事件 押尾学に関するニュース

ロンブー淳も制裁を受けた「関東連合」とは結局何なのか

messy / 2014年03月05日16時00分

歌舞伎役者の海老蔵が六本木の飲食店で暴行を受けた“灰皿テキーラ事件”では、その場に藤井が居合わせていたというのは有名な話だ。藤井と同じく関東連合との関係が囁かれる芸能人は他にも数名いる。元関東連合幹部・工藤明男氏(仮名)による手記『いびつな絆』(宝島社)や、この手記出版のタイミングで寄せられた「週刊文春」(文藝春秋)における氏のインタビュー記事には、これま [全文を読む]

押尾学のインスタに見る、さもしい交友関係と哀れな姿

messy / 2015年09月13日09時00分

2009年に起きた薬物事件により、芸能界を引退した元俳優・押尾学(37)。昨年12月に仮釈放され、今年4月には自身のInstagramを開設。8月に美女との路チュー現場を週刊誌にスッパ抜かれた際、「芸能界はやめるって。ぶっちゃけ、けっこう儲かってる。何をやってるかは言えないけど、芸能界の頃より全然儲かってるよ」と語っていた通り、彼のインスタには、事件前と同 [全文を読む]

押尾学実刑判決確定に「迷惑な事件でした」元下着会社社長のアキれた無責任

メンズサイゾー / 2012年02月18日14時00分

事件のあった部屋は、野口氏が代表を務める会社(ピーチ・ジョンとは別会社)の役員の名義になっていたが、実質的に野口氏が押尾に"ヤリ部屋"として提供していたといわれている。同じマンション内に野口氏名義の部屋もあり、押尾はそこにも自由に出入りしていたとされ、そこで事件後に押尾が一時身を隠していたことも明らかになっている。 明らかに事件の"関係者"といえるほど深 [全文を読む]

「麻原彰晃がただのモチーフになるとき」国際的アーティスト池田学が語る“法廷画家時代”

文春オンライン / 2017年09月25日11時00分

珍しいお仕事だと思うのですが、きっかけは何だったんですか? 池田 1995年に地下鉄サリン事件が起き、オウム真理教の麻原彰晃が逮捕されてから、一連の「オウム裁判」に向けて各メディアが藝大に法廷画家アルバイトを探しによく来ていたんです。とにかく人手が必要だった。そこで、藝大生だと時間もあるし、テクニックもあって描けるし、重宝されたんですよ。で、最初は同級生が [全文を読む]

清原亜希が改名へ…夫逮捕で”イバラの道”をいく女性タレントの明暗

デイリーニュースオンライン / 2016年03月08日19時00分

覚せい剤事件で逮捕された元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)の元妻でモデルの清原亜希(46)が、清原姓を外してモデル名「亜希」として再出発することを発表した。離婚後も「清原亜希」という名前のブランドイメージにこだわり、名字を変えなかった清原亜希だが、3月7日、彼女がプロデュースするファッションブランド『AK+1 by EFFE BEAMS』が始動したタイ [全文を読む]

押尾学はなぜ悠々自適なのか……「森喜朗元首側近から2億円の口止め料」情報を追う

日刊サイゾー / 2015年09月07日11時00分

「どこまで押尾を援助しているのかはまだつかみきれてないんですが、とにかく押尾を援助しているようで、それなのに2人が会っているところを見ると、接している態度は押尾の方が上から目線な感じだった」(同記者) 2009年に起こした薬物服用によるホステス死亡事件で実刑判決を受け収監された押尾は、9月の刑期満了を前にした昨年12月に仮釈放されていたが、8月下旬に写真 [全文を読む]

脱法ハーブよりヤバい! “スアレス化ドラッグ”バスソルトが日本上陸

週プレNEWS / 2014年07月25日06時00分

この事件で脱法ハーブの危険性は日本中で知られるようになったはずだ。しかしその後も、運転前のハーブ吸引による交通事故は続いている。7月11日には東京・新宿区で。12日には大阪で2件。15日にはまた新宿区で……。 脱法ドラッグ一掃までの道のりは遠そうだ。こんな状況のなか、元公安外事捜査員で犯罪病理学者の北芝健氏はこう語る。 「現在、警視庁組織犯罪対策部と、厚生 [全文を読む]

