現在 浅野温子に関するニュース

“月9”の影響力に変化有り!?街からОLを消した伝説のドラマ枠の過去と未来【パート1】

日本タレント名鑑 / 2015年07月30日11時55分

現在では15%前後と、全盛期に比べると落ち込み気味ではありますが、今でも「月9出演」「月9主演」が俳優の“ハク”になるのは間違いありません。今回は、その時代時代の背景とともに、月9ドラマの華麗なる歴史を紐解いてみましょう。 フジテレビの月曜9時は日本一の視聴率枠実はこの枠、月9ドラマがスタートするまでは、人気コメディアン萩本欽一さん担当のコメディ番組を長く [全文を読む]

夏休み子どもや若者にぜひ観て欲しい!懐かしの“家族ものドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年07月25日09時55分

子どもたちのトラブルも、昔は反抗期特有のものや非行などが主体でしたが、現在ではいじめ、モンスターペアレンツ、過保護、友達親子など、そのパターンも複雑になってきています。しかしどの時代のドラマも、色々な人の様々な考えや温かさを知ることができるという点では同じです。今回は、少し懐かしいものからすごく懐かしいものまで、ぜひ若い人に観て頂きたいおすすめの家族もの [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】優木まおみ、借金苦だった生島ヒロシの会社を救っていた。「神様、仏様、まおみ様!」

TechinsightJapan / 2014年10月31日18時50分

現在はフリーアナウンサーやタレントとして、また所属する芸能事務所・生島企画室では代表取締役会長を務める生島ヒロシ(63)。彼がTBSを退社したのは1989年、日本中がバブル景気に沸いていた時期である。当時は「不動産は買えば上がるもの」と言われ、生島も多額の借入金で不動産投資に熱中していたらしい。しかしバブル崩壊後、負債額は7億円にも膨れ上がっていたのだ。 [全文を読む]

14歳少女が全裸で乱交シーンに歪み顔で挑戦!? 映画界の巨匠が手がけた【封印映画】とは?

tocana / 2013年12月12日14時30分

この強力タッグにより完成した作品は、1人の非行少女と2人の男性による、何の変哲もない80年代青春ラブストーリーなのだが、現在では放送もソフト化も不可能となってしまっている。■何の変哲もなくない(!?)あらすじ 家出少女の康子(少女M)は、大学生のボク(安藤一夫)の部屋にお泊まりしたことをきっかけに、行きつけのスナックで知り合ったビニ本(当時、ビニールに包ま [全文を読む]

2012年に見る『ロンバケ』、山口智子のハイテンション演技がキツイ理由

サイゾーウーマン / 2012年09月28日13時00分

当時はオシャレな感じがした挿入歌がダサく感じられるなど、時代の流れを感じてしまう部分は多々あったけれど、中でも最大の驚きは、2012年現在に見ると最もキツイのが、山口智子だということだ。 当時は、わりと熱心に見ていた『ロンバケ』。可愛くカッコいいと思っていたはずの山口智子が、今見てみると、テンションがビックリするくらい高い! 結婚式当日に相手が失踪してしま [全文を読む]

爆死枠フジの日9に橋本環奈がヒロイン出演! 戦犯にされる懸念アリアリ

messy / 2017年06月05日23時10分

現在放送中の『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(主演:観月ありさ)は、初回視聴率すら6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で最新話は4.8%と今クールの連ドラで最も低い数字を記録。対するTBS日曜劇場の『小さな巨人』は、おおむね13%台という安定感だ。 今クールだけの話ではない。フジ日9枠は、2011年4月クールの『マルモのおきて』がスマッシュヒッ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】真野恵里菜主演ドラマに浜野謙太が登場 “原人”役?

TechinsightJapan / 2017年05月17日19時48分

現在は横山裕主演の妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』で漫画家・山辺音彦を演じたりとますます多忙だ。そんな彼が真野恵里菜とどのように絡むのか期待が高まる。 出典:https://twitter.com/hamano_kenta 出典:https://www.instagram.com/erinamano_official (TechinsightJapan編集 [全文を読む]

不幸が似合う女優・木村多江が演じる“バブルの香り漂う女”にドキッ!

アサ芸プラス / 2017年05月11日17時59分

現在放送中のドラマ「4号警備」(NHK)で亡き父から譲り受けた警備会社の女社長・本田薫を演じている木村多江。“不幸が似合う女優”と呼ばれている木村だが、今作ではバブルの香り漂うわがままでちょっとはすっぱな女を好演している。「こうしたキャラクターは、これまで浅野温子が独占していた感がありますが、木村もなかなかさまになっています。ドラマのタイトルにもなっている [全文を読む]

『貴族探偵』はヒット要素満載 月9は再び浮上できるか

NEWSポストセブン / 2017年04月05日07時00分

月9といえば、ラブストーリーといわれ現在に至る。 だが、考えてみれば今世紀に入ってからの月9のヒットは「美男美女の恋物語」よりも「変わり者のお仕事物語」の方が多いのである。平均視聴率34.3%を記録した木村拓哉の『HERO』も異色の検事が主人公だし、上野樹里の『のだめカンタービレ』も恐るべき変わり者音大生の物語、福山雅治の『ガリレオ』も科学が第一の天才学者 [全文を読む]

田中美奈子がバブル期を回顧「機長がコックピットに招待」

NEWSポストセブン / 2016年12月02日07時00分

現在はドラマ『キャリア~掟破りの警察署長~』(フジテレビ系)でノンキャリ刑事の妻を好演中だが、バブル期には『君の瞳に恋してる!』(1989年・フジテレビ系)や『キモチいい恋したい!』(1990年・フジテレビ系)などトレンディードラマに数多く出演し、美脚クイーン、学園祭の女王と呼ばれた。余談だが、この当時田中の瞳には1億円の保険金がかけられているとまことしや [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

