三浦春馬 水川あさみに関するニュース

【エンタがビタミン♪】水川あさみが“加トちゃんぺ”。女子会ではしゃぐ姿に「マジ可愛いわ~」

TechinsightJapan / 2015年06月14日20時55分

大竹しのぶが主人公・レイディ、その前に現れる青年・ヴァル役を三浦春馬が演じる舞台『地獄のオルフェウス』。5月31日に東京公演が千秋楽を迎え、6月6日から始まった大阪公演も14日で千秋楽となる。水川あさみは自由に生きるあまり、反感を買ってしまう女性キャロル役を熱演している。 彼女は初日にあたり、『水川あさみ mizukawa_asami Instagram [全文を読む]

『進撃の巨人』撮影現場・軍艦島に水原希子?石原さとみ目撃情報などネット上が大騒ぎ

AOLニュース / 2014年05月17日22時00分

この実写映画化主役に三浦春馬が決定と発表されたのは4月初めのことだったが、その他のキャスト配役に、なんと水原希子、石原さとみの目撃情報が浮上している。 5月11日に長崎・軍艦島でクランクインした映画『進撃の巨人』。それと時期を同じくした5月12日に、水原が自身のInstagramにアップした自撮り写真の背景が「長崎港周辺ぽい」と話題に。そこから「水原 『進 [全文を読む]

“香里奈未満”の衝撃! 綾瀬はるか主演『わたしを離さないで』をフルボッコにした日テレの「怪物」

日刊サイゾー / 2016年01月18日20時30分

共演に三浦春馬、水川あさみを迎え、各メディアで「今期イチの注目作」とうたわれた本作だったが、初回視聴率はなんと6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)という、言葉通りの“大爆死”に終わってしまった。 どれだけ大爆死かというと、あの“大股開き写真”で芸能界から姿を消した香里奈の復帰作にして、昨年秋に最もコケたとされる『結婚式の前日に』(同)の初回視聴 [全文を読む]

『わたしを離さないで』美和が生き返った?!再登場(?)した水川あさみのギャップが面白すぎるwww

AOLニュース / 2016年03月14日12時00分

第9話では、美和(水川あさみ)の亡き後、彼女の遺志を継ぐ形で恭子(綾瀬はるか)と友彦(三浦春馬)のペアが"猶予"を得るべく奔走する姿を中心に展開していたため、第8話で死去した水川は回想シーンのみの登場となった。しかし、劇中、コマーシャルに入ったときに、テレビ画面に映し出されたのは、トヨタ・ノアのCM「ソーナルじょう篇」で「20年後のドラえもん」のしずかち [全文を読む]

ドラマ『わたしを離さないで』、鈴木梨央ら「子役女子」たちの美少女ぶりがハンパないと話題に

AOLニュース / 2016年01月25日12時00分

同ドラマと言えば、初回放送となった先週の第1話でも、友彦(三浦春馬)の幼少期役を演じている"子役男子"中川翼に視聴者からの称賛の声が相次いでいたが、無論、本作においては"子役女子"の活躍も見逃せないところ。昔から優れた子役は名作ドラマには欠かせない存在と言われているだけに、その緊迫するストーリー展開と共に、これからも注目したいところだ。 第2話オンエアま [全文を読む]

表参道駅構内に、総勢58名のセレブリティが集結!「Omosan STREET」創刊50号記念Photo Exhibition “HOPE IS POWER” 開催

PR TIMES / 2017年08月24日15時28分

「Omosan STREET 50th Anniversary Photographic Exhibition “HOPE IS POWER”」概要 掲出期間:2017年8月28日(月)~9月3日(日) 場所:東京メトロ表参道駅コンコース(ADウォール・B1出口付近) 主催:Omosan STREET Omosan STREET 公式サイト:www.om [全文を読む]

【ウラ芸能】綾瀬はるか、パックリ流血で惨敗 1月ドラマまとめ(下)

NewsCafe / 2016年03月25日15時00分

そして最下位は綾瀬はるか(31)、三浦春馬(25)、水川あさみ(32)共演『わたしを離さないで』(TBS系)でした」デスク「初回視聴率から最下位の6・2%でスタートして、6%台と7%台をうろうろして結局、最終回は6・7%と、安定の爆死ドラマだった」記者「日系イギリス人作家、カズオ・イシグロ氏(61)の原作で映画化も舞台化もされてますから、ストーリー展開が分 [全文を読む]