押尾学の恋人Nanami 心配した家族が仕事場で待ちぶせ

NEWSポストセブン / 2012年02月23日16時00分

そのわずか半年後、押尾被告が事件を起こす。 「彼女のショックは相当なものでした。浮気どころか逮捕までされちゃったんだから。でも、Nanamiちゃんは、日本中から非難されていた押尾さんを見て、“彼の寂しさや弱さをわかってあげられるのは自分だけ”だと思っちゃったんですよね…」(押尾被告の知人) その後、押尾被告をめぐって家族と衝突したNanamiは、とうとう家 [全文を読む]

「小森純の彼氏を寝取った女」の裁判を傍聴。手を出したシャブと詐欺

まぐまぐニュース! / 2015年11月18日10時00分

「逮捕されたカリスマ読者モデルは『小森純の彼氏を寝取った女』」などと報じられた事件だ。 被告人は身柄(警察留置場)。ぴちっとした黒のパンツスーツ、スタイル良いね~! 根もとが黒くなり始めた長い茶パツを、あれは留置場でもらったのかブルーのゴムで後ろに結わえ、はっきりした顔立ち、鼻が高い。足もとは逃走防止の「便所スリッパ」だ。 人定質問で、職業を「接客業」と [全文を読む]

押尾学、未成年キャバ嬢との交際撮られた! 芸能界復帰は絶望的も懲りないジゴロぶり

サイゾーウーマン / 2015年02月12日13時00分

事件当時は連日のように報道され、薬物使用だけでなく、死亡事件に関与した押尾だけに、恋人の父親の対応は当然でしょう。しかし気になるのは、出所直後から金銭苦が伝えられている押尾の“フトコロ事情”。タニマチといわれた下着メーカーの元代表や、パチンコメーカー会長とはすでに疎遠になっているそうで、また前所属事務所・エイベックスに対しても、発表直前だったパチンコ台 [全文を読む]

「交際女性が次々と不幸に......」元俳優・押尾学の乱痴気人生を彩った女性たちの末路

日刊サイゾー / 2012年03月02日08時00分

「先日、最高裁で却下された刑に加え、すでに確定している薬物事件での判決を加え、約3年半の服役となりそうだが、Nanamiの親族は何とか押尾被告から娘を取り戻そうと必死で、このままではいかないだろう」(先の女性誌記者) とはいえ、Nanamiのほかにも女性の影があるようで、そのうちの誰かがバックアップしそうな気がするのだが......。【関連記事】・実刑確定 [全文を読む]

『ぼくらの勇気』に見た矢田亜希子の“時空の歪み”と、押尾学との「消したい過去」

日刊サイゾー / 2017年07月29日07時00分

そして、決定打となったのが09年8月の押尾学事件だ。 「六本木のマンションで不倫相手のホステスと合成麻薬MDMAを服用し、麻薬取締法違反で逮捕されます。その際、女性と性行為に及び、相手の体調が急変したにもかかわらず救護を行わなかったとして保護責任者遺棄致死罪でも起訴され、懲役2年6月の実刑判決が下り、刑務所に収監。事件を受けて、矢田は離婚を発表。子どもを引 [全文を読む]

森喜朗 VS 押尾学の「最終決戦」が近づいている! 暴露本出版で“ドス黒い闇”に言及、東京五輪にも影響必至か!?

tocana / 2017年04月28日09時00分

そこでは、闇に葬られた“あの事件”の真相にも触れられているというから穏やかではない。 森氏といえば、文部大臣や建設大臣などを歴任後、2000年に内閣総理大臣に就任した政界における重鎮中の重鎮。首相在任期間は約1年と短かったが、今でも隠然とした影響力を放ち続けている。現在は2020年に控えた東京五輪組織委員会の会長として、辣腕を振るう毎日だ。「今でも、安倍晋 [全文を読む]

ビッグマウスよりネットビジネス?押尾学ブログに漂う”キナ臭さ”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月30日10時30分

