綾瀬はるか 浅野温子に関するニュース

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

一例を挙げると――〇松たか子/『ラブジェネレーション』『HERO』『役者魂!』 〇観月ありさ/『ナースのお仕事』シリーズ 〇仲間由紀恵/『TRICK』『ごくせん』 〇深津絵里/『踊る大捜査線』『恋ノチカラ』 〇北川景子/『モップガール』『謎解きはディナーのあとで』『独身貴族』『HERO(第2シリーズ)』『家売るオンナ』 〇上野樹里/『のだめカンタービレ』 [全文を読む]

地味な「昭和顔」女優、なぜ大活躍?有村架純、高畑充希、黒木華が台頭した歴史的理由

Business Journal / 2016年09月08日06時00分

その一方で、深田恭子、上戸彩、井上真央、綾瀬はるか、石原さとみ、長澤まさみ、堀北真希、新垣結衣らの若手女優が次々に主演を飾り始める。 いずれも美しさは変わらないものの、彼女たちの特徴は“親しみやすさ”。不景気やインターネット普及の影響で、世間がタレント全般に「オーラやスキルよりも、親しみやすさを求める」ように変わったからだった。 10年前後では、「仲の良さ [全文を読む]

憧れて真似した事ありませんか?“心に残るドラマのキスシーン”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月19日09時55分

アキ役の綾瀬はるかさんとサク役の山田孝之さんもゴールデンコンビといえるのではないでしょうか。『白夜行』の犯罪を隠すため他人のふりをしなくてはいけない二人の、つかの間の逢瀬での熱いキスも、熱いながらにもせつなさがある感動的なシーンでした。 初々しさがたまらない!?『モテキ』『空飛ぶ広報室』『リッチマン、プアウーマン』どんな人でも最初のキスは非常に大事。ずっと [全文を読む]

つぶやきシロー、郷ひろみ他 芸名で得している芸能人を検証

NEWSポストセブン / 2015年06月24日07時00分

綾瀬はるかや石原さとみ、柴咲コウのように本名を非公開とする女優も多い。一方で「吉幾三」「佐藤B作」のように一度聞いたら忘れられないパロディ系の芸名が多いのも事実。ちなみに佐藤B作の本名は「佐藤俊夫」でこれはすなわち「砂糖と塩」!? 両親にもパロディ心があったということ? ナイス、ご両親! そんな中、「この芸名でトクした」と思われる芸能人もいる。最たる例が「 [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(2)「もう一度見たいドラマ」 1000人アンケート

アサ芸プラス / 2013年03月13日09時54分

現代に戻った仁先生(大沢たかお)は、江戸時代の咲(綾瀬はるか)が書いた手紙を受け取る。その最後に「○○先生をお慕い申し上げておりました」。仁先生が号泣した。先の3つの要素で見ると──。 「仁先生が現代に戻ってハッピーエンドなんですが、でも坂本龍馬は死ぬ。終わり方も、秘密が解明されたわけではなくて、もっと続けられる話ではあります」(前出・黒田氏) ちなみに続 [全文を読む]

フォーカス