刑務所 押尾学に関するニュース

“入ってはいけない”刑務所の獄中生活とは!?『ヤバい! 刑務所体験 有名人の獄中生活』

日刊サイゾー / 2016年09月16日21時00分

『ヤバい! 刑務所体験 有名人の獄中生活』(宝島社)は、弊メディアを愛読する品行方正な読者なら一生立ち入らないであろう“刑務所”での獄中生活をしたためたルポだ。同社が刊行している『ヤバい!』シリーズの第2弾。今回もそのヤバさが研ぎ澄まされている。 2003年に覚せい剤を所持・使用していたとして、覚せい剤取締法違反で逮捕された岡村靖幸。続く05年に同じ罪状で [全文を読む]

押尾学 獄中からの手紙…出所後に備え「職業訓練や通信教育も」

WEB女性自身 / 2013年05月13日00時00分

5月6日、彼は刑務所の独房で35歳の誕生日を迎えた。 彼はいま、刑務所のなかでどのような生活を送っているのかーー。 収監1年を前に、本誌は獄中の彼に文書で取材を申し込んだ。そして文書を送ってから1か月半。A4版便箋4枚に綴られた、押尾からの手紙が返ってきた。 本誌が文書で送った質問に、彼は丁寧に回答を寄せた。ここでは刑務所の独房で綴られた『押尾の告白』の一 [全文を読む]

ホリエモンが押尾学の“行き先”を予想 同僚になる可能性も

NEWSポストセブン / 2012年03月14日07時00分

『メルマガNEWSポストセブン』に連載中の堀江貴文氏が、収監後初となる著書『刑務所なう。』を刊行。獄中から本を出版するという“離れ業”をみせ、話題を読んでいる。3月9日配信の最新号でもオススメガジェットを紹介しており、『堀江貴文のブログでは言えない話』の女房役・担当S氏が近況もレポート。その一部を紹介しよう。 * * * <押尾学と“同僚”になる可能性も> [全文を読む]

収監中の押尾学が暴露本の出版を画策!? 元カノ芸能人や関係者は戦々恐々

メンズサイゾー / 2012年04月09日18時00分

弁護士を通じて「判決の内容には納得できず、刑務所に行くのは本意ではない。しかし、刑務所に行くことは自分にとって何らかの意味があると思うので、しっかり刑期を務めたい」と最後のコメントを残した押尾受刑者は、最長で3年半服役する見通しだ。 収監前、刑務所で受刑者同士の性的暴行が多発していると知った押尾受刑者は、保釈中に会った知人に「絶対(刑務所に)入りたくない」 [全文を読む]

塀の中のホリエモン 差し入れのマカオ土産エロ本は半分がNG

NEWSポストセブン / 2012年04月03日07時00分

『メルマガNEWSポストセブン』に連載中の堀江貴文氏が、収監後初となる著書『刑務所なう。』を刊行。3月23日配信の最新号でもオススメガジェットを紹介し、『堀江貴文のブログでは言えない話』の女房役・担当S氏が近況もレポート。その一部を紹介しよう。 * * * 読者の皆様、こんにちは。『堀江貴文のブログでは言えない話』担当編集のSと申します。長野刑務所での服役 [全文を読む]

押尾学、「リベンジ」の中身

NewsCafe / 2015年01月13日17時00分

2009年8月、東京・六本木ヒルズのマンションで合成麻薬MDMAを摂取した銀座のホステスが全裸遺体で発見され、保護責任者遺棄致死などで逮捕され、懲役2年6月の実刑判決を受けて服役していた俳優で歌手の押尾学(36)が昨年暮れにひっそりと刑務所を出所。その後のリベンジが注目されている。 「人気俳優の衝撃的な薬物と"見殺し事件"に世の中は騒然となりましたが、初犯 [全文を読む]

刑期の1/3終えたホリエモン「怒られて相当忍耐力ついた」

NEWSポストセブン / 2012年05月02日07時00分

『メルマガNEWSポストセブン』に連載中のホリエモンは、現在長野刑務所に服役しているが、最近になって刑期の3分の1が経過。4月27日配信の最新号13号では、「ひとつの節目を迎えた」としみじみ感想を述べている。ここでは、女房役の編集S氏による近況リポートの一部を紹介しよう。 * * * 4月6日をもちまして、堀江の刑期の1/3が過ぎました。本人もメルマガの近 [全文を読む]

『ぼくらの勇気』に見た矢田亜希子の“時空の歪み”と、押尾学との「消したい過去」

日刊サイゾー / 2017年07月29日07時00分

その際、女性と性行為に及び、相手の体調が急変したにもかかわらず救護を行わなかったとして保護責任者遺棄致死罪でも起訴され、懲役2年6月の実刑判決が下り、刑務所に収監。事件を受けて、矢田は離婚を発表。子どもを引き取り、名前が特徴的であったため、家庭裁判所に申請し、改名したといわれています。押尾との復縁は絶対にないという矢田側の強い意志の現れでもあるでしょう」( [全文を読む]