2009年に薬物事件で逮捕された押尾学(38)が、新たに開設したブログのイメチェン具合が話題となっている。ブログは11月1日に開設され、約3週間で更新回数は50を超える熱の入れようだ。押尾のさわやかな笑顔がプロフィールに躍るなど、まさしくイメチェンが前面に押し出されている。いよいよ本格的な芸能界復帰を目論む押尾の思惑が感じられるが、その奥にはさらなるビジネ [全文を読む]

「ハンバーガーを食べた」…押尾学が“面白みゼロのブログ”を始めた切実事情

アサ芸プラス / 2016年11月04日17時59分

2009年、薬物事件で逮捕された後、2014年の暮れに出所。今年6月には「月に300万円儲かる」と謳う“見るからに怪しい”情報商材の広告塔に就任し、過去の華々しい芸能活動とは程遠い日々を送っている。 そんな彼が突如開設したブログに対し、各界でも様々な見方が出ているようだ。 押尾がニッコリ微笑む画像がトップ画面に表示され、ネット上では「不気味」「うさんくさい [全文を読む]

押尾学がブログを開始、「伝説のビッグマウス語録」が再び誕生するのか!?

アサ芸プラス / 2016年11月03日17時58分

「押尾は2009年の薬物事件で2年6月の実刑判決を受け、昨年9月に出所しました。それ以降、自身がボーカルを務めるバンド「LIV」の活動やインスタグラムは続けていましたが、ブログは初めて。彼がどんなことを語るのか注目されています」(スポーツ紙記者) 今のところ当たり障りのない内容のようだが、事件や結婚のことを綴る日も来るかもしれない。それと同時に期待されてい [全文を読む]

大手事務所時代は月収150万+歩合! もはや恐い物なしの押尾学が暴露した超厚遇時代

messy / 2016年03月08日20時00分

東京・六本木のマンション部屋で一緒にいたホステスが死亡した事件で収監され、おととし12月に出所した元俳優の押尾学のインタビュー記事が、「週刊新潮」(新潮社/3月10日号)に掲載された。記事の中で注目すべきは、押尾が27歳の時、大手芸能プロ「研音」とケンカ別れしたくだりだ。押尾は「我慢すればよかったなと思いましたね」と本音。事務所に「ハリウッドに行きたい」と [全文を読む]

「虚言のお塩先生」健在!? 芸能界を辞めたはずの押尾学“音楽活動再開”にボー然

日刊サイゾー / 2015年12月18日20時30分

2009年にホステスとMDMAを服用してホステスが死亡した事件で、2年6カ月の実刑を受けて服役していた押尾学が、いつの間にか「表舞台」に戻ってきていた。 逮捕される以前、押尾が俳優業と並行して行っていたのが「音楽活動」。ロックバンド・LIV のボーカルとしてメンバーの一人だったのだが、最近、静かに活動を再開させていたと「日刊ゲンダイ」(日刊現代)が報じてい [全文を読む]

押尾学、白昼堂々のディープキス撮られた! ベールに包まれた出所後の生活と金銭事情

サイゾーウーマン / 2015年08月21日13時00分

2009年の薬物事件で、芸能界から完全引退していた押尾学の近影が、21日発売の「フライデー」(講談社)に激写された。これまで「白髪交じり」などと報じられていた押尾の髪は、掲載されている写真を見る限りはシルバーアッシュになっているようだ。そしてそれ以上に衝撃的なのが、交際女性とキスする写真がバッチリと掲載されていることだろう。同誌の直撃に対して、ひょうひょう [全文を読む]

安倍なつみ、キャラ変更で迷走…

NewsCafe / 2015年08月10日16時00分

元芸能人の押尾学(37)とのスキャンダルや、歌詞盗作事件についても話してほしいとという待望論に拡がっています」 押尾とのスキャンダルとは、かつて押尾のマンションにお泊りした姿を写真週刊誌に暴露され、「他の仲間とも一緒にプレステしていただけ」と逃げ切った件だ。 そして歌詞盗作事件とは、安倍のエッセイ集や写真集の自作詩の中に実は盗作があったことを所属事務所が確 [全文を読む]

フォーカス