土地 大田区に関するニュース

探偵が調査。積水ハウスから63億円を騙し取った「地面師」の黒幕

まぐまぐニュース! / 2017年09月12日05時00分

大手住宅メーカー・積水ハウスが、東京・五反田にある元旅館「海喜館」の土地取引を巡り、詐欺師グループに63億円もの大金を騙し取られた巨額詐欺事件。週刊誌などでも報道されましたが、日本を代表する住宅メーカーで取引経験も豊富な同社が、なぜあっさりと詐欺グループの策略に乗せられてしまったのでしょうか。メルマガ『伝説の探偵』の著者でこの件に関する調査を進めてきた現役 [全文を読む]

江東区と大田区に羽田沖の埋め立て地巡る「領有権争い」勃発

NEWSポストセブン / 2012年11月02日07時00分

「ゴミの島」だったこの土地が近年、コンテナ輸送の要衝として注目を集めることになり、今年2月には島と江東区を結ぶ東京ゲートブリッジも完成した。 注目度が上がるとともに、帰属未定だった島の領有権をめぐり、隣接する両区の対立が、激化しているのだ。最近、江東区に引っ越した30代男性が語る。 「郵便ポストに区の広報誌(『こうとう区報』10月11日付)が入っていて、見 [全文を読む]

東京五輪・海の森「中止」浮上、都が突然に整備費4割圧縮発表…なりふり構わぬ抵抗の裏事情

Business Journal / 2016年10月27日06時00分

ゴミの埋め立てと同時に土地の造成を行ってきた。お台場の南側にあることから、海の森一帯は東京都最後の未開拓地とも揶揄される。しかし、お台場も含めて東京湾岸エリアは、その帰属をめぐって行政が争奪戦を演じてきた歴史の舞台でもある。 中央防波堤と同様に、大発展を遂げるお台場も東京湾に浮かぶ島として70年代から“東京13号地”として造成が進められてきた。今でこそ、一 [全文を読む]

羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

HANJO HANJO / 2017年05月26日12時00分

■都市機構/羽田空港跡地地区土地区整(東京都大田区)が起工/施工は森本組 東京都大田区の「羽田空港跡地第1ゾーン」(約16・5ヘクタール)の開発が始まった。都市再生機構が施行する「羽田空港跡地地区土地区画整理事業」の初弾工事がスタートし、24日に現地で起工式が開かれた。造成工事の施工は森本組が担当。事業を通じて、大田区が目指す「新産業創造・発信拠点」を形成 [全文を読む]

江東区HPに「中央防波堤埋立地は江東区固有の領土」との声

NEWSポストセブン / 2012年11月05日07時00分

なぜなら、埋立地は大田区の土地であり、ゲートブリッジは両区にまたがっている橋なのですから」 開通式を境に、江東区は攻勢を強める。式から3日後には、江東区公式ホームページの質問コーナーに、こんな市民の声が載った。 〈中央防波堤は、江東区固有の「領土」である。大田区がふてぶてしく、自分の区の一部であるかのごとく主張をしているが、ゲートブリッジ開通で江東区本土と [全文を読む]

"姥捨て特養"杉並区以外が距離をとる理由

プレジデントオンライン / 2017年05月19日09時15分

都市部で整備の土地を確保するのは難しいが、地方部であれば可能だ。今回、南伊豆町は土地を無償で貸し出している。特養の誘致によって、観光振興や雇用創出を見込んでいるからだ。 ところが「全国初」というこの取り組みは、まったく広がっておらず、現状では「日本唯一」となっている。なぜ杉並区は、頓挫が見込まれるこの計画を推し進めているのだろうか。 ■なぜ舟形町の計画は失 [全文を読む]

大田区vs江東区「領土紛争」 五輪を巡ってもヒートアップ

NEWSポストセブン / 2016年08月14日16時00分

東京のような過密都市では、自由に開発ができる手つかずの土地は貴重であり、面積が増えれば地方交付税が増えることもあるからだ。 大田区側は、「もともと中防のある場所は大田区の海苔養殖事業者が利用していた」と主張。一方の江東区は、「埋め立てによる悪臭やハエの発生、ゴミ運搬車による汚汁の飛散などに区民は苦しめられてきたから帰属は当然」と譲らない。 冒頭の山崎区長の [全文を読む]

オタクに住みよい街・蒲田に新たなムーブメント「蒲田・コスプレこれくしょん2016」が参加者絶賛募集中

おたぽる / 2016年03月24日11時00分

すなわち、蒲田はオタクにとっても住みやすい街のベストに入る土地なのである。 そんな蒲田で、また新たなイベントが企画されている。4月17日に開催される「蒲田・コスプレこれくしょん2016」が、それだ。このイベントは毎年、JR蒲田駅周辺の商店街で実施されている「蒲田行進曲フェスタ」の中で開催されるコスプレコンテストだ。「~蒲これはいいぞ~」という妙なキャッチコ [全文を読む]

東京都の「中央防波堤紛争」が調停で解決されない理由

週プレNEWS / 2013年03月07日16時30分

となれば、中央防波堤は内側と外側の南北2島に分かれているため、南側に位置する大田区にはより広い土地が割り当てられることも期待できる」 大田区にとってメリットもあるのに、調停をしないのには理由があるという。D氏がさらに続ける。 「大田区が欲深いからだと思います。おそらく内側の北岸に建設される巨大コンテナターミナルを狙っているんですよ。一方の江東区は、現在進行 [全文を読む]

住民税争奪戦 「狛江市の土地に住む世田谷区民」誕生の背景

NEWSポストセブン / 2017年03月09日11時00分

かくして“狛江市の土地に住む世田谷区民”が誕生したのである。 ※週刊ポスト2017年3月17日号 [全文を読む]

上京して、初めて住んだ23区ランキング!2位は「世田谷区、練馬区」では1位は?

