どこ 椎木里佳に関するニュース

大人の影が見え隠れ?”女子高生社長”椎木里佳の稀有な炎上体質|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年07月26日12時05分

■早急に求められる“一芸” いわゆるタレントの消費のサイクルに椎木里佳が入ったかどうか微妙なところですけど、いわゆる「ノマド言論」で売り出した安藤美冬(36)が3年もたなかったこと、炎上や派手な論戦からは無縁な池澤あやか(24)が地味に客を維持していることなどを考えると、椎木里佳の場合は路線をどこにおくのかが非常に難しい。単に美人で社長、だからみんながチ [全文を読む]

【椎木里佳×奥田愛基】爆弾炎上コンビの「18歳選挙対談」に唖然! 奥底に見える「同世代を見下す」態度

Business Journal / 2016年06月22日22時00分

最近でこそ、『SEALDsって注目されていいよね』って言う人もいるかもしれないですけど、ここまで来るには大変だったんです」(本文より) 「ここまで来る」とは、どこまでだろうか。おそらく単純な知名度の話だろう。で、その中身は? 何かを社会に残したのだろうか。 基本的に彼らの安保法制反対は「一方通行の批判」であり、その制度や法に対する「代案」は一切提示されるこ [全文を読む]

オトナの事情をスルーするニュース番組がスタート!

Smartザテレビジョン / 2016年03月25日15時20分

「AbemaPrime」の鎮目博道プロデューサーは「地上波のテレビのニュースは、見る側も作り手も、どこかしら少し閉塞感を感じているところがあると思います。だからこそ、見る側も作り手も両者が感じている閉塞感、その原因になっている“オトナの事情”をスルーして、しがらみを捨てたところで、テレビ局の人間がやっているけれどもテレビではできないこと、テレビじゃないこ [全文を読む]

<ファストファッションの正体?>ファスト化しないベイクルーズが急成長の理由

メディアゴン / 2017年04月08日07時30分

原宿・新宿などは言うまでもなく、ファッション街の中心は、どこもファストフッションの巨大店舗で占められている。1000円、2000円で購入できる洋服が店を飾り、「短期的消耗品」としての服ばかりが売れる。「数百円のシャツ」という目を疑うような価格帯も少なくない。それは昭和40年代の特売価格をも下回る。そのような現状が日常化している今日、これまでごく当たり前のよ [全文を読む]

【女子大生社長】椎木里佳が運営する女子中高生マーケティングチーム『JCJK調査隊』第5期メンバーオーディション開催!!

PR TIMES / 2017年03月21日19時39分

所属する隊員は皆、“どこにでもいる普通の女子中高生”。いろんな仕事をしてみたい!コラボ商品を作りたい!メディアに出てみたい!など、目標はそれぞれです。主な活動は、クライアント企業さんとの座談会やアンケート調査などを行います。JCJK調査隊としてのメディア出演もあります。(都内に来られない遠方のメンバーもアンケートなどには参加できます。)ぜひこの機会に高校生 [全文を読む]

スケートリンクに魚を埋めていた北九州のテーマパークの「失敗」

メディアゴン / 2016年11月28日07時50分

『ファインディング・ドリー』の中で、「親はどこだ」と言って、「どれでも適当に選んだら」というシーンがあったが、あれが実際のところだと思う。氷の中に魚が埋まっている、というのはリアリズムとしては大したことがなくて、魚屋さんなどで頻繁に見るところだが、夢を売るテーマパークとしては、魚を人間扱いしなくてはならない。そのあたりの見極めが、今回はできなかった、という [全文を読む]

<厚労省が立ち入り調査>電通への強制調査に恐怖するテレビ局・IT企業・新聞社

メディアゴン / 2016年11月07日07時40分

厚労省担当の記者はかとくの捜査の手がどこまで伸びるか探れとトップに言われているだろう。もちろんこれは仕事ではないから、記者にはその命令を聞かない権利がある。【参考】<おっさん若者?>椎木里佳氏の古すぎる感性は「現代の若者」の縮図しかし一方で、早く帰っては仕事が終わらない実態がある。そこでしわ寄せが来るのはテレビ局の場合、下請けプロダクションから派遣されてい [全文を読む]

フォーカス