柴田淳 しばじゅんに関するニュース

柴田淳、ファン投票型ベストに幻のインディーズ曲&新録セルフカバーを特別収録

okmusic UP's / 2015年10月05日20時00分

シンガーソングライターの柴田淳(以下、しばじゅん)がデビュー15周年記念企画の第1弾としてファン投票によるリクエストベストアルバム『All Time Request BEST ~しばづくし~』を11月25日にリリースする。 【その他の画像】柴田淳デビュー15周年にちなんで15日間の投票受付期間内に、しばじゅんがメジャーデビュー以降にリリースした全オリジナル [全文を読む]

49歳のわたしへ。私の残りの人生、欲しいものは女の幸せだけ。【柴田淳「月夜はすっぴんで喋りたい」】vol.5

ココロニプロロ / 2016年11月18日10時15分

「日本一歌詞が暗い美人シンガー」としてバラエティ番組などでも話題の柴田淳さん。彼女の作る赤裸々な世界観の音楽は、「思わず号泣する」と同世代の女性たちの痛切な共感を呼んでいます。この連載コラムでは、そんな"しばじゅん"が「39歳独身」の飾らないありのままを綴っていきます。最終回:49歳のわたしへ40歳の誕生日前日。39歳の柴田淳として、40代の自分へのメッセ [全文を読む]

相手の時間を邪魔せずに居られる女性に私はなりたい。【柴田淳「月夜はすっぴんで喋りたい」】vol.3

ココロニプロロ / 2016年09月18日10時15分

「日本一歌詞が暗い美人シンガー」としてバラエティ番組などでも話題の柴田淳さん。彼女の作る赤裸々な世界観の音楽は、「思わず号泣する」と同世代の女性たちの痛切な共感を呼んでいます。この連載コラムでは、そんな"しばじゅん"が「39歳独身」の飾らないありのままを綴っていきます。第3回:「自立」って何?「自立した女」って?今回のしばじゅんは、自身のひとつのテーマであ [全文を読む]

超現実を生きるアラフォー。まだ彼氏はいません。理想の恋愛像は…(1/2)【柴田淳「月夜はすっぴんで喋りたい」】vol.2

ココロニプロロ / 2016年08月18日10時15分

「日本一歌詞が暗い美人シンガー」としてバラエティ番組などでも話題の柴田淳さん。彼女の作る赤裸々な世界観の音楽は、「思わず号泣する」と同世代の女性たちの痛切な共感を呼んでいます。この連載コラムでは、そんな"しばじゅん"が「39歳独身」の飾らないありのままを綴っていきます。第2回:『ノッティングヒルの恋人』に見る、自分の理想と重なる可愛い女性像。第2回は、柴田 [全文を読む]

39歳ですけど何か?結婚の呪縛から解き放たれて辿り着いたパラダイス【柴田淳「月夜はすっぴんで喋りたい」】vol.1

ココロニプロロ / 2016年07月18日10時15分

「日本一歌詞が暗い美人シンガー」としてバラエティ番組などでも話題の柴田淳さん。彼女の作る赤裸々な世界観の音楽は、「思わず号泣する」と同世代の女性たちの痛切な共感を呼んでいます。この連載コラムでは、そんな"しばじゅん"が「39歳独身」の飾らないありのままを綴っていきます。第1回:39歳ですけど何か?第1回は39歳という年齢にとって大きなキーワードである「 [全文を読む]

あの傷があったから…過去の恋の全てが、今の恋の糧になる。【柴田淳「月夜はすっぴんで喋りたい」】vol.4

ココロニプロロ / 2016年10月18日10時15分

「日本一歌詞が暗い美人シンガー」としてバラエティ番組などでも話題の柴田淳さん。彼女の作る赤裸々な世界観の音楽は、「思わず号泣する」と同世代の女性たちの痛切な共感を呼んでいます。この連載コラムでは、そんな"しばじゅん"が「39歳独身」の飾らないありのままを綴っていきます。第4回:10代20代30代の恋愛を振り返る誕生日が近づいてきたしばじゅん。今回はずばり、 [全文を読む]

柴田淳、1年9カ月ぶりアルバム発売決定&新曲「車窓」がドラマ『科捜研の女』主題歌として放送開始

okmusic UP's / 2014年10月23日16時30分

シンガーソングライター柴田淳が、記念すべき10枚目となる待望のオリジナルアルバム(タイトル未定)を12月17日にリリースすることを発表した。【その他の画像】柴田淳前作『あたなと見た夢 君のいない朝』以来、1年9カ月ぶりのリリースとなる今作では、初期作品のサウンドプロデューサーでもある坂本昌之、澤近泰輔ほか、全国ツアーで夢の共演を果たしたC.C.kingが参 [全文を読む]

超現実を生きるアラフォー。まだ彼氏はいません。理想の恋愛像は…(2/2)【柴田淳「月夜はすっぴんで喋りたい」】vol.2

ココロニプロロ / 2016年08月18日10時15分

「日本一歌詞が暗い美人シンガー」としてバラエティ番組などでも話題の柴田淳さん。彼女の作る赤裸々な世界観の音楽は、「思わず号泣する」と同世代の女性たちの痛切な共感を呼んでいます。この連載コラムでは、そんな"しばじゅん"が「39歳独身」の飾らないありのままを綴っていきます。第2回:『ノッティングヒルの恋人』に見る、自分の理想と重なる可愛い女性像。簡単にあらすじ [全文を読む]

フォーカス