Woman Insight / 2017年04月28日06時45分

初めての土地で、初めての学校で、初めての一人暮らしは心細いと思います。少しでも不安な気持ちがなくなるような、安全な街の快適な部屋で過ごせるといいですね。(あおいあん) 情報提供元:株式会社グローバル・リンク・マネージメント 【あわせて読みたい】 ※え、これ全国共通じゃないの?「方言だと思ってなかった方言」コレクション ※親にSNSをフォローされるの、あり? [全文を読む]

町や人々の記憶を写し取る、「オオタノカケラ -色鉛筆で写す町工場の記憶-」。10月28日(金)からデリエ イデー(丸の内店)で開催。

PR TIMES / 2016年10月05日13時20分

フロッタージュという写しとりの技法をもとに、色鉛筆と紙のみを使って、地域の土地と人の営みの記憶を市民と恊働でかたちにするプロジェクトを多数展開。http://www.sakao-lifeworks.com/ 『KONICA MINOLTA ソーシャルデザインアワード2016』 IDÉE 賞 コニカミノルタが雑誌『Pen』とコラボレーションして開催している、 [全文を読む]

全国で待機児童数が最も多い自治体は? - 東京都の27市区で100人以上

マイナビニュース / 2017年09月05日11時32分

「明石市」からは子育て世帯の転入増、「うるま市」からは保育園等の開設に適した土地・物件等の確保が困難なことによる受け皿整備の遅れなどが、要因として挙がった。 [全文を読む]

9階建ても登場 都心で多層階の家を仕掛けるパナホーム

ITmedia ビジネスオンライン / 2017年08月31日06時00分

特に土地の価格が高く、土地面積が狭い都市部での多層階化が進んでおり、東名阪の8都府県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、兵庫県、京都府)で全体の82.5%を占めるという。東京都だけでも1万3332棟と、30.6%を占めている。 東京23区では、全着工棟数は前年比1.3%増となっているのに対して、3階建ては前年比3.1%増、4階および5階は7 [全文を読む]

羽田空港跡地開発、「にほん文化体験館」などインバウンド/地方創生拠点も

HANJO HANJO / 2017年06月06日17時00分

このうち第1ゾーンの第1期事業予定地(約5・9ヘクタール)は、大田区が鹿島を代表とするグループに定期借地権方式(事業期間50年)で土地を貸し付け、先端技術の開発や文化産業、エリアマネジメントの拠点機能などを盛り込んだ施設群を開発・運営してもらう。 鹿島グループが提案した計画によると、施設群は総延べ12万5400平方メートルを想定。先端産業の分野として、先 [全文を読む]

シノケングループが民泊対応型、投資物件を分譲開始!!

PR TIMES / 2017年04月04日13時36分

[画像1: https://prtimes.jp/i/21725/3/resize/d21725-3-140925-0.jpg ] 3.民泊対応型アパート アパートにおいても民泊対応型アパートとしての企画は完了し、第1号物件として、来日観光客が多い大阪市内(大阪城近く)において、既に土地の取得も完了いたしました。 [画像2: https://prtime [全文を読む]

賃貸住宅、異常な「大余り」状態…アパート空室率が約4割の地区も、老朽化で管理放棄も

Business Journal / 2016年08月01日06時00分

相続税の計算では、貸家が建つ土地の評価を下げられる。賃貸住宅の建設は従来も節税対策で後押しされてきたが、相続税の基礎控除縮小など税制改正が拍車をかけた。 日本の住宅の床面積を欧米と比較すると、持ち家は平均122平方メートル(2013年、総務省「住宅・土地統計調査」)で、英国やドイツより広く、欧米と遜色ない。一方で、賃貸住宅は平均46平方メートルで、80平方 [全文を読む]

大田区の相続税試算マップを公開。改正後は住宅街では300~100万円ほどの増税地域が多い

PR TIMES / 2014年12月16日15時56分

試算の前提は、相続人2人の二次相続、土地が約36坪(120平米)、金融資産が2000万円、その他資産を500万円で試算しております。 当センターが試算したところ、大田区では蒲田駅前の大田区役所が桁がひとつ違って2000万円強の相続税額ではありますが、住宅街では300~100万円ほどの地域が多いことがわかりました。 一番の注意点は、改正前はあまり相続税がか [全文を読む]

エイムハウス、物件検索がよりスムーズに。WEB サイトをリニューアル

PR TIMES / 2013年02月18日20時15分

カテゴリー(新規一戸建て・中古一戸建て・土地)を選んで希望の区をクリックすると、町名までが表記された「区」のマップが表示、さらに希望の町名をクリックすると、「町名」のマップが表示されます。物件数は「区」、「町名」のマップにも表記され、連動して物件の詳細情報も表示されます。 面倒な情報入力をすることなく、マップ上で絞り込みながら探したい物件へとスムーズに誘導 [全文を読む]

資産活用コンサルティングにより、下丸子に複合商業施設「下丸子マルシェ」が8月に開業

PR TIMES / 2016年08月01日14時22分

(ホームページ:https://www.tokyu-shisan.jp/) ■土地活用についてのご連絡先 東京急行電鉄株式会社 都市創造本部 戦略事業部 コンサルティング部 池上センター 東京都大田区池上6-8-5 第二小木ビル2F TEL:03-3752-1109 FAX:03-3752-1109企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

フォーカス