意味 椎木里佳に関するニュース

女子高生起業家・椎木里佳初著書『女子高生社長、経営を学ぶ』2月1日 発売!!

PR TIMES / 2016年01月28日16時00分

「働くことの意味」や「本当に大切にすべきこと」など、起業を学ぶことで「人生そのものを学ぶ」ことが゛で゛きる内容です。学生からビジネスパーソン、子育て中のお母さんお父さんまで、すべての人に読んで゛ほしい 「希望」と「勇気」の1冊です。[画像2: http://prtimes.jp/i/14926/17/resize/d14926-17-861874-2.jp [全文を読む]

<おっさん若者?>椎木里佳氏の古すぎる感性は「現代の若者」の縮図

メディアゴン / 2016年07月03日07時40分

その意味では、日本は本当に「ヤバイ状態」なのかもしれない。 [全文を読む]

<ファストファッションの正体?>ファスト化しないベイクルーズが急成長の理由

メディアゴン / 2017年04月08日07時30分

利用者の個性が反映されないということは、「自分のセンスに自信がなくても、それなりのおしゃれ感が味わえる/恥ずかしくない」ということを意味する。この2つの理由こそがシンプルでミニマルなファスト商品が我が国で急激に受け入れられている要因であるように思う。つまり、はっきり言ってしまえば、「お金がなくてダサイ人」に優しいのだ。特に第2の理由が果たしている役割は大き [全文を読む]

「女子高生社長」で話題! 18歳社長・椎木里佳さんに聞く「起業」について

マイナビ進学U17 / 2016年02月24日12時02分

でもやっぱり、学校をうやむやにしてしまうと「女子高生社長」として意味ないなって思いまして。――両方を大事にしないと、“椎木里佳”は成り立たなかったと?椎木:そうなんですよ。周りにいた「高校生起業家」と呼ばれる人たちは中退したりしてました。そのとき、もったいないなって感情がものすごく強くて。仮に、その子たちが私と並んだとき、どっちが応援されやすいかなって考え [全文を読む]

熱すぎるビジネス書『ビジネス・フォー・パンクス』に女子高生社長・椎木里佳も「超シビれる」と大絶賛!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月18日18時00分

そんな敏腕若手起業家の椎木が、9月13日に自身のTwitterで「いい意味で暑苦しいけど、超シビれるビジネス書。」と書籍『ビジネス・フォー・パンクス』を紹介。「『同調』の名の下に喉をかき切られるなど、私の運命ではない。私こそが時代だ」「事業計画なんか時間の無駄だ」「始めるのはビジネスじゃない。革命戦争だ」という格言が載ったページを写真で投稿していた。 『 [全文を読む]

<変化なき人生?>「マイルドヤンキー」と「意識高い系」の共通点

メディアゴン / 2016年09月16日07時40分

【参考】<おっさん若者?>椎木里佳氏の古すぎる感性は「現代の若者」の縮図しかし、先日ふと思ったのは、「意識高い系」の方々は、グローバル化や英語、向上心という物語を「コンフォートゾーン(快適な領域)」として、そこに安住しているという意味では、「マイルドヤンキー」の方々とそんなに変わらない、ということである。そう考えると、いろいろ腑に落ちた。以前から思っていた [全文を読む]

15歳で起業・18歳で3社の顧問就任―話題の女子高生社長・椎木里佳が初著書刊行

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月01日17時30分

また、働くことの意味、本当に大切にすべきことなど、起業を学ぶことで、人生そのものを学ぶことができる内容だ。これを読めば、大人顔負けに働く女子高生社長から、「希望」と「勇気」をもらえるだろう。 <もくじ> ・はじめに ・里佳と隆太パパのこれまで ・1時間目 まず一歩を踏み出す勇気 行動力と経営マインドを学ぶ ・2時間目 自分の強みを見つけよう セルフブランデ [全文を読む]

<奨学金という名の学生ローン>「緩やかな基準で選考」する奨学金こそ害悪

メディアゴン / 2016年07月19日07時30分

それらはいづれも目的や用途に応じて、応募者(受給者)の条件を厳しく設定しているものばかりで、成績はもとより、様々な課題をクリアして授与される、本来の意味で「優秀者への奨学金」「特殊な事情のための奨学金」だ。誰でもがもらえるわけではないが、厳しい条件をクリアすることで、勝ち取る返還不要の奨学金は、本来あるべき姿の一つだろう。なみに大手広告代理店・電通が設立し [全文を読む]

フォーカス