それは他局にも波及し、現在に至るまで、まるでテレビタレントのような「女子アナ」が花形職業になる。「女子アナ」もまた、フジテレビが火付け役だったのである。■カリスマの死去1988年4月、フジサンケイグループの鹿内春雄議長は、ゴルフ中に体調を崩すと、大事を取って入院する。その顔は妙にどす黒かったが、周囲はゴルフ焼けと見ていた。本人もベッドの上で翌月にカラー化を [全文を読む]

チャレンジ精神&攻めの姿勢…フジテレビが私たちを夢中にさせたころ

WEB女性自身 / 2016年06月19日06時00分

視聴率は初回こそ10%超えしたものの、その後は低空飛行を続け、 月9 の平均視聴率の史上最低記録を更新するといわれている(6月10日現在)。ペリーさんが続ける。 「月9といえば、フジテレビの看板ドラマ枠。キラキラと星のように輝くトレンディドラマを生み出してきました。でも、そのほとんどが、ストーリーには重きを置いていませんでした。実際、『物語を覚えている?』 [全文を読む]

藤井フミヤの息子だけじゃない!テレビ局に蔓延する“コネ入社”の実態

アサジョ / 2016年04月25日09時58分

俳優の高橋英樹の娘・真麻も元フジのアナウンサーで、現在はフリーとなり親子共演で活躍している。 さらには、陣内孝則の息子もフジに入社。かまやつひろしの息子・TAROかまやつは、“サラリーマンシンガーソングライター”としてメジャーデビューも果たしたフジの元社員だ。 渡瀬恒彦の息子・暁彦氏はTBS。ドラマ「クロコーチ」の演出や「私を離さないで」などのプロデューサ [全文を読む]

レジェンド女優・浅野温子の若々しさ&大胆っぷりに『あぶない刑事』ファンから称賛の声

AOLニュース / 2016年01月19日12時00分

90年代にトレンディ女優として一斉を風靡した浅野も現在54歳だが、無論その若々しさは今なお健在。そうした魅力のみならず、渋さも加わった豪華キャスト陣の活躍に注目しつつ、映画も楽しみたいところだ。 https://youtu.be/KNqgfiq0C-0 <関連動画はこちら> ■参照リンク 『しゃべくり007』公式サイト(毎週月曜よる10時から日本テレビ系列 [全文を読む]

大人の色気ムンムン「あぶ刑事」最終章を一足先に!

Smartザテレビジョン / 2016年01月14日23時31分

さらに、dTVでは現在「あぶない刑事」や「またまたあぶない刑事」「もっともあぶない刑事」といったシリーズの映画作品を配信中。その他にも、約200タイトル以上の“刑事モノ”と呼ばれるドラマや映画、また「男はつらいよ」などの大人気邦画も多数配信している。 [全文を読む]

市原悦子があの「大物」を激怒させる事件勃発…会見場は騒然

Business Journal / 2015年11月21日17時00分

現在も映画、ドラマに引っ張りだこで“いい味”を出し続けているが、そんな和みキャラが災いしてか、欠席した会見現場に微妙なタイミングで生電話をかけ、元NHK重鎮アナウンサーを激怒させる“事件”が起こった。 それは、12日に都内で行われた朗読劇『リーディング名作劇場 キミに贈る物語』製作発表でのこと。この日、キャストである市原は風邪のため会見を欠席したが、関係者 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】武田鉄矢が「ぼくは○○しぇん」LINEスタンプで“博多弁”全開。

TechinsightJapan / 2015年10月23日11時55分

現在、メイキング映像がYouTubeで公開されており、制作現場の雰囲気が垣間見られる。こだわりにこだわりぬいたナレーションのレコーディングとLINEスタンプ用に新たに撮りおろした表情は必聴、必見の価値あり。本人曰く「LINEスタンプは全然分からない」ようだが、完成してみればクオリティの高さが伺える作品に仕上がった。 なかでも彼が「ばり ぼり じょん じょじ [全文を読む]

『あぶ刑事』新作で舘、柴田、浅野、仲村が現場に集結!

Movie Walker / 2015年04月28日05時00分

物語の舞台・横浜でのロケを中心に、現在撮影が進行中だ。4月27日、本作の撮影現場会見が“港署”内で行われ、舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオルら、初期からのメンバーが勢ぞろい。今作に賭ける熱い思いを語った。 会見で舘が「もうそろそろみんな死んじゃうからさ、遺影代わりに撮っておこうと思って(笑)」と笑いを誘うと、柴田も「今回はみんなセリフを間違えない。以 [全文を読む]

人気急上昇小石田純一 長谷川理恵ネタを封印した理由語る

NEWSポストセブン / 2013年05月05日07時00分

石田純一のモノマネネタで、現在、注目度急上昇中の芸人小石田純一(32才)。石田純一といえば、過去に長谷川理恵ら多くの女性と噂になったプレーボーイだが、小石田は10年間、彼女がいないとか。そのへんは本人とはあまり似てないようで…。だが、石田のネタをやる上でいろいろ苦労もあるらしい。最近ではモノマネネタが本人を怒らせるという騒動も起こっているが、小石田はどう考 [全文を読む]

『歴史街道』が創刊25周年記念 読者プレゼントを実施。関ケ原町オリジナル武将Tシャツ<大谷吉継> または好評歴史本を抽選で!

PR TIMES / 2013年04月15日14時50分

なお、創刊25周年記念号(2013年5月号)が現在好評発売中です。最寄りの書店でお求めください。 ◆「歴史街道」紹介ページ http://shuchi.php.co.jp/rekishikaido/ ◆「歴史街道」Facebookページ https://www.facebook.com/rekishikaido企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップ [全文を読む]

フォーカス