三浦春馬の背中になりたい!綾瀬はるかとの“30秒”に視聴者がウワワーッ

アサ芸プラス / 2016年03月12日17時59分

男性視聴者たちが綾瀬はるかと三浦春馬が見せたラブシーンを全力でうらやましがったようだ。 3月4日に放送された綾瀬のドラマ「わたしを離さないで」(TBS系)の第8話。同作品はクローン人間として生まれ、臓器提供を3~4回ほど繰り返し、その人生を終えるという悲しき宿命を背負った綾瀬らの苦悩や葛藤を描いたサスペンス作品。 さらに同回では、主要キャストの一人である水 [全文を読む]

『いつ恋』『わたしを離さないで』が、ドラマ好きから高く評価される理由

リアルサウンド / 2016年03月04日07時00分

その魅力は、『いつ恋』は有村架純、高良健吾、『わたし』は綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみというメインキャストというより、「純粋なドラマ内容だけで評価できる」ほどの優れた脚本。 両作は重苦しい世界観のため、視聴者は基本的に「主人公を自分に置き換えて見よう」「ヒロインに共感したい」という発想を持たない。必然的に「私だったらどうなんだろう……」ではなく、「この [全文を読む]

ドラマ『わたしを離さないで』 豪華布陣も最低視聴率の理由

NEWSポストセブン / 2016年02月13日07時00分

キャストに綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんの実質トリプル主演を配したほか、「ノーベル賞に近い」と言われるカズオ・イシグロさんの原作小説を、『JIN-仁-』『とんび』『天皇の料理番』などの実績を持つ森下佳子さんが脚本化するなど、最高クラスの布陣で臨んでいます。 しかし、仕事疲れがたまり、癒しを求める視聴者が多い金曜の夜と、「臓器提供」「クローン」 [全文を読む]

子役演技から一転した“性描写オンパレード”に視聴者ドン引き!? 綾瀬はるか主演ドラマ『わたしを離さないで』視聴率また下げる

日刊サイゾー / 2016年02月12日11時00分

『わたしを離さないで』は第2話まで子役による演技が続き、第3話から、ようやく綾瀬、三浦春馬、水川あさみの主要キャストが登場。第4話から「第2章」となり、世間から隔離された施設・陽光学苑を卒業し、「コテージ」と呼ばれる一軒家で、先輩たちとの新たな共同生活がスタートした。 いずれ、臓器提供者となる彼らだが、そこでは先輩たちが男女カップルになって、別れてはまた [全文を読む]

綾瀬はるか『わたしを離さないで』、視聴率1ケタ脱出が絶望的な4つの理由

サイゾーウーマン / 2016年02月05日12時45分

この低調ぶりには、さまざまな要因が考えられるが、その1つに、第2話まで子役の演技が続き、綾瀬をはじめ、主要キャストである三浦春馬、水川あさみの出演シーンがほとんどなかったためという点が挙げられるだろう。しかし、子どもたちが成長し、綾瀬らが本格的に出演した第3話も、視聴率は7.7%で、わずかに1.5ポイント上がっただけ。 今期ドラマではフジテレビ系『お義父 [全文を読む]

沢尻『大奥』、テレ東にも負けた……綾瀬はるか主演『わたしを離さないで』が2週連続ビリの大爆死

おたぽる / 2016年01月28日09時00分

第2話までは、子役の演技が続き、主要キャストである綾瀬、三浦春馬、水川あさみの出演シーンは、ほとんどなかった。それでは、視聴者が番組途中でチャンネルを替えてしまうのも無理からぬところ。第3話(29日)では、青年期を迎え、施設「陽光学苑」を卒業する年となる。キャストも子役から本来のキャストに移っていくだけに、ここからが本当の勝負。 同日、日テレ系『金曜ロー [全文を読む]

【ウラ芸能】遠藤憲一、オヤジ心くすぐる 1月ドラマ(下)

NewsCafe / 2016年01月25日15時00分

ところで10位はガクンと下がって、広末涼子(35)と内田有紀(40)共演『ナオミとカナコ』(フジ系)で7・9%」記者「さらに下がって11位は綾瀬はるか(30)、三浦春馬(25)、水川あさみ(32)共演の『わたしを離さないで』(TBS系)で6・2%の爆死レベルでした」デスク「メンツはいいのにね。なんでだろう。『ナオミとカナコ』はDV、『わたしを離さないで』は [全文を読む]

必死の番宣も実らず……綾瀬はるか主演『わたしを離さないで』6.2%の信じがたい“大爆死”!!

