水川あさみ 深田恭子に関するニュース

第20回「若者のテレビ離れはない」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年05月11日17時44分

物語は、水川あさみ演ずるヒロインが秋田から上京してアパレル会社に就職し、三軒茶屋を皮切りに、恵比寿、銀座、豊洲と、居場所と共に男や仕事も変えつつ出世する、いわば現代版シンデレラストーリーである。 そう、田舎娘が段々と都会に馴染んでいい女になるプロットは、映画の『プリティ・ウーマン』や『プラダを着た悪魔』でもお馴染の鉄板プロット。ドラマの登場人物たちの言動が [全文を読む]

女優、モデルがリアル実践!ダイエット&スキンケア40(4)美肌な石原さとみがハマった「ぬか漬け」

アサジョ / 2017年03月09日06時00分

石原さとみさん、水川あさみさんなど、美肌女優たちが最近ハマっているのが甘酒と同じく発酵食品のぬか漬け。女優の吉瀬美智子さんは、きゅうりやなすなどを自家製ぬか床で漬ける習慣がついてからは、肌の調子が良くなったと、その効果を実感。ぬか漬けには乳酸菌がたっぷり含まれており、腸が整うことで便秘解消、美肌にもつながるのだそうです。 発酵食品パワーなら、納豆もお忘れ [全文を読む]

【ウラ芸能】遠藤憲一、オヤジ心くすぐる 1月ドラマ(下)

NewsCafe / 2016年01月25日15時00分

ところで10位はガクンと下がって、広末涼子(35)と内田有紀(40)共演『ナオミとカナコ』(フジ系)で7・9%」記者「さらに下がって11位は綾瀬はるか(30)、三浦春馬(25)、水川あさみ(32)共演の『わたしを離さないで』(TBS系)で6・2%の爆死レベルでした」デスク「メンツはいいのにね。なんでだろう。『ナオミとカナコ』はDV、『わたしを離さないで』は [全文を読む]

2016年冬ドラマはこれにキマリ!?期待ドラマを“勝手に”お薦め!

日本タレント名鑑 / 2016年01月12日11時55分

綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんというキャスティングも、美しくも残酷な設定にマッチしており、素敵な化学反応が見られそうです。 冤罪で投獄された女性が再び逃避行する『逃げる女』も、主演の水野美紀さんはじめ、田畑智子さん、仲里依紗さん、賀来賢人さん、遠藤憲一さんと、雰囲気たっぷりの実力派ばかりで見逃すわけにいきません。今年の冬は、まさにサスペンスシ [全文を読む]

テレビ業界がウワサする“低視聴率王”5人! 「出演作が大コケ続き」の意外な俳優たち

サイゾーウーマン / 2015年12月30日09時00分

ほかには、『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)でAKB48・渡辺麻友とW主演した稲森いずみや、さらには水川あさみ、江口洋介の名も挙がった。 もちろんドラマの録画再生率が上がり、リアルタイムで見る視聴者が少ない今、俳優だけに責任を押し付けるのは酷な話。脇役はさまざまなドラマにも顔を出すため、そのうちの1作のみをあげつらうのも筋違いだろう。しかし、ウワサが一 [全文を読む]

菅野美穂第一子出産も、映画界では人材難が悪化中!「夜間・地方ロケNG女優ばかりで……」

日刊サイゾー / 2015年08月22日13時00分

なので、独身の稲森いずみさんや、年齢は下がりますが、深田恭子さん、小西真奈美さん、田中麗奈さん、水川あさみさんあたりで代役を探すそうです。唯一、そういったことを気にしなくていいのは、真木よう子さんくらいですかね。真木さんのところは、旦那さんが“主夫”をしてくれていますからね」(芸能事務所関係者) 母でありながら第一線で女優を続けるというのは、なかなか難しい [全文を読む]

「ドクターX」が絶好調で、米倉涼子が「小泉会」の二次団体「米倉会」を結成!

アサ芸プラス / 2014年12月01日09時59分

会長の小泉を筆頭に米倉涼子、飯島直子、天海祐希、長澤まさみ、内田有紀、香里奈、石原さとみ、綾瀬はるか、水川あさみ、吉高由里子、北川景子といったドラマや映画では欠かせない主演クラスが顔を揃えている。 「過去に広末涼子や深田恭子、沢尻エリカらが関係者を通じて入会申請をしたが、女優力不足を理由に却下されたとか」(芸能プロ幹部) この小泉会に、先頃「二次団体」が発 [全文を読む]

『MOZU』5%台で今期最低視聴率! 『ごめんね青春!』ら1ケタ連発のTBSドラマ

サイゾーウーマン / 2014年10月26日14時00分

やはりキャストの弱さは否めませんし、負け戦になることを覚悟した作品としか思えませんね」(同) 7月期ドラマも水川あさみ主演『東京スカーレット~警視庁NS係』や小泉孝太郎主演『ペテロの葬列』など、1ケタを連発していたTBS。今期も初回放送では『MOZU』『女はそれを許さない』『SAKURA~事件を聞く女~』が1ケタで、10.1%スタートだった『ごめんね青春! [全文を読む]

フォーカス