「高く評価」すると述べた。一方、大田区の松原忠義区長は同日、区のウェブサイトで「本区の主張とは大きく異なる」としたうえで、「大田区長としてこれを受け入れることはできない」と反発している。 [全文を読む]

参加するイベントから住みたくなるイベントへ──第2回「蒲田・コスプレこれくしょん」にOTAKU議員が語る新たなる希望

おたぽる / 2017年04月22日18時00分

昨年12月に大田区制施行70周年記念PR助成金事業のひとつとして、京急蒲田駅周辺を会場に開催された「OTAKUコスプレ祭り」では、来場した松原忠義区長自ら「大田区はコスプレ発祥の地」と発言している。 [全文を読む]

人工島、大田区が調停案拒否へ…訴訟の可能性大

読売新聞 / 2017年10月17日16時45分

しかし、全島帰属を求めていた大田区の松原忠義区長は「納得できない」と強く反発。区議会に受諾を拒否する議案を提出した。 議案審議のなかでは、「かつて大田区民がノリ養殖業者で生産と生活の場としていた歴史的経緯が考慮されていない」などの意見が出され、全会一致で議案に賛成した。調停不成立の場合は都知事に裁定を求めることができるが、調停案より大田区に有利な内容が提示 [全文を読む]

豊洲市場“調査結果クロ”で次の候補地探し? 知事vs自民のバトルで都議会のドンの「小池擦り寄り」が始まった!

週プレNEWS / 2017年02月01日06時00分

「2月に内田さんの地元、千代田区で区長選があるでしょう? 小池知事が推す石川雅己現区長の対抗馬として、内田さんが支援する与謝野 馨(かおる)元財務相のおいっ子の信氏が出馬することになったんですが、今回の結果はこの選挙にダメージを与えかねません。千代田区民は内田さんが豊洲移転を進めてきたことをよく知っている。異常値が測定されたことへの抗議として票が石川候補 [全文を読む]

待機児童多い地域でも子供の声を理由に保育園建設できぬことも

NEWSポストセブン / 2014年11月11日07時00分

保坂展人区長はこう苦渋を明かした。「管轄の職員からは、『保育園を作りたいという区長の気持ちはよくわかるけれど、対応する現場の職員はつらいんですよ』という声も入ってきています。地域住民への対応の難しさについても言われています」 現在の法律では、保育園を建設をするときに地域住民に説明をする義務は、業者にも自治体にもない。横浜市に住む男性が言う。「自宅マンション [全文を読む]

待機児童が減らぬ理由 保育園のブラック化や住民の開園反対も

NEWSポストセブン / 2015年07月14日07時00分

「待機児童解消」を掲げる世田谷区の保坂展人区長が言う。 「世田谷区では長い間、子供の数が減る一方でしたが、現在は5才以下の子供が毎年1000人ずつ増えています。区では公務員住宅の跡地などに保育園の建設を進めています。しかし子供の声のない静かな環境が長く続いたので、騒音が心配だという声があがり、事業者が建設を躊躇するケースがあります。近隣住民のかたには粘り [全文を読む]

フォーカス