おたぽる / 2016年01月20日19時00分

ストーリーは20年前、恭子(綾瀬)、友彦(三浦春馬)、美和(水川あさみ)の3人が、世間から隔離された施設「陽光学苑」で、“良質な教育”を与えられ育てられた。子どもらしい生活、子どもらしい教育を享受し“普通の子ども”であったはずの彼らはある日、生まれながらに“ある使命”を与えられた“特別な子ども”であると教えられ、自分たちの“本当の運命”を知らされる。運命 [全文を読む]

綾瀬はるか、TBS初主演ドラマの番宣でファン釘づけの猛ダッシュ! 豊満バストは視聴率につながるか

メンズサイゾー / 2016年01月17日12時00分

第1話では、綾瀬をはじめとするメーンキャストの三浦春馬(25)と水川あさみ(32)の幼少時代が描かれ、施設の経営者から大事な"使命"を聞かされ...という内容だった。 綾瀬は、人望も厚くて優しく素直な少女だったが、大人に成長するにつれ、日々疲れや諦めを感じるようになってしまった保科恭子を演じる。綾瀬にとってTBSで初の連ドラ主演作とあって、制作発表では「 [全文を読む]

2016年冬ドラマはこれにキマリ!?期待ドラマを“勝手に”お薦め!

日本タレント名鑑 / 2016年01月12日11時55分

綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんというキャスティングも、美しくも残酷な設定にマッチしており、素敵な化学反応が見られそうです。 冤罪で投獄された女性が再び逃避行する『逃げる女』も、主演の水野美紀さんはじめ、田畑智子さん、仲里依紗さん、賀来賢人さん、遠藤憲一さんと、雰囲気たっぷりの実力派ばかりで見逃すわけにいきません。今年の冬は、まさにサスペンスシ [全文を読む]

綾瀬はるか初ロンドン!原作者カズオ・イシグロと対談

Smartザテレビジョン / 2015年12月23日06時00分

また、綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみという豪華なキャストが“特別な使命”を抱えて生きる男女を演じることでも話題に。彼らがどんな“使命”を課せられているのかは初回の放送で明かされるなど、ミステリー要素も加わる。「生まれてきた意味・生きる意味」を問い掛ける本格派ドラマで、出演者・スタッフとも真摯(しんし)に物語に向き合いたいとクランクイン前から準備を進めてき [全文を読む]

綾瀬はるか「TBS金10」で真価問われる──来年1月期『わたしを離さないで』主演は大丈夫か

日刊サイゾー / 2015年11月27日13時00分

主要キャストは綾瀬、三浦春馬、水川あさみの3人。ストーリーは、世間から隔離された施設で育った3人が、生まれながらに、ある使命を与えられた「特別な子ども」であると教えられ、自分たちの「本当の運命」を知らされる。運命を知った3人は絆を求め、人を愛することで生きる希望を得ようとし、成長していく中で、「生きる意味」を模索していく。大人になった3人は、運命に抵抗す [全文を読む]

綾瀬はるか1月期ドラマ「受ける衝撃はとても強い」

Smartザテレビジョン / 2015年11月19日22時40分

'16年1月期、綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみが共演するTBS系金曜ドラマ「わたしを離さないで」がオンエアされることが明らかになった。日系英国人作家カズオ・イシグロの作品を原作に、“特別な使命”を抱えて生きる男女の姿を描く。 世間から隔離された施設「陽光学苑」で、「良質な」教育を与えられ育てられてきた恭子、友彦、美和。子供らしい生活、子供らしい教育を享受 [全文を読む]

フォーカス