山下智久 水川あさみに関するニュース

サカナクション、山下智久主演映画「近キョリ恋愛」に楽曲提供!

okmusic UP's / 2014年07月11日12時30分

7月30日にLIVE Blu-ray「SAKANATRIBE 2014 -LIVE at TOKYO DOME CITY HALL- Featuring TEAM SAKANACTION Edition + Standard Edition」をリリースするサカナクションが、10月11日(土)全国ロードショーとなる映画「近キョリ恋愛」(山下智久主演)主題歌に [全文を読む]

みきもと凜『近キョリ恋愛』山下智久主演で映画化決定!

PR TIMES / 2014年04月23日09時15分

「別フレ」誌上人気キャラ投票で1位に輝いた 史上最強のツンデレ女子×イケメン教師の禁断ラブ! 別冊フレンドで『きょうのキラ君』を大人気連載中のみきもと凜が描いた、天才少女とイケメン教師のウルトラヒットラブ『近キョリ恋愛』が、主演:山下智久(櫻井ハルカ役)で実写映画化・2014年10月11日(土)全国ロードショーが決定しました! 相手役には小松菜奈(枢木ゆに [全文を読む]

「バーター仕事は嫌だ!」? 大東駿介が大手事務所から飛び出したワケ

サイゾーウーマン / 2012年02月03日12時00分

同世代には、ジャニーズの山下智久や亀梨和也、市原隼人など主役を張ってる人もいるし、"負けたくない"という気持ちが強いんでしょうね」(芸能事務所関係者) ということであれば、「アトランティス・キャスト」より業界に広く名の知られている「トップコート」の方が俳優としての実力がつきそうな気もする。「実際、『アトランティス・キャスト』で一線級なのは水川あさみくらいで [全文を読む]

戸田恵梨香「ありえない!」先輩俳優にマジギレ!?

日刊大衆 / 2017年08月04日08時05分

また、プライベートでも仲が良いという女優の水川あさみ(34)は「高級家具を即決で買う、白黒ハッキリしていて気持ちがいい」と証言し、12年来の友人である俳優の山下智久(32)はVTRで「僕はいつも“天然だな”って言われます。“P、天然だよね”と、何度となく言われてきました」と、戸田に“P”と呼ばれていることを暴露。さらに、山下は戸田が共通の友達の間では「え [全文を読む]

「コード・ブルー」戸田恵梨香が山Pから“えり男”と呼ばれるワケ

アサジョ / 2017年08月02日18時15分

同番組でも仲良しの女優・水川あさみが『(戸田は)白黒はっきりしていて気持ちがいい』と証言していますし、12年来の付き合いの山Pこと山下智久はVTRで、戸田が友人たちの間でその男前な性格から“えり男”と呼ばれていることを話していました」(番組関係者) 戸田は沢尻エリカの“エリカ様”に続いて“新・エリカ様”と呼ばれるほど、性格のきつさは有名らしく、2015年に [全文を読む]

戸田恵梨香、「絶対Sでしょ!」と松本人志に断言される

ザテレビジョン / 2017年07月29日10時05分

さらに、10代の頃からの付き合いであり、「コード・ブルー」で共演中の山下智久からは「共通の友達の間では“えりお”って呼ばれている。男っぽい部分があったりするので」との証言も。 「自分でも男っぽいと思う?」と松本が聞くと「男っぽいところはありますね」と自分でも認めており、坂上忍が「すごく好き嫌いがはっきりしてそう」と感想を述べた。 「でも、“S”でしょう?」 [全文を読む]

戸田恵梨香、公衆の面前でイチャイチャするカップルに嫌悪感

ザテレビジョン / 2017年07月27日17時22分

また、プライベートでも仲のいい水川あさみや、戸田とは10年以上の付き合いになるという山下智久がVTRで出演し、戸田のおとこ前なあだ名も明らかになる。 2軒目のゲストは、よゐこの2人。3年前、濱口優とタレント・南明奈の熱愛が発覚し、結婚報道が度々流れていたものの、“ゴールイン”には至っていない2人。濱口は、南に2年前にプロポーズをしているにもかかわらず、結婚 [全文を読む]

嵐・松本潤が高校時代にお金を貸してまだ返してもらっていない大女優とは?

アサジョ / 2017年02月26日18時15分

すでに大人気だった山Pこと山下智久もいたそうです。学年が違うと、顔を合わさないと思われがちですが、その頃の堀越は、ホームルーム、朝礼は全校生徒で行い、昼食も同じ一室でとる校則。いつしか、上戸とマツジュンは話すことが多くなり、上戸のほうから恋愛相談をしたこともあると聞きました」 当時からすでに芸能活動が忙しく、出席率が低かった松本。校内では、“ジャニーズJr [全文を読む]

綾瀬はるか「TBS金10」で真価問われる──来年1月期『わたしを離さないで』主演は大丈夫か

日刊サイゾー / 2015年11月27日13時00分

7月期の『表参道高校合唱部!』(芳根京子主演)は平均5.9%、4月期の『アルジャーノンに花束を』(山下智久主演)は平均8.6%と連続して1ケタ台に沈んでいる。 好感度ランキングでは常に上位に君臨する綾瀬だが、視聴率を取るのが難しいこの枠で数字を取れれば、女優としての実力もホンモノといえる。その意味で、綾瀬の“真価”が問われるドラマになりそうだ。 (文=森田 [全文を読む]

フォーカス