押尾学の”爆弾発言”に戦々恐々?生活苦から暴露の可能性

デイリーニュースオンライン / 2016年03月12日17時50分

振り返れば、本当によくしてくれたんだなと思います(週刊新潮3月10日号特別ワイド「刑務所では工場長『押尾学』の『今もテレビに出ている奴がいる』」より抜粋)」と語っている。さすがに、毎月150万の給料が出ていた頃に比べれば、生活レベルが下がったと言わざるを得ないだろう。 インタビューに応じた押尾が脚光を浴びているのは、抱えるネタの豊富さを期待されているが故の [全文を読む]

「小森純の彼氏を寝取った女」の裁判を傍聴。手を出したシャブと詐欺

まぐまぐニュース! / 2015年11月18日10時00分

しかし●●は覚せい剤の影響か、家の窓ガラスに自転車を投げて割ったり、被告人とお客さんの関係を勘ぐってお客さんを殴ったりしたので、怖くなり、別れた…」 その後、●●は刑務所へ入り、手紙が何通も来て、被告人は1通だけ返事したそうな。ちなみに六本木のキャバクラは間もなくつぶれたようで、被告人は歌舞伎町へ戻る。 懲役5年を服役して出所した大川が、被告人と連絡を取り [全文を読む]

いったい誰が買うのか!? 『妹に教えたい世界のしくみ』が売れている……だと?

日刊サイゾー / 2015年02月11日18時00分

「日本政府のしくみ」や、「自民党派閥の系譜」といった、社会の教科書や資料集に掲載されているような役に立つ知識から、「コーヒーの種類」「自己破産のしくみ」「刑務所の一日」といった話のネタや、もしもの時のために使えそうなもの、さらには「大仁田のカリスマのしくみ」「まんがタイムの家系」「エグザイルトライブの構成と変遷」といったトリビアにすらならない情報までが記 [全文を読む]

「刑務所に入れてくれ」男は薬物リハビリ施設からの脱走者だった~万引きGメンの事件ファイル

東京ブレイキングニュース / 2014年01月28日11時36分

昨夏は、地方に出張することが多く、様々な街で複数の万引き犯と接する機会を得た。その中のひとつに、社会の闇が垣間見えた事案があったので、ここに記しておきたい。 とある地方の小さな街にある中型スーパーKで、タマゴとツナマヨのランチパックをひとつずつ万引きした二十代前半の男を捕捉した。容姿は大きくかけ離れているものの、日に焼けた肌と明るい金髪という外見が、どこと [全文を読む]

"ホタテマン"逝く 安岡力也の男気あふれる一生

日刊サイゾー / 2012年04月13日08時00分

筆者が応援している札幌在住の演歌歌手で、道内の刑務所で受刑者にカラオケ指導を続けている篤志面接員(刑務所内で受刑者をサポートするボランティア)の二美仁に会ってもらうためだった。当初は、力也さんが所属していた芸能事務所のオーナーが筆者と同行する予定だったが、急用ができたために代理として来たのが力也さんだった。 羽田空港に現れた力也さんは、急に同行することにな [全文を読む]

【ウラ芸能】押尾学、出所後の「初仕事」

NewsCafe / 2015年02月21日15時00分

記者「昨年12月に刑務所を出た元俳優、押尾学(36)が『仕事』再開に向けて動きだしました」デスク「えっ?! 奴は2009年8月、合成麻薬MDMAをキメて銀座ホステス(享年30)を見殺しにした罪で、3年6月の実刑判決を受けてたんだぞ。いくら甘い芸能界でもそりゃ無理だろ…」記者「いやいや、押尾の満期は今年9月でしたが、初犯で模範囚だったために昨年中に静岡刑務所 [全文を読む]

ASKAの自宅から押収されたドラッグと押尾事件の“接点”

アサ芸プラス / 2014年05月23日09時59分

MDMAといえば、現在、東海地方の刑務所へ収監中の押尾学受刑者だ。2009年8月、MDMAを服用し麻薬取締法違反で逮捕。その後、六本木ヒルズのマンションで一緒にMDMAを使用した女性が全裸で死亡したことなどが報じられ、保護責任者遺棄致死などでも逮捕された。 「押尾はMDMAを性交渉の感度を上げるために使用していた。公判に出廷した元交際相手の女性は、押尾受 [全文を読む]

ホリエモン 介護相手から顔面に放屁されるも意外な発見が…

NEWSポストセブン / 2012年06月06日19時00分

長野刑務所での堀江の近況をお伝えしますね。 刑務所の中には足腰が弱い高齢の受刑者もいて、他の受刑者が彼らの着替えや食事といった日常生活を“介護”することもあるようです。 先日、堀江が高齢受刑者の着替えを手伝ってあげていると、顔の前に風圧が。そう、ズボンを下ろした瞬間、顔面に放屁されてしまったらしいのであります。しかも、相手は何も言わずに無言で立ち去っていっ [全文を読む]

フォーカス